ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

毛布の寝心地を快適に!エアリー感加工剤「ライト抗菌ソフターカシミアン」

今日は、これまで掲載するタイミングを逃してしまった新聞の記事を掲載致します。
日本クリーニング新聞5月5日に掲載した内容です。新聞は、下段に画像を載せておきます。
この内容が記事の詳細文となります。長文ですが、ごゆっくりお読み下さい。


毛布の寝心地を快適に!エアリー感加工剤「ライト抗菌ソフターカシミアン」

ダウンジャケットに、ふわふわ風合いと疎水化を付与する弊社・特殊加工剤「ライト抗菌ソフターカシミアン」を、4月にご紹介させて頂き、お蔭様で、多くのお客様からお問い合わせとご発注を頂き、感謝致します。この加工剤は、ボリューム感を求められる衣類、寝具類に対して、類まれな風合いを付与との事で、使用用途が増えております。今回は、この「ライト抗菌ソフターカシミアン」の風合いの良さを感じて頂く寝具類として、「毛布」への加工処理をご紹介させて頂きます。
ライト抗菌ソフターカシミアンの風合いの良さは、「エアリー感」(Airy)処方の加工剤として、寝心地が良くなる風合いと評価されています。


心地良い睡眠とは…眠りの効果は、その持続時間だけで決まるものではなく、深さが問題になります。長く眠っても浅い眠りでは効果は少なく、ぐっすりと深く、必要な時間だけ眠るのが「良質な睡眠」といえます。その快適な睡眠を持続して頂くために、人肌に快適な手触りにすることが重要です。

人肌に快適な手触りにするポイントを次にご紹介させて頂きます。1つ目は、「エアリー感」の風合いです。衣類や寝具類の汚れをきっちりと落とし、軽やかな感じと、ふんわりした風合いを与えることで、寝具毛布を寝心地の良い風合いにします。これが、「毛布のエアリー感」です。更にフリース素材のアメリカ製「スランケット」やマイクロファイバー製の「グルーニー」で有名な「着る毛布」に心地良い着心地を与えます。このエアリー感を付与する加工剤が、「ライト抗菌ソフターカシミアン」です。アクリル毛布の風合いを、特別な肌触りであるカシミアのように感じさせる風合いが、お客様の快適な寝心地に繋がっています。

2つ目は、「水洗い」です。汚れを落す事は、心地良い寝具にする為の基本です。寝具は汚れが見えにくい繊維品ですが、多くの汚れが付着しています。一晩での成人の発汗量は、コップ二杯(200~300cc)と言われています。その汗が、パジャマや布団や毛布に染み込みますので、水溶性の汚れを充分に取り除く洗濯方法と洗剤の選定は、とても大切です。洗剤としては、酵素配合の高機能濃縮液体洗剤「万能洗択」、及び、柔軟剤配合3倍濃縮液体洗剤「洗柔の王」をお勧めいたします。

そこで、更に寝心地を良くする裏技をご紹介させて頂きます。それは毛布の敷き方です。アクリル毛布には表面と裏面があります。柄(ラベル)が付いていない側が裏面になります。そして、柄(ラベル)の付いた側が表面となります。皆さんは、どちらを、身体の方にされていますか?実は、柄の付いた表面を身体側にして使用するのが良いと言われています。柄の付いた表面は、緻密で丁寧に仕上げられています。その理由は綺麗に柄をプリントするためです。反対に裏面は、やや荒めに仕上げられています。ほとんどの方が反対(柄が布団側)にされていませんか?表側は毛並みが長くなっていますので肌触りが滑らかに感じます。つまり、柄(表)側を身体側に敷いて頂くと、寝心地が良くなります。裏側は繊維がカットされていますので、摩擦抵抗があり、上に掛ける布団が落ち難くなっています。尚、寝具類をお客様にお渡しされる時に、一言「裏技」を、お話しされては如何でしょうか。

今後とも、衛生的な水洗い、ライト抗菌ソフターカシミアンによるエアリー感、毛布の敷き方で、お客様に快適な睡眠を取って頂く事を願っています。

アクリル毛布を寝心地良くするエアリー感風合加工剤 「ライト抗菌ソフターカシミアン」
①他店と差別化が出来る「ふんわりしたカシミア」肌触り感のある毛布にします。
②新品の毛布のように、寝心地の良い毛布にします。
③思わず、頭まで毛布を被ってしまう「ふわふわ&滑らかさ&極上の寝心地感」
④使用量ワッシャー機 22kg:最終濯ぎ(柔軟剤)工程に、100cc以上入れて下さい。


寝具に最適な液体洗剤!高洗浄性と酵素パワー「万能洗択(ばんのう・せんたく)」
①身体から滲み出る汗や蛋白汚れを除去し、衛生的な洗濯が出来ます。
②前処理として汚れの酷い部分に「塗布&擦る」で血液・油染みを落とします。
③布団、毛布、黒物、ウエット、洗浄強化としても使用出来る中性液体洗剤
④漬け込み処理にも有効な万能タイプで、「全ての洗い」を「選択」出来ます。
⑤使用量ワッシャー機22kg:万能洗択 50ccのみで抜群の効果!10kgタフテナー品


高洗浄性&ふんわり肌触り。濯ぎ1回・柔軟剤要らずの液体洗剤「洗柔の王」
①毛布や、ぬいぐるみに、最適な洗いと、ソフナー(加工剤)効果が、この1品で実現。
②汗、食べこぼし、生活臭を洗い落す事が出来る爽やか洗浄の液体品です。
③ふんわりした肌触りを、毛布に与え、心地良い睡眠を、お約束する加工剤効果!
④使用量ワッシャー機 22kgの場合、洗い工程に、「洗柔の王」100~120ccのみ。
⑤水道代・電気代・時間などの短縮を実現します。


毛布の寝心地を快適に!エアリー感加工剤「ライト抗菌ソフターカシミアン」

5月のライトニュースの内容とコラボしております。
お陰様で、この春、ダウンジャケット、毛布に大好評です!!
今後も、宜しくお願い致します。

P.S 新聞記事中のブルーの毛布、お恥ずかしながら、実は私の毛布です…

0

日本クリーニング新聞に、ライト抗菌ソフターカシミアンが掲載!問い合わせ、受注もあり、好評!

日本クリーニング新聞に、ライト抗菌ソフターカシミアンが掲載!問い合わせ、受注もあり、好評!

今日は、ポール・マッカートニー日本公演のVIP席販売に関連して、4月17日は日曜日!?と題して掲載する予定でしたが、嬉しい掲載記事が、クリーニング業界紙に掲載されましたので、その話題とさせて頂きます。

その掲載された内容は、これです!

『〈疎水化〉で品質ガラリ。ダウン付加価値に新提案』

『「水」馴染ませにくい。タンブラー時間が短縮』

日本クリーニング新聞に、ライト抗菌ソフターカシミアンが掲載!問い合わせ、受注もあり、好評!

そうです。先日、ライトニュース紙面版でご紹介させて頂いたダウンジャケットへの新しい加工剤のご提案品「ライト抗菌ソフターカシミアン」です。
広告も赤が映えて見えますね。作成して良かったです。


記事の内容…これでは見えないよ!…そんなお嘆きの方には、ここをクリックしてご覧になって下さい。

ダウンジャケットに、ライト抗菌ソフターカシミアンを処理してみました!


4月5日号ですので、クリーニング店に届いたのが、つい先日ですが、もう問い合わせを頂いたり、注文を頂いたりしています。かなり反応が早いですね。
しかも、この加工剤、なかなか好評なんですよ。
特に風合いが滑り感が付加されて、ダウンがスベスベです。
私も休日に自ら洗濯しましたが、3年目のボロボロのUNIQLOのダウンジャケットが復活してしましました…もう、捨てようかと思っていましたが、来年も着れるかな。


クリーニング店では、今が繁忙期で非常にお忙しくされていると思うのですが、忙しいが為に、お客様からお預かりしたダウンジャケットをお返しする日が、かなり遅れてしまうような事になっています。お店によっては、一ヶ月待ちだとか…
そこで、あるクリーニング店さんは、お客様への「お詫び」として、ダウンジャケットに、「肌さわりの良い加工剤を、お詫びとして、特別に処理させて頂きました。」と言われて、お返しするようにされています。
「風合いで、お・も・て・な・し」、なかなか気の利いた処理だと思いませんか。


では、どうして、クリーニング店に出したダウンジャケットが遅れているのか…
入荷枚数が極端に多い。確認作業が大変。嵩張る衣類なので洗う枚数が限られる。前処理に時間が掛かるなどありますが、実は乾燥時間に、50分や60分も掛かっているのが問題なんです。


この「ライト抗菌ソフターカシミアン」は、そのタンブラー乾燥時間を、60分が50分、50分なら40分に10分短縮する事が出来ます。しかも、風合いふんわり仕上がっています。
非常に便利で能率的な用途で使用する事が出来ますので、今、非常に好評で、話題騒然の1品です。


ありがとうございます!!

0

ダウンジャケットに、ライト抗菌ソフターカシミアンを処理してみました!

ダウンジャケットに、ライト抗菌ソフターカシミアンを処理してみました!

【前置き】最近、ポール・マッカートニー関連で非常に多くの検索・アクセス、誠にありがとうございます。申し訳ございませんが、今日は本来?のライトニュースのブログらしい内容にしておりますので、ご了承下さい。

今日は、雨が降ったり、曇になったり、雨・晴れ・曇・雨・曇・晴れ…と天候がコロコロ変わる一日でした。しかも、肌寒いので、ダウンジャケットを着用しました。しかも、洗ったばかりの…昨日、愛用しているUNIQLOのダウンジャケットを自分で洗い・乾燥したのですが、いつもなら、最後の濯ぎで、「撥水剤」を入れて処理をするのですが、今回は趣向を変えて、「ふんわり風合加工剤」で処理をしました。さて、その出来栄えは…

着用した途端、すぐに分かりました!ダウンジャケットが、ふわふわ!スベスベ!ツルツル!なかなか上出来な風合いです。誰が触っても分かる風合に変貌しました。
その処理剤(加工剤)は、以前、このブログでも記載した「ライト抗菌ソフターカシミアン」です!


このライト抗菌カシミアンは、次のような特徴があります。

着心地の良い「ふんわり風合い」にします。ダウンジャケット、毛布、セーターに最適!

ダウンジャケットの生地を「疎水化」=繊維から水分を抜いて、加工剤成分を付着!

タンブラー機の乾燥時間の短縮で、繁忙期の作業性を改善&省エネを実現します!

最終濯ぎに、22kgワッシャー機で、100ccのみの使用量。1タフテナーで、100回分!

ダウンジャケットに、ライト抗菌ソフターカシミアンを処理してみました!


4・5月号のライトニュースにも、こんな話を記載させて頂きました。
ダウンジャケット(Down Jacket)とは、ダウン(羽根毛)とフェザー(羽毛)を
詰め物として使ったジャンパー・スタイルの防寒着ですが、このダウンフェザーを
入れる「ダウンパック」と呼ばれる袋と表生地の二重構造により、羽毛が生地の間をぬって飛び出ることを防ぎ、保温効果を高めています。


ところが、このダウンパックを使っていない軽量タイプが多くなっています。 
UNIQLO(ユニクロ)の「ウルトラダウンライト」は、その代表例です。
尚、そのユニクロは「クリーニング店での水洗いをお勧めします。」との記載があり、洗濯表示は右記(下図)の表示になっています。


ダウンジャケットは、冬の間、着用し続けられていますので、微粒子の埃や外気の他、雨・雪・食べこぼしなど、多くの水溶性の汚れが付着していますので、水洗いをお勧め致します。
ところが、水洗いする事に注意を払っていても、最後の濯ぎ工程で使う柔軟剤については、
いつも使われている柔軟剤(吸水ソフター)を、何の疑問もなく、ご使用されていませんか?
実は吸水性の柔軟剤がダウンジャケットにとって「デメリット」となります。


ダウンジャケットの生地は、疎水性(そすいせい=水に馴染みにくい)繊維「ナイロン」が主力です。極細糸で高密度に織られ、ダウンが外に飛び出さないようになっています。
ダウンの保温は空気を遮断させ、ダウンの膨らみを大きく、軽くする事が重視されています。
ところが、膨らみのあるダウンが潰れてしまうと、ダウンジャケットの保温効果が弱まります。
その膨らみが潰れる原因が、「水分・濡れ・湿気」にあります。
ダウンジャケットが濡れる事がある時は、主に「着用時」と、「洗濯時」になります。


着用時に雨や雪でダウンが濡れないように、撥水加工が施されていれば良いのですが、
着用年数が長くなれば、その効果が薄れます。しかも吸水性の柔軟剤が処理されていると
ダウンジャケットが湿気、ダウンの膨らみを阻害します。これは乾燥時間にも影響します。


ダウンに膨らみを持たせるために、長時間、タンブラー機で乾燥をしていませんか?
昨今、重油代や電気代の値上げなど、そして、繁忙期で時間が重視しなければいけませんので、少しでも短い時間で乾燥して、しかも、風合いも、ふんわり膨らみを持たせたいですね。
「ダウンジャケット素材の疎水化」、「ふんわり風合」、「乾燥時間の短縮」、これらを解決
する加工剤を、裏面にご紹介させて頂きます。お客様の大切なダウンジャケットとクリーニングされる皆様にとって、最適な洗い方になっておりますので、ぜひ、ご検討下さい。



2014年ライトニュース4・5月号1

2014年ライトニュース4・5月号2


今回は、ライトニュース紙面版の発行がまだ先ですが、もうダウンジャケットを洗われる時期になっておりますので、急遽早めに掲載させて頂きます。
皆様、よろしくお願い致します。


と言う事で、明日は、いよいよ、ポール・マッカートニー、韓国公演のチケット・ネット受付日です。注目はVIP席の価格です。Hope Of Deliverance(明日への誓い)!

0

注意!ダウンジャケットに、吸水ソフターは厳禁!?ふんわり風合とダウンの保温性維持の為にも、この加工剤を!

注意!ダウンジャケットに、吸水ソフターは厳禁!?ふんわり風合とダウンの保温性維持の為にも、この加工剤を!

近頃、ポール・マッカートニーの再来日の噂話を繰り広げていますが、一向に来日発表がありませんので、今日は、このブログ本来の話題?に戻ります。

もう関西では暖かくなり、朝方でもコートやダウンジャケットを着用されていない方が多くなりました。もう暫くすると、冬物を仕舞い込む為に、ご家庭では洗う事が出来ない衣類は、クリーニング店に持ち込まれと思うのですが、このようなコートやダウンジャケットは、クリーニング店にて、どうように洗濯するのか…

ウール素材などドライクリーニング指定品は、勿論、水でなく溶剤(=ドライクリーニング)で洗うわけですが、水で洗える衣類は、(あえて当ブログ呼名)温かウエットで洗う事になります。洗い方や、その時に使う洗剤の事は、これまで記載して来ましたが、最後に使うソフター(柔軟剤)は、何が最適なんでしょうか…

肌着やタオルなど肌に接触する衣類の多くは、吸水性があった方が良いとの事で、「吸水ソフター」をご使用されているクリーニング店が多いと思います。
では、ダウンジャケットの場合は、その吸水ソフターでイイのでしょうか?
私の考えでは、「NO!」です。
どうしてって?それは、本来、ダウンジャケットの特性として、保温性、軽量だけでなく、水を弾くと言った特性が必要です。


元々、ダウンジャケットは、極寒地での作業服として着用されたのが始まりですが、今では、スキーや登山のブランドメーカーが製品化している場合が多くなりました。つまり、雨や雪が降った時には、その水を弾いた方が、中のダウンやフェザーが濡れずに、ふんわりした状態を維持出来ます。これこそ、ダウンジャケットの特性を着用時維持出来る大事なポイントの1つだと思います。

その為にダウンジャケットの生地は、水が染み込まないように、高密度な織物になっていたり、撥水加工が施されています。
ところが、水を浸透する、吸水するソフターを使用されていると、この特性が失われます…
ところが、ほとんどのクリーニング店では、吸水性のソフターしか持っていないので、その吸水性のある柔軟剤を疑いもなく使っています。
では、どうすれば良いの…ダウンはふわっとさせたい…水は染み込みにくくしたい…こんな時こそ、この加工剤をご使用下さい!


『 ライト抗菌ソフターカシミアン 』
10kg タフテナー


ダウンをふんわりさせるソフター効果と、特殊な変性シリコーンの配合品です。
水を染み込みにくくするカチオニックな加工成分。
抗菌効果で、衛生的な仕上がりになります。
ダウンジャケット、毛布の特別な風合剤として、好評な1品です。


繊維素材・衣類に合わせた加工剤の使い分けが出来る事、これこそが、プロの技です!

0

ダウンジャケットの加工剤は、ライト抗菌カシミアン。膨らみとボリューム感を与えて下さい。

ダウンジャケットの加工剤は、ライト抗菌カシミアン。膨らみとボリューム感を与えて下さい。

さて、今日はポール・マッカートニーの再来日か、それとも噂だけで終わるのか気になりつつ、クリーニングの話です。
前回・前々回と、「温かウエット」とダウンジャケットについて記載しましたが、洗うだけでなく、やはりクリーニングは仕上がりが大事です。特に、ダウンジャケットは、膨らみ・ボリューム感が大切です。では、どうすれば、ボリューム感が出るのか?


ダウンジャケットの膨らみのポイントがあります。先ず、通気性の少ない高密度の織物。
この隙間のない生地により、水を弾いいたり、生地の中にある空気を保って膨らみを出しているのですが、一番重要なのが、暖かさと膨らみを持たせるダウンやフェザーの品質です。


余談ですが、最近、このダウンの品質が低下しているのです。原因は、鳥インフルエンザで鳥の生産量が減っている事、輸出中心であったダウンの需要が布団やダウンジャケットの品質向上により、中国国内だけでなく世界的な需要量のアップ、これからの事からダウンの価格が高くなると考え、投資の対象になり高騰した…しかも、ダウン原毛の洗いは中国です…場合によっては原毛洗浄不足、コストダウンの為の工程短縮、洗浄剤の不足、温度が上がっていない、洗浄認識不足など様々な要因が重なり、原毛に汚れが付いたままだったりして、初めて洗濯した際に、原毛の不純物が吐き出されて、生地に付着する…と言った問題があります。

これは、臭いの問題にも関連していますので、結構、深刻なんです。
こんな場合だと、風合いも悪く、ふわっとした膨らみがあるべきダウンが、ヘタってしまいやすい事にも繋がります。困った事です…


そんな不幸なダウンに遭遇すると、購入された方だけでなく、クリーニング店泣かせのダウンジャケットになってしまいます。
特に、水洗い…いや、今回、命名させて頂いた「温かウエット・クリーニング」で、処理すると、汚れが落ちて綺麗にはなりますが、そのまま乾くまで、自然乾燥だと、ダウンは、ふわっとした膨らみが戻りません。


そこで、クリーニング店特有のタンブラー乾燥機で、水分を蒸発させますが、水分が無くなっただけでは、皆さんが喜ぶ、ダウンジャケットの膨らみにならない時があります。いや、プロのクリーニングとして、家庭では成し得ないボリューム感で、ダウンジャケットをお返ししたいですね。
そこで、ダウンジャケットに最高の膨らみ&ボリューム感を与える加工剤を、ご紹介致します。



『 ライト抗菌ソフターカシミアン 』
10kgタフテナー
特殊シリコーン配合のプロ仕様の加工剤


20kgワッシャー機で、最終濯ぎ・中水位80Lに、使用量100~150ccです。

この加工剤で、本当の膨らみを再現して下さい!

キョウエイくんの裏ワザ情報:この加工剤を使用すれば、乾燥時間が短縮出来る!?
蒸気代の節約、繁忙期の時間短縮に貢献出来るかもしれません!


あくまでも、私感ですが、乞うご期待!!トライあるのみ!

このカテゴリーに該当する記事はありません。