ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ダウンジャケットは、液体洗剤「万能洗択」を使って、「温かウエット・クリーニング」で洗って欲しい!

ダウンジャケットは、液体洗剤「万能洗択」を使って、「温かウエット・クリーニング」で洗って欲しい!

ダウンジャケットは、液体洗剤「万能洗択」を使って、「温かウエット・クリーニング」で洗って欲しい!

昨日、いい湯だな~の温度で洗うウエット・クリーニングの事を、「温かウエット・クリーニング」って(自分勝手に)命名させて頂いたのですが、如何だったでしょうか?
では、今日は、その「温かウエット」で洗って貰いたい衣類をご紹介します。
それは、ダウンジャケットです。


勿論、背広やスラックス、その他のデリケート衣類なども温かウエットが良いのですが、特にダウンジャケットは、いい湯だな~温度が良いと思うのです。
ダウンジャケットって、シャツやセーターの外側に着ていて、肌に直接触れる部分が少ないので、汚れがいっぱい付いてる事を忘れている?気にしてない方が居られると思いますが、実は、肌着やワイシャツや背広よりも、汚れています。


そうですよね…一番外側になる衣類ですので、雨、雪、食べこぼし、大気汚染、そして、襟や袖に付いた汗、擦れなど黒っぽい汚れ…これ酷いんですよね…
しかも、秋・冬シーズン、着用しっぱなし…これでは汚れていて当たり前です。
そろそろ春ですので、そのままタンスに仕舞わずに、洗濯、いや、クリーニング店に持って行きましょう!


これだけ、汚れているので、ドライクリーニングだけでは、充分なクリーニングとは言えない事は、実はクリーニング店の方もご存知なんです。
ただ、ダウンジャケットの洗濯表示、付属品、ブランド、生地の状態、そして、何よりダウンの表示内容によって、ドライクリーニングか、ウエットされるのか見極められる場合があります。
もし、汚れ落ち、仕上がり感の事を考えて、商業用ウエットされたなら、「温かウエット・クリーニング」って、表示をしましょう!
では、その「温かウエット」に最適な洗剤は…それは、これです。



液体洗剤『 万能洗択 』(ばんのう せんたく)
(10kgタフテナー、4kg×2本/箱)
(タンパク質分解酵素入りの高濃度・中性液体洗剤)



中性だから安全。液体だから、生地の内部まで素早く浸透します。粉末洗剤のように溶け残りもありません。
そして、先程の説明の通り、汚れの多いダウンジャケットですので、外気汚れ、体内からの汚れに対応出来る洗浄効果が必要ですよね。
この万能洗択は、酵素が配合されているのがポイントで、しかも、この「温かウエット」の温度の時に、極めて有効なタンパク質汚れを分解する効果を発揮します。
酵素って、生き物のようなものですので、人と同様に快適な環境が整えば、酵素もよく働いてくれます。


しかも、高濃度・高機能ですので、ワッシャー20kg機(水位・中水位80L)の場合、たったの50ccの使用量です。
ダウンジャケットには、液体洗剤「万能洗択」を使って、心地良い♪いい湯だな~の「温かウエット」でクリーニングをして下さい!


次回は、ダウンジャケットに最適な加工剤は、これだ!を掲載致します。

0

商業用ウエット・クリーニングは、いい湯だな~の温水で洗います。命名「温かウエット・クリーニング」登場!

商業用ウエット・クリーニングは、いい湯だな~の温水で洗います。命名「温かウエット・クリーニング」登場!

商業用ウエット・クリーニングは、いい湯だな~の温水で洗います。命名「温かウエット・クリーニング」登場!

♪いい湯だな~いい湯だな~湯気が天井からポタリと背中に…♪
この歌は、作詞・永六輔、作曲・いずみたく、そして、ザ・ドリフターズが歌う「いい湯だな」です。
この歌で唄われる温泉地は、草津、白浜、別府です。冬でも夏でも、疲れた体を癒し、体に染み付いた汚れを洗い流すのにはイイですね。
そんな心地良い温度に適しているのは、体を癒す温泉だけではありません。実は、クリーニングにおいても適した温度なんです。


衣類の汚れを落す洗濯は、衣類や汚れの種類やによって、洗い方が異なります。
シミ抜き、漬け置き、ドライクリーニング、ランドリー他、細かく分類すると、キリがありません。最近は、「ウエット・クリーニング」ってなる洗濯方法もあります。


ウエット(WET)、つまり、水を使うクリーニング方法です。ドライクリーニングは油系の汚れを落としますが、実は、食べこぼしや汗などの水溶性の汚れは落ち難いのです。
と言って、背広などをジャバジャバと水で洗濯すると収縮したり、生地が傷んだりしますので、繊維を痛めずに適切な温度と時間と機械の回転数で洗い、衣類の汚れに付着している割合の多い水溶性の汚れを落すクリーニング処理「商業用ウエット・クリーニング」が注目されています。


この洗い方は、プロのクリーニング店の方なら、皆さんご存知で、既に導入されている方も多いのですが、なかなか一般の消費者の方には「なに?ウエットって?水で洗う事かな?」と思われているので、家で水で洗う事と同じでは?と思われているようですが、水で洗うと、あまり汚れが落ちないのです…
そこで、プロの方は、適切な温度に温めてから洗濯しているのです。
その方が、短時間で汚れがよく落ちるのです。しかも、洗剤の効果もレベルアップします。
ウエット・クリーニングのノウハウは、風合加工剤の使い方や、アイロン仕上げ方法など様々な事がありますが、今回は、省略させて頂きます。


商業用ウエット・クリーニング洗いの温度は、繊維の種類や衣類によりますが、「いい湯だな~」と言う温度が良い場合が多いのです。
その温度設定とか保つ事が一般家庭では難しいのです。プロのクリーニング店に置いてある洗濯機、別名、ワッシャー機は、温度を上げる、維持する、場合によっては下げる(クールダウン)事も出来るのです。
で、その「商業用ウエット・クリーニングが、いい湯だな~の温度で洗っています。」って事を、お客さんに簡単な言葉で伝える事が出来ないだろうか…で、考えました!
命名します。


『温かウエット・クリーニング』

一言付け加えただけで、少しイメージが違いますでしょう。
最近、ワイシャツのクリーニングしたレシートに、「温水で洗濯しました。」って書いてある時がありますよね。ワイシャツ洗いは、前回も紹介した通り、50~60℃で洗われています。実は熱湯です…でも、これがワイシャツ洗いの一般的な温度設定です。


商業用ウエット・クリーニングも少し温度を掛けて洗っている場合がありますので、その場合は、「温かウエット・クリーニング」とレシートに書かれても良いと思います。
熱くもなく、冷たくもない、心地良い温度、それが、衣類にとっても快適な温度設定です。それが、「温かウエット」です。


次回は、温かウエット・クリーニングで、クリーニングして貰いたい衣類をご紹介します。
尚、皆さん、ご期待の「ポールの再来日速報」もあれば、お伝え致します。しかし、今週中の発表なければ、残念ながら再来日はない事になる可能性が大でしょうね…

0

ウール100%セーターって、水洗い可能なのか?セーターをふんわり仕上げる液体洗剤はこれです!!

ウール100%セーターって、水洗い可能なのか?セーターをふんわり仕上げる液体洗剤はこれです!!

前回に引き続き、ウールのセーターについて…
ユニクロと言えば、「水洗い」出来る事が定番と言うのか、水洗い出来る製品ばかりであると思われる方が多いと思います。ところが、前回は、水洗い不可のセーターについて、記載しましたが、製品によっては、「水洗い可」と表示されているセーターもあります。



ウール100% pure new wool

素材は、「PURE NEW WOOL」の表示で、ウール100%です。

ウールでも水洗い可能 ピリングに注意

洗濯表示は、
「30℃・中性洗剤を使用、手洗い」可能、「塩素晒し」は不可、「中温アイロン」可能、「石油系ドライクリーニング」可能、「絞りは弱く」、「陰・平干し」の表示です。


古いセーターですので、購入した際に付いていたタッグは、もうありませんので、これ以上の情報は分かりません。つまり、防縮加工とか、脱スケール処理が施されているとかです。このセーターを見る限り、編目が細かいニットですので、何らかの工夫が施されているとは思いますが…

注意事項としては…
濃色は色落ちすることがありますので、他の物とのお洗濯は避けて下さい。洗濯後は速やかに形を整えて日陰で平干しをして下さい。乾燥機のご使用はお避け下さい。この商品は素材の特質上、ピリング(毛玉)が発生しやすい商品です。ピリングが出てしまったら引っぱって取ろうとせず、小さなはさみで1つ1つ取り除いて下さい。


前回と同様に、ピリングについて、記載がありありますね。
ピリング(pilling)とは、毛玉や糸の飛び出しの事です。「pill」、つまり、「丸」を意味します。
このピリング、ウールがアクリルやポリエステルの混紡のニット品について、発生しやすいのです。ウール100%だと、毛玉になっても、ウールの強度が弱いので、擦り切れて落ちますので、毛玉として、残り難いので目立ちません。ところが、合繊繊維があると、強度が強い為、擦れても切れずに残ってしまいます。つまり、洗濯時に揉まれると、毛玉が発生しやすくなりますので、「手洗い」や「ネット」に入れて洗う事が条件になります。乾燥機は避けて欲しい理由の1つでもありますね。


と、言うことは、洗濯工程もなるべく短い方がイイですよね。
普通、洗濯→濯ぎ→濯ぎ→ソフター処理→脱水の5工程だと、それだけセーターが痛む可能性が増えますので、なるべく工程を短くしたいです。
例えば、洗濯→濯ぎ→脱水とか…そんな時に、この液体洗剤だと便利です。


プロフェッショナル・クリーニング専用・ウエット用一浴型中性液体洗剤

『 ライトウエットワン 』 10kgタフテナー品 

洗浄と柔軟効果が同時にできるウェット用オールインワン洗剤です。

ドライ品の水洗い、簡単にウエットができる液体品。

家庭用洗濯機でもウエット処理ができる便利な液体製品です。

洗濯工程が3工程(洗濯→濯ぎ→脱水)で、風合いもふんわり!ソフター要らずの液体洗剤です。しかも、水道代の節約、時間の短縮も出来ますので、忙しいクリーニング店にとって、とても便利です。ぜひ、ご検討下さい。

前回、今回のセーターは自前の古いセーターですので、一体、最近のユニクロ品のセーターはどうなっているのか!?
この話も、次回へ…

0

PURE NEW WOOLのセーターは、ドライクリーニング指定、水洗いは不可なのか?

PURE NEW WOOLのセーターは、ドライクリーニング指定、水洗いは不可なのか?

今日も寒いですね…室内は、エアコン、ファンヒーター、コタツと冬の暖房フル回転でしたので、ぽかぽかです。でも、外は8℃、風が冷たいです。そんな時こそ、重要なのが服装です。私は冬はセーター&ダウンジャケットと言うのが定番です。
今日は、セーターの洗濯表示についてです。


セーターと言えば、アクリルやウールの繊維素材が多いのですが、アクリルの混率が多いと静電気が発生して、パチパチするので、基本的には、保温性、肌触り感から、もっぱらウール100%を選んでいます。
では、ウール100%品を洗う時は、どうすれば良いのか…そこで、普段、着る機会の多いUNIQLO(ユニクロ)品を見てみましょう。


今、家で来ているセーター(ちょっと古いのですが…)は…

PURE NEW WOOL セーター

「PURE NEW WOOL」の表示。おなじみのウールマークの基本型です。このマークがついていれば、それは新毛のみ99.7%以上使用して、ザ・ウールマーク・カンパニーが定めた素材性能・縫製などの厳しい品質基準に合格した製品であることを意味します。尚、このセーターの素材表示は、ウール100%でした。


洗濯表示は…

PURE NEW WOOLのセーターは、ドライクリーニング指定、水洗いは不可なのか?

石油系ドライクリーニング表示です。ウール100%で、しかも、セーター・編地ですので、当然と言えば、当然です。
水洗い・塩素晒し・アイロンは、☓です。


注意事項としては、
水洗いすると、風合いが変わるおそれがあります。ドライクリーニングをおすすめします。
この商品は素材の特質上、ピリング(毛玉)が発生しやすい商品です。ピリングが出てしまったら引っぱって取ろうとせず、小さなはさみで1つ1つ取り除いて下さい。


これも当然の内容です。「水洗いで風合いが変わるおそれ」と言うのは、ウールのフェルト化現象を指しているのでしょうね。
羊毛の表面はウロコ状のスケールになっています。髪の毛で言えば、キューティクルです。このスケールは、竹の子の皮のように根元から先に向かって重なり合っています。


ウールが濡れると羊毛が膨潤して、スケールが開き、フェルト化しやすくなります。そして、そのように繊維が絡む現象を、「フェルト化」と言い、収縮・縮みの原因となります。収縮すると風合いが硬くなります。

でも、汚れ方によっては、ウール製品を水洗いしたいですね…
そんな時に、この「繊維保護剤」を洗剤(中性)と一緒に入れていただくと、ウールのフェルト化を低減して、洗濯出来ます!


『 スレノンウエット 』 10kgタフテナー品

PURE NEW WOOLのセーターに、スレノンウエット

プロフェッショナル・クリーニング専用の繊維保護剤です。

①デリケート衣類を優しく保護し、衣類損傷を防止します。

②ウエット洗浄時に洗剤と併用使用していただく製品です。

③特殊ビルダー効果で、洗浄性を増強させます。


ン!?ところで、ユニクロ品のセーターで、「水洗い可」って、あったような気が…それは次回…

0

ポール・マッカートニーのシャツはポケット無し!来日時はどこで洗濯するの?洗剤はこれで!

ポール・マッカートニーのシャツはポケット無し!来日時はどこで洗濯するの?洗剤はこれで!

毎日の日課、いや、義務のようにしている事があります。
それは、ポール・マッカートニーの近況確認と来日情報の収集です。内容は他のブログやツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)を見て頂くとして、近況として、アメリカ・San Franciscoで行われた「outside lands」と言う音楽あり、アートあり、食べ物、飲み物(WINE)ありと嬉しいフェスティバルがあり、なんと、この野外コンサートに、Paul McCartneyが2013年8月9日に参加されました。


私が注目したのは、ポール・マッカートニーが着ているシャツです。さすがにメーカーは分かりませんが、まるでサッカー日本代表のユニフォームのような縦に太い筋があるシャツですね。このシャツも当然のように、ポケットがありません。以前、このブログでも更新した通り、あちらのGentleman、ビジネスマンはシャツにポケットがないのが当たり前なんです。

胸ポケットないワイシャツが「世界標準」!007もゴルゴ13も胸なしワイシャツを着用している。

それにしても、サンフランシスコも暑いのに、よくシャツを着て、歌い続ける事が出来るものですね…妙な所に感心します。そう言えば、Bruce Springsteenもシャツを着こなして、汗びっしょりで、2時間以上も歌いますね。

ところで、ポールに限らず、出演者、スタッフが大勢関わっていますが、一体、日本に来日した時には、彼らの服装の洗濯物、どこで洗うのでしょうね…

以前、サッカー・日韓共催として日本でWorld Cupが行われた時に、様々なクリーニング店で選手のユニフォームや靴下、雑品(ワッペンなど)が洗われましたが、たまたま知り合った静岡のクリーニング店で日本代表のユニフォームを洗濯されたので、ちょっと拝見させて頂いた事がありますが感激しましたね。あの時は、どうもありがとうございました。
でも、洗濯物の管理をされている若旦那は大変でしたよ。特に紛失がないようにする事と、回収と納期…。お疲れ様でした。


さて、ここで推理。一体、彼らの服装はどこで洗われるのか?
私の予想では、ポール御一行様は、外資系ホテルにお泊りでしょうから、その契約しているクリーニング店で洗濯されるのでしょうね…で、どこのホテル…?大阪では、これまでと同じ所かな?と思うのですが、確信がありません。


出演者の服装になれば、何パターンか持って来られるでしょうけれども、もし、シャツを洗って、色泣きがあったどうする?ズボンが縮んだら困りますよね…
まさか、ドライクリーニングする事はないでしょう。なんと言っても、彼はベジタリアンで環境についてこだわりがありますから、当然、水洗いでしょう。ドライクリーニングだけでは、汗は完全に取れませんから。やっぱり、ウエットクリーニングでしょうね。
つまり、シャツもズボンも水洗いです。でも、事故は起こしたくない!そんな時に便利な一品!ポールさん、如何でしょうか!


『 バイオフレッシュ21 』 BIOFRESH21

バイオフレッシュ21 BIOFRESH21


ウエット用中性粉末洗剤 Neutral powder wet cleaning detergent

粉末でありながら、中性で無蛍光タイプの濃縮粉末洗剤です。

移染防止剤配合で、カラー衣類に安心してご使用いただけます。

酵素配合でタンパク質汚れを強力に除去いたします。


Neutral, nonfluorescent type concentrated detergent that is a powder detergent.
Color bleeding preventer can be used safely on colored clothes.
Enzymes powerfully remove even protein stains.


For Paul McCartney,s clothes WASH!

このカテゴリーに該当する記事はありません。