ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

大阪開催・ビートルズ展に、なんと!リーフレットがあった!!

大阪開催・ビートルズ展に、なんと!リーフレットがあった!!

リーフレット(英: leaflet)、宣伝・広告・案内・説明などのために、1枚の紙に刷られた印刷物である。(Wikipediaより)

以前は、チラシって呼んでいましたね。小さい頃に、よく映画館に行って、ガメラの映画のチラシを何度も貰いました。貰う度にドキドキしたり、ワクワクしたり、もうまるで映画の中に飛び込んだ気分になっていました。それから成人になっても、映画館に行くと、ついチラシを貰い、「あっ!この映画見たい!」と思うのですが…実際はなかなか足を運ばなくなってしまいました…スイマセン…

そしてオジサンになると、チラシと呼ばず「リーフレット」なんてカッコつけたような言い方をするようになりましたが、未だにチラシ=リーフレットを貰う癖は抜けません。特にポール・マッカートニーの来日公演やビートルズのCDになれば、小さい頃と同じように、ワクワクしながら頂いています。

そんな行動が功を奏する事がありました。今日、偶然、あるビジネスホテルのロビーに立ち寄った所、ふとチラシ置き場に目をやると…「なんだ!?このリーフレットは!ビートルズだ!!」と思い、思わず頂きました。そのリーフレットとは…「Ladies and Gentlemen THE BEATLES!」と「忌野清志郎展」のリーフレットなんです!

画像をクリックして頂くと、画像が拡大してよくわかります。

Ladies and Gentlemen THE BEATLES

Ladies and Gentlemen THE BEATLES onten

驚きましたね…まさか、ビートルズ展のリーフレットがあったとは!しかも大阪限定…それはそれで貴重かもしれませんが、それにしても、なんだこの作りは!?
イエローとピンクカラーで、写真を切り抜いて張り付けたようなデザイン!
よく分からない展示品の案内…
アビーロードで記念写真で写っている女性は誰?何、このポーズ!?
歌う気がしないイエローサブマリンの紹介!?
何故か写真が大きいUFOキャッチャーの宣伝!
これがビートルズ展のリーフレット!?ツッコミ処満載のこれぞ浪速のビートルズ展!?って感じのデザインです。


リーフレットのド真ん中の目立つ所に、「#onten」と記載がありますが、正式イベント名は「ONTEN ~ LOVE&ROCK ビートルズx忌野清志郎 ~」なんですね。
と…言うことで「onten」で検索すると…


「ONTEN ~ LOVE&ROCK ビートルズx忌野清志郎 ~」

ホラホラ、リーフレットと同じデザインが!
詳細を見ると…あっ!期間別でチケットの前売り券を販売しているのですね。
ビートルズ展・前売り券では1,800円、当日券では2,200円
1.楽天チケット・当日券窓口限定!!オリジナル台紙にてお引換え!!
2.楽天チケット限定!!オリジナル缶バッチをプレゼント!


ん…ナルホド…リーフレットを見て、ここまでの事は分かりました。
では、そのビートルズ展はいつ行こうか…勿論それは…


3月18日(日)ですよ!

そうです。当ブログ主催・西日本MeetUp会・開催日です!
一緒に、大阪の「ビートルズ展」に行きましょう!
お申込み、詳細は後日発表致します!


でも、西日本MeetUp会のリーフレットはありません…笑

0

The Book「The Beatles in India」はどれを選びますか?

The Book「The Beatles in India」はどれを選びますか?

最近、ポールのご様子が分かるニュースがありませんね…ニューアルバムの準備でスタジオに篭っているのか…それとも、別のプロジェクト?それにしても何も発表がないのも…と言っても、この時期は何か発表をするタイミングではないですよね。平昌冬季オリンピックが行われているのだから!

そのオリンピックの事を「そんなの関係ねえ~」と言わんばかりに発表しているイベントはこれですね。ビートルズ・ストーリーでの「Beatles in India」です。

Beatles In India

ビートルズ・ストーリーでの「Beatles in India」


このイベントに合わせて、フォトグラファーのポール・サルツマンの新著『The Beatles in India』が2月13日に出版されていますが、過去出版された本や新装版、限定本などがあります。

Super Deluxe Limited Edition $875(350冊限定・ビートルズのプリント写真・DVD・CD付き)

The Book「The Beatles in India」1

The Book「The Beatles in India」2

The Book「The Beatles in India」4

Special Limited Edition $325(1986冊限定・DVD・CD付き)

The Book「The Beatles in India」3

Amazonでは、本だけで$22.48

The Book The Beatles in India


ん…スゴイ値段差…でもDVDと言ってもインタビューだから意味が分からないか…CDはシタールによるビートルズ・ソング、こちらは興味ありますが、しかし…お値段が高い…本だけでも見たいな~と思って、Amazon日本で見ると4,012円かいな!ん…円高なんだから2,500円位にならないのAmazonさん!

このイベント関係を調べていると、ローリング・ストーンで下記のような記事がありました。

The Beatles in India: 16 Things You Didn't Know

興味津々の内容です…が…

英語では分からない…と思っていたら、日本語版でも掲載されましたので、ご紹介致します。

ビートルズのインド訪問50周年、あなたが知らない16の歴史的トリビア

まだ全て読めていません。読んでいる余裕がなかったです。オリンピック見ていましたので。

そして!スピードスケート女子500m、小平さん、金メダル!おめでとうございます!
一瞬スタートでハラハラしましたが、オリンピック・レコードのタイムで金メダルとは素晴らしい!期待されて、その結果を出すことは実力・メンタル力・協力がないと達成出来ない事ですので、本当に素晴らしいと思います。


オリンピック 小平 金メダル


あっ!?インタビュアーに「獣じゃね~よ!」と言ってやって下さい。(笑)



オリンピックの次は、これ!
西日本MeetUp会です!開催日:3月18日(日)
一緒に、大阪の「ビートルズ展」に行きましょう!
皆さん、日程を空けておいて下さいネ。


詳細は後日発表します。

P.S オリンピックの影響で、ブログのアクセス数が僅かですが減少傾向です…
このままだと、予選落ちです…オリンピック見ながら、ブログも見てね。

2

フィギュアスケートの「A Day in the Life」&映画『The Beatles in India』&ビートルズ展

フィギュアスケートの「A Day in the Life」&映画『The Beatles in India』&ビートルズ展

開幕しましたね!平昌・冬季オリンピック!
日本人選手の活躍で、銀・銅のメダルを獲得する度に、「やったね!」と思うのですが、話題はどうしてもこちらの方へ…
北朝鮮の選手や美女応援団の事に注目される中、冬季オリンピック大会の舞台に初出場したフィギュアスケート選手・廉太鈺(リョム・テオク)選手(19)と金柱希(キム・ジュシク)選手(25)のペアの事が話題になっていました。ショートプログラムの結果は、上位16組のフリー進出が確定。その時の演技曲なんですが、なんと!ビートルズの「A Day in the Life」のインストルメンタル・カバー曲です。北朝鮮でもビートルズ・ソングは人気があるのかな?

フィギュアスケート 北朝鮮

ところで、本日のフリーの結果ですが、結局13位でしたが、大健闘ですね。


そして、こちらも開幕しました。

Beatles In India

ビートルズ・ストーリーのBeatles in Indiaにて、a new special exhibitionがお披露目となりました。会場内の一部がネットで公開されているのですが、何だか神秘的ですね。

Beatles in India1

Beatles in India2

Beatles in India3

Beatles in India4


そして、なんと!このような話題も!

ビートルズ(The Beatles)がインドのリシュケシュを訪問してから50年を迎えたことにあわせ、新たなドキュメンタリー映画『The Beatles in India』が制作決定。今秋にリリースされる予定です。

映画サイトScreen Dailyによれば、監督はエミー賞の受賞歴もあるプロデューサー/ディレクターで、当時バンドと一緒にインドに同行したポール・サルツマン。サルツマンは当時、カナダ国立映画制作庁のサウンド・エンジニアであり、ビートルズの滞在の模様を写真に収めていたことでも知られる人物。のちにインド滞在時の写真をまとめたビートルズの写真集もリリースしています。

映画では、レアな写真や映像、そしてインドや英国、米国で撮影されたインタビューなどをフィーチャー。このインド旅行がビートルズのクリエイティブな部分にどのような影響を与えたのかが描かれるようです。

リリースについての詳細は明らかにされていないため、この作品が映画として劇場公開されるのか、テレビドキュメンタリーなのか、またはDVD・Blu-ray作品としてリリースされるのかは不明です。

ビートルズのインド訪問から50年、新ドキュメンタリー映画『The Beatles in India』が制作決定


これまでにないビートルズ・ストーリーになりそうですので、こちらも楽しみです。
そして、日本では既にこちらも開幕しています。そうです!ATC(大阪南港)の特設会場で2月10日から開催されている「Ladies and Gentlemen... THE Beatles」展です。
この展示会も楽しみですが、すぐにでも行きたい!?
ちょっと待って下さい!そんなに慌てて行かれなくても、3月になってから行きませんか?
何故って!?それは…


coming soon March!
ゆめ参加NAブログ主催:「西日本Meet Up会」を開催します!


詳細は後日発表します!乞うご期待!

0

Quincy Jones: 'The Beatles were the worst musicians in the world'

Quincy Jones: 'The Beatles were the worst musicians in the world'

今日の話題は…ビートルズです。ん!?アメリカ初上陸?エド・サリバン・ショーの話?
日時的にはそうなんですが、そのような話題がぶっ飛ぶような毒舌発言がありましたので、それをご紹介します。


その発言は、クインシー・ジョーンズです。アメリカ合衆国のジャズ・ミュージシャン、音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。84歳。
マイケル・ジャクソンの「Off The Wall」「Thriller」「Bad」のプロヂューサー、チャリティー曲「We are the World」も手掛ける名プロヂューサーです。そんな彼の発言はぶっ飛びです。


Quincy Jones 3


クインシー・ジョーンズ、M・ジャクソン/ビートルズ/ヒップホップに対し毒舌再び

先月末、GQ誌でテイラー・スウィフトの楽曲を批判して話題になっていたクインシー・ジョーンズが、今度はVultureで言いたい放題の毒舌を振るっている。
ジョーンズが『オフ・ザ・ウォール』、『スリラー』、『バッド』を共同製作したマイケル・ジャクソンについて


Quincy Jones & MJ

「あまり公に言いたくないけど、マイケルは盗作が多かった。たくさん歌を盗んだ。(ドナ・サマーの)「ステイト・オブ・インディペンデンス」と「ビリー・ジーン」とかね。
注:1982年の“ステイト・オブ・インディペンデンス”にマイケルはバックコーラスで参加しており、ベースラインが「ビリー・ジーン」に似ている。


Quincy Jones MJ

音符は嘘をつかないよ。あと彼はこの上なくマキャベリ的(策略家)だった。貪欲、すごく貪欲。「今夜はドント・ストップ / Don't Stop 'Til You Get Enough」なんかは(キーボーディストの)グレッグ・フィリンゲインズがCセクションを書いたんだ。マイケルは彼に曲の権利を10%はあげるべきだったね。でもそうしなかった」

Quincy Jones Grammy

ジョーンズはまた、マイケルの度重なる整形手術について言及しており、当時咎めたものの彼は取り合おうとせず、「何かの病気をのせいにしてた。デタラメだ」と一蹴している。


ロックンロールを初めて聴いた時、特に新人だった頃のザ・ビートルズに全く感動しなかったことについて

「ロックなんてのはリズム・アンド・ブルース(R&B)の白人ヴァージョンでしかないよ、motherf*cker。
ところで、俺はポール・マッカートニーが21歳の頃に出会った。(ザ・ビートルズの最初の印象は)世界一下手くそなミュージシャン連中だったな。演奏ができないmotherf*ckersだった。ポールは俺がそれまで聴いた中で最悪のベース・プレイヤーだった。
そして、リンゴ?話したくもない。ジョージ・マーティンとスタジオ作業をしていたある時、リンゴが3時間もかけて何かの曲を4小節ほど直そうとしてた。でもできなかった」


Quincy Jones 2

「俺たちが、“君さ、ちょっとラガー&ライムでも飲んで、シェパーズ・パイでも食ってさ、1時間半程休憩してリラックスしてくれば”って勧めたら彼は言われた通りにした。(その間に)俺たちはジャズ・ドラマーのロニー・ベレルを呼んだら、彼は15分ほどでバッチリ決めてくれた。
リンゴが帰ってきて、“ジョージ、もう一度再生してくれる?”って言って、ジョージがそうすると、“それほど悪く聴こえなかったな”って言ったんだ。だから俺が、“そうだよmotherf*cker、お前じゃねーからな”って言ってやった。いい奴だけどな」


Quincy Jones 1

自身が音楽にもたらした革新とは
「俺がしてきたこと全部だな」


クインシー・ジョーンズ、M・ジャクソン/ビートルズ/ヒップホップに対し毒舌再び

Quincy Jones: 'The Beatles were the worst musicians in the world'


何だ!?と思うような毒舌…怖いものなし84歳って感じです。
文面で、日本語訳は、motherf*ckerとなっていましたので、何だ!?と思って調べると、motherfuckerですね…
意味は、嫌な奴、愚か者、臆病者、クソ野郎など、酷い意味ですね…
コノヤローって感じです。



ブログは明日から休憩です…が…急遽、リズムに乗って、更新するかも…

0

Happy Beatles Day!

Happy Beatles Day!

Happy Beatles Day

今日は何の日、気になる日って、以前もこのようなフレーズでブログを始めた事があるのですが、その時は「1980年ポール出国の日」の事を記載したのですが、さて、今日、2月4日ですが、2月4日と言われて、ピン!と来た方はエライ!

今日・2月4日は「ビートルズの日」なのです!
って…言われても…何かあったっけ?感じですね。


ビートルズのレコード・デビュー(Love Me Do発売)は10月5日
ビートルズ初来日(羽田空港に到着)は6月29日
解散は4月10日(ポール・マッカートニーがイギリスの大衆紙『デイリー・ミラー』でビートルズからの脱退を発表)
ですから…何だろうかと思って調べると…


ビートルズは別名「Fab Four=ファブ・フォー」とも呼ばれています。FabはFabulousの略で「素晴らしい4人」とか「いかした4人組」という意味になるのですが、2月はFebruary、略してFeb。4日は4=Four。つまり、2月4日=Feb 4が、Fab Fourとなり、2月4日は、「ビートルズの日」となりますって…なんという決め方…

ビートルズ・デイ


大体、なんとかの日というのは、このようなパターンが多いのですね。実際、2月4日は何の日かをまとめると…
銀閣寺の日、ぷよの日(ぷ2・よ4)、世界対がんデー、西の日(に2・し4)
ん…ピンと来ませんね…それよりは、山下達郎(音楽家・1953)、小泉今日子(タレント・1966)の誕生日と聞いた方が、ほ~っと思います。


では、Happyとしたら、どのようなHappyが良いでしょうか?
多くは、Happy birthday、Happy Xmas、Happy New Yearかな…
私は、Happy Driveですね。そうです!車、購入しました。
結局、HONDA FREED。そうです。ちょうどいいホンダですね。お値段はちょうどいいってわけには行きませんでしたが、3列シートでなく、2列シートの5人乗り・SENSINGを選択!後ろのシートアレンジを楽しもう!って事にしました。これでHappy Driveです。


そして、今週は、「HAPPY FLIGHT」もあります。
9日出発ですが、まだ準備出来ておりません…何処で時間を過ごすのかも余り決めておりません…どうなるやら…
こんな調子ですので、今週末~来週に掛けてブログはお休みになります。


では、Happy NA Dreamers!

このカテゴリーに該当する記事はありません。