ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
5

「ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック」~haru様からのお便り1

「ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック」~haru様からのお便り1

お陰様で順調に掲載が続いている「ポール・マッカートニーと私とホニャララ」ですが、今日は、長年のコメンテーターであるharu様からの投稿です。長文ですが、ゆっくり読んで下さいね。



ペンネーム : haru
居住地域 : 東京都
参加公演日 : 4/29 (東京ドーム2日目)
使用機種 : LUMIX T7Z




今回の日本公演、サウンドチェックも含めて、ポールが会場でやった音出しをすべて聞くことが出来ました。
しかしサウンドチェックは(当たり前ですが)ほとんどは外ですが・・・
これは当日の天気に左右され、結構根気のいる作業です。今回24日と27日は外でもとてもよく聞こえましたが(それでもウクレレのラムオンは聞こえない)、25日と30日は風向きがよくなくてあまり聞き取れませんでした。

※ 
今回幸運なことに、29日(東京ドーム2日目)のVIPチケットが当たり、「もうない」と思っていた2回目のサウンドチェックに、幸運にも参加できました。
この日は土曜日という事があり、早めに(10時20分くらい)に並び始めました。すると先客が20名ほど。
長い待ち時間、13年の時は孤独でしたが、今回はブログで交流がある方と一緒に並び、長いパーティを楽しんだ感じでした。


一度列を離れる許可が出てから、近くの100均で買ったものを使って応援ボードを作ったり、話に興じたり、退屈知らず。
一緒に並んだ方で、今まで知らなかった方とも「ライトニュース」「夢参加NA」とブログの話になると、すぐに打ち解けられました。ブログは有名だと改めて感じさせられ嬉しかったです。『haru』のことをご存知の方が意外に多く、ちょっと怖くなりました。(下手なことは書けないですね)


サウンドチェックは13年とは違い、ほぼ主催者の予定通りにポールが登場して、アリーナ入場が14時40分、ポール登場は15時40分と、またされた感じがしませんでした。今回は調子がいいことがうかがえました。
早く来たかいがあり中央最前列を確保。ご一緒させていただいたtawatawa様の旗が、ドームに映えました。


サウンドチェックは例によって、レスポールギター → へフナーベース → ヤマハピアノ → D28アコギ → ウクレレ → テキサン(イエスタディ)アコギ → マジックピアノ の順のでした。
今回は即興のジャムで始まるのが特徴でした。本当に即興みたいで、ここでこの時しか聞けない演奏。ポールがギターソロを弾いていたかと思うと、いつの間にかソロはラスティに変わって…と、ライブバンドとしてのうまさを実感しました。


「Sing the changes」は、お客さんのリクエストにこたえたもので、ファイアーマンまで聞けるなんてと感激しました。
「ミッドナイトスペシャル」で、コーラス合わせを長くとったり、テキサンの後再びD28が出てきて、「サンフランシスコベイブルース」で、シェリーさんとハイタッチしたり、「レディマドンナ」で、ブラスパートを飛ばして後でやり直し練習したり (このパートウイッグスの重要な練習パート) と、ショーでなくリハに立ち合った感たっぷりで、珍しいものを見せていただいたと感じました。終了時は本編よりいいと錯覚しました。


しかし本編は別腹、A10という中央センター最前列の席は、指差しするとポールが見てくれるような感覚になれました。
それに集まっている人皆が、盛り上がろうと楽しんでいて、大声で歌っても、踊ってもまったく違和感なく、心の底から楽しめる席でした。終わってからも紙吹雪の嵐に感動するのでした。


また忘れちゃいけないのは「お土産」。ショルダーバッグは日常生活で愛用していきます。13年は遅刻のお詫びにもらったピック、今回は入場時にサービスしてもらいました。
ただ一つの後悔はリストバンド。絞めると元に戻せなく、通路での長い待ち時間も合わせて「手錠をかけられた囚人」みたいで、バンドオンザランを本編で聞いたときは、とてもうれしく聞こえたのでした。


この日は「中夜祭」でもとても盛り上がったので、おかげさまで朝から深夜までポール三昧。
人生でも指折りの楽しい日となりました。これもこちらのブログのおかげです。ありがとうございました。



ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック1

ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック2

ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック3

ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック4

ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック5

ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック6

ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック7





haru様の喜ばしい様子が伺える投稿で、読んでいる方も嬉しくなりますね。
1つ1つの事柄が想い出になっている…そんな思い出作りをして頂いたポール公演に感謝ですね。
さて、haru様の投稿は…まだ続きます!後日ですが…
乞うご期待!

5

Paul McCartney アメリカ公演のVIP席は5種類!?

Paul McCartney アメリカ公演のVIP席は5種類!?

Paul McCartneyの北米公演、次々と発表され、そして追加公演も発表されています。
その内容を掲載しようと思っているのですが、忙しくて…そこまで出来ない…
でも、今どうなっているかは気になる…Newark, NJのPrudential Centerの追加公演・9月12日が発売されましたので、VIPの種類だけでも確認しました。


FRONT ROW HOT SOUND PACKAGE
US $2,257.00

One (1) front row, side sections
Priority check-in and entrance
Invitation to Sir Paul McCartney's sound check
Pre-show hospitality reception
Commemorative Ticket
Limited edition numbered lithograph
Merchandise item designed and created exclusively for package purchasers
Collectible laminate to remember your evening
Onsite check-in staff


HOT SOUND PACKAGE
US $1,757.00

One (1) premium ticket
Priority check-in and entrance

Invitation to Sir Paul McCartney's sound check
Pre-show hospitality reception

Commemorative Ticket
Limited edition numbered lithograph
Merchandise item designed and created exclusively for package purchasers
Collectible laminate to remember your evening
Onsite check-in staff


SECOND ROW HOT SEAT PACKAGE
US $1,257.00

One (1) Second Row ticket, side sections
Commemorative Ticket
Merchandise item designed and created exclusively for package purchasers
Collectible laminate to remember your evening


GOLD HOT SEAT PACKAGE
US $857

One (1) premium Price Level 1 ticket
Commemorative Ticket
Merchandise item designed and created exclusively for package purchasers
Collectible laminate to remember your evening


SILVER HOT SEAT PACKAGE
US $607

One (1) premium Price Level 2 ticket
Commemorative Ticket
Merchandise item designed and created exclusively for package purchasers
Collectible laminate to remember your evening


ん…種類が多くて、しかも(当然ですが)英語ですので分かり難い…
で、何が違うのかと言えば、目につくのはお値段…高い…アメリカ公演、基本的にVIPは高いのです。それの理由、上位2つのVIPには、サウンドチェックの参加と、お食事があるからです。
しかも、その食事のお部屋(場合によっては通路を区切って部屋にする)で、SCの始まる前も、本公演が始まる前も、ゆっくり出来るので大変助かります。食べて飲んで、ゆっくりして…最高のVIPです。でも…アメリカのVIPは高い…


他の国に行けば、また内容が異なるVIPの時もありますので、よ~く内容を見ておかないと「あれ!?」と言う事になりますよ。どれを選ぶかは本人のご予算次第。あっ!?その前に旅費が大変ですね!

当然、私…行けません…

With
アメリカ公演には行けないが、そのアメリカ公演に行かれる方がおられます!
そのような方も集まるオフ会がこちら!

西日本MeetUp大反省会のお知らせ!

行かれる前のお気持ち聞きたいですよね~
反対にお話したい事がある!
そのような方も、お申込みお待ちしております!

該当の記事は見つかりませんでした。