FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
1

Ringo Starrのドラム・スティックにPhotographで事実判明!平成最後の「ゆめ参加」は協力の絆!

Ringo Starrのドラム・スティックにPhotographで事実判明!平成最後の「ゆめ参加」は協力の絆!

先日、リンゴ・スター来日公演で、グレッグのドラム・スティック1本に加えて、NA・NA・なんとリンゴ・スターの実使用のドラム・スティックを貰われたポールCAPさんのお話を掲載しました。

実はグレッグのもう1本と…NA、NA、なんとリンゴのドラム・スティックが!!!

カテゴリー Ringo Starr


そんな折、ポールCAPさんから、「どなたかこっそりエンディング曲~バンドマン挨拶あたりの写真(Photograph)を撮られている情報などございませんでしょうか。今回の瞬間を確認したいのですが…」との相談を受けていましたので、早速、調査開始!

NA Dreamers(略・NAドリ)の皆さんの協力を得て、日夜、太陽にほえろ!の如く調査をした所!NA NA なんと!それらしい写真を撮影された方がおられました。

撮影をされたのは、NAドリの「みちかさん」です。みちかさんは4月7日、忙しかったにも関わらず、大急ぎで会場の東京ドームシティホール公演に向かい、見切れ席に参加されたのです。そして…楽しんだ後、最後の瞬間、偶然、撮影されたのです!この写真を!

写真A
Ringo Starrのドラム・スティックにPhotographで事実判明!平成最後の「ゆめ参加」は協力の絆

写真B
Ringo Starrのドラム・スティックにPhotographで事実判明!平成最後の「ゆめ参加」は協力の絆!

みちかさん、写真のご提供、ありがとうございます!

そして、ポールCAPさんからの調査依頼に基づき、「この写真かな?」「この瞬間かな?」と、ポールCAPさんに連絡をしました…すると…ポールCAPさんから喜びと、そして意外な事実が判明しました。


(ポールCAPさん)
ありがとうございます!!
私、涙が出そうです。
鮮明ではないですがまさに決定的瞬間でした!! 理由は2つあります。


理由①は、写真Aでよく見るとグレッグがまだ2本のスティックを持っていて、オーディエンスに近づいています。
黄色の上着で右手を上げている男性の右隣が、まさしく私でした!まだ何かを受け取って喜んでいる様子はありません。


理由②は、写真Bでオーディエンスの中央でグレッグにもらったスティックを振っているのが私ですが…
NA NAなんと!グレッグが私の足元を(その位置にBEATLESドラムヘッドを置いている)指さしているではないですか!
スタッフがリンゴの注文を伝えにきたと勘違いしていたのですが、グレッグとやり取りしてリンゴのスティックを頂いたのですね!!
当時矢継ぎ早に起こった出来事に放心状態で、2番目の男性が黒人か白人かもおぼろげでした。グレッグと話していたんだ…(涙)


こんな決定的なお写真を2枚頂けるなんて、NA Dreamers・みちかさん、本当に有難うございました。感謝していますとお伝えください。
また管理人様にも、お気にかけてお手数頂きありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。



このようなご返事を頂きました。
ポールCAPさん、あの時の感激が蘇るだけでなく、事実背景が明確になり良かったですね。
そして、この瞬間に、私も、そしてNAドリの皆さん、そして、ブログをご覧の多くの方々も、「ゆめ参加」出来て、本当に良かったと思います。


そして、グレッグのドラム・スティックについても、各1本、別々の方(スパンコールさんとポールCAPさん)が貰われたにも関わらず、ブログを通じて、1セットになった事を嬉しく思っています。

このブログのメインタイトルは「ゆめ参加NAブログ」です。
その意味は、ブログを通じて、ご覧の皆さんと一緒に「ゆめのような事に参加しましょう」と言う意味があるのですが、今回のリンゴ・スターのドラム・スティックの話は、御本人の実参加とリスナーのゆめ参加が融合したような瞬間です。


2019年4月30日の「ゆめ参加NAブログ」ですが、平成最後のブログとして相応しい投稿になったかと思います。
NAドリの皆さん、ポールCAPさん、ブログをご覧の皆さん、そして、コメントを頂いております、haruさん、テツコさん、スパンコールのあの娘さん、PANさん、A.Sさん、返信出来ていませんが、ありがとうございます。


明日から、令和になりますが、これからも皆さんと一緒に「ゆめ参加」出来るようにしまShow!
そして、一緒にポール・マッカートニーを応援しまShow!
これからも宜しくお願い致します。

4

実はグレッグのもう1本と…NA、NA、なんとリンゴのドラム・スティックが!!!

実はグレッグのもう1本と…NA、NA、なんとリンゴのドラム・スティックが!!!

リンゴ・スター来日公演が終了し、ポール・マッカートニーの「エジステ探検家」が発売される事になり、話題が尽きないのですが、探検家の話がぶっ飛んでしまう程の話がコメントで届きました。あまりにも素晴らしい内容でしたので、御本人のポールCAP様の承諾を得て、ブログ本文に掲載する事に致しました。


管理人様、初めて投稿させて頂きます。
リンゴのドラムスティックで検索しててこの記事を見つけ思わず投稿しました!
4月7日の東京DCHの、グレッグ・ビソネットのキズだらけのドラムスティックのもう1本は私が頂きました!さらにそれ以上の事が…!


4/7の東京ドームシティホールで、幸運にもアリーナ最前列の席でした。
なので何か用意したいと思い、メッセージボードまではためらい、BCCのクリスマス会で購入した「THE BEATLES」の丸いドラムヘッドのミニ壁掛けグッズ?とイギリス国旗とイエローペンライトで参加しました。


後半にはリンゴも私がドラムヘッドを掲げているのに気付き、指さしてピースしてくれました。
ピース&ラブな最高のライブの最後の~Give Peace a Chanceが終わった途端、ドラムのグレッグ・ビソネットがステージから私に手を伸ばし、なんと今までプレイしていたドラムスティックを1本渡してくれるんです!!その後エンディング挨拶している彼に何度も「サンキュ~!」と叫んでいました。ハイタッチをしに戻って来てまでくれました。


その直後ドラムスティックを見ながら喜んでいると、今度は別の外人スタッフが手を伸ばし、私のドラムヘッドを指さし何か叫んでいます。
その英語からやっと理解できたのが、「リンゴがそのドラムヘッドを気に入っている!今夜プレイしたこのリンゴのドラムスティックと交換してほしい!」
というもの。もちろん「OK~!」と即答して震える手で3本のドラムスティックを握りしめ呆然としていました。サインもお願い!などと言える余裕もなかった事が後から悔やまれましたが、最高の夜になりました。


後でネットでZildjian社のリンゴモデルのドラムスティックを見ると、デザインは同じですが下半分の着色は無く、ロゴ文字にのみ紫の色がついており、本人専用のものではないかと!ありがとうリンゴ!!もちろん我が家の家宝です!
リンゴとメンバーの人柄にも魅かれ、再来日を期待せずにはいられません。ドラムヘッドを購入できたBCCにも大感謝です!



その後、写真のご連絡を頂きましたので、こちらも承諾を得ましたので、皆さんの為に掲載させて頂きます。
こ・こ・これがリンゴ・スターのドラム・スティックです!


リンゴ・スター来日公演2019・ドラムスティック1

リンゴ・スター来日公演2019・ドラムスティック2

リンゴ・スター来日公演2019・ドラムスティック3

ん…写真で見るだけでも感激します。

メーカーはZildjian
ジルジャン(英:Zildjian)は、400年の歴史をもつシンバルのブランドである。トルコのイスタンブールにいたアルメニア人シンバル職人が元であるが、今はアメリカ合衆国マサチューセッツ州に本拠を有するアヴェディス・ジルジャン社 (Avedis Zildjian Company) によって製造されている。同社は現在も世界最大規模のシンバルとドラムスティックのメーカーである。(ウィキペディアより)


シンバル社の説明では…Ringo Starrとのコラボ・スティックは5A type、hickory wood(ヒッコリーの木)、細長い楕円形の先端、そして鮮やかな紫色、ディップ®コーティングで非常に汎用性の高いスティック。勿論、スティックはアーティストの署名とトレードマークが刻印されています。

シンバル社 リンゴ・スターモデル・ドラムスティック

適度な弾力性と剛性を併せ持つ北米産ヒッコリーの木で、高精度の研磨と丹念なコーティングで仕上げたのがZildjianドラムスティックです。(Amazonより)

販売されているタイプではなく、リンゴ・オリジナルで、しかもコンサートで使用したドラム・スティックですので来日記念品としては博物館級です!

ポールCAP様、ドラム・スティック、大切にして下さいね!
そして、コメントと掲載許可、ありがとうございました!


追伸
この続きの話が…

Ringo Starrのドラム・スティックにPhotographで事実判明!平成最後の「ゆめ参加」は協力の絆!

驚きの事実が…

2

Ringo Starr公演とスティーヴ・ルカサーの小さなピック

Ringo Starr公演とスティーヴ・ルカサーの小さなピック

昨日はドラムスティックに関連しての事を掲載しましたが、ファンの方が喜んだのは、ドラムスティックだけではありません。
NA NA NAんと!Ringo Starrからタオルを貰われたファンの方がおられます。ブラック・タオルです。
で…本来なら、ここで画像を掲載するのですが、実は「黒」のタオルですので、よく分かりません(笑)…会場も暗いので見えないのです。黒のタオルですので、想像して下さいね。


今回、もう1つ、思わぬプレゼントがありました。それは、こちらです。

リンゴスター公演 ドラムスティック2019/1

ん!?これは昨日掲載したドラムスティックでは…って声が聞こえますが、スティックの方でなく、その下に写っている「ピック」の方です。

片面には「LUKE」

LUKE ピック

もう片面には「TOXIC MONKEYS」

TOXIC MONKEYS ピック


Steve Lukather(スティーヴ・ルカサー、ギター、ヴォーカル/TOTO)のピックです。
彼の現在のメイン・ギターは、ミュージックマンから出ている自身のシグネイチャーモデル"Luke"です。そしてギターのピックはオリジナル・マンドリンタイプのとても小さいものを好んで使います。『ヤングギター』誌でピックの特集がなされた際、掲載されたギタリストの中では最小のピックを使っていました。
彼は、そのピックだけでソロやリズム、カッティングまですべてを弾きこなすという。自身のサイトの解説によれば、15〜16歳の頃からずっとこのピックを使っています。(ウィキペディアより)


写真では分かり難いのですが、このピック、小さいです。
「LUKE」は、スティーヴの愛称ですね。
「TOXIC MONKEYS」とは、Steve Lukather とBill Evans (ジャズ・サックス奏者)のユニット(プロジェクト)名が"Toxic Monkey"です。


Toxic Monkey


実は私も、このピック頂きました…と言うよりは拾いました(笑)。
公演終了後、機材片付け中に、スタッフがステージに落ちているピックを観客席に掘り投げるのです。知っている方はステージ前に集まって、投げられたピックを必死になって掴み取っていました。私と言えば…その人達の後ろで待機していたのですが、ふと下を見ると、床に落ちているのではないか!小さいので見えなかったのでしょうね。有り難く拾い上げました。Thank you!


公演の楽しさだけでなく、あとの思い出になる物もGet出来て、嬉しさ倍増です。
ドラムスティック型箸、ピック、そして、NA Dreamersからの多くの写真で癒やされています。


来年も来て下さいね!Sir Ringo Starr!

10

Ringo Starrとドラムスティック型箸とグレッグのドラムスティック

Ringo Starrとドラムスティック型箸とグレッグのドラムスティック

3月27日から4月11日まで長丁場のリンゴ・スター来日公演が行われ、多くのファンの方が参加されましたね。その楽しい公演が終わってしまうと…寂しさだけ…リンゴ・ロスが残るだけ…いえいえ、公演会場で購入したグッズがあるではありませんか!何を買われましたか?Tシャツ?パンフ?聖杯(グラスマグ)?マフラータオル?エッ!?これら全て購入した…!恐れ入ります…私は、今回は1つだけ購入しました。こちらです。

「ドラムスティック型箸」1,500円

「ドラムスティック型箸」1,500円 リンゴ・スター2019-1

「ドラムスティック型箸」1,500円 リンゴ・スター2019-2

前回のリンゴ飴と同様に、洒落っ気があって、お値段が手頃なグッズに人気が集まります。この箸、どの公演の時も売り切れ続出で購入出来なかった方がおられると思います。
エッ!?2セット!はっ?3セット購入した!?まさかご家族での食事に使用するの…(そんなわけないか…)


その「箸」ですが、その辺の割り箸と違います!石川県輪島の「助八の輪島箸」なんですよ!

箸屋助八

由緒正しいお箸ですので、有り難くご使用しましょう…って…これでご飯を食べられる方、いるかな…(笑)。記念に飾られる方が多いでしょうけれども、どうせなら、本物のドラムスティックを飾りたいですよね。実は。そんな幸運な方がおられます。


リンゴスター公演 ドラムスティック2019/2

リンゴスター公演 ドラムスティック2019/1

NA NA NAんと!リンゴ・スター来日公演で使用された本物のドラムスティックではないか!

東京公演4月7日の時に、公演終了の最後にバンドマンが並びます。

リンゴスターバンド

その時に投げられたのです!スティックが!!
(上記画像は、その時の画像ではありません。)
投げて貰えた方は、当ブログでもご紹介した事がある「スパンコールのあの娘」さんです。おめでとうございます。
画像提供はテツコさんです。ありがとうございます。


スティックの持ち主は、Gregg Bissonette(グレッグ・ビソネット:ドラムス/元デイヴ・リー・ロス・バンド)です。

グレッグ ドラムスティック

グレッグは、アメリカ合衆国のドラマー(セッション・スタジオミュージシャン)なのですが、アメリカのハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのカリスマ的ヴォーカリストだったデイヴィッド・リー・ロスが1985年バンドを脱退し、翌1986年にソロ活動を始めた際、そのバンドのドラマーであったそうです。
ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において52位。(ウィキペディアより)


で…このスティック「VIC FIRTH」について、詳しくなかったので、NA Dreamersの皆さんからの話を掲載します。

「VIC FIRTH」はアメリカのブランドでドラムスティック・シェア1位!グリップ感、コンピュータペアリング、スイートスポットの広さがポイントになっています。
エッ!?同じスティックが欲しい!?こちらで購入出来るようですね。


Vic Firth SGB2 Gregg Bissonette Backbeat シグネチャー ドラムスティック (並行輸入)
Amazonで4,251円です。


Vic Firth SGB2 Gregg Bissonette Backbeat シグネチャー ドラムスティック

と言うことは、このスティックはグレッグ・ビソネット・モデルって事ですね。素晴らしい!
これで貴殿もAll Starr Bandかな(笑)。


リンゴ・スター・ロスをカバーする話題…明日も続きます。

2

Ringo Starr、Thank you!、ホテルの出待ち&オリックス劇場公演入待ち出待ち

Ringo Starr、Thank you!、ホテルの出待ち&オリックス劇場公演入待ち出待ち

今日はリンゴ・スター来日公演の最終日です。会場はオリックス劇場。
前回もこの会場でコンサートを行っていますが、当然、今日の公演も楽しかったでしょうね。


大阪での公演ですので、勿論、大阪でリンゴは宿泊しているのですが、会場から近いホテルに宿泊しているようですね。
今日のホテルの出発は、16時20分!
リンゴご機嫌良く、車の窓を開けて、出待ちのファンの方にPEACEサインをしています。


リンゴ・スター 2019 ホテルを出発 PEACE


そして、オリックス劇場に到着したのは、16時25分!早~い!
ところが、会場入の時には車の窓を開けてくれませんでした…


Ringo Starr2019・オリックス劇場入待ち1

Ringo Starr2019・オリックス劇場入待ち2

Ringo Starr2019・オリックス劇場入待ち3

見えないよ~リンゴ!と思いましたが、私が撮影したこれらの写真をよ~く見ると、薄っすらと見えるではないか!PEACEサインのリンゴが!

Ringo Starr2019 オリックス劇場入待ち リンゴかな?

ん…ビミョー…でも、リンゴのPEACEサインと思えば、そのように見えます(笑)。


で…つい先程、リンゴ・スター公演、終了しました。
9時12分頃、ホテルに向けて出発しました。
でも…帰りも同様に車の窓を開けられませんでした…残念…と思っていると、リンゴが写っている!?


Ringo Starr2019オリックス出待ち1

Ringo Starr2019オリックス出待ち2

わかさん、ご提供ありがとうございます。
ん…しかし、入待ち、出待ち共にビミョーですね(笑)。シルエットと想像力で、リンゴ・スターであると思って下さい。
会場での入待ち、出待ちは、このようにビミョーでしたが、ホテルからの出発時、出待ちの画像は鮮明ですね。


リンゴ・スター 大阪のホテルを出発2019

andyさん、お誕生日、おめでとうございます!ホテルからの出待ちでのリンゴ・スターとの出会い、良かったですね!
Birthday・ロゴ編集・tebichiさん、ありがとうございます。


楽しい楽しいリンゴ・スター公演は終了しましたが、我々には思い出が残ります。
明日もリンゴ・スター公演に関連しての事柄を掲載させて頂きます。


皆さん、大変お疲れ様でした!
PEACE&LOVE

このカテゴリーに該当する記事はありません。