FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

COMING SOON…Paul McCartney Returns To BC Place – Saturday July 6 –

COMING SOON…Paul McCartney Returns To BC Place – Saturday July 6 –

COMING SOON…Paul McCartney Returns To BC Place – Saturday July 6 –

速報でお伝えしましたが、Paul McCartney・Freshen Up Tour2019、なんと!カナダ公演が発表されました。
Freshen Upではカナダ公演は2度目ですので、Returnとなります。1度目は…
17 September 2018・Quebec City・Videotron Centre 14,935人
20 September 2018・Montreal・Bell Centre 16,135人
28 September 2018・Winnipeg・Bell MTS Place 12,610人
30 September 2018・Edmonton・Rogers Place 15,310人


この4公演、しかもアリーナ会場と恵まれた会場でのコンサートでした。しかもFreshen Upのスタートがカナダでしたので注目度は抜群でした。
そのカナダ公演から9ヶ月少しでカナダに帰ってくるなんて!なんて羨ましい事か…
リターンのカナダ公演ですが、2019年7月6日・会場はBC PLACEです。


COMING SOON Paul McCartney Returns To BC Place – Saturday July 6 –

BC Place 会場 外観

BC Place 会場の外観


29 June 2019・Las Vegas・T-Mobile Arena
10 July 2019・San Jose・SAP Center
この間にカナダなんですね。北上して、また南下する道のりですが、西海岸ですので、その点では距離はありますが上手な日程の組み方と言えます。


BC Place Map Paul McCartney4


会場のBC PLACE、良い地域にありますね。環境の良い場所は地図を見ただけで、なんとなく分かります。

BC Place Map Paul McCartney1

BC Place Map Paul McCartney2

BC Place Map Paul McCartney3

バンクーバー

BC Place 会場 バンクーバー


この会場、2010年のバンクーバー冬季オリンピック・開会式と閉会式の会場なんです。しかも開閉式ですので、ポール公演の時は開ける?閉める?どちらか気になりますね。
オリンピックの会場だけあって、収容人数は50,000人規模!デカイ!


BC Place 会場 Paul McCartney

2019年のツアーで気になるのは、所々で野外スタジアムを会場に選んでいる事です。
Estadio Nacional Julio Martínez Prádanos(チリ) 48,000人
Campo Argentino de Polo(アルゼンチン) 30,000人以上!?
Allianz Parque(ブラジル) 55,000人
Estádio Couto Pereira(ブラジル) 40,000人
Lambeau Field(以下・アメリカ) 80,000人!?
Globe Life Park 49,000人
Petco Park 40,000人
Dodger Stadium 56,000人


そして、BC PLACEが50,000人収容のスタジアムですので、これは…これは…スタジアム・ツアー!!アリーナ公演も数多くありながら、スタジアムの会場も日程に入れるとは…ちょっと日本では考えられない会場セレクトです。ヒサシブリに、鹿し!これだけ野外スタジアムが多いって事は期待してしまいますね!そうです!JAPAN RETURN Tour in STADIUM!

ん~期待しましょう!

あっ!Coming soonと言いながら、カナダ公演の発表に興奮してしまって、夜中に更新してしまいました…
そうです!ご期待の【Carpool Karaoke】 When Corden Met McCartney Live From Liverpool 【日本語字幕】は…
Count Downしながら待って下さい!

2

Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV

Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV

競馬で印象に残るアナウンサーや競馬評論家の実況中継があります。

1991年・宝塚記念の実況、「今年もまたあなたの夢が、そして私の夢が走ります。あなたの夢はメジロマックイーンかライアンかストーンか。私の夢はバンブー(メモリー)です!」By 杉本清氏

1990年・有馬記念の時に、オグリキャップがゴール直前にも関わらず、「(メジロ)ライアン! ライアン!」と叫んだBy 大川慶次郎氏

1993年・エリザベス女王杯で牝馬三冠を狙うベガ(競走馬の名前です。)が負けて、人気薄のホクトベガと言う馬が一着になったのですが、ゴール直後の台詞、「ベガはベガでもホクトベガ!!」By 馬場鉄志氏


競馬には様々な名文句があるのですが…ん!?今日は競馬の話か!と思いきや…ポール・マッカートニーの話です。今日の話題は、「ベガはベガでもラスベガス!!」です。
ポール・マッカートニーがFreahen Up Tourで追加公演を発表しました。


FRESHEN UP U.S. Tour 2019・NEW ARENA DATE ADDED
29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV


T MOBILE ARENA(Tモバイル・アリーナ)はネバダ州ラスベガスにあります。
コンサートでの収容人数は、12,000~20,000人


29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV

29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV map

Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV

Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV


良いですね…ロサンゼルス!ラスベガス!ゴールドラッシュ!カジノもあります!
こんな華やかな場所に行ってみたいですね。
プレセール・チケットは…ん!?16日AM10時(現地時間)…って…あと3時間じゃないですか!待ち構えている日本人の方がおられるでしょうね。ん…羨ましい…


Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV

Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV2

Paul McCartney Freshen Up U.S Tour2019, 29th June: T MOBILE ARENA, Las Vegas, NV3

VIPの種類は…
FRONT ROW HOT SOUND PACKAGE
HOT SOUND PACKAGE
DIAMOND HOT SEAT PACKAGE
GOLD HOT SEAT PACKAGE
SILVER HOT SEAT PACKAGE
VIPと言えども、サウンドチェック参加がないのもありますので海外のVIPは説明をよく見ないといけませんね。


しかし、販売種類がなんだか沢山ありますね…何が何だが…これがゴールドラッシュの世界なのか…まるでルーレットとスロットマーシンが並んでいるかのような感じです。チケット狙われている方、慎重に選んで購入して下さい。

BINGO!になる事を願っています。


こちらのMeet Up会も申し込み受付中です!

ゆめ参加NAブログ主催・Meet Up会開催のご案内。2月16日はMeet Up会へGO!

こちらの方のご参加も、宜しくお願い致します。

2

Paul McCartney London公演で注目すべき、もう1つの事は…

Paul McCartney London公演で注目すべき、もう1つの事は…

女優エマ・ストーン(Emma Stone)がポール・マッカートニーのPV「「フー・ケアズ」(Who Cares)」に出演された事で話題が集中していますね。さすがはハリウッド女優・エマちゃん。
この話題が大々的に報道されたので、2018年度のFreshen Upの最終公演であったロンドン公演でのリンゴ・スター、ロニー・ウッドとの共演の興奮がどこかに行ってしまいそうな程です。


(ヒサシブリに)鹿し!その最終公演のグッドな画像を頂きましたので、ブログに転記させて頂きます。どうぞ!

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -1

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -2

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -1

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -4

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -5

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -6

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -7

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -8

Freshen Up 2018 Paul McCartney London The O2 -9


真正面!ピントがピッタリ!プロショット!?
綺麗に写っていますね!私の日本公演も、これ程綺麗に写っていたら、引き伸ばして部屋に飾りたい所ですが…ん…私の画像ではちょっと無理かな…
掲載したこの画像、何が素晴らしいかと言えば、写真の良さだけでなく、勿論、ポールなんですが、単なるポールの画像ではないのですよ!それは!それは!そ・れ・は!!(と…焦れったい)


なんと!ポールが着用しているズボンは!
当ブログ注目ジーンズである「白筋・ブラック・ジーンズ」なんです!
画像をクリックして頂くと、画像が拡大しますので、わかりますよ!ポールの右足上部です。くっきり・ハッキリしています。


白筋ブラックジーンズ Paul McCartney

こりゃ~嬉しい事ですよ…って…リンゴやロニー・ウッドの共演の話じゃない!?…良いじゃありませんか!記念すべき公演に、このジーンズを着用しているのは単なる偶然ではない!と思います。

日本公演では、このジーンズを持って来られなかったのか?着用した事は一度もありませんでした。自宅に忘れてきた?
ところが地元・英国ツアーになると初日、最終と節目節目で着用されていますので、やはり注目すべきジーンズなのですよ!


でも…どこのメーカーのジーンズなのか?そして、あの白筋は何だろうか?汚れにしては何度も着用しても白筋の大きさが変わらないので、付いたものではなく、ジーンズのインジゴ染料を落とした状態かと思っています…が!横でなく、縦で、しかも垂れているような白筋なんですね…これが「ふしぎ発見」なのです。
ステラ・ブランドとは、ちと違うような気もしますね…


この不思議な白筋の世界に紛れ込みと、私がPVのエマちゃんのようにDr.ポールにお悩み相談したいところです。
教えて!PAUL!教えて!リスナーの皆さん!!


スイマセン…つい興奮しちゃって…この話題で1回分・掲載してしまいました・笑
画像提供ありがとうございます。tebichi様

2

Wonderful Christmastime Paul McCartney with LIPA Youth Choir、Paisley Grammar School

Wonderful Christmastime Paul McCartney with LIPA Youth Choir、Paisley Grammar School

Wings祭り

本日は、六本木アビーロードで「ウイングス祭り」が開催されます。
現地に行かれているNA Dreamersの皆さん、これから楽しんで下さいね!


Let 'em In!NA Dreamers主催・Paul McCartneyフレッシュンアップ・ジャパンツアー大反省会


12月なると、いつの間にか忙しくなり休日に東京まで行けません…残念…楽しく、忙しくもあり、せわしい12月ですが、物騒な事が起こるのも12月です。以前、千葉県で一人住まいをしていた時に泥棒に入られました。同じアパートで2度も…でも盗られる物がなかったのか、室内が荒らされただけでほとんど盗られませんでした(笑)。でも、この方のご自宅はどうだったのかな…

Sir Paul McCartney's £10million London mansion is burgled by RAIDERS just days before his homecoming gig in Liverpool

ポール・マッカートニー、ロンドンの自宅が強盗の被害にあったことが明らかに


公演中とは…警備体制が行き届いているはずなのに、こんな事になるのですね。こちらのご自宅です。

Paul McCartney ロンドンのご自宅

JSL様が12月11日に撮影された写真です。平和そうで一安心ですね。

さて、今回のPaul McCartney・英国Tourの事を連日ブログで紹介しておりますが、今回の公演は英国公演ですので、特別な思いと期待で皆さん参加されているでしょうね。多くのハイライトがあるかと思いますが、やはり、今回もこちらの曲に注目が集まっていますね。
Wonderful Christmastimeに子供たちが共演!

12月12日のEcho Arena, Liverpoolでは、LIPA Youth Choir



12月14日のThe SSE Hydro, Glasgow, Scotlandでは、Paisley Grammar School



子供たちが参加されました。地元の子供たちと共演するなんて、嬉しいサプライズですね。


LIPA Youth Choirは、ポールが後援しているリバプールの芸術大学LIPA(The Liverpool Institute For Performing Arts)のユース合唱団です。2011年にも参加されていますね。

Paul McCartney&LIPA Youth Choir Liverpool2018


Paisley Grammar Schoolはスコットランドにあるペイズリー・グラマー・スクールです。
なんと!趣のある学校!これが学校とは!


ペイズリー・グラマー・スクール Scotland1

ペイズリー・グラマー・スクール Scotland2

ペイズリー・グラマー・スクール

ポールから依頼があり、公演のある週はリハーサルしたようです。地元のニュースにもなっており…
Andrew Dickie, Head of Expressive Arts at Paisley Grammar, "To perform in the SSE Hydro in front of a sold-out crowd is a once in a lifetime opportunity – and a great way to end the term.”
との事です。学校にとっても、生徒達にとっても、そしてポールにとっても素晴らしい想い出とパフォーマンスになりましたね!





そして、いよいよ12月16日・O2 Arena, Londonが最終日となります。皆さんにとっても、私にとっても、ポールにとっても素晴らしい公演になる事を願っています。

Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

0

Wiener Stadthalle, Vienna 06.12.2018 Austria

Wiener Stadthalle, Vienna 06.12.2018 Austria

先日のPaul McCartney・オーストラリア・ウイーンでの12月6日のライヴがyoutubeにアップされていましたので曲順に並べました。
次の公演が始まるまで、こちらの動画でお楽しみ下さい。


A Hard Day's Night



Junior's Farm



All My Loving



Letting Go



Who Cares



Got to Get You Into My Life



Come On to Me



Let Me Roll It



I've Got a Feeling



Let 'Em In



My Valentine



Nineteen Hundred and Eighty-Five



Maybe I'm Amazed



We Can Work It Out



In Spite of All the Danger



From Me to You



Dance Tonight



Love Me Do



Blackbird



Here Today



Queenie Eye



Lady Madonna



Eleanor Rigby



Fuh You



Being for the Benefit of Mr. Kite!



Something



Ob-La-Di, Ob-La-Da



Band on the Run



Back in the U.S.S.R.



Let It Be



Live and Let Die



Hey Jude



Encore:
I Saw Her Standing There



Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)



Helter Skelter



Golden Slumbers
Carry That Weight
The End


このカテゴリーに該当する記事はありません。