ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

翻訳カキカキ:ポール公演の日本日誌~「ポール・マッカートニーと私と翻訳」

翻訳カキカキ:ポール公演の日本日誌

コメントを拝見し驚きました!
青井鳥子さんが長文にも関わらず翻訳にチャレンジしてコメントに掲載して頂きました。
ありがとうございます!!
コメントに置いておくにはMOTTAINAIので、「ポール・マッカートニーと私と翻訳」として、ブログ本文に勝手ながら転記させて頂きます。




ポールのHPの日本公演日誌ですが 翻訳ソフトを使って、少しだけ読みました。(^^♪
翻訳ソフトと言っても、私の場合はWEB上の無料翻訳ページを利用しています。
変な日本語に翻訳されることがありますが、なんとか日本語に変換して読めます。


それによると、ポールとスタッフは、最終日の公演後に銀座のホテルの24階にあるバーに立ち寄って日本公演について感想を述べたということです。( ^^) _旦
(ちなみに、ペニンシュラ・ホテル24階のバーのことと思われます)


特に、30日のドーム公演の時の5万人の青いサイリウムの点灯や天井に投映された「JAPAN LOVES YOU」などのメッセージには、いたく感激した、とありました。

また、日本のファンは礼儀正しいことや、昔はスタンディングをしなかった(抑えていた)が、今では、コンサート中もずっと立ち詰めで声援したり、ホテルや沿道にもたくさんのファンが応援に来てくれたことなどで、変化を感じたし、嬉しかったようです。

ここまでなんとか読めました。(間違っていたらごめんなさい)
あとは、長文のため、また少しずつ読みます。
先ほどの続きです。


羽田に到着した時は、1000人ものファンが出迎えてくれ、熱狂的で、泣いたり、叫んだり、握手を求められたりしたので、ポールは、それに応えようと、ファンに近づいた。
しかし、セキュリティチームは、ポールを急かして早く通路を通るように、背後から注意していた。


空港からホテルに向かうまでの間、ポール1on1ツアーの巨大看板などを目にした。また、新聞やニュースでもポールの再訪を大きく取り上げていて、自分たちは歓迎されていると実感した、とのことでした。
暮のNHK紅白へのポール出演と、その後の動向では日本のファンたちは、ネットなどで情報を共有しあい瞬時にして、今後、自分たちはどう行動するかを検討していた。


・・・ ということは、ポールは、この夢ブログも見ていた?かどうかは知りませんが、日本の動向を見ていたのですね~(゜-゜)
次に、武道館と東京ドームについて。


武道館はドームに比べると小さいけれど会場の大小は、あまり関係はありません。
会場の規模によって、それに合った曲の構成などを考えるからです。
(ということで、他国で実施した大規模会場と小規模会場のことを例に出していました。)


しかしながら、武道館はポールにとってはビートルズの時のコンサート会場でもあったので、特別な感情を抱く会場です。それは、親密さ、そして音楽性などについてもドーム規模の会場には無い良さを感じるからでしょう。

ビートルズの時、武道館では43000人の人が聞き演奏回数も5日間の合計で53曲でしたが、今年のコンサートには総計で17万人もの人が来て、4日間を通して148曲演奏しました。
また、サウンドチェックの曲も、ビートルズ武道館の時よりも長い時間演奏しました。
そして、ポールやスタッフたちととともに、聴衆がコンサートを盛り上げました。


中には、最初の武道館の時に来た人が、今年も来たりします。世代を超えて、大勢の人がポールのコンサートに来てくれるので、年代や時間を超えて、ポールの曲が人々を結びつけることを実感します。

(まだ続く・・・超長い・・・)φ(..)カキカキ
次は、ポールの東京滞在の記録です。


ポールが東京にいる間、日本の音楽関係者がポールを訪ねてきて、暖かな時間を過ごせました。
また、ポールは、コンサート前には、楽屋の自分の部屋で日本語の練習をしていました。
楽屋には、スタッフとして翻訳者がいて、その人と打ち合わせなどもしていました。
(会場のスクリーンに出る、日本語訳の翻訳者さんのことかと思います)


また、日本のファンに対して、Lineなどでポールへの質問を受け付けたところ、15万もの投稿が寄せられた。その答えの一部を、当ホームページからも見られます。

コンサートを終え、私たちは、日本をあとに、イギリスへ向かいましたが、日本での素晴らしい一週間の経験をもとに、また新たなスタートを切ることができました。
日本は遠く、文化なども全く違う世界だけれど、ポールとの旅を通して、世界と結びあえることを経験するのは喜びです。


・・・・・・・・
以上、意訳ですが、なんとか ニホンゴ、ガンバリマシタ。
では、これにて、さよなら (^.^)/~~~



青井鳥子さん、ありがとうございます。
いつもの私のブログ文面の2倍のボリュームですので、よくカキカキされたと思い、感謝致します。
しかも、分かり易い文面ですので、じっくりと読むことが出来ました。途中に挿入されている絵文字が、私の文面とは異なる柔らかさがあり、今回、コメントに記載して頂いた事に嬉しく思います。

最近、かなり多忙でオクレオクレ(送れ送れor遅れ遅れ)とまるで、オレオレ詐欺みたいな様相でしたので助かります…サポートに…

今度、短期休暇に入りますので、その節は、皆様、ブログへのカキカキ、宜しくお願い致します。
 管理人より

2

ポール・マッカートニーと私と涙のサウンドチェック♪~andy25様からのお便り

ポール・マッカートニーと私と涙のサウンドチェック♪~andy25様からのお便り

今日はヒサシブリのポール来日公演への参加の想い出シリーズ!そうです。お忘れになっていませんか!?「ポール・マッカートニーと私とホニャララ…」です。
今回の投稿は、西日本MeetUp会の大阪・ジョシの方からです。
では、どうぞ!



「ポール・マッカートニーと私と涙のサウンドチェック♪」

ペンネーム:andy25
住 ま い:大阪府
参加公演日:2017年4月27日、29日、30日
使用機種 :Sony Cyber-Shot DSC-WX5、iPhone5s


今回、VIP#2に初エントリーし見事、最終日に当選しました!
そして迎えた人生初のVIPデー。まずはサウンド・チェックです(以下、SC)
幸運にも今回、こちらのブログリスナーの方達とご一緒させて頂けたので、朝の10時前から並びましたが、待ち時間もあっという間でした。


25ゲート前で並んでいる列

13時半頃にチェックインが始まり、VIPパスを首にかけてもらい、手首用のリストバンド、記念品のバッグやパンフなどをいただき、通路に設置された待機スペースでPaulの到着を待ちます。

イスの写真 paul VIP tokyodome

ふと周りを見渡すと、ほとんどの人がリクエスト曲などを書いたボードを用意しています。
な~んにも予備知識がなかった私が大・大・だ~い後悔していると、優しいお仲間、Oさん、Mさんが厚紙とマジックを恵んで下さり、私も即席で大好きな曲を書いてみました。


You Gave Me The Answerの写真

慌てて書いたのでレイアウトもめちゃくちゃな上に、こんなに小さいボード、絶対Paulには見えっこありません(笑)
でも、いーのです!手に持って参加するだけで、一気に気分UP↑↑↑です!


で、いよいよ会場へ通され・・・Paulの登場です!

キャーーー!ポーーーール!

ここからは、あまりに興奮しすぎてよく覚えていません(笑)

ラフな感じでSCが始まり、サイドスクリーンには映像まで流れ、本番さながらのクオリティーです。

Paul McCartney サウンド・チェック tokyo

なんと参加者のリクエストに応えて「One After 909」を!羨ましいー。

ピアノに移ったのを確認して、私もリクエスト曲を必死に掲げます。(全然見えないのに・・・)

すると、チャイムの音が・・・♪キン・コン・カン・コーン♪
あっ!大好きなWINGS時代の曲「 Let ‘Em In」です!


大興奮していると…
なぜか目に涙があふれ・・・
首にかけていたMaccaタオルで必死に涙を拭うものの、全然追いつきません。
ついには大号泣し、泣き崩れてしまいました (T_T) すると、隣にいたお仲間、Nさんに、「ちゃんと見ないともったいないよ」と優しく肩を叩かれ、ハッと我に返りました。


「元をとらねば!」と…

関西人根性がむくむくと湧きあがり、そして、顔をあげて号泣しながらも最後までしっかりと見ることができました。

Let ‘Em In 2017 Paul McCartney SC in Japan

その後、「Ram On」や「Lady Madonna」などの曲が続き、あっという間に終了。

私とポール・マッカートニーと涙のSC


コンサート本編では、アリーナA10・7列目(実質、前から5列目)という夢のようなVIP席でPaul来日公演を締めくくることができました。

以上、初めてのVIP体験を振り返りましたが、やはり大号泣したSCのあの瞬間が一番心に残っています。
「 Let ‘Em In」、べつに大号泣するような曲ではないんですけどね(笑)


でも、大好きなWINGS時代の曲を聴きながら、今、こうやって本人を目の前にしてSCを体験し、とっても幸せな気持ちになれていること、
Paulの音楽に出会えて人生が豊かになったこと、
Paulを好きになって本当に良かった、
ありがとう、Paul....
と、様々な思いが交錯しての、あの涙だったのだと思います。


そして、ブログリスナーの方達と素敵な時間を共有させていただけたことも、最高の思い出になりました!
ありがとうございました。



☆With 今回の反省☆
いくらVIP席とはいえ、写真を撮るにはかなり遠く、SCはもっと遠い・・。
5倍ズームのデジカメなんて話になりませんでした・・。
次回、運よくVIP当選したら、絶対にカメラを新調します!(*^_^*)


☆おまけ☆
SC時にいただいたグッズです。
ジョシにはごついバッグですが、楽しかった時間を思い出させてくれる宝物です。


ポールVIPグッズ2017


Thank you PAUL
キャーーー!





andy25様 当時の感激と言うか…涙と言うか…いや、キャーと言う叫び声が聞こえてきそうな投稿で、大変、楽しく拝見させて頂きました。ありがとうございます。

東京ドームのVIPには並んだ事がなかったのですが、あの25ゲート前なのですね…いや…暑い…
中の椅子の上に、ペットボトル…ポールのパーティーは、お水…なんですね…健全です。ビールの1本位出してくれると、それでは足りない!と言う事から、次から次へとビールも売れるし、盛り上がるし、イイと思うのですが…キョードーさん、今度、検討されませんか?

ボード!可愛らしいですよ!特に、最後の「ER」が…(笑)
今回のクライマックス! Let ‘Em Inの涙…
その後の復活劇が大阪人らしい!納得です。飲み放題で、必ず元を取る!!そんな勢いですね。

おっと…これで終了したら、変な締めになってしまいますね…
ポールへの感謝、そして、リスナーの皆さんとの出会いの感謝、本当にありがとうございます。

私は、投稿して頂き、西日本MeetUp会に参加して頂く、andy25様に感謝致します。
Thank you andy25!キャー!


With 
「ポール・マッカートニーと私と◯◯」 の投稿、まだまだ募集中です。
投稿の方は、こちらまで!
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
lightnewsbrog@gmail.com

宜しくお願い致します。

1

ポール・マッカートニーと私と日本武道館① 25日の公演が、24日から始まった!~haru様からのお便り2

ポール・マッカートニーと私と日本武道館① 25日の公演が、24日から始まった!~haru様からのお便り2

お待たせ致しました。haru様からの第二弾!「ポール・マッカートニーと私と武道館」
前回の投稿を振り返りながら、この投稿を読んで下さい!

「ポール・マッカートニーと私とサウンド・チェック」~haru様からのお便り1

では、武道館の前日へ、Back to the4/24

名前 haru
住所 東京
撮影 ソニーエクスぺリアSO-02G


ポール・マッカートニーと私と日本武道館① 25日の公演が、24日から始まった!~haru様からのお便り2

前回の続きです。日本武道館、前日からグッズ販売が行われました。
昼から言った方が暑い中長時間並ばされたのに、仕事を終えて夕方行くとガラガラ、待ち時間なしでグッズを購入。
15年に転売ヤーが買い占めて騒動化した「武道館Tシャツ」や「リトグラフ」もあっさり買えました。2年前の覚悟で来たので拍子抜けしました。そしてTシャツもリトグラフも、今回のほうがよかったです。


グッズ購入後ぼんやり歩いていたら、突然「携帯しまってください」と言われました。????と思っていると…

なんと!突然ポールが登場!!

目の前をわずか1秒で通り過ぎました。まったく予期していないことでしたが、この場に居合わせた人だけの超ラッキーな事態に!

その後、「前日リハーサル」を外で聞きました。この事態を予測できた人は少なく、最初から聞いていた人はわずか20人くらいでした。
「本編でやりそうな曲をリハしている」ようでしたが、15年「アナザーガール」のようなサプライズな曲はなく「ネタバレしないようにやっている」と思いました。2年ぶりのポール生ライブ、興奮しないわけにはいきません。


居合わせた友人と興奮気味にしゃべっていたら「静かに」と指を立てられました。どうも録音をしているようでした。
ブート屋さんで、この話をしたら「そりゃひどい。悪いのは向こうなのに…」と慰められました。後でこの録音が出ましたが、鳥の音風の音が大きく「とても商品化できない」ものでした。


サイレンとサウンドチェックパーティ、静かに盛り上がったのでした。でも超お得でした。
セットリスト

Jam(おそらく即興曲)
Matchbox
Honey Hush
I’ve Got A Feeling
Junior’s Farm
I Wanna Be Your Man
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band [Reprise]
Back In The U.S.S.R.
My Valentine
Miss Ann
Here, There And Everywhere
Every Night
I’ve Just Seen A Face
Being For The Benefit Of Mr.Kite
Golden Slumbers / Carry That Weight / The End


聞いているとポールの調子がいいのがわかり、これは15年よりもいい公演になると確信できました。
最終盤には武道館の建物の異様な振動が。バスドラムに合わせて武道館全体が揺れて、崩れそうな勢いでした。
ヒアゼアエブリホェアは、日本で唯一、この時だけの演奏になりました。


ポールのリハが終わり、出待ちしていたら、キョードー東京の係員に「武道館前の歩道で立ち止まるな。混乱するようなら明日の公演が出来なくなる」と半分脅しの「観客整理」を受けました。(実際そんなことできるわけないじゃないか!」横柄な係員への批判が殺到しましたが…)

そして、待てども待てども出てこない…
ポールが出てきたのはリハ終了1時間以上たった時。待っているのは寒くて、風邪ひくことや帰る時間を心配しながらも、もう離れられない。このまま武道館で明日を迎えたい気分でした。
あとでわかったのはここで「教えてポール」というラインの番組収録だったようです。


ポール・マッカートニーと私と日本武道館① 25日の公演が、24日から始まった!haru様からのお便り2


おっと!まだまだ武道館公演が始まらない。前日だけでおしまいとなりました。当日はまたの機会に書かせてください。


haru様、貴重な武道館公演の前日サウンド・チェックのご様子、ありがとうございました。
私も関東にいれば、行っていたでしょうね…残念…本番前にポールの歌声を聞くことが出来る…なんて贅沢な瞬間!
この投稿で、貴重な体験と興奮が皆さんに伝わるでしょうね。
お次の武道館公演!こちらの投稿も期待しております。宜しくお願い致します。


With①
本日の投稿者、haru様幹事の夢参加NA関東支部・反省会のご案内です!

夢参加NA関東支部 ポールマッカートニー2017来日公演「反省会」

年齢問わず、ベテランの方から若い方まで!ポール・ファン、ビートルズ・ファンの方!
これまで、関東支部の特徴はジョシの参加が多い!今回もジョシの参加、お待ちしております。
今回は、Sgt発売後ですので、Sgtについて語りたい方、話したい方もどうぞ!
ブログを御覧の関東、東日本の皆様、お申込み、お待ちしております!

With ②
「ポール・マッカートニーと私と◯◯」 の投稿も募集中で~す。

投稿の方は、こちらまで!
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
lightnewsbrog@gmail.com

◯◯は、これまでの過去の海外公演でもOKですよ。
これから、北米公演に参加しようと思われている方の参考になるかもしれませんので、お気楽にどうぞ!

4

♪Birthday♪とLittle half PryceとNA Dreamers

♪Birthday♪とLittle half PryceとNA Dreamers

最近、「ポール・マッカートニーと私と◯◯」を連続で更新させて頂きました。
2015年の時も同じ企画を行い、特に初のポール・マッカートニー単独公演での武道館公演への想いをストレートに語って頂き、私も楽しく更新させて頂いたのですが、今回の2017年も皆さんの想いが伝わる内容を頂き、感謝申し上げます。


今日は先日2連続で下記を更新させて頂きました。

「ポール・マッカートニーと私と♪Birthday」~leaf様からのBirth Letter

「ポール・マッカートニーと私と♪Birthday」~leaf様からのBirth Letter Final


しか~し!あの話はそれだけではありません。Another Verとして、もう1つの話を更新させて頂きます。
この話は、夢参加NA特派員(と勝手に命名しておりますが)のKK様からのお便りです。
ポールがleaf様の誕生日である4月27日公演のアンコールで演奏した♪birthday♪の前に、コメントした内容についてです。
では、発信致します。




OK, so, is there anybody here in the audience who has a birthday?
(Looking around)
OK.
We have someone in our crew, we have Tom here.
Little half Pryce. It's his birthday today.
So, this song is for all of you who have birthdays. For half Pryce Tom.
And
this is also for anybody who has a birthday this year. Hahaha






オーディエンスの中に誕生日の人はいるかい?
(見渡して )
OK
クルーの中に今日誕生日の人がいるんだ。(あそこの)ハーフプライストムだよ。
リトルハーフプライス。
この曲は誕生日を迎えたみんなのために送ります。ハーフプライストムのために。
そして、
今年誕生日を迎える全ての人に送ります。hahaha
(観客から笑いと喝采)




英文と翻訳、ありがとうございます。翻訳があって、よく分かりました(Hahaha)。
ところで、TOMって?…と思われた方もおられると思いますが、その事についても、KK様から発信して貰っています。



「クルーのトムはTom Pryceさんで、パンフレットにも名前が記入されているそうです。
ポールはクルーのトムが誕生日であると言った中で、ハーフプライストム、とか、リトルハーフプライストムと呼んでました。
親しみを込めて、ニックネームとして苗字のプライスをいじってる、ってことのようです。」



TOMはPriceでなく、Pryceなんですね。PriceとPryce…ん…ややこしい…
そして、half Pryceですか…ん…これも親しみがないとなかなか言えない事ですね。
しかも、日本公演の東京ドーム45,000人の前で、このジョークと言うか、親しみ感のある言い回しと言うか…ん…聞かないと分からない話です。



「イジる…」、これも親しみの1つなんですね。
人によっては、言われた方が、「もっとイジって!hahaha 」と思う方もいますよね。
発言した方も、「これが言えるから、君とは親しんだよ!hahaha 」というメッセージにも聞こえます。
一歩間違うと気分を害するかもしれませんが、身内らしい親しみ感のあるコミニュケーションですね。

このブログも、そんなコミュニティーになれば嬉しいですね…そしたら、一番、イジられるのは、私だね…Hahaha!

大変参考になりました。KK様、ありがとうございます。



ところで、このポールのbirthdayコメント、公演中に聞いた時に、「おさつドキ!」としましたね。(別にPriceは関係ありません。)
この日、leaf様の誕生日と言う事を知っていましたので、「エッ!もしかして!leaf様がステージに呼ばれる!!」なんて本気で思いました!鳥肌が立ちましたね。


ポールのコメントが終わり、♪birthday♪ が演奏されましたが、少なからず、leaf様のボードかコメントが、ポールに伝わって、このコメントになったのかな…なんて、思っています。

夢参加NAポール・コメントに拍手!


WIth
西日本MeetUp大反省会の申し込み、誠にありがとうございます。
受付は、本日、18日で終了とさせて頂きます。
20日は天候が良いので、暑さ対策をしてご来場下さい。
皆様とお会いできる事を楽しみにしております。

尚、明日は20日の準備、20日は大反省会ですので、ブログの更新が出来ないかもしれませんが、これまでの内容をご覧になって頂けると嬉しいです。

see you next time!

2

「ポール・マッカートニーと私と♪Birthday」~leaf様からのBirth Letter Final

昨日のブログ

「ポール・マッカートニーと私と♪Birthday」~leaf様からのBirth Letter

で盛り上がりました所で、「続く」でしたが、今日がファイナル編です。では、どうぞ!



「ポール・マッカートニーと私と♪Birthday」~leaf様からのBirth Letter Final

Birthday VIPその2


2017年4月27日SC当日。緊張しました(緊張のあまりほとんど写真は撮れず)。。。横断幕を掲げて、Sherryさんにもアピール。

“Happy birthday !”

と言ってもらいいました。
ポールが登場して緊張はMaxに。
すかさず横断幕でアピール。
見てくれたかな?字が小さくて読めないかも。ならば声でアピールするしかない。思い切って


”Today is my birthday. Please give me your autograph !!”

とシャウト(どこがシャイやねん)。
ところが、、、残念ながらポールの反応はなし。。。


「ポール・マッカートニーと私と♪Birthday」SC

本編でも横断幕を掲げてアピールしましたが、VIP#1の端っこのためかポールには気づいてもらえず。
やっぱダメかな、、、コンサート終焉頃にはあきらめモードでした。


「ポール・マッカートニーと私とBirthday」4月25日ポール公演1

「ポール・マッカートニーと私とBirthday」4月25日ポール公演2

「ポール・マッカートニーと私とBirthday」4月25日ポール公演3

「ポール・マッカートニーと私とBirthday」4月25日ポール公演4

アンコールでステージに帰ってきたポール。

「みんなの中に今日誕生日を迎えた人はいるかい?コンサートのcrewでもトムが今日誕生日を迎えるんだ。」

と発言。
Oh!ポールが誕生日について言及してくれた!思わず


”Me too, me too !!”


と声が裏返るほど大声で叫んだのですが、やはりポールには届かず。。。

「この曲は誕生日のみんなに捧げるよ、トムにもね。さらに今年誕生日を迎える人(←全員やん!)のために歌うよ」

と笑いを誘った後に ♪Birthday を演奏。
会場は大盛り上がりだったことは皆さんご存知の通りです。



「ポール・マッカートニーと私とBirthday」4月25日ポール公演5


結局、誕生日にポールからサインを貰って、一緒に♪Birthdayを歌って、ハグするという野望(妄想?)は叶いませんでした。
期待しすぎただけに少々残念でした(←贅沢じゃ!と言われそう)。


しかし考えてみれば、自分の誕生日に、ポールが日本に来てくれて、コンサートを観られて(しかもVIP!)、生で♪Birthdayを聴けた(2回も!)のです。
こんな経験をしたファンは世界広しと言えども私ぐらいでしょうか。
かなりラッキーな人間だと思います。


Crewのトムよ、同じ誕生日の君がいてくれたから ♪Birthday を聴けたんだ。 ありがとう!!そして誰よりもポール、

Appreciate !!!





leaf様 興奮と無念と感謝の投稿、ありがとうございます。
いや、どちらかと言えば、「一人ツッコミ、一人ボケ」のノリの投稿と言った方が正解かな(笑)
お陰で、無念さよりも、興奮と笑いに満ちた内容で、楽しく拝見させて頂きました。

これで、birthdayの話は終わり…?っと思ったら、まだあります!
ポールの発言について、詳細な事を調査して頂いた 夢参加NA特派員がおられます。
その話は…また明日…って、♪じれったい♪じれったい♪



With ①
「ポール・マッカートニーと私と◯◯」 の投稿、まだまだ募集中です。
投稿の方は、こちらまで!
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
lightnewsbrog@gmail.com

With ②

申し込み、5月18日が申し込み期限です。
今日の投稿者のleafさん、ポールの北米公演に参加されるtawatawaさん、その他、コメントのあの方!も参加されます。勿論、私も参加します。
初めての方も申し込みを頂いておりますので、この機会に、ぜひ、ご参加下さい

第二回 西日本MeetUp会開催!まだまだお申込み出来ます!

With ③
そして、こちらの方も、絶賛募集中です。

夢参加NA関東支部 ポールマッカートニー2017来日公演「反省会」

いつもいつも告知だらけですが、宜しくお願い致します。

このカテゴリーに該当する記事はありません。