夢参加NAブログwithポール・マッカートニー & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

あの手拭いのデザインは、反対の賛成は反対なのだ!?

あの手拭いのデザインは、反対の賛成は反対なのだ!?

TVニュースを見ると話題が集中しているのが…勿論、アメリカ大統領選挙で選ばれたトランプ次期大統領の話です。トランプ反対派の人々がデモを起こしていると…それならもっと選挙の時に団結すべきでは?

今朝の報道で、トランプ支持派の人は必ず投票所に行き、トランプさんに投票した。反対にクリントン支持派の人は必ず投票所に行くと行った人でなく、まあどうせクリントンさんが勝つのだから行かなくてもイイか…という様子で投票所に行かなかった支持派の方が反対に多かったようです。なんだそりゃ~って感じです。

その結果…こんな結果になったと辛坊(しんぼう)アナウンサーが言っていました。
ん!?辛坊って誰って?読売テレビアナウンサーで、「たかじんのそこまで言って委員会」の司会をしている方です。タレントではありませんよ、アナウンサーなんです。
毎朝、見ていますTV「す・またん」面白いです。以前は女子アナに魅了されて「めざましテレビ」を見ていましたが、辛坊さんのコメントがユニークで乗り換えました。まあ番組もユルすぎて反対に面白いです。


今日はそんな話ではありません…投票所に行かなかった…って、でも総投票数(11日22時現在)は…トランプさん・59,937,338票、クリントンさん・60,274,974票って、なんだ!?クリントンさんの方が多い!でも獲得選挙人票数でトランプさんの勝ち!反対じゃないの!?と思いますよね。この選挙!?

アメリカ大統領選挙投票数


反対派同士の選挙で結果が出ても票数と結果が反対で、決まったのにまた反対デモと…反対・反対と何が何だか分からなくなります。
さて、この製品もついに、このデザインが反対されて反対になったのかな?
そうです。噂の「1966 Japan Japanese Towel」です。


以前、こんな現象がありました。

日本手拭いはジャパニーズ・タオル!1966 Japan Japanese Towel


ところが、当リスナー(ROKO様)より、下記のようなコメントを頂いておりました。

『前回のオフ会でビートルズ映画のグッズ店に行き、ビートルズ来日記念手ぬぐいを予約しました(売り切れでした)先程届いたのですが、残念ながら⁉ビートルズの絵柄が反転されて正しくなっていました💦』

その事が今回正式に発表されました。

1966 Japan Japanese Towel 販売

ビートルズ手拭い1

ビートルズ手拭い2

ビートルズ手拭い3


本当だ!?これは驚き!余程、ネットで指摘があったので、再プリントの時に直される事にしたのですね。お疲れ様です。でも購入された方、反対であったのを反対にしたのに反対の方が良かった!?なんてこっちゃ~

さて、この連続公演は反対ですか?Paul McCartney Back in 1on1

Paul McCartney カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー ロジャーズ・アリーナ 2nd

4月20日 カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー…ロジャーズ・アリーナ 2nd 18,500人 Rogers Arena, Vancouver (Second night)


2日連続カナダ公演です。ポールも大変でしょうけれども、遠方から来ているファンは連続だと2日で2度楽しめるので有り難いですね。
2日連続公演には反対しませんが、2日目は反対に曲目を反対にラスト曲から演奏するなんて、どうでしょうか?(笑)


明日は番狂わせでも、順番狂わせでもありません。番外編になりますが、更新出来るかな?

6

「ビートルズ・スペシャル・トークイベント in 京都」を観た!

「ビートルズ・スペシャル・トークイベント in 京都」を観た!

とても良いイベントでした。あまり関西ではビートルズに関連したイベントがなく、特にこのようなトーク・イベントはなかなかないので、今回のトーク・イベントは楽しかったです。

「ビートルズ・スペシャル・トークイベント in 京都」を観た!2

ビートルズ・スペシャル・トークイベント in 京都を観た!


場所は集酉楽(syu-yu-raku) サカタニ 楽々ホール。1Fがコンビニ、2Fに酒屋、Café、イベント室と分かれています。入場者は50数名。大盛況で完売・満員です。入場者された方は、ビートルズ・ファンというよりは、マニア!と人目で分かる方が大勢おられました。(Tシャツやトートバックで分かります。)

出演者は藤本国彦(『ビートルズ・ストーリー』編集長)さん、野口淳さん(ビートルズ資料館学芸員)です。藤本さんは映画「EIGHT DAYS A WEEK」の字幕監修(翻訳修正)などをされております。野口さんは今年「ビートルズを観た」の本を企画されています。今回、その本を購入しましたので、お土産を頂きました。


ジョン・レノンが原宿のオリエンタル・バザールで店員のために古美術品の写真の裏に書いたサインの精巧な複製を頂きました。用紙の色・材質まで拘った用紙・写真です。ありがとうございます。

オリエンタル・バザール ツボ

オリエンタル・バザール ジョン・レノンのサイン


参加者全員に「ビートルズ・ファン・クラブの下山会長、会田さんとビートルズのメンバーがヒルトンホテルで撮影された写真コピー」を頂きました。こちらもありがとうございます。

「ビートルズ・スペシャル・トークイベント in 京都」を観た!


さてトークですが、ビートルズ来日時のエピソードから、当時、来日公演を観られた方のエピソード、来日公演の前座映像、CM映像、7月1日公演の映像を観ることが出来ました。
この1日公演動画はHMCのブートですが、お話ではエプスタインが持って帰った元テープからのコピーではないかと言われていました。映像が綺麗!


この映像が当時のTVで放映されたわけですけれども、初めは6月30日公演が録画されていたのですが、ご存知の通り、ブライアン・エプスタインから、もう一度収録するように言われて、1日を収録したわけですが、「熱狂的な客の姿が写っていない」と言う理由が有名ですが、本でも記載されていますが「あまりにも音を中心に撮られている」事も言ったそうですが、トークでは、その意味は「演奏が下手なのが分かるから」と言う話でした…(笑)

確かにあの演奏ではちょっと…それが1978年(昭和53年)に全国放映されたのですから、未だにビートルズは演奏が下手!と言われるきっかけになりましたね。私も当時、TV見ましたが、「嬉しさ」と「戸惑い」と「マイクって動くんだ…」の印象が残っています。

勿論、映画の話もありました。翻訳については日数が少な過ぎた事、アップルの規制、ギリギリまで映画編集、誰をターゲットにした映画なのか?歌詞と曲名の話、この画質はどうして?警視庁提供映像、他にも浅井陳平さんの話などなど、笑いを含めたトークでした。

また関西でこのようなトーク・イベントが開催される事を期待しています。
ありがとうございました!
(これくらいのネタバレでしたら、イイかな?)

2

「EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」公開記念オフ会!ステージプラン決定再申込!

「EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」公開記念オフ会!ステージプラン決定で再申込受付中!

「EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」公開記念オフ会!ステージプラン決定で再申込受付

関東支部主催のオフ会の告知を前回させて頂きましたが、銀座の「ザ・ビートルズ・エイト・デイズ・ア・ウィーク・ギャラリー」が展示物内容変更に伴い、オフ会の内容変更が決定しましたので、ステージプラン決定として、再度お申込み受付をさせて頂きます。

日程は10月1日(土)

★参加には、事前連絡・メールが必要です。★

① 13時30分頃に、東京都内・某所で集合!(参加者の方のみお知らせ致します。)
  その後、ビートルズプリン(?)でデザート&来日時会見場の壁(レプリカ^_^;)で記念撮影

② 15時40分頃に、東京都内・某所で集合!(こちらも参加者の方のみお知らせ致します。)
  EIGHT DAYS A WEEKの映画鑑賞→その後、The Beatles Eight Days A Week Galleryでショッピング
  (時間大丈夫かな!?)

③ 19時半より、お楽しみの「お食事」&「おしゃべり会」です!(お店、大体の予算は、参加者の方に後日ご連絡します。)
  (これが楽しんだよね~)


参加ご希望の方は、下記のメールアドレスまで、連絡を頂けますか。
申し込みをされた方には、後程関東支部から返信をさせて頂きます。
またご質問についても、下記のメールまで。

  ↓   ↓   ↓   ↓

lightnews.kantosibu@gmail.com



キャピトル東急 ビートルズプリン


ギャラリー見学、映画のみ、若しくは飲み会のみのご参加も大丈夫です!
参加希望の方は、参加希望番号( ①ビートルズプリン ②映画 ③食事会 )を明記して下さい。
尚、集合場所、②の映画鑑賞、③のお店については、関東支部より詳細をご連絡させて頂きます。


締め切りは、9月24日(土曜日)
期日が迫っておりますが、皆様のお申し込みをお待ちしております!
おひとりではちょっと…と思われる方は、お友達をお誘いの上、お申込み下さいネ



現在のお申込みは、①から③全て参加される方から、個別①、②、③のみの参加の方、その組み合わせのみの方の居られます。
初参加や途中参加の方も居られます。
映画は、その日までに観るので2度目だから遠慮しますって方は? ②を飛ばして、③に参加されるなんて言うのもOKです!勿論、映画は個別予約でもOKですよ。


今回は珍しくダンシが僅か多いのかな?頑張れジョシ!
初参加なんですが…って方、全く気にする必要はありません。誰でも1回目は初参加ですから!!
ジョシのお一人様参加も居られますので、ご安心下さい!
ベテラン参加者のジョシ&ダンシの方がお世話致しますので、ご年配の方から若い方まで大丈夫なオフ会ですよ。


CD発売・映画公開・リンゴ・スター来日、そして来年期待されるポール・マッカートニー来日に向けて、オフ会を楽しみましょう!!

日程的に、EIGHT DAYS A WEEK 気分なオフ会のスケジュールですが、よろしくお願い致します。

9月25日:オフ会 申し込みありがとうございました。受付終了致しました。
ご参加された皆様、10月1日 お楽しみ下さい!

4

1965年のShea Stadiumのライヴが映画館で公開される事が決定!

1965年のShea Stadiumのライヴが映画館で公開される事が決定!

1965年のShea Stadiumのライヴが映画館で公開される事が決定

昨日は、Ringo Starrの来日追加公演があるかもしれないとの事でワクワクしましたが、今朝も、ワクワクするような話が飛び込んできました。
1965年のShea Stadiumのライヴが映画館で公開される事が決定!


ビートルズ(The Beatles)が1965年8月15日にニューヨークのシェイ・スタジアム(シェア・スタジアム)で行った伝説の野外コンサート。この模様を収めた公演フィルムの劇場公開が海外で決定。新たにリストア&リマスタリングされた30分のフィルムは9月15日(海外)に、ロン・ハワードが監督した公式ライヴ・ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ - EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years(The Beatles:Eight Days A Week - The Touring Years)』と同時上映される予定です。現在までのところ、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドの上映が発表されています。

まだ上記の国だけですが、日本でも同時上映が決まって欲しいですね。
Shea Stadium Set list


Twist and Shout
She’s a Woman
I Feel Fine
Dizzy Miss Lizzy
Ticket to Ride
Everybody’s Trying To Be My Baby
Baby’s in Black
Act Naturally
A Hard Day’s Night
Help!
I’m Down



Shea Stadium Gig to Screen as Part of Theatrical Release of The Beatles: Eight Days A Week – The Touring Years.



US Fans: Did You See The Beatles Perform Live? See the film for free!

そして、なんと映画「EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years(The Beatles:Eight Days A Week - The Touring Years)」のチケットが無料で貰える!?
条件があります。1960年代のビートルズのチケット半券を持っている事です。
お申し込みは、こちらまで


US Fans: Did You See The Beatles Perform Live? See the film for free!


武道館の半券持っています!なんて方が大勢居られると思います。では申し込まれて、無料で映画をお楽しみ下さい。アメリカで・・・(笑)

このShea Stadiumのライヴ、4Kですか・・・映像キレイでしょうね。Blu-rayでの発売を期待したいです。
となると・・・Hollywood、映画のBlu-ray、シェアスタジアムのBlu-ray・・・ん・・・リンゴのグッズが買えなくなりそうです。


ところで、リンゴ・スターの追加公演、正式に10月30日 NHKホールで決定しましたね!日曜日で日取りの良い公演になりますので、これも即完売かな?それにしても、これで4日連続公演・・・よく仕事しますね。

2

映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」の前売券は7月9日発売です。

映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」の前売券は7月9日発売です。

50年前のビートルズ日本公演の期間が終わり、これで50周年イベントは終わり…?いえいえ、まだまだ多くのイベントがあります。中でも注目は、この映画です。(別に50周年というわけではありませんが・・・)
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」


EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years


2016年9月22日公開となっていますので、あと二ヶ月少し…その前に前売券(1,500円)を買う予定です。
前売り第1弾の発売日は、7月9日、特典は日本限定ポスタービジュアルのムビチケカード(インターネットで座席指定が出来るカード型前売券)です。
カードにデザインされているモノクロ写真は、日本公演のオフィシャルカメラマンを務めたボブ・ウィテカーが、武道館のステージに上がるメンバーを撮影したお馴染みの写真です。


映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」ムビチケ


これだけでは終わりません。前売り第2弾があり、公式ポスタービジュアルを使用したムビチケカード

TheBeatlesEightDaysAWeek ムビチケ第二弾

更には映画のロゴ入りサコッシュ型オリジナルコットンバッグが付いています。でも、このバックは個数限定のようです。

映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」前売り特典バック


私は、この第二弾の購入を狙っており、土曜日の発売と思うのですが、いつから第二弾が発売なのかが不明なんです…しかも、一部劇場を除く…これは心配だな~

そして、もう1つ気になるのが、試写会です。
通常、映画と言うのは、「試写会」があって、マスコミに報道して貰い観客を煽る事をするのですが、この映画の場合、あるのかな?どうかな・・・


この作品、世界同時公開ではありません。予定としては
9月15日 ロンドンにてワールドプレミア
9月15日 イギリス、フランス、ドイツ
9月16日 アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド
9月17日 Hulu(インターネット映像配信)
Huluはこのほどドキュメンタリー映画部門「Huluドキュメンタリーフィルムズ」を新設。第1弾作品として、「The Beatles: Eight Days A Week」を配給・独占配信する。
以上の日程なんですが、ポールの1on1ツアーは、北米ツアーの中休みの時期ですので、ゲスト参加されるかな?


ん・・・ワールドプレミアなので、日本では試写会ないのかな?場合によっては特別先行上映(有料)なんてあったりして。
単なる映画の公開だけでなく、派手な試写、イベントを盛り込んでの公開を期待したいですね。
角川さん、ユニバーサルさん、アップルさん、期待していますよ!


あっ!その前に、ウディ・アレンの映画を観なくては!

このカテゴリーに該当する記事はありません。