FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

John Lennon's friends、ジョンからの思い出を協力者が語る。

John Lennon's friends, collaborators share memories, mementos from him

"彼はただ喜んでいた...彼の先にある年月を考えて喜んでいた"

40歳になったジョン・レノンは、何が自分を幸せにし、残りの人生で何をしたいのかを学んでいました。

John Lennon's friends、ジョンからの思い出を協力者が語る。

彼を最もよく知る人たちは、彼が個人的にも仕事上でも困難な時期を経験しているのを目撃しています。ジョン・レノンは、ポピュラー音楽史上最も成功し、影響力のあるバンドとして知られるビートルズのメンバーとしての経験を経て、ニューヨークで独立したアーティストとして活動していました。1980年、5年間の音楽活動の休止を経て、妻のオノ・ヨーコと幼い息子のショーンとニューヨークで暮らしていたレノンは、突然その人生を絶たれてしまいました。



40年後、彼の友人や協力者たちは、レノンが残した思い出、歌、そして物を手にしています。

Jack Douglas, legendary record producerがジョンを語る



Jack Douglas, legendary record producer 
伝説のレコード・プロデューサー、ジャック・ダグラス


ダグラスはレノンの1971年の名作アルバム「イマジン」とオノ・ヨーコとの最後の2枚のレコード「ダブル・ファンタジー」と「ミルク・アンド・ハニー」をプロデュースしています。ダグラスはエアロスミス、マイルス・デイヴィス、チープ・トリック、ザ・フーなどのプロデュースでも知られている。

「ある日、電話が鳴っているのが聞こえてきて...声がかかってきて、『本当に面白くて違うことをしたいなら、明日の正午に水上飛行機が着陸する33rdストリートの桟橋に来い』と言ってきたんだ。」
「その時は、『本当に面白くてミステリアスなことをやってみたいな』と思っていました。それがいいんじゃないかと思ったんだ。水上飛行機に乗るんだ。それも楽しそうだな』と。」


「飛行機は離陸して、大邸宅があるところまで飛んでいきました 」と彼は覚えています。
「…で中に入るとヨーコが言ったんだ。『今話すことは極秘事項だから誰にも言ってはいけない 』ってね。ジョンは別のレコードを作りたいと言っていて、それをプロデュースして欲しいと言っていた。」
「彼女は私に封筒を渡してきて、『ジャックの耳にだけ 』と書いてあった。電話が鳴るとジョンだった。『封筒に入っているカセットテープを聴いてみて、くだらないと思うなら電話して教えてくれ。でもいい素材だと思うなら、スタジオに行ってやろう』と言ってくれたんだ。」


「私は戻って聴いてみましたが、驚きました。トニー・レビン、ヒュー・マクラッケン、ジョージ・スモール、アンディ・ニューマークといった偉大なミュージシャンに電話をかけてみたんだ。私はジョンにワイルドカードを持ってくるように言ったんだ。アール・スリックだ。アールはデヴィッド・ボウイと共演したことがあるんだ。」

「アールはデヴィッド・ボウイと共演していた。たくさんジャムったよ。時々テイクの合間にビートルズの曲をたくさん演奏して、ラジオからビートルズの曲が流れてくると全てが止まり、その曲がどうやって作られたのか、その日に何があったのかを話してくれたんだ。彼のビートルズへの絶対的な愛は、私たちには明らかだった。実際、彼はビートルズを愛していると言っていました。彼らは彼の兄弟だった。彼はあのバンドを愛していた。それが彼のバンドだった。」

ダグラスはレノンが殺される直前の運命的な夜、スタジオでレノンと一緒だった。


「私とジョンとヨーコだった。俺たちはこの曲をループで作っていて、それが "Walking on Thin Ice "になったんだ」とダグラスは覚えている。
「その夜に完成して、次の日の朝にはシングルを完成させようと言ったんだ。ジョンもヨーコも興奮していた。あの夜は、これ以上のものはあり得なかった。未来は大きく見えた。それで私は彼をエレベーターまで送って家に帰りました。そこには誰かが彼を待っていた。」




Rick Nielsen, guitarist ジョンを語る

Rick Nielsen, guitarist  リック・ニールセン, ギタリスト

1980年、チープ・トリックのレジェンドであるリック・ニールセンは、ジョン・レノンの新譜に招かれてギターを弾くことになった。

「それは誰にも言えない大きな秘密だった」と彼は覚えています。

「僕はギターを弾いていたんだ...これは1963年製のフェンダー・テレキャスターなんだけど、Parsons White StringBender パーソンズ・ホワイト・ストリングベンダーが付いていて、かなりレアなんだ。」
「私が弾いていたら、(レノン)が『おっと』と言ったんだ。彼はこれを見たことがないと言っていた。明日出発するから後で取りに行くよ』と言ったんだ。それで彼は持っていた。」


ニールセンがそのギターを再び見たのは3年後、レノンが殺された後だった。

「ヨーコからもらったんだ。『ジョンはあなたにこれを持っていて欲しかっただろう』という素敵な小さなメモを添えてね」とニールセンは語った。



Andy Newmark, drummerがジョンを語る

Andy Newmark, drummer アンディ・ニューマーク(ドラマー)

ニューマークは、レノンが亡くなる1ヶ月足らずでリリースされたレノンの最後のスタジオ・アルバム『ダブル・ファンタジー』で、レノンやオノと一緒に仕事をしたドラマー。

「暗黒の時代だったし、ウィンストンのタバコを吸っていたのを覚えているよ。それが全てを圧倒して動揺させた。」

「彼は私に何かをくれたんだ...私たち全員がカルティエからプレゼントを受け取ったんだ。ヨーコとジョンがカルティエに行って、私たち一人一人に小さな銀の箱を選んでくれたよ。製作に直接関わっている人たちがね。」

"Double Fantasy, Christmas 1980, NYC, John and Yoko "と箱の蓋の内側に刻まれています。

「これを受け取ったのは本当に甘酸っぱい瞬間だった。そして、彼は殺されてしまったけど、その後にこれを手にするんだ。」
「これは私の最も重要な所有物で、私はミニマリストなんだ。ゴールドレコードも、プラチナアルバムの賞も、写真も、何でも捨ててしまう。自分の過去のものは何も持っていない。何もない。私の人生の全てがスーツケース2つに収まります...でも、これは絶対に手放せません。」




Laurie Kaye, former newscaster, RKO Radio Networksがジョンを語る

Laurie Kaye, former newscaster, RKO Radio Networks
ローリー・ケイ、元ニュースキャスター、RKOラジオネットワーク


ケイは、レノンが殺された日に一緒にいてインタビューをした最後の一人だった。
1980年12月8日、ニューヨークのダコタアパートの自宅で、ケイはレノンとオノに話を聞いた。


「彼はただ幸せだった。生きていることに幸せを感じていたし、息子のショーンと一緒に音楽を作ったり、ヨーコと一緒に音楽を作ったりして、これからの数年間のことを考えると幸せだった」、「それは彼の中から湧き上がってくるものだった。それは美しかった」とケイは覚えている。

「私はヨーコの詩集『グレープフルーツ』のコピーを持ってきていました。彼らは(言った)、『ああ、私たちにサインさせてください。もちろん、私は感激しました。そして今日に至るまで、時々それを開いてインスピレーションを得ています。」

グレープフルーツにジョンのサイン

「ヨーコがサインしてくれて、ジョンがサインしてくれただけでなく、彼とヨーコの典型的なファッションで描いた絵が脳裏に浮かんでくるんです。」とケイは語った。
「ジョンとヨーコのサインを見て、彼が描いた二人の絵を見ると、急に気分が高揚してきて、またインスピレーションが湧いて来ます。」


レノンがダコタの外で致命的に撃たれたのは、ケイのインタビューのわずか数時間後のことだった。

「1980年12月8日の夜に起きたことは想像を絶するものだった。私の人生で最高の日だったことが、私の人生で最悪の日になってしまった。」

「ジョンが死について話した時、『自分には何年も、何年も、何年も、あと何年も残っていて、それについて希望を持っている』と話した時、その日の結果を考えると、このインタビューの中で最も心に響く部分です。」
「それを聞くたびに、私は心を痛めています。」




Elliot Mintz, friendがジョンを語る

Elliot Mintz, friend エリオット・ミンツ 友人

ミンツは1971年にレノンと出会い、「fast friends」になったと語っている。彼は1971年から1980年に亡くなるまで、彼を親友だと思っていた。

1980年にジョンが亡くなった後、ミンツは「その時の彼の主な役割は、親愛なる友人であり続けたヨーコのために存在することだった」と述べ、その後もレノンの息子ジュリアンとショーンのために存在することになったと述べている。

「私はヨーコと二階にいたことを覚えています...オフィスにはルーズベルト病院からジョンの荷物をヨーコに返そうとしているという電話が入っていました。」
「私が下に降りると、病院の人たちが重くホチキスで留められた茶色の紙袋を持って現れたので、私はその袋を手に取り、ジョンが転んだ時に着ていた服と、血のついた眼鏡と財布が入っていた。」


「『これがジョンの遺品だった』と彼は言った。」
「廊下の下の使われていない場所にあるクローゼットを見つけて、一番上の棚の上に置いた。ヨーコがメガネを使いたいと言う瞬間が来るまで、バッグはずっとそこにあったんだ」と語っています。




Bob Gruen, renowned rock and roll photographerがジョンを語る

Bob Gruen, renowned rock and roll photographer 著名なロックンロール写真家ボブ・グリュエン

10月20日に出版される本「Right Place, Right Time: The Life of a Rock & Roll Photographer」の著者であるグリュエンは、レノンやオノの親しい友人であり、個人的な写真家でもありました。



「タイムズスクエアを通っていると、歩道でニューヨークのTシャツを売っている人を見かけたんだ。それで何枚か買って、1枚をジョンにあげたんだ」と彼は覚えていた。

「74年の夏、彼のアパートの屋上で写真を撮っていた時のことです。着てみたらどうだ?と言うと、彼は「うん」と言った。何枚も写真を撮ったんだけど、あの写真が彼の記憶に残るとは 思ってもみなかった。」

Tシャツ姿のJohn Lennon

その写真は、レノンの最も象徴的な写真の一つとなりました。その後の数年間、グリュエンは次男のショーンを育てる中で、レノンが進化していくのを目の当たりにしました。

「ジョンは多くの時間を過ごしました......父親であることを意識し、人生を意識し、人生を創造していました」とグリュエン氏は言います。
「ジョンは、大人になること、家族のために責任を学ぶこと、自分の欲望をコントロールすることを学び、普通の生活が実際に非常にやりがいのある人生であることなど、多くのことを学びました。」


スタジオでのJohn LennonとSean

「ジョンがこれほど多くの人にとって自分がどれほど重要な存在であるか、全く考えていなかったと思います。」とグリュエン氏は語った。
「ヨーコはショーンに父親が帰ってこないことを伝えなければなりませんでした。ショーンは『 Well, now he's everywhere 今はどこにでもいる 』と言った。」


「それがヨーコが世界のどこにでも、世界中のどこにでも、10分間の沈黙を呼びかけるきっかけの一つになったのかもしれません」
「ジョンは今ではどこにでもいて、どこにでもいるからです。」とグルーエン氏は付け加えました。


John was now everywhere and is everywhere

夫の殺害後、オノは昨年、ツイッターにこのメッセージを投稿し、銃規制の率直な支持者となっている。
"We are turning this beautiful country into a War Zone.
「一緒に、平和の緑の国アメリカを取り戻しましょう」


John Lennon's friends, collaborators share memories, mementos from him~ABC NEWS


0

ノエル・ギャラガー、ジョン・レノンのトリビュート・アルバムに参加と報道

ノエル・ギャラガーはジョン・レノンの新たなトリビュート・アルバムのためにレコーディングをする見込みだと報じられている。

ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンは亡き父に捧げるトリビュート・アルバムをまとめているという。

ノエル・ギャラガー、ジョン・レノンのトリビュート・アルバムに参加と報道

『ザ・サン』紙はノエル・ギャラガーがジョン・レノンの生誕80周年を記念したトリビュート・アルバムのためにロンドンのタイルヤード・スタジオでレコーディングを行ったと報じている。

情報筋は『ザ・サン』紙に次のように語っている。「ショーン・レノンはザ・ビートルズとジョン・レノンを大好きで、ここ数十年にわたってUKの音楽シーンに大きな影響を与えてきたノエル・ギャラガーに参加してもらいたいと思っていました」

ノエル・ギャラガーのジョン・レノンへの愛情は長年にわたって語っており、オアシスの“Don’t Look Back in Anger”には“Imagine”のコード進行が使われている。

『NME』ではノエル・ギャラガーの担当者にコメントを求めている。

オアシスの“Wonderwall”はスポティファイで10億回の再生回数を突破している。

全英シングル・チャートで最高位2位を記録した1995年発表の“Wonderwall”は『モーニング・グローリー』の25周年を受けてこの記録を達成している。1990年代の楽曲として10億回を突破したのは初めてとなっている。

25周年を記念して『モーニング・グローリー』はアナログ盤で再発されている。

ノエル・ギャラガー、ジョン・レノンのトリビュート・アルバムに参加と報道~NME JAPAN

0

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート~NME JAPANより

ジョン・レノンの生誕80周年となった2020年10月9日よりソニーミュージック六本木ミュージアムで展覧会「ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ」が開催されている。この展覧会は2018年5月から2019年11月までジョン・レノンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された大規模な展覧会で、会期も当初の予定から7ヵ月延長され、異例の70万人を動員したものとなっている。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート

展示されているのはジョン・レノンとオノ・ヨーコが出会った1966年からジョン・レノンが亡くなる1980年までのキャリアを辿る、オノ・ヨーコ自身のプライベート・コレクションからの物を含む貴重な品々で、1966年11月7日にインディカ・ギャラリーで開催されたオノ・ヨーコの個展「未完成の絵画とオブジェ」でジョン・レノンが体験した、ハシゴを登って虫眼鏡で天井を見たらそこには「YES」の文字があったという『天井の絵』も再現されている。

1966年から1980年の時代背景と共にジョン・レノンとオノ・ヨーコの軌跡を振り返るこの展覧会だが、観て考えさせられるのは未来のことだったりする。ジョン・レノンが、ザ・ビートルズが後世にはどんな形で伝わっていくのか、そんなことを考えさせられる展示になっているのだ。ここでは11月7日に開催された内覧会で撮影した写真によるフォト・レポートをお送りする。


ジョンとヨーコが出会うことになった1966年11月のインディカ・ギャラリーにまつわるものが展示されている。
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート1

1969年3月、2人はジブラルタルで結婚式を挙げている。
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート2

1969年にはジョン・レノン/プラスチック・オノ・バンド名義の活動がスタートしている。
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート3

トレードマークとなった「NEW YORK」のノースリーヴ・シャツも展示されている。
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート4

その他、多くの写真は、下記のサイトからご覧になって下さい。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ「ダブル・ファンタジー」展、フォト・レポート~NME JAPAN

展覧会名:DOUBLE FANTASY – John & Yoko(読み:ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)
会期:2020年10月9日(金) ~ 2021年1月11日(月祝) 予定
場所:ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)
開館時間(入場は閉館時間の30分前まで)
日~木:10時~18時 
金・土:10時~20時 
祝日:11/3 (火) 、23(月) 18時まで / 1/11 (月) 20時まで
通常チケット/料金(税込)
前売券:一般:2,500円 大学・専門学校生:2,000円 中・高校生:1,000円 
当日券:一般:2,600円 大学・専門学校生:2,100円 中・高校生:1,100円
※小学生以下:無料 ※障がい者:各半額(窓口にて障がい者手帳をご提示ください)
BAG ONE グルービーケース入り図録+チケットホルダー全3種付きチケット:10,000円
※図録は会場にて販売予定です。(価格:5,500円)
チケットホルダー付きチケット タイプA 「WAR IS OVER!」:3,000円
チケットホルダー付きチケット タイプB 「IMAGINE PEACE」:3,000円
チケットホルダー付きチケット タイプC 「YES」:3,000円
主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント / 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
メディアパートナー:朝日新聞社

展覧会名:DOUBLE FANTASY – John & Yoko

0

Fans Celebrate John Lennon's 80th Birthday With Central Park Tribute

Fans Celebrate John Lennon's 80th Birthday With Central Park Tribute

彼らはレノンの歌にちなんで名付けられ、レノンに捧げられた Strawberry Fields に集まった。

彼はビートルズの一人としての名声を利用して、世界平和を提唱した。

レノンは1980年、セントラルパーク・ウエストにある彼のアパート「the Dakota」に入ったところを射殺された。

金曜日は彼の80歳の誕生日だっただろう。

Fans Celebrate John Lennon's 80th Birthday With Central Park Tribute







CBSニュースより

0

Empire State Buildingは、John Lennonを称えました。

エンパイア・ステート・ビル、ジョン・レノンを称える

今夜、エンパイア・ステート・ビルはジョン・レノンに敬意を表し、世界的に有名なスカイブルーのタワーライトとマストに回転する白いピースサインを点灯しました。午前2時まで点灯しているこのライトは、伝説的なシンガー、ソングライター、平和活動家である故ジョン・レノンの80歳の誕生日を告げるものです。息子でミュージシャンのショーン・オノ・レノンさんが、サンセで正式に点灯しました。

Empire State Buildingは、John Lennonを称えました。1

ショーン・オノ・レノンは次のように語っている。「僕の父は1971年にニューヨークに移住してきました。彼はここがとても気に入りましたが、移住者としてここで永住権を取得するために大変苦労したことは、有名な話です。父はニューヨークが世界一素晴らしい場所だと常に語っていました。そんな彼が僕をこの街で育ててくれたことをありがたく思っています。ですから、このような機会に感謝すると共に、彼のメッセージである愛と平和、そして真実という言葉が皆様に届くことを願っています」

Empire State Buildingは、John Lennonを称えました。3

45歳のショーンは、父親が書いた音楽を聴くと感情的になりすぎて、ジョンが殺される前のことを思い出すから…と苦労していることを認めた。

彼は言った。「正直言って、泣くことを心配しているんだ。」

「それらの曲は考えるのも難しいし、聴くのはおろか、そのいくつかを聴くのも難しいんだ。、特に私が「ダブルファンタジー」を作った彼の記憶がたくさんあるという理由だけで、後のこと、そしてそれらのいくつかは私の心を壊します...それはタイムマシンで、(ジョン・レノンが殺された)前の瞬間に戻るのはかなり大変でした。」

Empire State Buildingは、John Lennonを称えました。2





ニューヨークを代表する住人の一人であるジョン・レノンは、ビートルズ解散後の1971年にイギリスからマンハッタンに移住。彼は妻のオノ・ヨーコとともに、もう一つのニューヨークのランドマークであるダコタに定住し、ショーン君を育てました。レノンは1980年に悲劇的な死を遂げるまで、この街を誇りに思っていました。

かつてニューヨークを「地球上で最も偉大な場所」と宣言したこのアーティストは、この街について情熱的に語り、最終的には苦戦を強いられた移民との戦いに勝利して、彼の愛する養子縁組の故郷であるアメリカに滞在することを許可されました。"アメリカとはそういうところにあるんだ "と彼はかつて言った。"俺はニューヨークで生まれるべきだったんだ!"ヴィレッジに生まれるべきだった!"

Empire State Buildingは、John Lennonを称えました。4

アメリカ人でないことを深く後悔しているし、グリニッジビレッジに生まれなかったことも後悔している。でも、そうはいかない。誰もが中心部に向かっていくんだ。ここでそれが起きているんだ"

ニューヨークでは、レノンは『マインド・ゲームズ』(1973年)、『ウォールズ・アンド・ブリッジズ』(1974年)、『ロックンロール』(1975年)など、多くのソロ・アルバムを書き、録音した。小野とのコラボレーションのいくつかはニューヨークでの作品でもあり、その中には、その名も「Sometime In New York City」(1972年)、彼の最後のスタジオ・アルバム「Double Fantasy」(1980年)、死後に発表された「Milk and Honey」(1884年)などが含まれる。

Empire State Buildingは、John Lennonを称えました。5

一方、レノンのベストセラーとなった2枚目のLP『イマジン』(1971年)は、ニューヨークの有名なレコード・プラント・スタジオでストリングスを含む仕上げの作業が行われた。

アーティストの死後、ニューヨークはセントラルパークにレノンの生前の追悼碑を建てました。2.5エーカーのストロベリー・フィールズは、ビートルズの1967年のサイケデリック・シングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」にちなんで名付けられました。

この一週間を通して、レノンは2部構成のBBCスペシャルや、英国のスカイ、フリービュー、ヴァージンのチャンネルで10月15日まで配信されているポップアップチャンネル「LENNON80」など、さまざまな特別番組を通じて追悼の意を表してきました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。