ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニー日本公演とサインボードPaul McCartney JAPAN TOUR&Signboard

ポール・マッカートニー日本公演とサインボードPaul McCartney JAPAN TOUR&Signboard

今回の日本公演について、ネットの書き込み、各自のブログ、そして、このブログへのコメントなどを拝見すると、皆さん、本当に公演を楽しまれた事が分かります。その楽しまれた内容だけでなく、マナーについての書き込みがある事も、今回の特徴かもしれませんね。
今日のブログは、サインボードSignboardについてです。


私が今回の公演に参加する際に、ぜひ、持って行きたいモノがありました。食べ物?デジカメ?レコーダ?いえいえ、それは、実はサインボードだったのです。
アイドル歌手のコンサートじゃあるまいし…と思いきや、海外のコンサートでは、ファンはサインボードを持って、出演者にアピールする事が当たり前!?なんです。
今回、座席がアリーナ!と確定した時点で、「サインボード」を作る事が初めの準備でした。
ところが…オジサンなんで、実はSignboardが何かが分かりませんので…


取り敢えず、画用紙、イエローのテープ、カラーマジック各種を購入し、結局、仕上げは娘にお願いしました。ありがとう。
完成したBoardは、こんな各種…


ポール・マッカートニー日本公演とサインボードPaul McCartney JAPAN TOUR&Signboard thankyou

ポール・マッカートニー日本公演とサインボードPaul McCartney JAPAN TOUR&Signboard all my loving


さて、今回の初披露は、2013年11月9日・関空!
その時のブログは、こちらから…


Paul McCartneyが関空にやって来た!YA!YA!YA!ポール・マッカートニーの2013年来日サイン!

Paulは、ボードを掲げる私の目の前を瞬間の内に通り過ぎましたが、こんな様子でした。1秒程、私、(本人も分からない位)小さく小さく映っています。見てくれたかな…よ~く見ると、サインボードが見えました!!



実は私のお隣に東京から来られた若い方が、自作のボード「Welcome back」を持って居られたのですが、デザイン「日の丸」に注目が集まり、周りの方、記者の方から写真やインタビューを受けられていましたね。そのボードがこれです。

signboard paul japan

この写真、Paul McCartneyの公式ホームページに載っているのですよ。素晴らしい!

Paul McCartney ホームページ


で!?肝心の公演、11月12日は、アリーナAセンター・前列でしたので、チャンスがあれば、Paulの視線に入らないか…場内を写しているカメラに写らないかと伺っていると、チャンス到来!
やはり、この曲です。「Hey Jude」


hey jude paul signboard

恒例の大合唱の時に、ボードを…遠慮がちに掲げました。なんと…2度程、場内カメラに映りました!!大スクリーンに、この娘自作の「Hey Jude」ボードが!一瞬ですが…その時の撮影は出来ませんでしたので証拠が残らないのが残念…でも、証言者はいましたので、間違いありません!

でも、このサインボードも日本では苦情の対象になっていますので、実は首辺りまでしか掲げませんでしたね。前列の方は、思いっきり上に掲げて、ハッキリと上映されていましたけども、さすが、後席の方に注意されていました。
個人的には、アリーナにいる方は、Paulへのマナー!?として、ヘイ・ジュードは大合唱がお決まりのように、「ある瞬間」を決めて、皆さん全員で一斉にサインボードを掲げましょう!Paulが我々のサインを見て貰う絶好のチャンスなんですから!と言っても、日本では浸透しない様子なので、次回もあれば、遠慮がちに掲げます…アリーナなら、サイトリウムよりも、サインボードですよ。


今回は、何かと楽しみとマナーが必要な公演だと思いましたね。
娘にお礼の「拍手」を、お願い致します。

3

ポールマッカートニーの日本公演はカメラ撮影OKは公認だったのか?!

今日も優雅?に大阪城を眺めながらの更新です。
さて、今日の話題は、またしても、ポールマッカートニーについての話題ですが、コンサート中のカメラ撮影は公認だったのか?について言及したいと思います。

私は追加公演となった大阪初日公演11月11日を見に行ったのですが、会場に入る時に当然、お決まりの録音機器の持ち込み検査がありました。でも多くの方が会場外で記念撮影をしている方が沢山おられますので、そのまま持ち込みをされると思いますが、会場内では撮影しないと言うのがモラルでした。

さて、今回、私の席はアリーナ!せっかくなので最前列からの眺めを見ようと行った所、皆さん、思い思いの機器で撮影しているじゃないですか!これにはビックリ!私も記念撮影をさせて頂きました。

そして、待つこと30分、いよいよ公演開始!ン?!なんと、ファンの方、iPhoneやタブレット、デジカメで撮影されているではないか!これまたビックリ!で、私も参加させて頂きました。以前から、ポールの公式ホームページから気に入った写真を送って欲しいとの呼び掛け(勿論、英語)をしていましたので、もしかして撮影OKと思っていましたが、本当にOKとは!

ここからが騒動の始まりです。どうやら、大阪ー京セラドームではフリー、つまりデジカメでも黙認されていました。これはこれで、ファンの方が楽しむ1つの手段だと思う。お客さんによっては、やや迷惑な事だと言われていましたが、大阪に参戦された方は大いに楽しめたでしょうね。個人的にはiPhoneのようなタブレットの方が液晶が明るくて迷惑では?と思う感じですが、どうなんでしょうね。
勿論、フラッシュ禁止でした。
ところがデジタルカメラ撮影禁止を徹底出来ない事を、キョードー側は予想していなかったのだろうか?

初日の事はネットで既に当日拡散されていましたので、12日の京セラドームに行かれた方は当然、撮影OKとの認識だったでしょうね。何の問題もなく公演は終了。

そして、福岡ヤフオクドーム!
場内に入ると、何だか体格のデカイ警備員が多いのにビックリ!しかも、デジカメ撮影不可を執拗に連呼!恐らく、大阪の時に何か問題提議する事がキョードー側であったかな?

デジカメ撮影禁止を呼び掛けるのは良いとして、実は困ったのは、警備員の体格がでかくて、しかもエリア内をウロウロするのです!これは撮影監視よりも鬱陶しかったですね。本当に!
しかも、ロックコンサートですから、アリーナ席から少しははみ出して見る事になるのにも関わらず、その狭い通路をかぎ分けて、歩いて警備するのです。これは良くない警備方法ですよキョードーさん。
ケネディさんが福岡に来ている訳でもないに・・・
大袈裟ですが、ビートルズの武道館公演か?!と思いましたね。

どうやら、この警備体制の事で、大阪と福岡で対応が異なるとの事が騒動になり、18日にキョードーが準備したポールマッカートニーのホームページに公式の見解をアップした事になったようです。

そのため、東京ドームでは、会場入口からアリーナにたどり着くまで、3度の確認ゲートがありましたが、既に噂は広がっていましたので、デジカメ撮影をされている方は少なかったようですね。

でも、iPhone等ソーシャルメディア機器はOK で、後から画像を楽しむデジカメがOUT と言うのも中途半端ですね。海外では既にデジカメ撮影OK ですから、マナーさえ守れば、OK にしても良いと思いますよ。

撮影したからと言って、物品、特にパンフレットの販売に影響があったわけでもないようです。パンフレットは毎回売り切れ続出で大反響!実際、3000円で購入する価値があるとの評判でした。3Dパンフレットなんてユニークですよね。私まだ見ていませんが...

まあ、適切なマナーと購買意欲を掻き立てる物品があれば、日本で撮影OKと言うのも普通になってほしいですね。でも、サインボードのマナーの方が大切だと思うのは私だけかな。

個人的には当日参加した音源の有料ダウンロードを望みたいですね。これは、スゴい反響があると思いますよ!!既に、EURO では行われていますし、あの元ダイアーストレイツのリーダーのマーク.ノップラー氏のコンサートでは、ダウンロードとメモリーと2タイプをネットで正規に販売されている時代です。
日本は、ちょっと遅いかな~

撮影については問題提議がありましたが、それでも嬉しいポールの日本公演でした!

0

Paul McCartney JAPAN OUT THERE TOUR 11月21日最終日 Yesterdayと5万人のサイリウム!

Paul McCartney JAPAN OUT THERE TOUR 11月21日最終日 Yesterdayと5万人のサイリウム!

Paul McCartney JAPAN OUT THERE TOUR 11月21日最終日 Yesterdayと5万人のサイリウム

いよいよ、Paul McCartney、2013年日本公演 OUT THERE TOURの最終日です。

今回のJAPAN TOUR 本当に楽しかったです。
今、21日の公演に合わせて、11月11日・大阪初日(追加)公演の音源を聞いています…
NA!NA!NA!Hey Jude!
このブログが書き終わる頃に、THE ENDかな…


日本公演が正式発表された7月16日から、今日まで思う存分、楽しみました!
色々ありましたね…大阪公演場所の発表を遅らせた事、そして、まさかの追加公演が大阪初日とは想定外でした。
その間のチケット予約の当落、ぴあ・キョードーの数回に渡る販売方法。
そして、あの公式チケット発売からVIP席の発売。そのオチは、CrowdSurgeからのチケット未着とはね…お陰で、このブログも大いに盛り上がりました。皆様、ブログの検索、コメント記入、ありがとうございました!


Specialな事と言えば、なんと言っても、新しいアルバム「NEW」の発表!
そして、いよいよ!Paul McCartneyの来日!
関空への到着の盛り上がり!新聞の一面目を飾りましたからね。
私も初めて、「出待ち」なんて事を挑戦し、間近(1メール!)でポールを見る事が出来ました。


そして、大阪公演・初日!
最高!Excite!Happy!Paul!こんな元気ハツラツな71歳とは!スバラシイ!
声も出ている。歌も演奏も抜群。京セラドームの音質の良さも見直しましたね。
そして、個人的に嬉しかったのは、意外や意外、撮影OK!


大阪公演・2日目!
生涯忘れる事が出来ないサウンドチェックと本公演の良席(A8・センターブロック前列)!
連日公演で心配されたポールの声ですが、全く問題なし!最高のPerformance!
尚、待ち時間でお話させて頂いたPenny Laneさんと、女性の方にも感謝します。


初めての福岡・ヤフオクドーム!
前日、大相撲を見たポールが気に入ったのか、「四股を踏む」ポーズをするなど、ウケましたね。これまた、素晴らしい公演!音響もなかなかGOOD!
相撲が気に入ったのか、なんと、21日に懸賞金を出しましたね。


ポール 相撲の懸賞金 NEW

個人的には、博多の屋台バー「えびちゃん」で、ポール公演を見られた人のみが偶然、集まったお客さん達!夜中の1時だと言うのに楽しかったですね。

そして、東京公演!
19日に参加。JET!がサプライズ!!


いよいよ、21日が最終公演
観客からのサプライズは、これ!
Yesterdayの時に、会場全体で光り輝く5万人のサイリウム!

会場からアップされた方の写真を拝借

Paul McCartney JAPAN OUT THERE TOUR 11月21日最終日 Yesterdayと5万人のサイリウム!

Paul McCartney Yesterday JAPAN


そして、THE ENDです。

Thank You PAUL!

See You Again!

3

ポール・マッカートニー 東京ドーム公演 11月19日 速報

ポール・マッカートニー 東京ドーム公演 11月19日 速報

ポール・マッカートニー 東京ドーム公演 11月19日 速報 1

ポール・マッカートニー 東京ドーム公演 11月19日 速報2

ポール・マッカートニー 東京ドーム公演 11月19日 速報3

ポール・マッカートニー 東京ドーム公演 11月19日 速報4

何度、聞いても「(ポール風に)スバラシイ!」
何度も聞いている歌もあるのに…
曲によっては、何百回聞いている歌もあるのに…
いや、1,000回を超えている歌もあるかも…
どうして、ライブで聞くと、また、心地よく、感激しながら聞けるのか…
想いにふけるひとときを過ごすことが出来て、幸せです。
私の公演は、これでラストです。

Thank You Paul !

0

Paul McCartney 日本公演 CrowdSurge、チケット届かない?届いた?未着騒動、WillCallの入場方法

Paul McCartney 日本公演 CrowdSurge、チケット届かない?届いた?未着騒動、WillCallの入場方法

Paul McCartney 日本公演 CrowdSurge、チケット届かない?届いた?未着騒動、WillCallの入場方法

ポール・マッカートニーの日本公演が、11日・12日の大阪、15日の福岡と終了し、見に行かれた方は皆さん、満喫されたと思います。私もその一人です。
ポールの71歳とは思えない歌声とExciteかつhappyな演出は、本当に素晴らしいです。
この公演の詳細については、今後、ボチボチと回顧録として更新するつもりですが、まだ、公演中ですので、これは後程…として、ポールの事を更新してから、急激にコメントが増えたのですが、未だに多いのが、CrowdSurgeのチケット未着についてです。


かなりの方の手元に、チケットが届いている状況かと思いきや、「まだ、届いていない!」「どうすればイイの?」との質問を頂いていますので、ちょっと、ここでまとめさせて頂きます。

先ずは、結論から。
CrowdSurgeからチケットを購入した際に、メールで届いた書面を印刷して持参。
例「Paul McCartney ORDER ID: 20130913114○○○-○○○-○○○○-1 Payment Received」とか、「Paul McCartney ORDER ID: 20130913115○○○-○○○-818○○○ Payment Received」の題名のメールです。上の画像を参照して下さい。
名前と住所が記載されている事が重要です。
運転免許証(なければ、本人承認が出来るパスポートなど)の持参
最低の2つがあれば、問題ないと思います。


私は、念の為、CrowdSurgeとのやり取りも印刷して持参しました。詳細は、過去のブログを読み物程度でご覧になって下さい。
また、CrowdSurgeやキョードーからのメールがあれば、印刷・持参もイイかもしれませんが、そこまで厳密ではありませんが…


さて、当日、会場に行って、ドームの入場入口の係の方に、「CrowdSurgeのチケット引き換えはどこ?」と尋ねれば、教えて貰えると思います。中には、アルバイトの男の子もいますので、連絡不徹底と言う事もあり得ます。
尚、大阪は10ゲート、福岡は3ゲートでした。これも当日ドームに行ってから確認しました。


実は、大変なのが、そのゲートに辿り着くのが、大変なのです…何が?と言うと、CrowdSurgeのチケット引き換え場所がメインの入口とは離れたゲートなんです!つまり、遠い…しかも、当然、ドーム周辺は人が多いので辿り着くのに時間が掛かる…でも、辿りつけば、簡単敏速です!

大阪編・京セラドーム
10ゲートの前に到着。並んでいる人、ほとんど居ません…係の人がおり、「ここ?」と聞くと、書面と運転免許を確認してから、「どうぞ、左側の○番でチケットを受け取って下さい。」とドームの中に入れて貰えて、受付へ。
受付は、アルファベット別に、机がいくつも並べてあり、その番号・アルファベットに行って、また、書面と運転免許証を見せると、係の若い女性(アルバイトだね)が、「このチケットです。」と言われて、受け取りました。また、お詫びとして、なんとTシャツ(ファースクエア・Tシャツ)をプレゼント!
「ありがとう!」と言って受け取ったのは、良かったのですが、WillCallが初めての経験でしたので、慌てて受け取ったのですが、帰宅後、確認するとサイズがM!USサイズとは言え、Mではね…子供へのプレゼントにします。Tシャツについては、また後日。


素晴らしいのは、ここからです!なんと、チケットを受け取ると、そのままドーム内の会場に入場出来た事です。
外は入場するのに、何万人の大勢の列!その列に並ばずに入場出来た事は、CrowdSurgeの良点でしたね!!
「(ポール風に)スバラシイ!」
一旦、入場せずに外出されてから、入場するのも良いですけれど、あの列に並びたくないですね…受付ゲートから入場まで、なんと数分!!でした。


福岡編・ヤフオクドーム
平日の公演はファンも大変です…私の到着時間は公演直前。それでも、ドーム周辺は長蛇の列!人・人・人…
ヤフオクの引き換え場所が、貼り紙を見ると3ゲート。これが遠い!京セラ以上の人をかき分け到着しましたが、ドーム入場口で受付をしていました。しかも、外で…。


福岡では、アルファベットでなく、平仮名別の机の受付がありました。有難い事に、ここも並んでいる人はおらず…引き換えは、大阪と同様に書面と運転免許証だけでOK!
氏名と住所を、受付の女性の方が、購入者リストの書面と照合し、すぐにチケットを頂けました。ところが、福岡は、ドーム外でのチケット受け取りなので、まさか、あの長蛇の列に並ぶのか!?冗談じゃない!


受付の隣は、丁度、入場口…一般の方は、長蛇の列で並んでいるのですが、ここはド厚かましい関西人「ここから入場させて欲しい!」と言うと、一瞬戸惑った係の女性の方が、男性の整理係と相談されると、なんと柵を開けてくれて、即・入場!!
これも、「(ポール風に)サイコー!」


結局、受付に到着してから、数分で入場出来ました。何の問題もなし!
あっ!?Tシャツ?福岡はありませんでした。もう手元に5枚もありますので要りませんし…


CrowdSurgeのチケット引き換えについては、東京の場合は、どうなるのか分かりませんが、何の心配も要らないはずです。
尚、チケット未着について、キョードーから何度も自宅に電話があったようですが、心配ご無用です。

如何ですか…これでお分かりになりましたでしょうか。NANAさん。

ポール・マッカートニー 日本公演 11月11日 京セラドーム 速報

ポール・マッカートニー 大阪公演 11月12日 速報

ポール・マッカートニー 福岡公演 11月15日 速報

こちらの方もご覧になって下さい。

このカテゴリーに該当する記事はありません。