FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

令和元年・5月1日で始まるポール・マッカートニー!EU Tourの予感と和みの写真

令和元年・5月1日で始まるポール・マッカートニー!EU Tourの予感と和みの写真

令和元年・初日の「ゆめ参加NAブログ」です。初日の話題は、やっぱり、この方の事です。
そうです!ポール・マッカートニーです。
ポール・マッカートニーのFreshen Up Tourが5月23日からUS、CAで行われますが、7月13日までしか日程が組まれておりません。その後は…と思っていると、気になる案内が…


Paul McCartney.comでニュースやツアー情報の案内をするからメールを登録してね!と言うお知らせがあります。ポルトガル、イタリア、ロシア、ポーランド、ドイツ、フランスの国旗と言葉で記載されていますので、大規模なEU・Tourが行われるのでは!と言う期待感が高まります。5月中から随時発表があるかな?

もう1つ気になる写真がアップされています。それがこちらです。

令和元年・5月1日で始まるポール・マッカートニー!和みの写真

St. George’s Day(聖ジョージの日)、International Jazz Day(国際ジャズ・デーとは、アメリカ最高峰のジャズ教育機関であるセロニアス・モンク・インスティテュート・オブ・ジャズとユネスコが主催するジャズを祝うイベント)を記念しての発表で、「令和」記念ではありません(笑)。
でも、ひと目で分かりますよね。そうです!日本で撮影された写真です。


左側の関係者の方が着用しているのは、スタッフ・ジャンパーです。こちらですね。

ポール・マッカートニー2018 スタッフジャンパー1

裏面には国技館オリジナルデザイン

ポール・マッカートニー2018 スタッフジャンパー2

右腕にはキョードー東京のトレードマークがあります。

ポール・マッカートニー2018 スタッフジャンパー3


では、この写真はどこで撮影されたのか?NAドリの方の協力も得て、検証した所、このスタッフジャンパーを着用していたのは、国技館だけでは?との証言がありました。

そして、この場所…何だか狭いですよね…ドームと言う感じではありません。
ポールの服装を見ると、シャツの上にガウンを羽織っています。ガウンですよ!
この日の天候は、最高気温21.9度、最低気温14.5度と例年と比べて温かい気温でしたが、降水量が2mmとほんの僅か雨が降りました。そんな事から会場に到着時ではなく、公演が終了した時点である事が言えますね。


そして、ホテルに帰る時は大型バスに乗る事が恒例なのですが、このバスですがデカイので、もしかして、この会場の駐車場に入りきれなかった?事が想定されます。つまり、ドームではない事が考えられます。
そして、バスに乗り込むまでに会場の駐車場(倉庫みたい)を歩かないといけない必要があり、そんな所なので、ガウンを羽織ったのではないかと思います。そのガウン、モノクロ写真ですが、黒と想定されます。


そのような事を想定して調べますと…NA NA なんと!このような動画がありました。



ポールがバスに乗り込む瞬間が撮影されています。

2018年11月5日 国技館からバスに乗るポール


しかも!乗り込む前に演奏しているではないか!?この演奏・トランペットの音はポール!?
演奏曲が、これまたユニーク!
20th Century Fox!





そりゃ~この曲を演奏されたら和みますね!分かります。その時の雰囲気!このような和やかな瞬間が写真に表れています。撮影はMJ・KIMさんです。いい写真です。
もし、この曲をポールが演奏されていたとすれば、なかなか上手!


これらを検証した結果!この写真は、2018年11月5日・国技館で、帰りのバスに乗車される前に撮影されたショットであると結論致します。

この曲、生で聞きたかったな~と言っても、私は会場内にいましたので、当然聞けなかったですね(笑)。

0

Paul and Nancy have very kindly invited us out on a river cruise on a traditional Yakatabune boat. Sunday 4th November 2018

Paul and Nancy have very kindly invited us out on a river cruise on a traditional Yakatabune boat. Sunday 4th November 2018

これまで、どんなボートに乗りましたか?
私は東条湖ランドの手漕ぎボート、知床の観光船、小樽や苫小牧行きのフェリー、あとは…釧路川で決死のゴムボート!?
基本的には船酔いをするので、船には好んで乗ろうとは思いませんが、こちらの船には乗りたいですね。


Paul and Nancy have very kindly invited us out on a river cruise on a traditional Yakatabune boat.

Paul McCartney.com : For Whom The Bell Tells: Japan 2018 #FreshenUpTour


豪華なクルーズではなく、「屋形船」って所が日本らしい風情の漂う選択ですね。
この頃のポールの日程を振り返ると…
2018年10月31日・東京ドーム公演、11月1日・東京ドーム公演、11月5日・両国国技館公演、11月8日・名古屋ドーム公演 でしたので、今回は比較的にゆったりした来日日程でした。でも公演がない日…ポールはどのように過ごしていたのか…外出された形跡がなく、ホテルでゆったりしているのかな?と思っていたのですが、まさか…こちらに行かれていたとは!


このジャパニーズ・スタイル・クルーズは11月4日、つまり両国国技館公演の前日に出掛けられたって事ですね。東京を楽しみ事が出来て良かったです…
この写真は、ポールがofficial tour photographer のMJ Kimさんに頼んで、集合写真を撮ったようですね。素晴らしい瞬間です。


Paul and Nancy have very kindly invited us out on a river cruise on a traditional Yakatabune boat. Sunday 4th November 2018


写真に写っているのは、ポールご夫妻、バンドメンバー、スタッフの方々ですね。もっとご夫婦・ご家族で参加されたのかと思っていたのですが、そうでもないような感じですね。日本ツアーだからスタッフの方は家族は一緒ではない!?
そう言えば、Kimさんは奥さんも日本に来られていましたが、この写真には写っていないので、参加されていなかったのかな…


エッ!?どうしてKimさんの奥さんが日本に来ていた事を知っているのかって…実は国技館内で公演前に、私の「横綱ポール」の4コマ絵を見て貰ったのです。ウケていましたよ!その時に、有り難い事に私、Kimさんとツーショットで撮って頂きました。カムサハムニダ(감사합니다.)

しかしファンと言うのは、どうでも良さそうな事を気にするもので…どこから乗船したのか…屋形船は沢山ありますから…千羽丸、晴海屋、あら川丸、安宅丸、竹内、なわ安、釣新かな~何となく、あそこかと。。。
料理は…はまぐり?ズワイガニ?刺し身?あっ!ポールは魚は駄目だったかな…そうなるとカニも駄目!?あっ!もしかして、料理なしの貸し切り!?それでテーブルがないとか。。。
屋形船の雰囲気は…皆さん何をして楽しまれたのか…カラオケなどはしなかったの?ポールの感想は…ん…気になりますね…
集合写真では座布団は見えますが、テーブルも何も写っていませんので分かりませんね…


ところで、Kimさんが写っているので、どなたがシャッターを押したのかな…タイマー撮りかな?

4

観客動員数と興行成績・Freshen Up・Paul McCartney

観客動員数と興行成績・Freshen Up・Paul McCartney

Paul McCartney Denmark 2018

1on1 Tour2017 終盤発表

In Japan

Freshen Up JAPANが終了し、一ヶ月が過ぎていますが、皆さん、ポール・ロス、大丈夫ですか?日本公演終了後、かなりバタバタしており、振り返るのもバラバラの状況で振り返っています。
気になっているのは、今回の観客動員の事です。毎年のように日本に来て頂いているのは有り難いのですが、年々、ドーム公演のチケット販売が鈍化している事は否めないですね…この調子だと、話題性のあるサプライズがないとドーム公演で複数回の公演が予定された場合、完売になるのは、かなり大変でしょう。でも、実際、今回の興行成績って、どうだったのかな…と思っていると発表されていますので掲載致します。先ずは国技館から。


Ryogoku Kokugikan 8,061人
勿論満席でこの人数なのですから、いかに国技館はスペシャルな公演であったのかが分かります。


対して、ドーム公演とは言えば…
Tokyo Dome 103,296人・2公演ですので、1公演・51,648人となります(疑問)。
Nagoya Dome 46,655人
興行収入はまだ発表されておりませんが、全世界のFreshen Upの1公演ではサイコーの観客数と興行収入となるのは間違いないでしょうね。


因みに、他の会場では…
17 September 2018・Canada・Videotron Centre、14,935人・$2,260,730(2億5,660万円)
20 September 2018・Canada・Bell Centre、16,135人・$2,403,773(2億7,283万円
28 September 2018・Canada・Bell MTS Place、12,610人・$1,881,926(2億1,360万円)
30 September 2018・Canada・Rogers Place、15,310人・$2,531,810(2億8,979万円)
28 November 2018・France・Paris La Défense Arena、28,963人・未発表
1ドル113.5円としての計算です。


1回の公演の興行収入が2~3億なんですね…と…言うことは、国技館の興行収入が国際的に標準に近いのかな…それにしても、日本のドーム公演って…巨大だな~

でも…この数字、いつも不思議なんですよね…one on oneの時は…
25 April 2017・Japan・Nippon Budokan・11,296・$5,488,025(6億1,200万円)
27 ・29・30April 2017・Japan・Tokyo Dome・143,826人・$22,802,345
1公演当たり47,942人・平均7,600,781ドルとして、8億4,750万円となります。
当時のドルが111.5円としての計算です。
東京ドームの1公演辺りの観客動員数が、今年の方が多いって…おかしいな…


ナゴヤドームの観客動員数が京セラドームより多いのも…ちょっとな…と思う事もあるのですが、それでも国際的には巨額な金額です。でもカルロス・ゴーンさんの年収ほどではないか(笑)。


Paul McCartney 日本来日 2018 羽田空港

来年以降も勿論、ポールに来日して欲しいのですが、話題性、サプライズ…そんな事をイメージしたいです。その話はまた後日…

12

演奏時間は正確!締めはLady Madonna!Sound Check・Paul McCartney

演奏時間は正確!締めはLady Madonna!Sound Check・Paul McCartney

Sound Check・Paul McCartney 2018.10.31 演奏前

ポール・マッカートニーの公演でサウンドチェックで演奏される曲は、公演によって曲目が異なります。
本公演であれば、セットリストがありますので曲目が分かるのですが、サウンドチェックではセットリストという存在を目にした事がありませんので確認のしようがありません…今回、有り難い事にNA Dreamersの方から連絡を頂いた内容から各公演のサウンドチェックの曲目が分かりましたので、記録の為に掲載致します。(時間は1曲目の演奏開始から最後の曲の終了までの凡その合計タイム)



Sound Check・Paul McCartney 2018.10.31 観客に呼びかける

10月31日・東京ドーム・全11曲・44分45秒
Jam
Honey Don't
Coming Up
Day Tripper
C Moon
Let 'em In
San Francisco Bay Blues
Things We Said Today
Ram
Midnight Special
Lady Madonna


Sound Check・Paul McCartney 2018.10.31 演奏開始

Sound Check・Paul McCartney Acoustic 2018.10.31


11月1日・東京ドーム・全12曲・44分54秒
Jam
Twenty Flight Rock
Blue Suede Shoes
Got to Get You into My Life
Magical Mystery Tour
Whole Lotta Shakin' Goin' On
I Don't Know
It's So Easy
San Francisco Bay Blues
Ram
Midnight Special
Lady Madonna


11月5日・国技館(未公開サウンドチェック)・全14曲・48分15秒
Jam
Matchbox
Blue Suede Shoes
Jam2
Flaming Pie
One After 909
Coming Up
Miss Ann
I Don't Know
Let 'em In
San Francisco Bay Blues
Singing The Blues
Midnight Special
Lady Madonna


11月8日・ナゴヤドーム・全12曲・46分1秒
Jam
Honey Don't
Save Us
Jet
Drive My Car
C Moon
Whole Lotta Shakin' Goin' On
It's So Easy
FourFiveSeconds
Ram
Midnight Special
Lady Madonna


公演日によって微妙に違いますね。特に未公開ですが、5日・国技館のFlaming Pie、トランペット隊が響き渡るMiss Annなんて貴重ですね。
Coming Up、It's So Easyなどは本公演でも演奏して欲しいですし、日本公演ではFourFiveSecondsが演奏されなかったのは残念でした。
本番でも演奏される新曲・I Don't Knowが激しいドラム演奏と優しく響き渡るピアノの鍵盤が印象的です。国技館では繰り返しチェックしていますね。


武道館でもそうでしたが、国技館(短縮セットリスト)でもVIPはありませんでした。どうしてかな…海外では初めての会場(通常セットリスト)でもVIP・サウンドチェックはあるけれども…?違いは「通常セットリスト」と「短縮セットリスト」の違いですので、短縮Verの時は、通常公演よりもチケット代を高く設定しているので、少しでも多くの方に、その料金で観て頂く為にVIPを設けないようにしているのかな。


演奏時間は正確!締めはLady Madonna!Sound Check・Paul McCartney

そして、締めはLady Madonna
マジックピアノの確認としても必要な曲ですが、この曲をラストに持ってくるのがポールのルーティーンなんでしょうね。


Sound Check・Paul McCartney 2018.10.31 演奏終了


驚くのはSCの演奏時間ですが、観客を入れたSCは45~46分。見事な程正確です。


追伸
当ブログ恒例の「ポール・マッカートニーと私と○○公演」と題して、投稿・写真を応募致します。
下記のメールアドレスまでご応募下さい。


lightnewsbrog@gmail.com

後日、当ブログに掲載させて頂きます。
応募時のお願い
①参加公演日と凡その座席(アリーナBとかスタンド2階レフト側とか) 
②お名前はペンネーム 
③ポール公演に関連した写真を添付して下さい。 (カメラの機種をご記入下さい。)
④お住まいの都道府県(ポール公演は全国からファンの方が来られていますので)


文面については投稿された方にお任せいたしましが、ブログ・カテゴリーから過去の投稿をご参考にして下さい。

Category : ポール・マッカートニーと私と日本公演2017

尚、一部、文章を編集する事がありますので、ご了承願います。 
※本公演だけでなく、サウンドチェック、ホテルの出待ち、会場の入待ちなどでも大丈夫です!

ご応募、お待ちしております。

宜しくお願い致します。

0

VIPのお土産はINTERWEAVED COLORED FLANNEL BLANKET・SPB-9633 

VIPのお土産はINTERWEAVED COLORED FLANNEL BLANKET・SPB-9633 

WINTER COLLECTION Paul McCartney VIP

ランダムにポール・マッカートニー日本公演の回想を掲載しておりますが、この話題も避ける事が出来ません。VIPについてです。

以前、1ON1の時のVIPのお土産であったバックについて、このようなブログを掲載しました。

ポールVIPバック2017は、Field & Co.

このようにポールのVIPお土産品は一般市販品をカスタマイズされている場合があります。
と…言うことは、今回のポール・マッカートニー日本公演のVIPお土産も同様な事があり得るだろうと思い確認してみました。対象物はお土産のメインである「ブランケット」です。


このブランケット、柔らかく・ふわふわで触り心地は良いので、実用的に使用出来るブランケットと言えます。「FRESHEN UP PAUL McCARTNEY」と刺繍されています。これが嬉しいのですね。
裏側は、このようになっています。


WINTER COLLECTION Paul McCartney VIP 刺繍

製品タッグには…
「WINTER COLLECTION」


WINTER COLLECTION Paul McCartney VIP JAPAN

「SPB-9633 INTERWEAVED COLORED FLANNEL BLANKET」
ポリエステル100%、デザインUSA、製造・中国


WINTER COLLECTION Paul McCartney VIP ラベル


製品としては、これですね…

VIPのお土産はINTERWEAVED COLORED FLANNEL BLANKET

Interweaved Colored Flannel BlanketのGrayタイプです。
72個で24.98ドルですが、オリジナル刺繍は10,000本注文になっていますので、全く同じものを作るのは難しいですね。


Paul McCartneyの刺繍は要らないので、同じブランケットが1個欲しいって…ん…調べるとありますね。Amazon USで、Simplicity Flannel Fleece Luxury Throw Blanket Two-Tone Pattern Blanketsとして、$26.99 + $16.90 Shipping & Import Fees Deposit to Japanとなっています。しかし同じカラーがありませんね…

INTERWEAVED COLORED FLANNEL BLANKET・SPB-9633 


ラミネートなどの小物は別として、大きなお土産が1点のみで、パンフレットがなかったのは残念です。それでもサウンドチェックに参加出来、アリーナの優良席で本公演を見る事が出来るのは嬉しい事です。しかも日本のVIPは食事がない分、海外に比べれば格安で参加出来るので、有り難い特典です。しかし人気があり過ぎて高競争率の抽選に当たらないと参加出来ないのが難点ですが…

国技館が初めに発表されていれば、ドームのVIPの競争倍率はもっと下がるのだけれども…

このカテゴリーに該当する記事はありません。