FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

2014年・ポール・マッカートニー・日本公演中止と腸捻転とFreshen Upなパンツ

2014年・ポール・マッカートニー・日本公演中止と腸捻転とFreshen Upなパンツ

この2014年の日本ツアーは、ポール・マッカートニー来日ツアーの中でも特別注目された来日でした。
2013年の大盛況だった日本ツアーの翌年に再び来日公演!そして日本で初の野外公演の舞台が最後の国立競技場!更には1966年以来でポール単独では初の日本武道館公演と、話題騒然なツアーでした…あっ…長居競技場を忘れてはいけませんが…ん…微妙な立ち位置かな…(笑)


それが…まさかの中止…当時のブログで振り返ってみましょう…

ポール・マッカートニー武道館ライブのチケット!伝説は幻になってしまいました…

ポール・マッカートニー都内で入院!下痢と嘔吐の症状!手術の可能性も?腹膜炎か?

ポール・マッカートニーのチケットは全て払い戻し!ファンクラブ、キョードー大阪、UNIVERSAL MUSIC STORE

ポール、来日前の南米ツアーで腸の病気発症していた。やはり、災難な南米ツアーでしたね。


突然の中止は辛いですね…時間も金銭も気持ちも…それでも一番辛いのは、当時のポールの体調と心だと思います。
ところで、ポール・マッカートニーの病状で有名になった「腸捻転」って…



ポールマッカートニーを苦しめた腸捻転!~大腸の疾患 大腸内視鏡ブログ

腸捻転は、腸が捻じれて腸内容物の通過が停止してしまった状態(腸閉塞の一種)です。

腸捻転 ポール・マッカートニー

腸閉塞(イレウスと呼ばれます)にはいくつか分類があり、
① 機能的イレウス…腸管の運動障害で内容物が停滞しておこる
② 機械的イレウス…腸管の屈折やねじれ、腸壁の腫瘍(大腸ポリープ、大腸がん)などによって通過障害がおこる
の二種類に大別されます。


②の機械的イレウスは、更に単純性イレウスと複雑性イレウスにわかれます。(今回はイレウスの詳しい説明は省略します)
「腸捻転」はこのうち、②機械的イレウスの方に分類され、さらに複雑性イレウスに分類されます。
腸捻転の多くは腸への血流障害も伴うため「絞扼性(こうやくせい)イレウス」と呼ばれ、腸管の壊死という危険性もある怖い病気なのです。


主な原因は、腹部の手術後の癒着・S状結腸軸捻症・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)・高齢・便秘などです。
特に、高齢になると腸蠕動の働きの低下により便秘傾向となります。便が排出されずにS状結腸へ貯留すると腸に重みなどの負担がかる事により腸が捻じれてしまいます。


腹痛・嘔吐などの症状からご自身で判断するのは難しいですが、腸が捻じれて締め付けられるような激しい痛みが起こる方は腸捻転の疑いがあります。

腸捻転の多くは腸管の壊死という危険性がある怖い病気ですから、もしかしてと思ったら早めの治療(大体は緊急手術)が必要です。
ポールマッカートニーさんは翌年の2015年にはリベンジ公演を行うことができました。症状が出たらすぐに対応し、必要な治療をすることで予後も悪くないことがわかりますね。


(勝手ながら転記させて頂きました。ありがとうございます。)


早期発見・早期治療は大事なんですね。予防はどうしたら良いのかな…これを履けば大丈夫とか…
Freshen Up Boxers $20.00


Freshen Up Boxers $20.00

ボクサー・パンツがPaul McCartney.comで絶賛発売!
エッ!?Freshen Upが表!?説明では…


100% cotton black boxers featuring Paul McCartney logo on left leg and Freshen Up graphic on back.

ですので、Freshen Upが後ろ側になりますが、表の方がご利益がありそうですが…(笑)

尚、NAドリの会話は掲載出来ません…あしからず(笑)
UK様 PAN様、そして、NAドリの男性陣の方、楽しい会話!?ありがとうございます。

2

Paul McCartneyの「Newman」と「JAPAN」と「人形浄瑠璃・文楽」、ニューマンの印象に残る羽田空港デビュー

Paul McCartneyの「Newman」と「JAPAN」と「人形浄瑠璃・文楽」、ニューマンの印象に残る羽田空港デビュー

2014年のポール・マッカートニー、国立競技場公演中止の事をブログに掲載した所、NAドリのPAN様から、コメントを頂いたのですが、ふと…想い出した事がありました…それは…

Paul McCartneyの「Newman」と「JAPAN」と「人形浄瑠璃・文楽」、ニューマンの印象に残る羽田空港デビュー


ポール・マッカートニーが2013年に発売したアルバム「New」は、Liveを意識した活発な曲とタイトル曲のジョンとの想いを語っている「NEW」が含まれる素晴らしいアルバムです。そのアルバムから風変わりな曲がありました。その曲は「Appreciate」です。
この曲のミュージック・ビデオは、Andre Chocron(アンドレ・チョクロン)監督によって映像化されました。


Appreciate Paul-McCartney-with-Newma


このビデオの舞台は西暦3116年に設定されており、ポールは人間博物館の展示品として登場しています。その展示されているポールが動きだし、当直でパトロールをしていたNewmanという名前のロボットと共に、2人はホモサピエンスの 生活のさまざまなシーンを戯れ 、最終的にギターソロを演奏する事と言ったストーリーです。




ポールによると、「ある朝、大きなロボットの隣に立っている夢を見て、目が覚めたんだ。」
「初めはアルバムNEWのジャケットに使えるかもしれないと思ったけど、結局、そのアイデアはミュージックビデオにしたんだ。」


Newmanは、War Horseの精巧な操り人形の設計チーム、Significant Objectによって設計されました 。
Andre Chocron + Significant Object = Newman + Paul McCartney


Andre Chocron + Significant Object = Newman + Paul McCartney


ポール・マッカートニーは、ロンドンのマスター操り人形師であるMervyn MillarメルヴィンミラーとEd Dimblebyエドディンブルビーに、Oslo directorオスロディレクターの Andre Chocronアンドレチョクロンによる「Appreciat」のミュージック・ビデオでロボットの共演者であるNewmanを作成するよう依頼しました。

完成したNewman・Verの「Appreciat」は話題になりましたね。このビデオではNewmanは自動で動いているかのように見えていますが、この内容の通り、Newmanは「操り人形」であり、ビデオでは操作されている方はデジタル処理で消されています。

Paul McCartney with Newman


そのNewmanのお披露目が、日本ツアーと韓国公演である事がメディアで発表されていました。
そして、2014年5月17日、Out There Tourとしてポール・マッカートニーと共に、Newmanは東京の羽田空港に到着しました。
ニューマンを演じる操り人形師は、Mervyn Millarマービン・ミラー、Ross Greenロス・グリーン、 Ivan Thorleyイヴァン・トーリー、Henry Maynardヘンリー・メイナードでした。


ポール・マッカートニーとニューマン2014


Newmanを見た日本のファンの方は、「なんだ!」「あっ!ニューマンだ!」「あれ!人が動かしている…自動じゃないんだ…」「・・・」と様々なご感想をお持ちでしょうけれども、Newmanが生まれた背景を知っていたら、江戸時代から続く伝統芸能・日本の操り人形浄瑠璃芝居(人形浄瑠璃・文楽)などと結びつけて考えると感慨深い事だったかと思います。(ちょっと無理かな…笑)

このような輝かしい取り組みとデビューを飾ったNewmanですが…このアジア・ツアーが中止となった為に、公演ステージ登場する機会が失われ、その後、Newmanを見かけた方はおられません…探しています…Newman…会いたかったですね…Newman…

2014年 Paul McCartney 羽田空港に到着


ところで、ステージでNewmanが登場するタイミングって…いつだったのかな…アンコール時?それとも「Appreciat」を演奏?
そして、どうして、2014年に登場して、リベンジ公演の2015年の時には登場させなかったのかな…


もし、日本でNewmanが登場する事になった時は、文楽との共演かな!それともライオン・キング!?

12

国立競技場公演中止の日・ポール・マッカートニー~NAドリ・テツコの部屋へようこそ

国立競技場公演中止の日・ポール・マッカートニー~NAドリ・テツコの部屋へようこそ

あのワクワクしたポール・マッカートニー国立競技場公演についてです。
6年前にプレイバック!


国立競技場公演中止の日・ポール・マッカートニー~NAドリ・テツコの部屋へようこそ

ポールマッカートニー 18日 国立競技場公演 大丈夫?そして中止?

ポール・マッカートニー、5月18日19日の国立競技場の公演を延期を発表

ポール・マッカートニー日本再公演・17日18日国立競技場延期・中止の報道と噂話

Category:ポール・マッカートニーin JAPAN 2014

あ~やっぱりな~と言う感じでしたね。
体の事ですので攻める気もなく、ただポールの病状が良くなれば、それで良いかな~って感じでした。
放心状態でしたので、ブログの通り、早めに諦めてホテルに戻ったのですが、今から考えると、ひと目…ひと目…ポールに会いたかった…いや…無理ならば、国立競技場の中に入りたかった…などと思っていると、本日、その願いを叶えて頂ける事が出来ました!


2014年5月17日の国立競技場の中です。

国立競技場公演中止の日・ポール・マッカートニー、2014年5月17日

国立競技場公演中止の日・2014年5月17日、ポール・マッカートニー

うわ~!ポールのステージだ!!
NAドリのテツコさん、ご連絡・写真のご提供ありがとうございます。
この写真は、2014年5月17日18時10数分頃の国立競技場です。


エッ!?撮影は…国立競技場の中から?
いえいえ、隙間から撮影されたそうですが、知らなかった…そんな隙間があったとは…
ん!?ちょっと待って…18時って…私が公演延期(中止)を知ったのは16時時頃なのですが、シートはいつ被せたのかな…延期と決まった時なんでしょうけれども…


でも…よ~く見るとステージ上だけでなく、ステージ下、周りも全ての機材がシートに覆われています。

2014年5月18日のブログを見ても、正式な中止発表が16時でした…つまり、17日も18日も何かスケジュールが決まっていて、16時がタイムリミット(?)だったのかな…
本来なら開場は15時30分、開演は17時30分でした。


恐らく延期・中止の正式発表を一番早く知ったファンの方は、VIPで国立競技場の中に居られたかたでしょうね。SLO VIP Ticket Services CEOのシェリー・レイザーさんからの発表は、15時30分前でした。

会場の大まかなマップ

国立競技場公演中止の日・ポール・マッカートニー MAP

S席のエリアが広~い!A席とB席の違いが分からないマップ…(笑)

国立競技場公演中止の日・ポール・マッカートニー 花束

まあ、残念な日々でしたが、今もポールが元気でまた公演を続けておられる事に感謝して、来たるべく時に来日して頂ける事を願っています。

追伸
あのステージのスクリーン、デッカイですね。どれくらいの高さと思いますか?
スクリーンの側にいた人から換算して、15メートル!(PAN様より)

ビル5階建て位ですね。巨大ポール、見たかったですね。(管理人より)

0

5月17日は嫌でも思い出す国立競技場公演延期→中止の日・ポール・マッカートニー

5月17日は嫌でも思い出す国立競技場公演延期→中止の日・ポール・マッカートニー

あの国立競技場公演が行われる予定であったのは、2014年5月17日でしたので、6年前です。久しぶりに当時のブログを読みました。

5月17日は嫌でも思い出す国立競技場公演延期→中止の日・ポール・マッカートニー

ポールマッカートニーの国立サウンドチェックを外で聞こう!

ポール・マッカートニー、ウイルス性炎症でI'm Down!17日の国立は中止。19日に振替。OUT THERE 2014は災難続き!?

ポール、回復を願っています。5月17日、回顧録

Category:ポール・マッカートニーin JAPAN 2014

会場で慣れないタブレットを片手にブログを更新した事、暑かった事、ポールの入待ちの人の多さ…そして、ポール・マッカートニー日本では初のスタジアム公演の期待…様々な想いと状況がある中での「延期」(その後、中止)の発表…
日本でのスタジアム公演は今も実現しておりませんので、更に思いは募っています。


この時の謎は、既に来日時にポールの体調が良くなかったとの話があり、公演の前日16日にはドクターストップとされていたにも関わらず、17日の公演中止が開場時間を過ぎて発表した事です。しかも「延期・19日に振替」って…
この事は、1980年のポール大麻持ち込みが大量の219gであったのは何故か?と言う事に次ぐ疑問と思っています。(大袈裟かな・笑)


もし前日の16日に「延期」「19日に振替」なんて事を発表していたら、結局「中止」になったのでファンの方はパニック、主催社に超クレームとなっていたでしょうね。それを考えれば、17日の当日発表が、一番被害が少なかったかもしれませんね。(迷惑な事ですが)

この中止を予想されていたファンの方、どれ程おられたのかな…前日の16日のサウンドチェックにポールが国立に来なかった事で不穏な事を考えた方もおられたようですが…

2014年の事は、ポール・マッカートニー本人も、スタッフも周知の事ですので、やはり日本でのスタジアム公演を今後期待したいところです。勿論、リニューアルされた国立競技場で!
ところが、新型コロナウイルス・Covid-19の影響で、今年の公演は全て中止となった為に、来年の日程にも影響があるかもしれませんので、どうなるのか…


北米、EU、UK、南米、そして日本と…全世界からポールの公演を要望されているでしょうから、どのようなツアー日程をMPLが考えているのかな~
優先順位から考えれば、2021年は、今回キャンセルとなったEU、UKが優先で、US、日本はそのあとかな…ん!?南米は…って…ん…ん…表現し難いです…


Covid-19の影響で生活も仕事も経済も、そして娯楽も変革・対応しなくてはいけない状況にありますので、ポール・マッカートニーもVR・LiveとかリモートLiveとか新しい試みを発表があっても良いかもしれませんね。そして、ポジティブに活動的に進んで行って欲しいです。

Coming Up!

3

TBS・謝罪。ポール・マッカートニー2014年の公演中止に関してのふざけた報道。

TBS・謝罪。ポール・マッカートニー2014年の公演中止に関してのふざけた報道。

TBS「ニュースキャスター」が報道内容を謝罪 10日放送で「説明不足で誤解与えた」

TBS系のニュース番組「新・情報7DAYS ニュースキャスター」謝罪

TBS「ニュースキャスター」が報道内容を謝罪 10日放送で「説明不足で誤解与えた」


TBS系のニュース番組「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜後10・00)が公式サイトで10日放送の報道内容が「誤解を与えた」として謝罪した。

 サイトでは「11/10(土)放送『たけしの刮目ニュース』内で、『世界のドタキャン騒動』として、ポール・マッカートニーさんが2014年に来日した際、公演をキャンセルした理由について、『ウィルス性炎症』にかかったことをお伝えしたうえで、『ツイッター上に、六本木で飲み歩いているポールを見た、という目撃情報が相次いで投稿され、仮病が疑われた』と取り上げました」と放送内容を説明。

 続けて「番組としては、当時の週刊誌やツイッターに投稿された情報を元に、あくまでネット上での『噂』として取り上げたつもりでしたが、説明不足もあり、多くの視聴者の方に誤解を与える結果になってしまいましたことをお詫び申し上げます」と誤解を招いたとして謝罪した。



この番組、見ていました。余りにもふざけた内容だったので、輪をかけて下手な噂として残ると困るのでブログにも掲載しなかったのですが、TBSが正式に謝罪し、しかもYahooニュースのエンタメ欄にトップで扱われたので掲載しておきます。

ここまで至るまでに、多くの方がネットで不満を語り、TwitterやFacebookで謝罪を求める事を拡散された結果かと思います。それ程、アーティストやファンの気持を考えない内容に怒りを感じた方が多かった証拠です。

『噂』として取り上げたつもりでした…と言う謝罪内容にも不満です。
本来なら、事実と異なる内容を放送した事に関して謝罪するべきであり、事実でない「噂」がありながら安易に放送する態度に不満を感じます。

ビートたけしが読み上げる内容なら、許される内容との解釈は出来ない。

11月10日はポール来日公演が無事終了し、関係者やファンの方がホッと一息ついた所に、この内容でしたので更に反感を与えたのです。そんな事を放映する時間があるのなら、来日や公演についての報道をしてくれた方が良いのに、主催や後援をしていないとは言え、TV局が報道する内容ではありません。

また「誤解を与える結果」ではなく、事実無根の内容を放送した事、そして、アーティスト側、関係者に謝罪すべきである。


今後、あの番組は見ないようになるかな…

このカテゴリーに該当する記事はありません。