FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

James Corden Comes Clean About Carpool Karaoke~牽引車でカープール・カラオケ!?

James Corden Comes Clean About Carpool Karaoke~牽引車でカープール・カラオケ!?

Carpool KaraokeでPaul McCartneyは、Childhood Homeに行く気がしていなかった…James Corden

ジャスティン・ビーバーはアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・レイト・ショウ・ ウィズ・ジェームズ・コーデン」の名物企画「カープール・カラオケ」Carpool Karaokeで実際には自ら車を運転しない時もあることが明るみになった司会のジェームズ・コーデンをからかっている。

「カープール・カラオケ」はジェームズ・コーデンがミュージシャンを初めとしたゲストとドライヴに出かけて、車の中でゲストの代表曲などをカラオケで歌うというコーナーで、ジャスティン・ビーバーは現地時間2月20日に放送されるエピソードに出演していることが明らかになっている。

撮影中は主に運転席に座っていることで知られるジェームズ・コーデンだが、彼は先日、ジャスティン・ビーバーと共に乗った車がトラックに牽引されているところが目撃されて話題になっている。

James Corden Comes Clean About Carpool Karaoke~牽引車でカープール・カラオケ!?

James Corden Comes Clean About Carpool Karaoke~牽引車でカープール・カラオケ!

「ジェームズ・コーデンとジャスティン・ビーバーがカープール・カラオケを撮影していたんだ。僕が何かを信用できないのはこういう理由だよ。彼は運転していないんだ!」と当該の現場の動画をツイッターに投稿したユーザーは述べている。現地時間1月23日に投稿されたこの動画は瞬く間に話題になり、現在までに1300万回以上再生されている。

ジェームズ・コーデンは現地時間1月29日に放送された「ザ・レイト・レイト・ショウ・ ウィズ・ジェームズ・コーデン」でこの話題に言及して、ほとんどは自ら運転していることを強調した上で、振り付けを披露する時や衣装チェンジが必要な時には別の車に牽引してもらっていると説明している。



「危険かもしれないと判断した場合のみ、車をけん引してる。ダンスをしたりコスチュームを着替えるときとか、あとは僕が酔っているときとかね(笑)。
でも95%は僕が世界的スターの命を危険にさらしてる(自分で運転をしている)。これはTVだし、時にはエンターテインメントのために手を加えることもあるけどね」と、ほぼ毎回自分で運転をしていると話したジェームズ。


続けて、ジェームズ・コーデンは自身で車を運転していなかったエピソードの一覧を示して、メーガン・トレイナーやミーゴス、カーディ・B、チャンス・ザ・ラッパーがゲストだった回でも運転していなかったことを明らかにした上で、最新のエピソードであるジャスティン・ビーバー(3回目)などの5回のみけん引をしたと明かした。
撮影で運転していなかった理由については「率直に、彼に目を奪われていた」からだと冗談を飛ばしている。


さらに各メディアの「ジェームズ・コーデン、嘘がバレる」「サンタ以来の最悪な嘘」などと書かれたヘッドラインを笑いながら読んだジェームズ。
「ねぇ、『キャッツ』よりもみんなを怒らせることをしてしまったなんて自分でショックだよ」と、自身も出演しており評価があまりよくない(実際はかなり悪い)映画『キャッツ』を引き合いに出し、笑いでコメントを締めた。


James Corden Comes Clean About Carpool Karaoke~CATS

ジャスティン・ビーバーはジェームズ・コーデンの説明を受けてツイッターを更新して、番組の動画が投稿されたツイートを引用する形で次のように冗談を飛ばしている。

Wait… you weren’t driving the car? How could you James? I’m shocked.
Justin Bieber (@justinbieber) January 30, 2020


「待って……車を運転していたんじゃなかったの? どうしてだい、ジェームズ? ショックだよ」

ジャスティン・ビーバー、「カープール・カラオケ」が物議を醸したジェームズ・コーデンをからかう NME JAPAN

「運転していない」と批判を浴びた「カープール・カラオケ」、ジェームズ・コーデンが猛烈に反論! 「これって『キャッツ』よりも悪いこと?」 TVGroove



まあ…その方が安心ですね。
ポールの時は、映像を見た限りでは、ほとんどジェームズが運転

カープール・カラオケを撮影する女性

時折、ポールが運転しています。
中には、「エッ!?大丈夫?運転?」と思うシーンもありますが…

カープールでLet itBe

そこは慣れているジェームズだから大丈夫かと…
それよりも、今年、78歳になるポール・マッカートニーの方が「普段、運転大丈夫?」と思ってしまいますね(笑)。

2

Carpool KaraokeでPaul McCartneyは、Childhood Homeに行く気がしていなかった…James Corden

ポール・マッカートニー、「カープール・カラオケ」への出演に不安を感じていたことが明らかに

今日のブログは、大好評だった こちらのTV番組についてのエピソードです。





カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home6

ポール・マッカートニーは「ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン」の名物企画「カープール・カラオケ」への出演に先立って不安を感じていたことが明らかになっている。

ポール・マッカートニーは2018年、同年にリリースした最新作『エジプト・ステーション』のプロモーションの一環として故郷のリヴァプールで「カープール・カラオケ」の撮影に臨んでおり、ジョン・レノンと共に“She Loves You”を書いたことでも知られる、現在は(歴史的建造物を保護する)ナショナル・トラストによって保護されているかつて10代の頃に住んでいた家を訪れている。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home1

しかしながら、ポール・マッカートニーがかつて暮らしていた家での撮影は実現しなかった可能性もあったようで、番組で司会を務めるジェームズ・コーデン(James Corden)は当時について、ポール・マッカートニーが昔の家を訪れることに懸念を示していたことを明かしている。

ジェームズ・コーデンは『ザ・ニューヨーカー』誌(The New Yorker)とのインタヴューでポール・マッカートニーとの撮影を振り返り、撮影当日の朝にポール・マッカートニーから懸念を伝えられたとして次のように語っている。「彼にこう言われたんだ。『20歳の時にここを出て以来、訪れていないんだ。少し不思議な気持ちがするんだよ』とね」

「それで、『ポール、今日のあなたの仕事は楽しむことです。なので、もしも不快に感じるようなことがあれば、僕らはそれを控えます』ということを僕は伝えたんだ」

ジェームズ・コーデンは彼が同意してくれたものの、実際に車で訪れた時には彼が考えを改める可能性を懸念していたとして次のように続けている。

「車を停めた後で、こう思ったんだ。『どうしよう。隠語を決めておけばよかったよ。嫌そうな顔をされたらどうしよう?』ってね」

しかし、マッカートニーに「中に入ってみる?」と尋ねてみると、彼は「ああ、そうしよう」と答えたそうだ。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home5

2人は最終的にポール・マッカートニーの昔の家を訪れており、ポール・マッカートニーは部屋に置かれているピアノで“When I’m 64”を演奏している。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home8

ポール・マッカートニーはその後、番組の終盤でリヴァプールのパブを訪れて、サプライズでライヴを行って地元の人々を驚かせている。

ドリンクは僕のおごりだよ

ポール・マッカートニーは50周年を迎える今年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが決定している。

ポール・マッカートニー、「カープール・カラオケ」への出演に不安を感じていたことが明らかに~NME JAPAN

ポール・マッカートニー、育った家への再訪、乗り気ではなかった~BARKS


50数年ぶりに実家に行くって…不安になるのかな…「行こう!」と思わないと行かないですよね…私も幼少の頃の家に行こうとは思わないけれども、誰かが背中を押してくれたら、行ってしまいそうです。
この番組については、ゆめ参加NA探検隊の気分で、実際、ポール&ジェームズが通った道を大調査しました!
こちらのカテゴリーから、ご覧になって下さい。

  ↓  ↓  ↓

カテゴリー:カープール・カラオケ

Youtubeの日本語字幕編が残念ながら強制削除されているので、見れませんが…一部、画像を貼り付けていますので、あの感動を思い出して下さい。

0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part5

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part5

【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】



本当はPart4の検証を続けたかったのですが、どうも場所が特定出来ないのです…コーデンがLet It Beを左折した場所って…左折って可笑しいな…方角的には右折なんだけども…左折って…どこだ?
ポールが母親の事を思い出して、微笑む所も特定したかったのですが…ん…Google Mapが数年前なので登場シーンと風景が変わっているのかな…と言う事で先に進む事にします。


ポールとコーデンが到着したのは、こちら20 Forthlin Rd, Liverpool L18 9TN、Paul McCartney Childhood Homeです。

20 Forthlin Rd, Liverpool L18 9TN、Paul McCartney Childhood Home

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home5


初めに玄関から入って、キッチンで練乳ばなし…その後に「樋」を登った話に続きますが、わざわざコーデンがキッチンから中庭に出れるドアから出たのですね。これは演出?それともたまたまかな…

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home1

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home2

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home3

「樋」の話、面白いと言うかビックリですね…私も中学生の時に家の鍵を忘れて、自宅(実家)に誰もいない時、お風呂の小さな窓から家の中に入った事があります。よく入れたものです。今!?手が届くだけです(笑)。
このドア、内側はホワイト、外はワイン・レッドってオシャレですね。因みに、玄関はホワイトと言うのもオシャレですね。私は玄関をホワイトには出来ませんが…(笑)


カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home4


She loves youをこの家で仕上げていた話なんてユニークですね!このエピソードを聞いたコーデンの表情も良いですね。彼の表情が良かったのは、Let It Be、She loves you、Hey Judeですね。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home6


さあ!皆さんで!

♪ She loves you, yes, yes, yes
♬ She loves you, yes, yes, yes
♫ She loves you, yes, yes, she does



ポールって…本当に言葉が上手ですね。この番組を見て(いや日本語字幕のお蔭で)、そう思います。「ココには人生が詰まっているみたいな…」なんて…
そして、曲の事も、想い出深い事で「Penny Lane」が出来た事や「A Day in the Life」のフレーズ・♪Woke up, fell out of bed , Dragged a comb across my head♪なんて口ずさむなんて!
「ココから僕の世界が広がって行った…」(流れ的にも素晴らしい訳です!)


Paul McCartney Childhood Home


そして、トイレで…♪Everything sounds better in the bog(トイレでは全てがよく聞こえる)♪なんて!!

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home8

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home7

上記の写真はPaul McCartney Childhood Homeではありません。
McCartney II recording session in Scotland,1979


三連休が終わり、明日から会社か…
Woke up, fell out of Futon
Dragged a comb across my head
Found my way downstairs and drank a cup
And looking up I noticed I was late
Found my Downjacket and Go out with a purse
Made the train in rush hour

0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4・その2

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4・その2

【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】



コーデンとポールの追っかけファンについての会話が終わった所で、次に音楽に関しての話になるのですが、ここで疑問が…「ここはどこ?」

カープール evans burkey.


場所が解明出来ました。それは…
207 Smithdown Rd, Liverpool L15 2HD イギリスにあるEvans & Burkeyというお店の前を通ります。


カープール evans burkey map

Evans & Burkeyのお店は…墓石のお店ですね。
そして、右手に見える公園みたいなのが、Toxteth Park Cemeteryがあります。つまり墓地です。なんて立地条件に合ったお店なんでしょうか。


カープール evans burkeyの位置.

Toxteth Park Cemetery


そして、この番組のハイライトのワン・シーンとなります…

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー1

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー2

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー3

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー4

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー5

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー6

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー7

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー8

カープールカラオケ Paul McCartney レリビー9

このポールの表情が何とも言えない程、いい表情しています…この話とポールの表情に感激しました…

この話…本当にA562通りで、Toxteth Park Cemeteryを通る時の会話であったら、母親を思い出した事にも繋がるのかな…と思って調べていると!
ここで発覚!感慨深く歌っている「Let It Be」のシーンは、この墓地を通る前なのですね。このシーンをご覧になって下さい。


カープール Let itBe のbuilding servics.

コーデンの右側に「MなんとかBuilding Sevice」と言う看板が見えます。(画像をクリックして見つけて下さい。)

カープール Let itBe のbuilding servics map

これを調べると「M&Q Building Sevice」と判明しました。場所はこちらです。

M&Q building servics map.

場所は、A562・スミスダウンロード!
でもこの事務所はコーデンの右側!英国は日本と同じ左側通行、つまりは墓地を通り抜ける前なのですね。
エッ!?どういう事?


M&Q building servics の位置

ほら!墓地公園の手前でしょう!しかもPHILHARMONIC DINING ROOMSやポールが立ち寄った理髪店も近いのです。

つまり207 Smithdown Rd, Liverpool L15 2HD イギリスにあるEvans & Burkeyのカットのシーンは、次にポールが母親を想い出すシチュエーションとして、実際の時間帯と異なる部分を挿入したと思われます。これはこれで素晴らしい編集です。

でも、ポールがコーデンとデュエットした「Let It Be」の感動は色褪せません…A562・Smithdown Roadを「Let It Be Road」と勝手に名付けます!

でも、もう少し、このシーンを検証したいですね。分かればですが…パソコンの画面を睨めっこして目が痛くなったので、今日はここまでです…この続きがあれば、次回へ…

0

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4

【Carpool Karaoke】When Corden Met McCartney Live From Liverpool【日本語字幕】を検証・Part4

【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】

途切れ途切れで更新している「カープール・カラオケ日本語字幕版の検証」ですが、今回はようやくPart4って…なかなか前に進みませんが何とかなるかな…そんなLet It Be的な内容が今回です。




Part4はJames Corden(ジェームズ・コーデン)がSir Paul McCartneyに真剣にインタビューしています。(車の中でこのような質問が出来るとは…)
C氏「追っかけにファンには、どう対処するの?」(ファンとしてはおさつドキッ!とする質問です。)
P氏「それに向き合って楽しんでいるよ」「人々の生活の大きな部分を占めている事も解っている。だからこそ…好きなんだ」


なんて大らかな返答を即答するのだろうか…多くの熱心なファンはポールの曲を聞き、考え、読み、歌い、様々な行動を行い、正しく生活の一部の時間だけでなく、気持ちも費用もビートルズ(ポール・マッカートニー)の事に割いています。

当ブログも同じく、このブログを1回更新するのに最低1時間…いや…2時間…いやいや4時間…内容によっては一日中、費やしいてる事もあります。
そんな我々ファンの事を察して、このような返答をしてくれるなんて…なんて…嬉しい事でしょうか…感激です。


いつまでも感激していると話が進みません…エ~ッと…ん!?なに?グリニッジビレッジ?

Greenwich Village

グリニッジビレッジ・Greenwich Villageは、ボブ・ディランがデビュー時期に暮らしたニューヨークの場所です。
特に、この場所はディランいや音楽ファンにとって聖地なのでしょうね…Cafe Wha? (115 Macdougal Street)


Greenwich Village cafe wha map

Greenwich Village cafe wha.

Cafe Wha? ニューヨーク

カフェと言うよりはライヴハウスですね。外観は…これですが、店内や音楽のレベルは素晴らしいようですね。
ポールが行った自宅と言うのは…西四番ストリートにディランが借りていたアパート(スーズ・ロトロさん・Suze Rotoloと同棲)…Jones St(ジョーンズ・ストリート)の付近ですね。


The Freewheelin' Bob Dylan map

上記のマップはアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン』(The Freewheelin' Bob Dylan)が撮影されたジョーンズ・ストリートの場所です。

The Freewheelin' Bob Dylan


そんなポールの気持ちを分かち合いながら、映像を見ていると、我々ファンもポールと向き合って楽しむ事が出来ますね。
おっと…Part4はまだまだ話がありますが、これは次回へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。