夢参加NAブログwithポール・マッカートニー2017 Budokan&Tokyo Dome

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

P・マッカートニー 頻繁に来日公演を企画する背景と需要

P・マッカートニー 頻繁に来日公演を企画する背景と需要

今晩は、珍しく、2つ目の更新です。
ポールの記事を見ると、どうしても更新してしまいますね…


P・マッカートニー 頻繁に来日公演を企画する背景と需要 ~ NEWポストセブン

「2017年に日本に行きます! そのときにお目にかかりましょう」──昨年末の紅白歌合戦にビデオ出演し、そう呼びかけたのは、ポール・マッカートニー(74)だ。その言葉通り、今月末に日本武道館と東京ドームで来日公演を行なう。ファンは期待に胸を高鳴らせているかと思いきや、そう単純ではないようだ。

「実は、ビートルズの全盛期を知る年代の人から『えっ、また来るの?』という声が聞こえてきます。3年半で3回、ほぼ年に1回ペースですからね」(芸能事務所関係者)

 2013年秋の11年ぶりの来日公演は大きな話題を呼び、26万人を動員。そこから“ハイペース来日”が始まった。わずか半年後に再来日(本人の体調不良で公演は中止)。翌2015年にも武道館公演を敢行し、今回に至るのだ。頻繁に来日公演を企画する背景について、業界関係者はこういう。

「東京ドーム公演のチケットは1万4000円から。収容人数5万人で単純計算すると、売り上げは1日で7億円以上にのぼる。ポールへのギャラは最低3億円ともいわれています。日本側も、大御所スターが立ち寄ると箔がつく高級ホテルやレストランが大歓迎。スイートルームを格安で用意したり、自動車メーカーが車を用意したりと至れり尽くせりです。旅行気分で悪い気はしないのでしょう」

 需要もある。50~70代のビートルズ世代は、日本の人口のボリュームゾーンであり、カネも暇もある世代だ。音楽評論家の富澤一誠氏はこう語る。

「日本は、音楽市場で米国に次ぐ世界第2位。青春時代にビートルズの曲を聞いた50~70代は約4800万人いますから、その1割と仮定しても潜在的なファンは480万人ほどと見ていい。東京ドーム3日間の収容人数が15万人ですから、“死ぬ前にポールを見ておきたい”というファンはまだまだいるという計算が成り立つ」

そう聞くと焦ってチケットを取る必要はないようにも思えるが、ポールも御年74。ここ2回の来日公演に足を運んだ音楽プロデューサーはこういう。

「喉にも衰えがきたのか、『ヘイ・ジュード』や『ペニー・レイン』などのキーの高い曲では、息継ぎを増やして高音を絞り出していた。毎度、『今回がラストコンサート』という噂が飛び出し、狼少年のようになっていますが、ポール自身がこの先何度もできないという焦りを感じているのは事実でしょう」

 日本人ファンが“ハロー”と呼んでも、ポールが“グッドバイ”と返す日は、遠くないのかもしれない。

まだまだいるの?ポール・ファン、いや、ビートルズ・ファン…との事ですが、なかなか計算上のようにチケットが売れていないのも現実ですね。
でも、今、予約を受け付けているサージェント・ペパーズ50周年盤の予約受け付けが好調な事を考えると、潜在ファンは多いのでしょうね…
今年、見ておかないと、当分、ポール、来日しないかも…

該当の記事は見つかりませんでした。