FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part5

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part5

【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】



本当はPart4の検証を続けたかったのですが、どうも場所が特定出来ないのです…コーデンがLet It Beを左折した場所って…左折って可笑しいな…方角的には右折なんだけども…左折って…どこだ?
ポールが母親の事を思い出して、微笑む所も特定したかったのですが…ん…Google Mapが数年前なので登場シーンと風景が変わっているのかな…と言う事で先に進む事にします。


ポールとコーデンが到着したのは、こちら20 Forthlin Rd, Liverpool L18 9TN、Paul McCartney Childhood Homeです。

20 Forthlin Rd, Liverpool L18 9TN、Paul McCartney Childhood Home

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home5


初めに玄関から入って、キッチンで練乳ばなし…その後に「樋」を登った話に続きますが、わざわざコーデンがキッチンから中庭に出れるドアから出たのですね。これは演出?それともたまたまかな…

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home1

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home2

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home3

「樋」の話、面白いと言うかビックリですね…私も中学生の時に家の鍵を忘れて、自宅(実家)に誰もいない時、お風呂の小さな窓から家の中に入った事があります。よく入れたものです。今!?手が届くだけです(笑)。
このドア、内側はホワイト、外はワイン・レッドってオシャレですね。因みに、玄関はホワイトと言うのもオシャレですね。私は玄関をホワイトには出来ませんが…(笑)


カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home4


She loves youをこの家で仕上げていた話なんてユニークですね!このエピソードを聞いたコーデンの表情も良いですね。彼の表情が良かったのは、Let It Be、She loves you、Hey Judeですね。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home6


さあ!皆さんで!

♪ She loves you, yes, yes, yes
♬ She loves you, yes, yes, yes
♫ She loves you, yes, yes, she does



ポールって…本当に言葉が上手ですね。この番組を見て(いや日本語字幕のお蔭で)、そう思います。「ココには人生が詰まっているみたいな…」なんて…
そして、曲の事も、想い出深い事で「Penny Lane」が出来た事や「A Day in the Life」のフレーズ・♪Woke up, fell out of bed , Dragged a comb across my head♪なんて口ずさむなんて!
「ココから僕の世界が広がって行った…」(流れ的にも素晴らしい訳です!)


Paul McCartney Childhood Home


そして、トイレで…♪Everything sounds better in the bog(トイレでは全てがよく聞こえる)♪なんて!!

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home8

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home7

上記の写真はPaul McCartney Childhood Homeではありません。
McCartney II recording session in Scotland,1979


三連休が終わり、明日から会社か…
Woke up, fell out of Futon
Dragged a comb across my head
Found my way downstairs and drank a cup
And looking up I noticed I was late
Found my Downjacket and Go out with a purse
Made the train in rush hour

0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4・その2

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4・その2

【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】



コーデンとポールの追っかけファンについての会話が終わった所で、次に音楽に関しての話になるのですが、ここで疑問が…「ここはどこ?」

カープール evans burkey.


場所が解明出来ました。それは…
207 Smithdown Rd, Liverpool L15 2HD イギリスにあるEvans & Burkeyというお店の前を通ります。


カープール evans burkey map

Evans & Burkeyのお店は…墓石のお店ですね。
そして、右手に見える公園みたいなのが、Toxteth Park Cemeteryがあります。つまり墓地です。なんて立地条件に合ったお店なんでしょうか。


カープール evans burkeyの位置.

Toxteth Park Cemetery


そして、この番組のハイライトのワン・シーンとなります…

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー1

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー2

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー3

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー4

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー5

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー6

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー7

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー8

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー9

このポールの表情が何とも言えない程、いい表情しています…この話とポールの表情に感激しました…

この話…本当にA562通りで、Toxteth Park Cemeteryを通る時の会話であったら、母親を思い出した事にも繋がるのかな…と思って調べていると!
ここで発覚!感慨深く歌っている「Let It Be」のシーンは、この墓地を通る前なのですね。このシーンをご覧になって下さい。


カープール Let itBe のbuilding servics.

コーデンの右側に「MなんとかBuilding Sevice」と言う看板が見えます。(画像をクリックして見つけて下さい。)

カープール Let itBe のbuilding servics map

これを調べると「M&Q Building Sevice」と判明しました。場所はこちらです。

M&Q building servics map.

場所は、A562・スミスダウンロード!
でもこの事務所はコーデンの右側!英国は日本と同じ左側通行、つまりは墓地を通り抜ける前なのですね。
エッ!?どういう事?


M&Q building servics の位置

ほら!墓地公園の手前でしょう!しかもPHILHARMONIC DINING ROOMSやポールが立ち寄った理髪店も近いのです。

つまり207 Smithdown Rd, Liverpool L15 2HD イギリスにあるEvans & Burkeyのカットのシーンは、次にポールが母親を想い出すシチュエーションとして、実際の時間帯と異なる部分を挿入したと思われます。これはこれで素晴らしい編集です。

でも、ポールがコーデンとデュエットした「Let It Be」の感動は色褪せません…A562・Smithdown Roadを「Let It Be Road」と勝手に名付けます!

でも、もう少し、このシーンを検証したいですね。分かればですが…パソコンの画面を睨めっこして目が痛くなったので、今日はここまでです…この続きがあれば、次回へ…

0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4

【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】

途切れ途切れで更新している「カープール・カラオケ日本語字幕版の検証」ですが、今回はようやくPart4って…なかなか前に進みませんが何とかなるかな…そんなLet It Be的な内容が今回です。




Part4はJames Corden(ジェームズ・コーデン)がSir Paul McCartneyに真剣にインタビューしています。(車の中でこのような質問が出来るとは…)
C氏「追っかけにファンには、どう対処するの?」(ファンとしてはおさつドキッ!とする質問です。)
P氏「それに向き合って楽しんでいるよ」「人々の生活の大きな部分を占めている事も解っている。だからこそ…好きなんだ」


なんて大らかな返答を即答するのだろうか…多くの熱心なファンはポールの曲を聞き、考え、読み、歌い、様々な行動を行い、正しく生活の一部の時間だけでなく、気持ちも費用もビートルズ(ポール・マッカートニー)の事に割いています。

当ブログも同じく、このブログを1回更新するのに最低1時間…いや…2時間…いやいや4時間…内容によっては一日中、費やしいてる事もあります。
そんな我々ファンの事を察して、このような返答をしてくれるなんて…なんて…嬉しい事でしょうか…感激です。


いつまでも感激していると話が進みません…エ~ッと…ん!?なに?グリニッジビレッジ?

Greenwich Village

グリニッジビレッジ・Greenwich Villageは、ボブ・ディランがデビュー時期に暮らしたニューヨークの場所です。
特に、この場所はディランいや音楽ファンにとって聖地なのでしょうね…Cafe Wha? (115 Macdougal Street)


Greenwich Village cafe wha map

Greenwich Village cafe wha.

Cafe Wha? ニューヨーク

カフェと言うよりはライヴハウスですね。外観は…これですが、店内や音楽のレベルは素晴らしいようですね。
ポールが行った自宅と言うのは…西四番ストリートにディランが借りていたアパート(スーズ・ロトロさん・Suze Rotoloと同棲)…Jones St(ジョーンズ・ストリート)の付近ですね。


The Freewheelin' Bob Dylan map

上記のマップはアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン』(The Freewheelin' Bob Dylan)が撮影されたジョーンズ・ストリートの場所です。

The Freewheelin' Bob Dylan


そんなポールの気持ちを分かち合いながら、映像を見ていると、我々ファンもポールと向き合って楽しむ事が出来ますね。
おっと…Part4はまだまだ話がありますが、これは次回へ

2

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part3・Beatles Day記念

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part3・Beatles Day記念

Happy Beatles Day!

どこの誰かは知らないけれど 誰もがみんな知っている…
2月4日はFeb.4であるので、Fab.4(ビートルズの愛称)なので、ビートルズの日=Beatles Dayと言われています。


そうなのです!Happy Beatles Day!
いや、Happy Beatles Day Tripperと言うべきか!?
いえいえ、Beatles Good Day Sunshineと呼ぶべきだ!
まだまだ、Beatles Day In The Lifeの方が良い!?
これならどうだ!Eight Beatles Days A Week!!


ん…これらが曲のタイトルだったら、新曲!?変曲!?になりそうですね(笑)。
そんなスタートで今日のブログもカープールについての検証ですが、実は…昨日の課題…解けませんでした…分からん事は分からんとして、次のシーンへ…(いきなり怠慢)。



ビートルズ像の近くに駐車.

ポールご一行様は、Pier Head, Liverpool L3 1BYにあるビートルズ像(royal albert dock liverpool beatles statue)の所に到着しました。
早速、ファンのお姉様がポールをLiverpool!ふしぎ発見!って…こういう時は女性は素早いな~


カープールカラオケでポールに出会う女性1

カープールカラオケでポールに出会う女性2

カープールカラオケでポールに出会う女3

カープールカラオケでポールに出会う女性4

ん!?握手が£10!お支払いしますが、£10でポールと握手出来るのなら、目がTENになってしまいますね(笑)。

ここで、翻訳者の素晴らしい日本語訳・字幕ですね!

カープールカラオケでポール・マッカートニーのダジャレ1

カープールカラオケでポール・マッカートニーのダジャレ2

「ゆめ参加NA字幕でShow」を差し上げます!!

因みに、ポールご一行様が乗車しているのはRange Roverなんですね。内装はホワイト、外装はブラックとはオシャレですね。
下車して彼らが企てたのは…「フォトボム」ですが…フォトボムって、何だろうかと思うと…


フォトボムとは. アメリカ合衆国のセレブの間で流行した言葉で、"photobomb" は "photo(写真)" と "bomb(爆弾)" という単語で、「他人の写真にこっそり紛れ込んで映る」という意味です。


カープールカラオケでフォトボムをするポール・マッカートニー1

カープールカラオケでフォトボムをするポール・マッカートニー2

なんともお茶目なお遊びかと…でも、そんなお遊びに遭遇したいですね。
それにしても、Twitter、Facebook、Instagramなど皆さん、早い!お陰様で日本におられるファンの方は瞬時に体感出来ますので有り難いですね。


さて…次回は…


追伸
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド、来日公演へ向けたビデオ・メッセージが公開



さあ!行きまShow!

0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part3

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part3

さあ!今日もカープールカラオケ(日本語字幕Ver)を100倍楽しむ為の更新ですよ!
おさらいで、こちらのブログも見てね!!


【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】


Part3は、2018年6月9日・リバプールにあるPHILHARMONIC DINING ROOMSのシーンから始まります。



Ob-La-Di, Ob-La-Daは、演奏2曲目になります。
演奏後、窓のガラス越しに中を見ているファンがアップ!


PHILHARMONIC DINING ROOMSのポール・マッカトニー・ライヴを覗き込むファン

このファンの事は以前もブログで話題にしていました。

女性だったのですね。でも彼女のお顔は…外からの映像には映っていませんでしたので分かりませんね。

ここで、ポールから観客に嬉しいコメントが…

ドリンクは僕のおごりだよ

日本でも、そんなコメント欲しいです…へべれけになるくらい飲みたいですね(笑)。
でも、ウイスキー1本の値段は、2ポンド(約280円)じゃないですよ。


ポール・マッカートニー、ウイスキーの値段を1本2ポンドだと思っていたことが明らかに


お次は、Drive My Car、これは実際4曲目になります。
実際の演奏はしっかりと演奏されているはずですが、そこはTV。時間の関係で上手に編集していますね。素晴らしい!


番組のシーンは、ポールを乗せたコーデンの車中での会話になります…

Liverpoolに戻った時の感想 Paul McCartney カープールカラオケ

しかし、これから行く所が意外でした。Royal Albert Dock Liverpoolのビートルズ像に向かうとは!標識には、「Airport」との標識が、これは「Liverpool John Lennon Airport」か?と思ったのですが、可笑しいのですね…これでは逆方向になる…

Liverpool MAP カープールカラオケ Paul McCartney

もしかして、「AirPort One」の事なのかな…と思い、「車は走らせている道は、どこだ?」とGoogle Mapで道路を辿りました…が、「A561」から続く道で「A5038」を通る道かな…
つまり理髪店の目の前の道である「A562」を通らずに、クイーンズ・ドライブを通って、セフトン・パークの南側にある「A562」を通ったのかな…いや…こんな立派な道ではない…もっと簡素な道…でも右前の建物は立派です。
ん…分からないな…こんな事ばかりしていたので、今日はギブアップ。


もしかして、編集されて順序が変わっているのかな…
肝心なビートルズ像の話は、また今度…

このカテゴリーに該当する記事はありません。