FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

リンゴ・スター公演と、ビートルズの聖杯とは!

リンゴ・スター公演と、ビートルズの聖杯とは!

今日はリンゴ・スターのZEPP NAGOYA公演でしたが、参加された方は楽しまれたでしょうね。しかし…グッズ先行販売の行列が恐ろしい…16時30分からでしたが、早い方は13時から!?14時で10人!15時で20人!16時70人!16時30分で100人!しかも途中で「箸」は売り切れ!
あ~明日のアルカイックホールの先行発売17時からですが、この行列の多さと、飴…じゃなく、雨なので諦めた…と…ため息の出るような話でしたので、今日はこちらの話題にします。


Clip of 'lost' Beatles Top of the Pops performance unearthed

BBC releases "found" Beatles clip

ビートルズ 失われた66年『Top of the Pops』のパフォーマンス映像を発掘、映像あり ~ amass

「失われた」ビートルズの歌番組ライブ出演映像、メキシコで発見 ~ BCC


それぞれ、少しタイトルが異なるのですが、内容としては、ビートルズがBBCの人気歌番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」で「ペーパーバック・ライター」を演奏するふりをしている長さ11秒の無音映像が発券されたとの内容なのですが、今回公表したテレビ映像発掘を専門とする団体「カライダスコープ」(英バーミンガム)のクリス・ペリーさんは、次のようなコメントを出しています。

"I think if you're a Beatles fans, it's the holy grail,"
「もしあなたがビートルズのファンなら、これは聖杯である」


貴重な映像と言うことは分かりますが「聖杯」ですか…無音だし、11秒だし…ポールのアップ!

ビートルズがBBCの人気歌番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」で「ペーパーバック・ライター」を演奏するふりをしている長さ11秒の無音映像

まあこれはイイとして、聖杯と聞くと、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」を思い出すのは私だけだろうか…

聖杯とは…
キリスト教の儀式である聖餐に用いられる杯。キリスト教の聖遺物のひとつで、最後の晩餐に使われたとされる杯。


しかし聖杯とは大袈裟な…と思っていると、NA・NA・NAんと!22時からのNHK BSニュースで、この話題が取り上げられていました。

ニュース top of the pop beatles1

ニュース top of the pop beatles2

ニュース top of the pop beatles3

ニュース top of the pop beatles4

でも…「聖杯」の台詞はなかったですね(笑)。

リンゴ・スター公演で販売されているグッズの中に、グラスマグが販売されていますので、リンゴ・スターの聖杯として如何でしょうか。

リンゴ・スター グラスマグ


って…結局、グッズに未練があるんじゃないか!と思われても仕方がないですね。明日の天気は…

2019年4月10日 尼崎の天気予報

ん…15時からは曇りですね!でも気温が低い…並ばれる方は寒さ対策をして下さいね。

では、皆さん、明日お会いしまShow!


4/10
今朝、寒い…
15時で小雨、16時で曇りの予報
13℃くらいかな…寒さ対策必要です。

グッズ先行販売について
4月10日(水) あましんアルカイックホール 17:00~18:00
4月11日(木) オリックス劇場 16:30~17:45
※混雑状況により時間が前後する可能性がございます。
との事ですが…寒いので早めに開始してほしいですね。

12時になりましたが…雨降っています。当然か…
早く止まないかな…

13時20分
大阪市内は、雨が止みました。
もう大丈夫かな…念の為に、折りたたみ傘を持参したほうがイイかな。

2

Lennon–McArtney 'Love Me Do' demoは、さて!いくらで落札されたのでしょうか?

Lennon–McArtney 'Love Me Do' demoは、さて!いくらで落札されたのでしょうか?

今月になって多忙&想定外&憤慨する事があり、そんな影響からブログが途切れ途切れになっています。更新したい内容があっても「遅れ情報」になりますが、遅れたお蔭で新しい発見が出来る「ゆめ参加NAブログ」です。
今日の話題は、「レコードが220万円!?」そんなアホなと思う金額ですが、そのレコードとは…


Lennon–McArtney 'Love Me Do' demoは、さて!いくらで落札されたのでしょうか?


チャリティー団体「British Heart Foundation」の運営するショップで、中身の入ったビニール袋をスタッフが発見。開けてみると、ザ・ビートルズのセカンドシングル「Love Me Do」のデモ音源を含む、複数の品々が入っていたという。

「デモンストレーション・レコード」や「非売品」といった言葉と共に、7インチレコードには、微妙なスペルミスがありつつもポール・マッカートニーの名前が書かれており、作詞作曲のクレジットは「レノン―マッカートニー」となっていたそうだ。このデモ・レコードは、当時イギリスのラジオ局で楽曲を流すため、1962年に<Parlophone Records>により作られた250部の内の1部で、金額にしておよそ2万ドル(220万円)の価値があるという。

ザ・ビートルズの“激レア”デモ音源がリサイクルショップで見つかる~HMV


ホンマかいな!?と思うニュースなんですが…誰が持っていたの!そんな高価な…ではなかった…貴重なレコードを…と思うのですが、所有者の方(女性)は寄贈した25枚程のレコードの中に、貴重なレコードがあると知らずにキャリーバックに入れて、チャリティー・ショップに寄贈したようですね。しかもショップは、その方を見つけ出そうとしたのですが、所在が分からないようです…

そのショップを運営しているのが、British Heart Foundationなんですが、今回のそのショップはMidhurstにあります。Midhurstって…イギリス・ウエストスセックス州のサウスダウンズ丘陵地帯がミッドハーストです。

イギリス・ウエストスセックス州のサウスダウンズ丘陵地帯がミッドハースト1

イギリス・ウエストスセックス州のサウスダウンズ丘陵地帯がミッドハースト2

イギリス・ウエストスセックス州のサウスダウンズ丘陵地帯がミッドハースト3

古いマーケットが並ぶ町並みがあります。ほら!このお店です。

イギリス・ウエストスセックス州ミッドハースト チャリティーショップ

イギリス・ウエストスセックス州ミッドハーストのチャリティーショップ


このレコード、ユニークなのがスペルミスがあって、「Lennon–McArtney」となっている所ですね。
この貴重なレコード、A面はLove Me Doですが、B面はPS I Love Youです。


Lennon–McArtney PS I Love You


このレコード、ebayでオークションになっていました。
当初は…£3,000(444,000円)!


Lennon–McArtney 'Love Me Do' demo ebay

それなら、私も入札したい!って思われている「NA Dreamers 物欲カルテット」の気持ちは分かりますが、その後、ドンドンと63人の方に入札されて、既にオークションは終了致しました!
落札結果は!? みぞみぞ…


Lennon–McArtney 'Love Me Do' demo ebay結果

£9,400(約140万円)!!ん!?220万円の価値じゃなかったの?と思われるかもしれませんが、それでも高額落札です。

Lennon–McArtney 'Love Me Do' demo ebay 入札者


もっと驚いたのが、ポンドが148円前後になっている!今年、134円の時があったのに…この一年前は150円の時もあったので相場が激しい…こちらの方に注目した方がオモシロイかも…


速報

ポールマッカートニー、リハーサル?!

2

‘The BEATLES’ (‘White Album’) Makes Music History with 24X Platinum Certification

‘The BEATLES’ (‘White Album’) Makes Music History with 24X Platinum Certification

ダイヤモンド…って持っていますか?
その昔、レコード針はダイヤモンドですが、そのダイヤモンドで聞いた曲は…


♪ダイアモンドだねAH AHいくつかの場面
AH AHうまくいえないけれど 宝物だよ♫
♪あの時感じた AH AH 予感は本物
AH今 私を動かしてる そんな気持ち♬


って…プリンセスプリンセスの「DIAMOND」を思い出しますが、CD、レコードを販売または出荷した際に送られる賞があります。

アメリカ合衆国の各ディスクはアメリカレコード協会(Recording Industry Association of America, RIAA)が認定しています。
アルバムとシングルは、ゴールドディスク50万枚、プラチナディスク100万枚、ダイアモンドディスク1000万枚なのですが、今回、24X Platinum(2,400万枚)に到達したアルバムが発表されました。


それは!
「The BEATLES」です!


‘The BEATLES’ (‘White Album’) Makes Music History with 24X Platinum Certification


そうです!White Album!2400万枚の売上となります。おめでとうございます!
このアルバムを含め、ビートルズのアルバムの販売枚数は178 million(1億7800万)と認定されています。


アルバム別で見れば…
The Beatles 1967-1970 at 17X Platinum(1,700万枚)
The Beatles 1962-1966 at 15X Platinum(1,500万枚)
Abbey Road at 12X Platinum(1,200万枚)
1 at 11X Platinum(1,100万枚)
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band at 11X Platinum(1,100万枚)
となるのですが、上には上がいるもので、ベスト7は…


EAGLES EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971 – 1975 3,800万枚
MICHAEL JACKSON THRILLER 3,300万枚
EAGLES HOTEL CALIFORNIA 2,600万枚
THE BEATLES 2,400万枚
BILLY JOEL GREATEST HITS VOLUME I & VOLUME II 2,300万枚
LED ZEPPELIN LED ZEPPELIN IV 2,300万枚
PINK FLOYD THE WALL 2,300万枚


私がベスト7で持っているのは、THE BEATLES、HOTEL CALIFORNIA、THE WALLの3枚です。
何千万枚の1枚ですが、どれも嬉しい1枚です。


これらからも、その何千万枚の1枚を聞き続けたいですね。

0

Beatlesのアップル・レコードのロゴの林檎は酸っぱい味!?マグリッドのゆめの旅人へ…ようこそ

Beatlesのアップル・レコードのロゴの林檎は酸っぱい味!?マグリッドのゆめの旅人へ…ようこそ

Beatlesのアップル・レコードのロゴの林檎は酸っぱい味!?マグリッドのゆめの旅人へ

リンゴ・スターの来日公演があと一ヶ月という訳ではありませんが、たまげたタイトルの記事がありました。

【スピリチュアル・ビートルズ】アップル・レコードのレーベルはわいせつ? クレームしたおじさんって・・・


つまりは…ビートルズのアップル・レーベルを初めて見た方が勘違いして、アップル社にクレームを付けたけど、アップル側は丁重に対処した…チャンチャン…って事ですね。
それにしても、トンデモナイ勘違いですが、今回、興味を持ったのは、あれ!?の話でも、なに!?の話でもなく、アップルの事です。


アップル・レーベルを考える際、ビートルズのメンバーにインスピレーションを与えたのは、1966年の夏にロンドンの美術商ロバート・フレイザーがポール・マッカートニーの居間のテーブルにぽんと残していった、青りんごを描いたルネ・マグリットの絵である。
マグリットの晩年の作品の一つで、絵のタイトルが「連想ゲーム」といい、まさにそこから生まれたとポールは回想する(ポール著『メニー・イヤーズ・フロム・ナウ』 ロッキング・オン社)。


ん!?マグリットの絵ですか…マグリットと言えば、この絵なんですが…

マグリッド 大家族

1963年作の「大家族」です。

今回は違うのですね…「青りんご」の絵…って…これ!?

リスニング・ルーム  マグリッド1952

エッ!この絵のタイトルは「青りんご」でも「連想ゲーム」でもない…「リスニング・ルーム / The Listening Room」と言うタイトルなんですね。この青い林檎の絵は、2種類あって、1つは、上記の絵で、1952年作で、テキサス州ヒューストンのメニル・コレクションが所蔵していいます。
もう1つは1958年作で、下記の絵なのですが個人蔵のようですので、この絵を今もポールが持っているのかな…


リスニング・ルーム  マグリッド1958


この林檎の品種はリンゴは「グラニースミス・アップル」と言います。
料理などに適した加熱調理用のリンゴを「クッキングアップル」と呼び、そのクッキングアップルに属する「グラニースミス」はオーストラリアで偶発実生によって開発された品種です。その開発に携わった「マリア・アン・スミス」の名前から、「グラニースミス」と名付けられました。


グラニースミス・アップル


酸味と風味が良く、アップルパイやケーキなどの焼き菓子に最適で、熱を加えることでさわやかな酸味と風味がさらに際立ちます。また、「グラニースミス」は酸味だけでなく糖度も12度位と甘みもあるので、リンゴの酸味がお好みの方は、生食でも楽しんでいただける林檎との事です…と言いながら、食べた事…ありません…スイマセン…

「グラニースミス・アップル」


最後に、ポールがマグリッド・ファンである事は有名なようで、こちらのマグリッド・1933年作の「The Human Condition」の影響で…

マグリッド・1933年作の「The Human Condition」

こちらのジャケットが生まれたと言われています。

wings 夢の旅人


マグリッドのゆめの旅人へ…ようこそ

2

1968 Beatles 'Life' Magazine Finally Returned To Library

1968 Beatles 'Life' Magazine Finally Returned To Library

1968 Beatles 'Life' Magazine Finally Returned To Library3

自宅に古い本ってありますよね。大判の図鑑、単行本、文庫本、雑誌、本ではありませんが、新聞やチラシなどなど…でも50年前にあった本が突然現れたら…びっくりするでしょうね。
1968年の雑誌がGet Backした事がニュースになっています。


50年前、Brianと言う少年が米国・オハイオの図書館(Ohio library)から、ビートルズの写真が掲載されたLife magazineを盗んだようなのですが、今週、彼は謝罪のメモと一緒に、その雑誌を返しました。

1968 Beatles 'Life' Magazine Finally Returned To Library2


「こんにちは。私は子供の頃、the Parma Ridge Road libraryから、この雑誌を盗みました。申し訳ございませんでした。お詫びに停滞料の小切手を同封致します。」

50年以上になり、1日10セントの通常の停滞料は $1800以上になります。しかし、幸いな事に図書館はブライアンからの返却と謝罪を考慮して、$100としました。

今、この図書館はCuyahoga County Public Libraryと言います。
「1968年、このLife magazineを借りたビートルズ・ファンへ。今週、この本を返却したあなたの良心に感謝します。」
そして、カイヤホガ郡公共図書館のスポークスマンロバート・ルアは言いました。
「今回の事は正しい事を行った話です。」「この雑誌は私が見た中で最も古いアイテムである」
そして…「図書館に警察はいないよ」とも…


1968 Beatles 'Life' Magazine Finally Returned To Library1


何だか、心温まるエピソードですね。

(直訳しましたので、異訳があった場合はご了承願います。NME JAPANで正式な翻訳記事が掲載されるかな?)

このカテゴリーに該当する記事はありません。