FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

ポール・マッカートニーのお気に入りのビートルズ・ソングは…「Here、There and Everywhere」と「Yesterday」

ポール・マッカートニーのお気に入りのビートルズ・ソングは…「Here、There and Everywhere」と「Yesterday」

ポール・マッカートニーのお気に入りのビートルズ・ソングは…「Here、There and Everywhere」1

深夜に、このようなブログを掲載しました。

YesterdayとPaul McCartneyと日本、そして…

Yesterdayを取り上げたのですが、この曲はポール・マッカートニーにとって、どのような立ち位置なのだろうか…その事に関連したインタビューがありますので掲載します…が…直訳ですので、ちょっと文章やニュアンスが異なるかもしれませんが、ご了承下さい。


ポール・マッカートニーは、世界で最も才能のあるソングライターの1人であり、全世界で最も知られ、人気があり、愛される多くの音楽に携わってきました。ところで、ビートルズの広範なバックカタログの中で、どの曲が彼のお気に入りだろうか…
ポールは、通常彼のお気に入りの曲を選ぶことに非常に恥ずかしがり屋なのですが、CBSのインタビューで、その質問に答えてくれました。


アメリカのディスクジョッキーで、アメリカン Top 40スコット・ムニScott Muniと当時の新曲「We All Stand Together」について話していました。

ムニは、これまでと異なった質問をポール・マッカートニーに尋ねていました。
Maccaは最終的に1966年のアルバム「Revolver」の収録曲である「Here、There and Everywhere」に落ち着きました。
ポールは、多くのバックカタログからお気に入りの曲を選択することの難しさを明らかにしました。


「Well、お気に入りを選ぶのは難しい。それ(「Here、There and Everywhere」)は私のお気に入りの1つだね。」とマッカートニーは言いました。
「Yesterday」については、これ程、成功していなかったら、私のお気に入りになってしたかもしれないね。」


ポール・マッカートニーのお気に入りのビートルズ・ソングは…「Here、There and Everywhere」3

「しかし、あなたは、何かが大成功した時、何かを手に入れるだろう…でもね、人は誰もが望んでいる「大きなもの」を手にしたくない事もあるからね。それにちょっと恥ずかしがり屋なんだね。」とマッカートニーは続けた。
“‘Here, There and Everywhere’ with ‘Yesterday’ as a close second.”


「Here、There and Everywhere」は、Revolverで、その瞬間に生きる事についてロマンチックなバラードとして輝かしい瞬間の1つであり、「Yesterday」はこれまでに書かれた最も輝かしい歌の1つです。マッカートニーには、これら2つを選ぶ選択枠がある事が分かりました。







ビックなスタジム・ライヴでは、これらの曲はセットリストから外れても仕方がないと思うのですが、1万人未満のライヴ会場では、これらの曲はサイコーの選曲です。
ポールが、これらの曲を演奏する…その日が来るまで…

To lead a better life. I need my song to be here

2

ビートルズ「While My Guitar Gently Weeps」の手書きの歌詞は約2135万円からスタート!

ビートルズ「While My Guitar Gently Weeps」の手書きの歌詞は約2135万円からスタート!

ビートルズ(The Beatles)「While My Guitar Gently Weeps」の手書きの歌詞が販売中。希望価格は195,000ドル(約2135万円)。歌詞はスタジオ・レコーディング・シートの裏に書かれています。

「While My Guitar Gently Weeps」の手書きの歌詞

作詞作曲を手掛けたジョージ・ハリスン(George Harrison)は青いペンで「I Look at You all see the love there thats sleeping — While my guitar gently weeps」「While my Guitar Gently Weeps as I'm sitting here doing nothing but aging still my guitar G W.」と書いています。残りの歌詞はリンゴ・スター(Ringo Starr)によって書かれており、スペルミスもあります。

)「While My Guitar Gently Weeps」の手書きの歌詞 Frank Caiazzo

この歌詞には、バンドによって署名された記念品を販売するビートルズ・オートグラフ(Beatles Autographs)のオーナーであるFrank Caiazzoによるジョージとリンゴの手書きを証明する手紙が添付されます。

ビートルズ「While My Guitar Gently Weeps」の手書きの歌詞が販売中 約2135万円 : amass


2,135万円ですか…スタート価格ですからね…ジョージ・ハリスンの代表曲の1つですので、もっと価格が上がるでしょう。
因みに過去のビートルズ・ソロの曲の歌詞、オークションでいくらで落札されているのかと言えば…


ジョン・レノン(John Lennon)の楽曲「平和を我等に(Give Peace A Chance)」の手書きの歌詞が、ロンドン(London)のクリスティーズ(Christie's)のオークションに出品された時は、予想落札額を上回る42万1,250ポンド(約8,900万円)で落札(2008年)

ジョン・レノン(John Lennon)の楽曲「平和を我等に(Give Peace A Chance)」の手書きの歌詞


ビートルズのジョン・レノンが「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」の歌詞を書いた紙で、落札額は35万4,400ドルだった。(2016年)

ビートルズのジョン・レノンが「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」の歌詞


ジョン・レノンが書いた「Nowhere Man」('65年)の手書きの歌詞がニューヨークのオークション会社、Christie'sのエンターテイメント記念品オークションで45万5,000ドル(約5,000万円)の値をつけた。(2003年)

紙切れなんですが(笑)…いずれもとんでもない価格です。
今回、出品されている方はFrank Caiazzoと言う方ですが、ビートルズのサイン、収集の有名な鑑定士の方なのですね。


Frank Caiazzo Beatles autograph


出品しているのは、Moments In Timeと言う所ですが、様々サインをオークションしています。あっ!これも!
1962年10月/ 11月のプロモーションカードの裏面に4人全員がサインしています。 「The Salvor」に乗ったビートルズです。これはリバプールのさまざまな会場で撮影された写真の1枚です。 そのカードですが細かいしわがあります。


1962年10月/ 11月のプロモーションカードの裏面にビートルズ4人全員がサイン

1962年10月/ 11月のプロモーションカードの裏面にビートルズ4人全員がサイン!

$12,500からのスタートです。

エッ!?これならお年玉で買えるって!?
どうぞ、どうぞ…お譲りしますよ(笑)

3

ビートルズ、アルバム『Abbey Road』付きクリスマスメッセージ用の特設サイト開設

ビートルズ、アルバム『Abbey Road』付きクリスマスメッセージ用の特設サイト開設

ビートルズ、アルバム『Abbey Road』付きクリスマスメッセージ用の特設サイト開設

ビートルズ(The Beatles)のSNSページでも紹介されているように、アルバム『Abbey Road』を添えてクリスマス・メッセージを送ることができるE-CARD用の特設サイトthebeatlesholidaycard.comがオープンしています。E-CARDは、メッセージの送り先、メッセージ本文、あなたの名前を入力するだけで作れます。

ビートルズ、アルバム『Abbey Road』付きクリスマスメッセージ用の特設サイト開設

amassより


以前、ポールからのクリスマス・Eカードが作って送れますとのサイトを紹介しました。
そのビートルズVerですが…ん…こちらも送れないのですが…どうすれば良いのでしょうか?

0

Sotheby's・サザビーズに、リンゴ・スターの駐車券とジョージ・ハリスンのギターが出品!エピソードが面白い!!

Sotheby's・サザビーズに、リンゴ・スターの駐車券とジョージ・ハリスンのギターが出品!エピソードが面白い!!

リンゴ・スターが13日(金)にロンドンのアルバート・ホールに世界市民賞に出席されました。

リンゴ・スターが13日(金)にロンドンのアルバート・ホールに登場

リンゴ・スターが13日(金)ロンドンのアルバート・ホール登場

リンゴ・スターが13日(金)ロンドンのアルバート・ホールにて

奥さんのバーバラ・バッハさんと一緒にカメラ目線でピースをするなど元気そうな姿を見せてくれました。

リンゴ・スターに関しては、もう1つ話題になった出来事が…それは、昨日のジョン・レノンの壊れたサングラスの記事にも掲載されていた内容です。それは…

ジョン・レノンさんの愛用品落札 破損サングラスに2000万円 John Lennon's sunglasses sell for £137,000


1969年4月、ロンドンのサヴィル・ロウにあるアップル・レコード付近で発行された駐車券がオークションに出品されています。

リンゴ・スター 1969年4月、ロンドンのサヴィル・ロウにあるアップル・レコード付近で発行された駐車券

リンゴ・スターの駐車券を含む、自動車の運転に関連するアイテムのコレクション

1969年4月、ロンドンのサヴィル・ロウにあるアップル・レコード付近で発行された駐車券 リンゴ・スター


この駐車券は1969年4月25日なんです。つまり、1969年1月30日にザ・ビートルズがイギリス・ロンドンのサヴィル・ロウにあったアップル・コアの屋上で映画撮影のために突如行ったルーフトップ・コンサートよりもあとの事なんですね。
1969年2月22日に「アイ・ウォント・ユー」の録音が始まり、7月1日に正式にアルバム「アビイロード」制作が開始されていますので、あの間の頃になります。

見積もり価格は£1,000~1,500で、結局、£2,125(約312,000円)で落札!


この出品者は、そうです。昨日、話題になったジョン・レノンの壊れたサングラスを出品したアラン・ヘリング氏です。
因みに、ジョンのサングラスですが、出品当初は、£8,000でスタートしましたが、結局…£137,500で落札…って…どういう事!?

他にも、シガレット・ライター、バンドが着用していたシャツ、ハリスンのギターがあるようです。このジョージのギターについては…


George Harrison|1959 Hofner President 'thinline' semi-acoustic guitar

George Harrison|1959 Hofner President 'thinline' semi-acoustic guitar1

George Harrison|1959 Hofner President 'thinline' semi-acoustic guitar2

1969年、「Here Comes the Sun」のリリース前の頃、ジョージに「Here Comes the Sun」で見逃していたコードを見せてほしいと頼みました。ギタールームからギターを取りに行くように言われたのですが、彼はこのギターを「ブロンディ」(Blondie)と表現していました。
ジョージはギターを返して私のギターだと言ってくれました。
「Play it up here at the seventh fret」と笑いながら言ってくれました。
Abbey Road Studiosで長いセッションをしているバンドを待っている間、私は頻繁にこのギターを弾きました。

ある夜、ジョージがマル・エヴァンス(Mal Evans)と一緒に来た時、私はスタジオのキッチンで遊んでいました。ジョージは私からギターを取り、サイモンとガーファンクルの曲「ミセス・ロビンソン」(Mrs Robinson)の演奏を始めました。ミセス・ロビンソンの代わりに「アラン・ヘリンボーン」(Alan Herringbone)に置き換えて歌ってくれました。これは私にとって非常に特別な瞬間でした- one of the best of my time there...」

George Harrison|1959 Hofner President 'thinline' semi-acoustic guitar
Circa 1959
見積もり: £40,000 - 60,000

今回のアラン・ヘリング氏の出品にはエピソードがあります。
このジョージ・ハリスンのギター、見積もり£40,000(5,880千円)~60,000(8,820千円)でしたが…落札価格がそこまで行かなかったようですね。

0

ジョン・レノンさんの愛用品落札 破損サングラスに2000万円!

ジョン・レノンさんの愛用品落札 破損サングラスに2000万円
John Lennon's sunglasses sell for £137,000

ジョン・レノンとオノヨーコとポール・マッカートニー

ビートルズのメンバーに関係する所有物が時折、オークションに出品されていますが、壊れたものもトンデモナイ高額な落札価格が付くのですね…



ビートルズのメンバーだった故ジョン・レノンさんが愛用した壊れたサングラスが13日、ロンドン(Sotheby's in London)で競売にかけられ、13万7500ポンド(約2000万円)で落札された。
BBC放送などが14日伝えた。メンバーの運転手だった男性・Alan Herringが保管していた。落札者は不明。


ジョン・レノンさんの愛用品落札 破損サングラスに2000万円

サングラスは緑色がかった丸形レンズ。

1968年、メンバーのリンゴ・スターさんの車の後部座席にレノンさんが忘れていった。
レンズが金色の縁から外れていることに気付いた男性が、修理するかどうかレノンさんに聞いたところ、ファッションとして身に着けているから「心配しないで」と断られたという。


"I asked John if he'd like me to get them fixed for him. He told me not to worry they were just for the look," he said.

ジョン・レノンさんの愛用品落札 破損サングラスに2000万円~サンスポ



で…一体このサングラスのどこの部分が壊れていたのか…分かり難いですよね…
最初にニュースを読んだ時には、レンズがフレームから外れて割れているのかな?と思ったのですが、違うのですね。
この画像をご覧になって下さい。


The green-tinted sunglasses were missing a screw but Lennon said they were

あっ!向かって左側のネジが外れてしまった為に、レンズが外れたのですね。
出品者のヘリング氏はそのサングラスを修正せずに保管していたそうです。
それで2,000万円ですか…200万円でも驚きなのに…ん…


ジョンレノンのフレームから外れたサングラスのレンズ

その他、セールには、ジョージ・ハリソンが着用したカウベル付きのネックレス(£10,000)など、他のビートルズの記念品が含まれていましたようです。
「私の家族のために、今でもコレクションに別れを告げるのは残念な事ですが、これらのすべての事柄を伝える事が出来ます。」と彼は説明しています。




the wire-framed Oliver Goldsmith sunglasses

因みに、今回落札されたサングラスは the wire-framed Oliver Goldsmith sunglasses と言います。
上記の画像は、Oliver Goldsmith sunglasses です。
そのサングラスを置いた車は、リンゴ・スターの車の後部席との事ですが、その車は、メルセデス(Mercedes)です。


そして、上記のサンスポ(共同)ニュースの内容とアラン氏の言葉が、ちょっと違うニュアンスなので、いつもの直訳ですが掲載しておきます。

「私は、リンゴをリンゴのメルセデスでリンゴとジョージと一緒に連れて行き、彼らをオフィスに連れて行きました。
ジョンが車から降りたとき、彼はこれらのサングラスを後部座席に置き、1つのレンズと1つのアームが外れたことに気付きました。 ジョンに修理してもらいたいかどうかジョンに尋ねました。彼はただ見ているだけなので心配しないようにと、私に言ったんだ。」
と…いう事ですので、ジョンは、忘れて行ったと言うよりは、そのままサングラスを置いて行ったので、そのままアラン氏が所有したって事になるのかな。


アラン氏は、ジョージ・ハリソンがサリー(Surrey)の自宅で彼をランドスケープ請負業者(landscape contractor)として、1967年に雇った。
後にビートルがインドへの長期旅行に出るまで、彼はジョージの運転手、パーソナルアシスタントの役割に昇進しました。
その後、リンゴはアランに仕事をさせていて、このサングラスをゲットするに至ったのですね。


ところで、1968年のいつ頃の事だったのか…当然、サングラスですので、「夏」の出来事だったようです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。