FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

The Cavern Clubは、8月1日から再オープンします。We're Good To Go The Cavern Club, Liverpool!

The Cavern Clubは、8月1日から再オープンします。We're Good To Go The Cavern Club, Liverpool!

19週間の閉鎖された会場とコロナウイルスのパンデミックによりツアーがキャンセルされていましたが、Cavern City Toursは8月1日からThe Cavern PubとFestival Restaurantをオープンします。

The Cavern Clubは、8月1日から再オープンします。We're Good To Go The Cavern Club, Liverpool!

他の多くの企業と同様に、Cavernは、スタッフと顧客の安全を確保するために、その動作方法にいくつかの変更を加える必要がありました。政府と健康に関するガイドラインに従って、再開を可能にする計画を策定しました。
訪問者は、ウェブサイトwww.cavernclub.comの「Know before you go」セクションにアクセスして、2つの会場を訪問する前に期待できることについて読む必要があります。


キャヴァーン・ディレクターのビルヘックルBill Heckleは、次のように述べています。
現在のところ、状況は少し異なりますが、再開されるキャヴァーンの会場は、社会的な距離を置いた措置を講じたとしても、その名高い素晴らしい雰囲気を提供できると確信しています。」


Cavern Pub and Festivalレストランは、最初の金曜日から日曜日に営業時間を増やすために営業します。
キャヴァーン・クラブと人気のビートルズ観光マジカルミステリーツアーは休業中ですが、すぐに再開できるように作業が行われており、詳細については後日発表します。


Cavern Pub and Festivalレストラン

ただし、The Cavern Pub and Festivalレストランのお客様には、社会的距離を確保するように調整されたCavernツアーに参加することで、訪問の一環として世界的に有名なCavern Clubを見る独占的な機会として提供されます。

Cavern Pub and Festival レストラン

金曜日から日曜日までの午後2時から午後6時までのガイド付きツアーは、ビートルズの代名詞であり、リバプールの音楽遺産の大部分を占めるライブ音楽会場のユニークな視点を提供します。

ライブミュージックはまだ屋内に戻っていないため、ガイド付きツアーは、リバプールの中心部にあるこのワーキング・クラブの過去と現在を発見する新しい方法でキャバーンを見る機会です。

「3月18日にドアとツアーを閉めるのは悲惨なことでした。スタッフとお客様のすべてに辛抱強く待っていただいたことに感謝します。今こそ、キャバーンをいつもの場所に戻すときです。」
よろしくお願いします。皆様をお迎えできることを楽しみにしております。


The Cavern Directors

The Cavern Club

ほら!Paul McCartneyからも!

We're Good To Go The Cavern Club, Liverpool!Paul McCartney

Come in!って感じですよね。
こちらのポールの画像…セーター姿に、メガネ!?いつの画像かと言えば…



この時の撮影なのでしょうね。セーターは違いますが、ほら!髪型とメガネが同じです。

Paul McCartney Who Caresに出演

私も、ポールに Come in!って、呼ばれたいですね。(笑)

0

英国政府観光局 We're Good To Go で、Go To The Beatles Story , Liverpool!

英国政府観光局 We're Good To Go で、Go To The Beatles Story , Liverpool!

日本で今話題なのが、Go To キャンペーンですね。
国内観光需要喚起を目的とした「Go To Travelキャンペーン」が7月22日から開始される事になりました。第一次補正予算にて事業総額1兆6,794億円が計上されています。旅行商品を最大半額相当補助する「Go To Travelキャンペーン」は予算約1.1兆円です。そして、その次は、飲食代を2割相当補助する「Go To Eatキャンペーン」も準備中ですね。
日本国中、Go To 旋風です。
では、こちらのキャンペーンは、ご存知ですか?


We're Good To Go

We're Good To Go

直訳では、「準備は出来ているかい!」ですので、「Are You Ready?」(準備はいいかい!)って感じですね。

このマークは、英国で観光業界全体の企業が、政府や公衆衛生のガイダンスを遵守し、COVID-19リスクアセスメントを実施し、必要なプロセスを実施していることを証明できることを意味しています。

このTマークを取得するには、認証を受ける前に、必要なプロセスを配置していることを確認するチェックリストを含むオンラインプラットフォーム goodtogouk.co.uk を介して自己評価を完了する必要があり、その施設やオンラインで表示する「We’re Good To Go」マークを取得する事になります。

そのTマークを取得し、再オープンに至った所があります。それは、The Beatles Story , Liverpoolです。

英国政府観光局 We're Good To Go で、Go To The Beatles Story , Liverpool!

今年30周年を迎えるリバプールのアトラクション、ビートルズストーリーは、英国政府観光局の「We're Good To Go」認定を受けて、7月20日月曜日に再びオープンしました。適切な安全対策が行われ、清潔さを維持し、社会的距離を保っています。
受賞歴のあるこのアトラクションは、世界中から毎年記録を超える数の訪問者を迎えており、ビートルズの故郷に拠点を置くことは、多くのビートルズファンにとって「必見」の巡礼と見なされています。


英国政府観光局 We're Good To Go で、Go To The Beatles Story , Liverpool

ゼネラルマネージャーのメアリー・チャドウィックMary Chadwickは…
「私たちは、お客様とスタッフの安全を確保するために、慎重に計画を立て、私たち自身が設定した高い基準を引き続き満たしています。Visit Britainの「We're Good To Go」の認定を受けたことを嬉しく思います。7月20日から自信を持って再開することができます。」


「もちろん、制限が課せられますし、私たちはまだすべてのことをしなければなりません。ウイルスの拡散を制限することができます。これには追加の手洗い設備、管理システム、入場制限番号、看板が明確に表示されています。」

We're Good To Go で、Go To The Beatles Story , Liverpool!1

We're Good To Go で、Go To The Beatles Story , Liverpool!2

このような質問があります。
Q 予約時に個人情報を入力する必要があるのはなぜですか?


A 政府のガイダンスに従って、予約の一部として提供した個人情報は、コロナウイルスの蔓延を制御するNHSテストおよびトレースプロセスをサポートするために使用される場合があります。

NHSがこのデータを利用できるのは、博物館やギャラリーで発生が確認された場合にウイルスの蔓延を抑えるためだけです。これは、このセクターの他の組織や、パブ、レストラン、ホテルなどのビジネスと一致しています。

日本で携帯電話番号の記入をお店に言われて、「個人情報だ!」と言って、帰られる客がいるようですが、「もしも」の時の連絡先だと考えて了承しましょう!

しかし、曖昧な状況でスタートした政府のキャンペーンは、これから一体どこに行くのでしょうね…
Go To は果てなく…迷走する日本のGo To キャンペーン

ん?!ピース アンド ラブのTシャツのデザインの方が気になるって…
ん…これも…ちょっと…(笑)

0

エンジニアのアラン・パーソンズ Alan Parsons は、ビートルズ Beatles との仕事で「威圧的な経験」を語りました。

エンジニアのアラン・パーソンズ Alan Parsons は、ビートルズ Beatles との仕事で「威圧的な経験」を語りました。

有名なスタジオ・エンジニア兼ソロアーティストのAlan Parsons がSweetwaterでのインタビューで、伝説のビートルズとの仕事について語りましたので、その内容を掲載します。(かなり直訳です。)

エンジニアのアラン・パーソンズ Alan Parsons は、ビートルズ Beatles との仕事で「威圧的な経験」を語りました。

アランは、1969年のアルバム「Abbey Road」と1970年代の「Let It Be」でアシスタント・エンジニアを務めました。その後、ポール・マッカートニーや1973年のピンクフロイド Pink Floydのクラシック「ザ・ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン」The Dark Side of the Moonなど他のプロジェクトに参加しました。



最初の年に戻りましょう。18歳のとき、あなたはAbbey Road Studiosのアシスタントになれたのですか?

「私はEMI Recordsという親会社でTape Recordsと呼ばれる部門で働いていたんだけれども、その時代はカセットの前でね、1/4インチのテープでリール・ツー・リールのプラスチック・スプールreel-to-reel plastic spoolsを作成する、EMIの製品を開発する部門だったんだ。

「私はマスターテープのコピーを作成し、製造機械のメンテナンスに携わっていて、すべてが4倍の速度で両側で実行されていたので、4分のスペースで24コピーを実行する事が出来たんだよ。

「その部門は私に多くの素晴らしい音楽への機会を与えてくれたんだ。そして、そこは、アビー・ロードの部門だったので、私は 'Sgt. Pepper'を聞いた人達の最初の一人になったんだ。そのアルバムが完成した時は、私にかなりの影響を与えてくれたね。

「私はとても幸運だったね。適切な時間を計ったね。当時の経営陣は数人を解雇したかっただけれども、私は仕事に就く事が出来だんだ。手紙を書いてすぐ、テープ・ライブラリの研修生として働いたね。

「それは、新入社員がテープ・ライブラリで働き始めた最初の事でした。しかし、それは、私が降りる前のほんの1か月で、セッションの壁に飛びついていたんだ。 a fly on the wall on sessions.」

エンジニアのアラン・パーソンズ Alan Parsons は、ビートルズ Beatles との仕事で「威圧的な経験」を語る。

あなたはいくつかの信じられないほどのセッションにそこにいるといううらやましい機会がありました。「Abbey Road」と「Let It Be.」について少し教えてください。

「 『レット・イット・ビー』が最初にレコーディングされたのですが、彼らは逆の順序でリリースしました。実際にアビー・ロード・スタジオとは何の関係もありませんでしたが、私は彼らを助けるためにスタッフのメンバーとして加わりました。

「そして、それはAppleの地下室スタジオに足を踏み入れたとき、かなり怖い経験でした。そこには4人のビートルズとその妻全員がいて、それは威圧的 intimidating でしたが、同時に驚くべきものでした。」

エンジニアのアラン・パーソンズ Alan Parsons と ビートルズ Beatles

あなたは後にポール・マッカートニーとウィングスと一緒に働きました...

「そうだね。「アビー・ロード」アルバムに取り組んだ結果、彼らがそこにいた少なくとも半分の時間だったが、ポールのことをもう少しよく知ったよ。
「私がアシスタント・エンジニアから本格的なバランス・エンジニアに転向したとき、当時彼らはアビーロードで呼ばれていたので、1973年「レッドローズスピードウェイ」Red Rose Speedwayのセッションの一部でポールと一緒になってしまいました。そしてシングルの「Hi、Hi、Hi」と「C Moon」もね。


「そして、おそらく私は「ワイルド・ライフ」アルバムでポールとリンダを最もよく知るようになったね。ウィングスの「ワイルドライフ」Wild Lifeの曲の1つでミックスをしたんだけれども、ポールは「素晴らしいね、それで行こうよ。」'It's fine, we'll go with it.'と言ったんだ。
「つまり、これが私の最初の画期的な進歩であり、Wingsの最初のアルバムをミックスするだけでした。」






ビートルズにとってラストの時期を一緒に経験されたのですね。因みに、アランは1948年生まれで71歳です。
Let It Beは1969年にレコーディング(撮影)されていますので、アランは20歳だったのですね。その年齢でビートルズと一緒に仕事が出来るなんて…
それにしても、主役の4人のメンバーの奥さんが揃ったら…そりゃ~怖いはずです…(あっ!失礼…笑)

6

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映!

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映!

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映5

今日も直訳+αで掲載します。


リンゴがグループに復帰したメルボルンのフェスティバル・ホールでのビートルズコンサートパフォーマンスは、常に最も人気のあるビートルズのライブです。
一晩だけ、リマスター版のコンサートがテレビで放映されます。




彼らが1964年に最初の世界ツアーでここに訪れた時、オーストラリアはヒステリックなビートルマニアとなりました。
彼らは13日の驚くべき忘れられない日のために国を魅了しました。
彼らがどこへ行っても、ジョン、ポール、ジョージ、そして病気のためにツアーに参加できなかったリンゴに代わってドラマーを務めるジミー・ニコルJimmy Nicol を見ることを期待して、何万人もの叫び声のファンが通りに並んでいました。


Jimmy Nicol とBeatles

チャンネルナインは、メルボルンでの最後のソールドアウトのコンサートを撮影するためのアクセス権を与えられました。

ビートルズは1964年にメルボルンのフェスティバルホールでのショーで‘She Loves You’, ‘I Saw Her Standing There’, ‘Twist and Shout’, ‘Can’t Buy Me Love’ and ‘Long Tall Sally’などを演奏しました。

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映!

Nineは、月曜日(7月13日)の午後9時30分(AEST)に、「One Night Only – The Beatles in Oz」というタイトルのフル・コンサートを放送します。また、9Nowでストリーミングすることもできます。

コンサートはリマスターされ、これまでにない映像が含まれます。音楽ネットワークによると、ジミー・ニコルJimmy Nicol は、それまで、ドラムを演奏していましたが、リンゴが戻って来ました。

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスター

「56年後の今、この素晴らしいショーのリマスタリングは、ビートルズの熱狂的なファンを記憶の道に連れて行き、若い世代にビートルマニアの実際の現象を垣間見せます。」とナインはプレスリリースで述べました。

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映1

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映2

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映6

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映4

オーストラリアAustraliaのメルボルンMelbourneでのビートルズ・ライヴ1964がリマスターで放映3

メルボルンのコンサートが1回だけのイベントになったのですが、Appleによる幅広い配信が、これから続くのでしょうか?

Remastered Melbourne concert to be aired in Australia~The Daily Beatle



と…言うことで、その貴重な映像を見る事が出来るのか…アクセスすると…

9Nowはオーストラリアでのみライブ・コンテンツとオンデマンド・コンテンツを表示でき、国際ストリーミングの権利はありません。オーストラリア国外にいる場合は、帰国するまで9Nowを視聴できません。

と…言うことで、分かっちゃいるけど見る事が出来ませんでした。
その内、Youtubeにアップされるかな…
でも映像は見たい!という方の為に、過去アップされた映像をご覧になって下さいね。






しかし、どうして、メルボルンに放映の許可を出したのかな…

0

John Lennon がThe Beatlesのリーダーとして、Paul McCartneyに挑戦した曲とは

John Lennon がThe Beatlesのリーダーとして、Paul McCartneyに挑戦した曲とは

ジョン・レノンとポール・マッカートニー作曲パートナーシップは最大の魅力です。ところが、彼らの本当の共作は稀で、一緒に作曲していない事が多かったのです。

レコーディング前に持っていた全ての曲を事前に試してみるのではなく、驚きは歓迎されたに違いありませんが、それは時々レノンの鼻が関節から外れたことを意味するような事がありました。それは特に悪いトラックというわけではなく、曲が本当に素晴らしかった為です。レノンの最高の作品のいくつかに影響を与えたのは、この競争が影響しています。

1964年より前となるザ・ビートルズの結成期には、バンドの主要ソングライターだったジョン・レノンとポール・マッカートニーは、“I Want To Hold Your Hand”や“She Loves You”といった曲を共作し、かなり密接に曲作りに取り組んでいたという。

John Lennon がThe Beatlesのリーダーとして、Paul McCartneyに挑戦した曲とは

しかし、ポールが作曲した“Can't Buy Me Love”を耳にしたジョンは、激しく競争心を掻き立てられて、クリエイティブな競争力をフルに発揮し、曲作りに没頭し、次のアルバムへの原動力になったとのこと。この曲は舞台裏での大きな力のシフトであり、Maccaが曲をほぼすべて自分で作曲していた。ステージでも状況が変わっていて、新しいトラックはマッカートニーがソロのボーカルをするようになっていた。

それは来るべき事でした。グループは毎年ブライアン・エプスタインの指示で映画と2枚のアルバムの厳しいマーケティング・スケジュールを守ろうとしましたが、レノンはビートルズのリーダーの役割として、マッカートニーからの脅威にさらされていたようです。いつもジョンのバンドだったものが今、変わり始めていたのです。

1964年以降、バンドの曲がより個人的なものになり、ソングライターを反映するようになると、MaccaとLennonは互いに向き合い始めました。

“Can't Buy Me Love”がシングルのA面に選ばれたことでジョンは脅威を感じ、スタジオにこもってB面のために自身の初ギターソロをフィーチャーした“You Can’t Do That”を制作しただけでなく、映画『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』のテーマ曲“A Hard Day’s Night”も作曲。

さらにジョンは、“I Should Have Known Better”や“Tell Me Why”、“If I Fell”を次のアルバムのために書き、ポールの曲“Can't Buy Me Love”に感化されたおかげで、ジョンにとって最もソングライターとして実りのある時期となった。

2004年に「Uncut」のインタビューでポールは、ソングライターとして最大のライバルだったジョンとの関係について、次のように振り返っている。

私たちにとってライバル関係は、(ソングライターとして)お互いに緊張感を保つ最高の形だった。私が“Yesterday”を書けばジョンが“Norwegian Wood”を作曲し、彼は“Strawberry Fields”を書き上げた。ジョンは大きな賭けに出たようだったから、私は“Penny Lane”ぐらい良い曲を生み出さなくちゃならなかったんだ。でも、いつもそんなだった訳じゃないよ。



ジョン・レノン、ザ・ビートルズのリーダーとしてポール・マッカートニーの“脅威”を感じた曲とは?~rockinon.com

The Paul McCartney song that challenged John Lennon as the leader of The Beatles~FAR OUT

今回は、rockinon.comの記事と、元記事のFAR OUTを混合して掲載しました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。