FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
3

Egypt Station Traveller’s Editionの購入アンケート結果と、"Live" Album Milestone Reissues

Egypt Station Traveller’s Editionの購入アンケート結果と、"Live" Album Milestone Reissues

昨年、ポール・マッカートニーの新作「Egypt Station」が、Vinyl、カラーレコード、バンドカラー別のCDなど様々な形態で発売され、その後、Egypt Station Traveller’s Edition、Explorer's Editionと発売される事にもなり、怒涛のエジステ発売旋風に目が回っているファンの方が大勢おられると思います。

特に旅人盤は高額BOXであっただけでなく、あとでExplorer's Editionが発売されるなど賛否両論がありました。そこで、そのTraveller’s Editionの購入の有無について、アンケートを取らせて頂きましたので、その結果を、今日発表させて頂きます。


アンケート!Egypt Station Traveller’s Edition Box Set (Paul McCartney)を買いましたか?2019


当然ながら、購入されていない方がトップですが、輸入盤、国内仕様、そしてBOXは未購入だがCD、LPは購入との比率がほぼ同じくらいであった事はユニークな結果でした。
今回、海外でBOXの予約受付が始まり、日本のユニバーサルでは当初、予約が始まらなかったので、海外(特に価格の安いUS)から購入された方が多くなった事実は日本のユニバーサルにとって想定内なのか?それとも歯がゆい事なのか…


このような限定発売は海外の予約と、日本国内の予約のタイムラグがいかにないようにする事が販売の決め手になるのでしょうね。あと…国内仕様…高いですよ…やっぱり…国内(帯)プレミアの為に購入される方はイイとして、多くのポールの音楽をパッケージで購入したい方にとっては厳しいですよね…私は国内仕様の購入者が予想よりも多かったと思っています。しかも、結局、ユニバーサルから出荷予定日が2019年05月27日って…まさかの海外よりも遅くなるとは…
私のUS購入のBOXについては、後日、ブログに掲載致します。乞うご期待。


このような状況の中、ポールの北米ツアーが始まった途端に!噂のライヴを含むリイシュー盤が発売される事になりました。注目は、またまたカラーレコードが発売される事です。その価格について記載しますと…
アルバム名(オリジナル発売年)UK(uDiscover)→US(Paul McCartney Official Store.)→CA(MusicVaultz ca)→日本・ユニバーサル


Wings Over America(1976年)£34.99→$53.98→CDN $79.99→¥8,856
Wings Over America(1976年)£34.99→$53.98→CDN $79.99→¥8,856

Choba B CCCP(1988年)£26.99→$29.98→CDN $44.99→¥4,860
Choba B CCCP(1988年)£26.99→$29.98→CDN $44.99→¥4,860

Paul Is Live(1993年)£34.99→$39.98→CDN $59.99→¥6,696
Paul Is Live(1993年)£34.99→$39.98→CDN $59.99→¥6,696

Amoeba Gig(2009年・ライヴは2007年)£34.99→$38.98→CDN $59.99→¥6,696
Amoeba Gig(2009年・ライヴは2007年)£34.99→$38.98→CDN $59.99→¥6,696

ん…微妙な価格差です。送料が分かりませんので、国内の方が安心・安全かも…
エッ!?カラーレコードは全て買うって!その場合だと…
合計£131.96→$162.92→CDN244.96→¥27,108
これだと買えない!と思われた方に朗報です。なんと4セットまとめ買いが出来ますよ。


Live Albums - Colour Vinyl Bundle £125.00→$145.00→CDN $214.99→日本・ユニバーサルでは今の所、発表はありません。
Live Albums - Colour Vinyl Bundle £125.00→$145.00→CDN $214.99

多少はお得かな…国内仕様盤をバラでの購入と比較すると明確で、一万円くらい違いがありますが、輸入盤だと送料が…郵送が…課税が…
どちらが良いのでしょうね…

追伸
西日本Meet Up会のお申込み、ありがとうございました。昨日で受付を終了させて頂きました。
参加申込みの皆様、当日、宜しくお願い致します!
あっ!それから、ポールの「2007年のライヴ・全15曲」のCD-Rを参加者の皆様に差し上げます。こちらもお楽しみに!

6

“Wild Life” and “Red Rose Speedway” “The Paul McCartney Archive Collection”

“Wild Life” and “Red Rose Speedway” “The Paul McCartney Archive Collection”

今年もあと二ヶ月だと言うのに散財が止まらない…ポール・マッカートニーのニューアルバ「Egypt Station」発売で数多くの限定Vinly盤の発売、Freshen Up Tour発表によりカナダ!英国!来年はUS!しかも来日3公演…そして両国国技館公演!公演があると勿論、グッズの販売、そして、ジョン・レノンのイマジン、ビートルズ50thホワイト・アルバム発売…これでやっと終わりかと思っていると、こちらも発売になります。
12月7日に発売されるポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ「Wild Life」、「Red Rose Speedway」の内容が決定しました。
その種類は…



“Wild Life” “The Paul McCartney Archive Collection”

“Wild Life” The Paul McCartney Archive Collection

Wild Life (2CD)
Wild Life (2LP)
Wild Life 3CD+DVD




“Red Rose Speedway” The Paul McCartney Archive Collection

“Red Rose Speedway” “The Paul McCartney Archive Collection”

Red Rose Speedway (2CD)
Red Rose Speedway (2LP Archive Edition)
Red Rose Speedway (2LP Original Version)
Red Rose Speedway 3CD+2DVD+Blu-Ray



And the combo: Wild Life/Red Rose Speedway 6CD+3DVD

WINGS’ “Wild Life” and “Red Rose Speedway”: Deluxe Details Revealed


まさか全種類購入される方…おられるかもしれませんが、これまで散々散財しておりますので、1つ購入するだけでも…大変だ…私はポール来日で予算大オーバーとなっていますので、ホワイトでさえ購入を躊躇っていますので、ポールのアーカイヴは…ん…置き場所の問題もありますので、これまた躊躇してしまいます。

これらも良いのですが…待っているのは、ポール・マッカートニー・Egypt Station Super DX Edition…一体いつ発表されるのだろうか…

25

Paul McCartney Archive Collection「Flowers In The Dirt」Cancelと、ブログ2016 The End

Paul McCartney Archive Collection「Flowers In The Dirt」Cancelと、ブログ2016 The End

何かと話題のPaul McCartney 、Archive Collection「Flowers In The Dirt」ですが、私、予約しておりました。HMVにて。
以前、tawatawa様より、Joshinがお得とのお話があったにも関わらず、のんびりとしていると翌日には「完売」の表示が…ん…これはやっぱり早めに予約をした方が良いのかな…いつ何時、完売とか値上がりがあるかもしれないし…と思い、12月17日、HMVに予約をしました。


Flowers In The Dirt 予約


ところが、ユニバーサルから正式に値上のお知らせ…

34.6%UPって、な~んだ!?


これは、困った事になったな~と思っていると…
12月21日、HMVからは、このようなメールが…発売延期?


Flowers In The Dirt 発売延期


発売延期って…何だろうか…恐らくダメだろうな…と思っていたら、やっぱり、このようなメールが12月21日に来ました。
キャンセルです。


Flowers In The Dirt キャンセル


仕方がないですね。本来はもっとその要因を掘り下げてブログに掲載するつもりでしたが、現在,、個人的な事情で疲労困憊の状態ですので、ブログ更新が出来ません…肩と背中が痛くて、どうしようもありません…医者には「炎症」と言われ、湿布と飲み薬を貰うましたが、これで治るのか…?

2016年の更新はこれで、The Endとさせて頂きます。
これまでご覧になって頂いていた皆様には感謝致します。2016年、ブログに関しては楽しい一年でした。


と言うことで、今年最後のPaul McCartney Back In 1on1 Tour です。
画像データを、送って頂いた方には本当に感謝致します!


6月25日 英国 サリー州  チディングフォールド…ザ・マルベリー・イン 200人 The Mulberry Inn

Dine & Disco for BBC Children In Need 2016 Paul McCartney


これまで当ブログをご覧になって頂いていた時間については、Xmasや年末年始、ご家族やご友人の為に時間を使って下さい。

Wonderful Christmastime

see you next time


Encore
休養期間に、当ブログのリニューアルを準備する事にしました。
背景、タイトルなどを含めてです。
タイトルは、元々仕事に関連した名称を、そのまま使っていたのですが、いつまでも、そのままでは都合が良くないかな…と思っていましたので、来年、タイトル=屋号を変えます。(屋号変更方法について、アイデアが浮かびましたので、来年、お知らせできるかな?)
よって、現行のタイトルでの更新は、これが最後です。
然しながら、ブログの本文は…本調子ではありませんので、「拍手」のアイコンは辞退させて頂いております。
よろしくお願い致します。

Encore2
テンプレート変更してみましたが、初めて変更しましたが不都合があるようですので、調整中です。
→調整終了しました。完璧ではありませんが、これで暫く様子を見てみます。

4

署名 Add additional CD of b-sides, remixes etc to Flowers In The Dirt reissue by Paul McCartney

署名 Add additional CD of b-sides, remixes etc to Flowers In The Dirt reissue by Paul McCartney

改めましてharuです。

今回の「フラワーズインザダート」デラックスバージョン(今までのスパデラ)は高額な値段もそうですが、やはり(私も以前投稿したような)内容的な不満がある人が、全世界で結構いるようです。

昨日、表題のような署名運動が行われていました。
内容は以下のリンクです


     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Add additional CD of b-sides, remixes etc to Flowers In The Dirt reissue by Paul McCartney


この署名昨日のうちに全世界であっと言う間に500筆集めて、一応の目標は達成したようですが、ご賛同いただける方は是非ご協力お願いします。

趣旨は
「(今までのスパデラのように)B面曲や別バージョンなどを、CDに入れてほしい」というものです。


発起人はロシア人の方ですが、賛同された方は世界中にいらっしゃいます。

今回はコステロとのデモテープばかりがCD化されていますが、今までのアーカイブシリーズのコンセプトのCold Cutされた曲、B面に埋もれている曲については、CDでなくダウンロードするしかない(そして日本限定スペシャルパッケージの数曲は日の目を見ない)という扱いになっています。
ですから今までのファンで違和感を持つ方が多いのでしょう。
それには共感します。


ただ、私的には、どんなに高くなっても、内容的に不満が残っても、それでも大好きなフラワーズなので、やっぱり買うと思います。

ですが、署名の趣旨が通り、内容が改善されれば、いう事なくなります。
そうなりますように、よろしかったら署名にご賛同ください。




願うを叶える…そのような事に賛同する意味で、本文に掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

5

34.6%UPって、な~んだ!?

34.6%UPって、な~んだ!?

世の中、値上がり傾向のものがあります。
今年はレタスなど野菜の値上がりが話題になりました。これは天候不順の影響ですので、また状況が変わる事が予想されます。
経済で潤った要因の1つに挙げられるのが訪日客の増加です。ホテルが連日満室で関係者は大喜びだったと思うのですが、反対に出張する一般ビジネスマンはホテルを予約するのが四苦八苦…しかもホテル代が値上がっている…これにも四苦八苦。


デフレと言いながらインフレになっている業界もあり、凸凹経済と感じています。
そうは言いながら、価格が上がるのは困ってしまいます。そして、この商品の価格が34.6%も上がってしまう事も困った事です…
発表当初に更新した当ブログもご参照願います。


Archive Collection第10弾「Flowers In The Dirt」発売発表!


Paul McCartney Archive Collection「Flowers In The Dirt」の発売価格が、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンで当初、18,360円と、輸入盤よりも安い価格で販売される事で嬉しく思っていたもの束の間、12月20日の発表で、28,080円と訂正されました。つまり、9,720円、34.6%の値上げです。下記がUNIVERSAL MUSIC JAPANの発表内容です。

Archive Collection第10弾「Flowers In The Dirt」発売発表


『デラックス・エディション(3CD+DVD)に関しましては、昨年の前作『タッグ・オブ・ウォー(スーパー・デラックス・エディション)』(UCCO-90369)からの内容のボリューム・アップ、又、原価の高騰に伴い、価格が変更となりました。深くお詫び申し上げます。』

ん…輸入盤の価格に比べて、日本盤の価格が安かったので、「可怪しいな~」と思っていたが、これはフライング・ミス?
尚、Tug of Warの日本名・スパデラは、18,360円です。つまり、Tugと同じ価格で当初発表されていたのですね。
原価の高騰って…このデラックス・エディション(略してデラエディ)の中身の大半は輸入です。
日本仕様の代表格は、SHM-CD、DVDかな…これらは原価が高騰して価格に転換されるような話は最近聞いた事がありません。CD、DVDが30%以上も値上がりしていませんよね…


次は箱?ん…確認出来ないので、輸入?日本仕様?
ブックレット…これは輸入と同じと思うのですが…翻訳は別冊子でペラペラと予想していますので、コストアップに繋がるように事はないと思いますが…そう言った意味ではなく、恐らく、「輸入する商品」そのものが高くなっている事を、「原価の高騰」と表現しているのでしょう。


これらは、「ポール手書きの歌詞とメモが書かれたノートブック、リンダ・マッカートニーによる'フラワーズ・イン・ザ・ダート’展覧会のカタログ、アルバムの制作過程が書かれた112ページのハードカバー・ブック」とありますので、これまでのアーカイヴ・デラエディよりはコストが掛かっている事はわかりますが、一番コストが掛かっていたと思われる「手焼きの写真」がなく、印刷写真であるのにも関わらず、価格が飛び跳ねていますね。

それにしても、輸入するものが高くなったからと言って、いきなり9,720円もアップさせるか!?
元々の原因は、輸入盤が高い事に起因しているのでしょうね…では、それはなぜ?って…それは…
この話は、次回も続きます…って、まだ続くの!?
最後にお礼も…haru様、コメントでご連絡、ありがとうございました。


本来は、『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』Blu-ray&DVD発売!で更新の予定でしたが、この話題がぶっ飛んでしまいました…スイマセン…

このカテゴリーに該当する記事はありません。