FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

サウンドチェック時の即興演奏で生まれた未発表曲をまとめたアルバムをポール・マッカートニーが計画中? 「ちょっとした掘り出し物だね」(It’s a little treasure trove!)

サウンドチェック時の即興演奏で生まれた未発表曲をまとめたアルバムをポール・マッカートニーが計画中? 「ちょっとした掘り出し物だね」(It’s a little treasure trove!)

前回、ポール・マッカートニーがアルバムを構想中だとの事をブログに掲載しました。

ポール・マッカートニーがサウンドチェック・アルバムを構想中!?

ポール・マッカートニー、未公開音源を集めたアルバムをリリースする可能性を示唆、Because they are from all around the world!

しかし、これらの記事からは公演前のサウンドチェックの音源の事なのか?それともスタジオでのアウトテイクスの事なのか?英文では前者のみ、日本語翻訳では後者色が強い内容であったので、イマイチ納得していなかったのですが、rockinon.comにはこのような内容で掲載されています。


サウンドチェック時の即興演奏で生まれた未発表曲をまとめたアルバムをポール・マッカートニーが計画中? 「ちょっとした掘り出し物だね」(It’s a little treasure trove!)

「Freshen Up Tour」の北米公演を終えたポール・マッカートニーが、ライブのサウンドチェック時に即興で生まれた楽曲をまとめたアルバムの制作を考えていることがわかった。

その即興で収録した音源は本当に素晴らしくて、時々そこからピックアップして曲を作ることもある。そのうちの一つを、『エジプト・ステーション』用に選んだんだが、完成させられなかった。サウンドチェック中のジャムから生まれたリフを使って曲を作ってたんだ。「あの短いリフは良かったよな!」って感じでね。

また、ポールはその即興で生まれた曲をまとめたアルバムを制作したいとコメントしていたとのことだ。

それは即興だから、その場で消えてしまう……。だが、ありがたいことに最近はなんでも録音できるから、その音源も録れていたんだよ。それがサウンド・デスクに録音されていて、スタッフが「なかなかイイぞ!」とかメモを残してる。時には警備スタッフのマイクが、「この前演奏してた曲を覚えてますか? あれは即興だったんですか?」って聞いてきて、「そうだよ」って答えたら「すごい!」ってビックリされたりね。

なかには本当に良い即興があるから、ちゃんとした曲になるかもって勘違いしてしまう可能性もあるけど、曲にできたら嬉しいね。ちょっとした掘り出し物だね。いつか、そういった即興で生まれた曲をアルバムか何かでまとめなくちゃな。世界中で生まれた音源だからね!

ポール・マッカートニー、サウンドチェック時の即興演奏で生まれた未発表曲をまとめたアルバムを計画中? 「ちょっとした掘り出し物だね」~rockinon.com


ん!?この翻訳から読み取ると…公演前のサウンドチェックで生まれた即興演奏をまとめる内容と読み取れます。
然しながら、このインタビューの元となっているPaul McCartney.comの掲載内容を見ても、studio recordingsともスタジオのouttakesとも言っていません。この記事の内容がポールのHPをそのまま翻訳していますので、この内容が正確です。ガッテン!ガッテン!


Paul McCartney.comで登場する、sometimes one of our security guys, Mike will say,となっており、Mikeとの会話が掲載されていますが…警備スタッフ!?
いいな~私も雇って貰えないかな…日本に来られた時に。でも…力技ありませんが…(笑)


今日は後ほど、MJ KIMさんからの発表を掲載します。

4

Paul McCartney Live Albums・「Wings Over America」、「Choba B CCCP」、「Paul Is Live」、「Amoeba Gig」

Paul McCartney Live Albums・「Wings Over America」、「Choba B CCCP」、「Paul Is Live」、「Amoeba Gig」

Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」

本日、発売されましたね。ポール・マッカートニー、再リリース・4枚のライヴ・アルバム
「Wings Over America」、「Choba B CCCP」、「Paul Is Live」、「Amoeba Gig」
早速、聞くことにしました…さて、どのアルバムから聞こうかな…やっぱりこれかな…21曲で再リリースと言うよりは再新リリースされた「Amoeba Gig」


Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」1


Drive My Carが始まった途端、分かりました!音がソフトでクリアーで聞きやすい。ライヴって、こんなに優しい音だったかな…と思うほどです。通常ライヴの音源って観客の声援が極力抑えられているのですが、結構、このアルバムはリアルに入っています。なかなか聴き応えのあるリマスターになっています。

Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」2


アーカイヴ・シリーズでなく、ライヴ・シリーズとして4枚同時発売には驚きましたが、どうして、この4枚だったのか…「TRIPPING THE LIVE FANTASTIC」、「UNPLUGGED (The Official Bootleg))」、「Back In The U.S.」「グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ〜ベスト・ヒッツ・ライヴ」はどこに行ったの!?どうして、アーカイヴ発売した「Wings Over America」なの?って声も聞こえますが、まあ良いじゃないですか!

Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」3


いつもチェックしているAmazon US・ランキングではどうなっているのか…
1位は…ん!?「The Platinum Collection: Greatest Hits I, II & III」Queenでした。
17位 Amoeba Gig(CD)
19位Yesterday Soundtrack
28位 Abbey Road ・LP (12" album, 33 rpm), Remastered
60位 Paul Is Live
70位 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 2017 Stereo Mix LP (12" album, 33 rpm)
92位 Choba B CCCP


Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」4


NA NA なんと!今回の再新リリースが3枚チャートイン!ビートルズ、サントラ盤(!?)を合わせて6枚がチャートインとは素晴らしい!Queenが5枚もチャートインしているのも驚きですが…

Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」5


ここで、ちょっと気になるニュースが…

ポール・マッカートニーのライヴ・アルバム『Amoeba Gig』 当日の舞台裏映像が一部公開



ん!?このニュースで、ライヴ・アルバム「Amoeba Gig」発売にあわせて、当日の舞台裏映像の一部が公開されていますが、よ~く読むとNA NA なんと!フル映像は今週末に公開予定!
これは期待してしまいますね!なんのフル映像!?Hey Judeのフル映像って事!?


Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」6


これは当分、ポールのライヴ音源に酔いしれてしまいますね。おっと!Amoeba Gigが終了しました…予想以上に良かったですね。音源・リマスター良いです!なんだか…幸せな気分です…
ベスト・ソングは…I'll Follow The Sun 、I've Got A Feeling 、Matchbox…いや、あれもこれも…(笑)


Paul McCartney Live Albums・「Amoeba Gig」7


さて…次はどれを聞こうかな(喜)!

Amoeba GigのCDについて、tebichiさんから嬉しいお知らせが…
Vinylは、2枚組なので、このようにスリーブは当然2枚です。

Amoeba Gig Vinyl

そうしますと、CDは1枚ですので、当然スリーブも1枚と思いきや…

Amoeba Gig CD

あれ!?2枚!Vinylに合わせて、CDも2枚にしてくれたのですね。ポール側の計らいですね。
エッ!?DISCも2枚って…?それはないですよ…1CDです(笑)

2

届きました?聴きました?楽しめました?Egypt Station・Paul McCartney

届きました?聴きました?楽しめました?Egypt Station・Paul McCartney

今日発売になりましたPaul McCartney、ニューアルバム「Egypt Station」
私もUNIVERSALに予約していました。勿論、告知ポスター目当てで…そして、先程、自宅に帰って来て…CDは…どこにある…あそこか?ここか?と探していると、何やら紙切れが1枚…
その紙は…SAGAWA「再配達受付連絡先」


ゲッ!?しまった!晩に配達にしていたのに、自宅に誰もいなかった!がっくり…
音楽だけなら、Spotifyで聴く事が出来るのですが、折角、CDを購入したのだから、今回はCDで聴きたい!
と…言うことで、本来は「Egypt Station祭」の予定でしたが延期と言う事で、代わりと言ってはなんですが、素晴らしい画像が届きましたので、その画像をご紹介します。


朝日新聞 Paul McCartney 日本公演 20180907

朝日新聞 Paul McCartney EgyptStation 20180907


ついに正式のプロモーション広告が関西に登場!広告一面は派手でイイですね。その広告をよ~く見ると…
「今回は東京&名古屋公演のみ!」
ん!?これまでの表現は「東京・名古屋以外での公演はありません。」でしたが、今回は、「飲み!」ではなくて…「のみ!」なのです。否定表現から肯定表現に変わっています。これは、東京と名古屋の3公演だけ!と言うことか!?
もし、そうだとすれば、ポール・マッカートニー日本公演のラストが名古屋!?っと言う可能性があります。こりゃ~必ず行かねば!!
アイウィル樣 ありがとうございます。


そして、こちらの画像です。
タイトル : Paul McCartney records at Henson
撮影日 : 2018年4月18日13時30分49秒


Paul McCartney records at henson 2018/4/18

ここで目を引くのが「絨毯」です。スイマセン…楽器は私、見ても分かりません…この絨毯、ポール持ち込みだと思うのですが、もしかして、ペルシャ絨毯!?めちゃくちゃ綺麗です!素晴らしい!
でも、どうして楽器の上に絨毯があるの?
しかし、ピアノ、キーボード…沢山あるな…レコーディングするのに、これだけ同じような(あっ!失礼!)キーボードが必要なんだ…わかりませんね…



こちらも、同じ場所での撮影です。
2018年4月18日 17時55分55秒


Paul McCartney records at henson 20180418

ポールの奥にあるのも絨毯かな?Egyptの雰囲気を出す為かな。


さて、さて、どんどん紹介して行きましょう!
撮影は、2018年7月4日 16時25分4秒


Paul McCartney Acoustic Blue T-shirt

この場所は…ロンドンのご自宅ですね。ライカSLで撮影。

Paul McCartney Acoustic Blue T-shirt Map


ん!?こちらも、2018年7月4日 16時44分37秒

Paul McCartney MOJO 2018-1

上の写真と同じ日時。しかも、この写真のポールの服装、見たことありますね。
こちらの方ですね。


9月7日(金)はPaul McCartney JAPAN TOURとEgyptStationで大宣伝!

ブログのタイトルと同じ日に掲載出来、その謎が解けた事は嬉しいです。

撮影は、2018年7月4日 16時44分37秒

Paul McCartney MOJO 2018-2

Paul McCartney MOJO 2018-3


そして、いよいよラスト画像
このモノクロ画像もイイですね。
タイトル : Paul McCartney One On One tour 2017
tampaでの撮影です。 2017年7月11日 10時4分37秒


Paul McCartney tampa 20170711

以上 tebichi樣、ご連絡、ありがとうございます。

この公演については、当ブログでは…

Pre Mon-Jul 10, Amalie Arena.Tampa, FL Paul McCartney 1on1

Mon-Jul 10, Amalie Arena.Tampa, FL Paul McCartney 1on1

Paul McCartney Tampa 07 10 2017 Get Back

あとで、このように振り返る事が出来るのが、このブログの良さかな…なんて思っています。
今回も、Paul McCartney Freshen Up JAPANが終わったあとに、皆さんのお便りを受け付けますので、ぜひ応募して下さい!


では!ポール・マッカートニー公演を夢見て、Goodnight!

P.S コメントを頂いておりますが、返信出来る状況では御座いませんので、お礼として省略させて頂きます。
ありがとうございます。

0

2016年のポール・マッカートニーの話題は…DVD「OUT THERE Tour」の発売期待

2016年のポール・マッカートニーの話題は…DVD「OUT THERE Tour」の発売期待

2016年のポール・マッカートニーの話題は…DVD「OUT THERE Tour」の発売期待

昨日は、「Flowers In The Dirt」について更新しましたが、今日は「発売の期待」を寄せる内容です。長きに渡るポール・マッカートニー・ツアーが昨年終了しましたが、このようなツアー後に発売されると期待しているのがライヴDVDです。

ライヴDVDは、「Good Evening New York City」(2009年)以来、発売されていません。その間、Paul McCartney.comでの配信、「NEW 2014ジャパン・ツアー・エディション」がありました。久しぶりにNEW Bonus DVD拝見しました。通常、公演映像は曲が映っていれば良く、インタビューや演奏以外の映像は不要だと思っていましたが、このインタビューやステージ外の映像があるBonusDVDは「面白い!」「楽しい!」映像満載でした。

ポールの公演を行かれた方はお分かりの通り、公演を毎回撮影しています。公演だけでなく、出待ち・入待ち、オフショット、ステージ前etcとカメラが追いかけていますので、膨大なフィルムがありますので、様々期待しています。

期待したいのは、キャンドル・スティック・パークでの演奏

1966年とCandlestick parkとTHE BEATLES

Paul McCartney closing out Candlestick Park 2014年8月14日

ポール・マッカートニー キャンドルスティック・パーク

キャンドルスティック・パーク ポール・マッカートニー

各会場のサウンド・チェック

ポール・マッカートニー サウンドチェック

日本滞在時のオフショット

ポール・マッカートニー相撲

韓国公演でのポール

ポール・マッカートニー韓国

ピンク・リボンのポール、バッタとポール、そして、カナダでの「夢の旅人」、OUT THEREで初披露された「Temporary Secretary」、野外会場の大花火、数多くの北米とEU、日本での演奏、武道館のTVとは異なるショット…などと言っているとキリがない。

そして、当ブログ?の為に、ポールの全公演でのステージ衣装紹介!あの膨大なステージ衣装の違いを全て網羅出来るような映像と解説が欲しいですね。毎回(一部重複)ジャケットの色が違いましたし、OUT THEREの前半と後半、季節によって、衣装が異なっていましたので見応えがあります…と言っても、興味があるのは当ブログだけかな?ステラさんのPRにもなりますので、あってもイイと思いますけども…

DVDは、「本公演のみのDISC」と「公演以外のショットDVD」を分けて欲しいですね。そして時系列で並べている内容だと、ポールと一緒に「OUT THERE」・夢参加している気分になれると思います。各国・都市でのポールを迎える様子などは楽しく観れそうです。
どうせなら、DVDだけでなくCDも、そして写真集も…DVDは通常Verから、Deluxe Ver、Super Deluxe Verなどと発売されても良いですよ。ついでにグッズ付きとか…シリアルナンバー入り限定品なら売切れ確実ですよ。


とにかく全公演(サウンド・チェック含む)内容が分かるようなリスト・画像も付録DVDで付けて貰えると、公演に行かれた方は思い起こすのに便利ですから、また行こう!と思うでしょう。
そして「ハイレゾ・ダウンロード」特典付き!


この企画、検討されませんか?見ていますか?聞こえていますか?ユニバーサルさん、MPLさん!

0

ポール・マッカートニーのアルバム「NEW」発売!話題は日本限定ボーナス・トラック「Struggle」

ポール・マッカートニーのアルバム「NEW」発売!話題は日本限定ボーナス・トラック「Struggle」

ポール・マッカートニーのアルバム「NEW」発売!話題は日本限定ボーナス・トラック「Struggle」

休日の今日は、またしても、ポール・マッカートニーの話題です。
いよいよ、彼のニューアルバム「NEW」が2013年10月14日に発売されます。
ワールドツアー・日本公演、バック・トゥ・ザ・ビートルズ・アルバム、6年ぶりのオリジナル・アルバムなど話題が豊富ですが、今回は、プロデューサーが多彩な事も話題です。


PAUL EPWORTH(ポール・エプワース)
ADEL(アデル)の大ヒット作「Rolling in the Deep」の共作・プロデューサーです。映画007「Skyfall」も同様です。


ETHAN JOHNS(イーサン・ジョンズ)
プロデューサー・グリン・ジョンズ(発売されなかったビートルズ・GET BACKで有名)の息子さんで、Kings Of Leonのプロデューサーでもあります。


GILES MARTIN(ジャイルズ・マーティン)
ビートルズの名プロデューサー・ジョージ・マーティンの息子さんです。これまで、ビートルズ「LOVE」も手がけています。


曲目は、下記の通りです。

PAUL McCARTNEY 『NEW』
1. Save Us (produced by PAUL EPWORTH)
2. Alligator (produced by MARK RONSON)
3. On My Way To Work (produced by GILES MARTIN)
4. Queenie Eye (produced by PAUL EPWORTH)
5. Early Days (produced by ETHAN JOHNS)
6. NEW (produced by MARK RONSON) 
7. Appreciate (produced by GILES MARTIN)
8. Everybody Out There (produced by GILES MARTIN)
9. Hosanna (produced by ETHAN JOHNS)
10. I Can Bet (produced by GILES MARTIN)
11. Looking At Her (produced by GILES MARTIN)
12. Road (produced by PAUL EPWORTH)


ここまでが、通常の曲目数ですが、デラックス仕様と言うのがありまして、それは、下記のような曲目になります。

Deluxe Edition
13. Turned Out (produced by ETHAN JOHNS with additional production by GILES MARTIN) ※ボーナス・トラック 米英
14. Get Me Out Of Here (produced by Giles Martin) ※ボーナストラック米英
15. Struggle (produced by GILES MARTIN) ※日本盤のみボーナス・トラック


15曲目は、日本盤のみの特典になりますが、日本での販売レーベル・Universal Musicが、ポールサイドに来日記念として、日本のファンの方に、何かサプライズをと言う提案で、実現したらしいです。まあ、粋な計らいと言う事でしょうね。
この特典の為に、海外のファンからは、日本盤を購入しようとする動きもあるようですが、何とかして、この曲を手に入れようする動きもあり、意外な所で、私も、この曲を聞く機会に巡り会えました。
この曲について、ネタバレになりますので、一言だけ…「ピアノ」とだけ言っておきます。


では、10月14日の発売をお楽しみに。
私は、ある事情で、Analog(アナログ)、つまり、レコードを購入する予定です。この事は、まだ後日…

このカテゴリーに該当する記事はありません。