ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

7月15日CenturyLink Center, Bossier City

7月15日CenturyLink Center, Bossier City

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター ポール・マッカートニー

7月15日CenturyLink Center, Bossier City 看板

シンプルな応援幕もあります。

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター 応援幕

今日は、アメリカ・ルイジアナ州 ボージャーシティ・センチュリーリンクセンターでの公演です。
公演開始は日本時間16日10時、現地時間15日9時となりますが、時間ピッタリには始まりません。


ボージャーシティ・センチュリーリンクセンターmap

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンターMap

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター会場

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター座席

14,000人の会場ですので、どこから見ても♪イイ感じ♪でしょうね。
公演前の楽しみと言えば、グッズですが、あまりグッズの紹介をさせる画像がありませんが、その中でも、このTシャツは注目のTシャツなのかな…そう言えば、VIPのお土産バックがアウトドアーにも使えるパソコンバックでしたから、アウトドアーに合うデザインを発案されたのかな。この夏場に半パンと似合いそうです。


ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター ポールTシャツ

ポール到着!

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター ポール到着

VIPの方は、サウンド・チェック!

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター サウンド・チェック

さて、会場内に入ってみましょう。

ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター 公演前

7月15日CenturyLink Center, Bossier City ポールマッカートニー公演

今か今かとポールの登場を待っています…
アリーナが3ブロック、そのサイドのスタンド席がステージから近い!
ステージを囲むように座席が配置されている所が、小ホールって感じがします。


7月15日CenturyLink Center, Bossier City 会場内

7月15日CenturyLink Center, Bossier City 満員

Bossier 1on1



ボージャーシティ・センチュリーリンクセンター ポール登場

センチュリーリンクセンター ポール1

センチュリーリンクセンター ポール2

7月15日ポール センチュリーリンクセンター 

センチュリーセンター aharddaysnight

Periscope Paul McCartney LIVE

センチュリーセンター Paul McCartney

1on1in Bossier City

Let It Be

7月15日CenturyLink Center Let It Be

センチュリーリンクセンター 7月15日ポール

センチュリーリンクセンター ポール3

Thank you! Paul McCartney


With

Paul McCartney in Bossier City

こちらの写真もご覧下さいね。Bossier City 公演の画像満載です。
売り物のようですので、リンクのみとさせて頂きます。

6

Sgt. Pepper Special - Japanese Version 「教えてポール!」前編

Sgt. Pepper Special - Japanese Version 「教えてポール!」前編

とても興味深い内容でした。
ポールHPに掲載されているインタビューの内容です。


Sgt. Pepper Special - Japanese Version 「教えてポール!」前編

わざわざ日本文を掲載して頂けるとは嬉しい事です。そのインタビュー「教えてポール!」前編を一部のみ転記致します。



PMc:うちの事務所では、ドラムヘッドに文法的な間違いがある事に気付いたんですよ。“Sgt”の後にセミコロンがある事と、“Peppers”にアポストロフィがないんですね。それはたまたま間違えたって事ですかね?

PM:そう、たまたま間違えたんだね! これを描いた人は、さっきも言ったように移動遊園地などで描いている人で、こういうもの[ポールがアルバム・ジャケットのロゴを指差して]、つまりこういう金銀の線を使った装飾文字は、移動遊園地のワルツァーの横とかに描かれているだろう。ライドはすべてこういう装飾に覆われているよね。

だから多分“Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band”と言われた時に、“Sgt.”の“gt”の後に普通だったら自然に省略のピリオドを打つはずだけど、多分このように下に描いた方が構図的にいいと思ったんだろうね。それでもなぜセミコロンにしたのかはわからないよね。もしかしたら、単に点が二つだったのかもしれないけれどね。そしてなぜアポストロフィがないのか? 特に理由はないと思う。彼は依頼を受け、この美しいデザインを作ったというだけの事だ。



間違い?デザイン?センス?当然、チェックが入って指摘があったと思いますが、これをそのまま受け止めて、そのデザインを採用した所がお互いの発想なのかな…そのデザインが50年経過してもこうして多くの方に受け止められている事は、やっぱりこの文字で正解だったと言えますね。もしミス=失敗した文字として認知されていれば、文句の1つもありそうですが、そのような事は聞きませんし、反対に「何か理由があるのでは?」と勘ぐってしまう所がビートルズ・マジックかもしれませんね。
続いても、もう1つ…




テープのオペレーターが間違えてテープ・マシーンを逆回転させたとしたら、僕たちは「え? それって何?」と興味を示した。僕はいつも言うんだけど、こういう時に他のバンドだったら「おいおい、逆回転させているぜ、馬鹿! 早く戻せよ!」で終わると思うんだ。僕たちはそういう時にはいつも「へえ、これをどこかで使えないかなあ?」ってなった。

ジョージは本当に素晴らしいプロデューサーでそういう事をわかってくれた。彼は“そうだね、使えると思うよ。ここをこうして、あそこをああすれば……”という感じで言ってくれた。それって興味深い事で、彼は物理的な事をいつも僕たちに教えてくれて、とても勉強になった。



なんて!発想と言うか、包容力があり、聞く耳のある人達が集まっているかが分かりますね。
楽しんで挑んでいると発想が豊かですね。ミスでなく、応用に変えていく…先程記載した「SGT.」の文字デザインの話と似ていますね。興味を持った事はプラスに変えていく…ん…それが新しい道を切り開いたりするのですね…ん…感心します…


そう言えば、当ブログのタイトル「夢参加NAブログ」って変わったタイトルですよね…でも、これも考えた上で意味のあるタイトルなのです。
タイトル文字が、「漢字」「アルファベット」「カタカナ」が組み合わせもユニークでしょう!
でも…日本語を代表する「ひらがな」がないな…じゃあ!ひらがなを付けてみよう!!と言うことでタイトル文字変更!
JAPAN的な発想かな?ソフトなイメージになったような気がします。海外の方に、日本語の複雑さ、感情、ユニークさを説明出来る機会があれば、嬉しいですね。


リスナーの方から教えて頂いたのですが、SLOのシェリーさんが「このNAは何の意味?」と言われたと聞いていますが、日本語だけなら気にもしない所が、アルファベットが入る事で気にしても貰えた事は、この多種な組み合わせで良かったかな…と思っています。

これからも、ちょっと変わって思考で行きますが、今後も宜しくお願い致します。

5

ポール・マッカートニー、アリアナ・グランデ公演の爆発事件を受けて追悼の意を表明

ポール・マッカートニー、アリアナ・グランデ公演の爆発事件を受けて追悼の意を表明

ポール・マッカートニー、アリアナ・グランデ公演の爆発事件を受けて追悼の意を表明 ~ NME JAPAN

ポール・マッカートニー、アリアナ・グランデ公演の爆発事件を受けて追悼の意を表明1

ポール・マッカートニーは現地時間5月22日にマンチェスターで起きた悲劇的なテロを受けてソーシャル・メディアで追悼の意を表明している。

アリアナ・グランデのコンサートを襲ったこのテロはマンチェスター・アリーナのロビーで爆発が起きて、22名が亡くなり、59名が負傷している。爆発時は多くの観客が会場を後にするところで、多くの子供もそのなかには含まれていたという。爆弾犯は現場で自家製の爆弾によって死亡しており、容疑者はマンチェスター出身のリビア系のサルマン・ラマダン・アベディであると判明している。

ポール・マッカートニーはソーシャル・メディアを通して以下の声明を発表している。「他のみんなと同じように、僕と僕の家族はマンチェスターからのニュースを聞いて衝撃を受けています。残されているのは、犠牲者の御家族とアリアナ・グランデに心からの共感を送ることだけです。このようなことが再び起きないようにと祈っています。すべての人々に愛を」

音楽界からは多くの追悼の声が寄せられており、テイラー・スウィフト、リアム・ギャラガー、ジョニー・マー、ケイティ・ペリー、ハリー・スタイルズらを初めとした多くの人々が亡くなった方々やマンチェスターの人々に追悼の意を表明している。

アリアナ・グランデは事件を受けてツイッターで思いを明かしており、「傷ついています。心の底から本当に、本当に残念に思っています。言葉がありません」と述べている。

   NME JAPAN より転記


残念な事件です…
被害に遭われた方、そのご家族、友人の方、心が痛みますね。

アリアナさんも被害者です。
「broken. from the bottom of my heart, i am so so sorry. i don't have words.」 (編集部訳:「失意のどん底です。心の底から、本当に本当に残念です。言葉になりません」)

マンチェスターでは…

爆発事件 マンチェスター

Manchester attack

Manchester attack1

Manchester attack2

I LOVE Manchester


平和を望みます…

9

ペニーレイン神戸に行って来ました!

ペニーレイン神戸に行って来ました!

20170521ザ・マッカートニー・ローズ
(今日、自宅の庭に咲いていたザ・マッカートニー・ローズ)

ヒサシブリのブログ更新です。
昨日は、西日本MeetUp大反省会に多くの方が参加して頂き、誠にありがとうございました。
お陰様で盛況な会合となった事に感謝申し上げます。ありがとうございました。


今回のイベントは2部制として、1部は神戸・PENNYLANE KOBEでの寛ぎ、2部は大反省会と称して映像と大意見交換・反省会…その後、モットハナシシタイ?と言う事でアンコールで3次会(カラオケボックス)も開催させて頂きました。

中でも、1部のペニーレイン神戸は5月6日、デザイン・クリエイティブセンター神戸. KIITOにオープンしたばかりですので、参加者全員が初めての入場となりました。
オープンされたのは、㈱千雅商事と言う会社で、昨年、東京で開催されたロバート・ウィテカー写真展を主催された企業です。


このギャラリー…と言うか基本的には喫茶ルームとしての展示になっています。
Free Drinkで500円、しかも椅子、ソファーが沢山あり、開店の10時から閉店の17時まで、ゆっくり出来るスペースになっています。エッ!?そんな長時間居る人がいるのか?って…居るそうですよ…


ペニーレイン神戸に行くには、三宮駅から1.4km南・港方面になります。徒歩では20分ですが、駅から地下道があり、C8出口を上がって、地上徒歩5分かな。
行きは歩いても、帰りは歩きたくないと言う方は、デザイン・クリエイティブセンター神戸. KIITOの道向こう側正面にバス停がありますので便利です。でもバスの本数が限られていますので、ペニーレイン神戸の受付でバス時間を確認された方が良いですよ。


会場内はカメラ撮影OKで、ビートルズのメンバーと一緒に写真を撮れる展示物もありますので、記念に写真を撮られるのも良いと思います。肝心な展示物は…それは行ってのお楽しみにして下さい。

私の希望として、ポール・マッカートニー日本公演が終了した所ですので、ポール来日に関連した展示物があって欲しかったですね。
どの展示会場も同じですが、いつもビートルズ一色となっています。
近年、精力的に日本に来日しているのはポールですから、もっとポールをクローズアップして欲しいものです。Out There Tourから1on1までの頃の展示でも、行かれたファンからが見られたら、楽しくそして興味深く見られるでしょうね。


個人的には貴重な物、高価な物、古い物でなくても、最近の関連品・ファンが撮影した写真などの展示があっても良いかと思っています。ファンが撮影した写真を展示出来るのであれば、私、ご提供しますよ!

これからのペニーレイン神戸のイベントや展示内容に期待を寄せて、当ブログのイベントも合わせて開催出来ればと思っていますので、楽しみが増えそうです。
まだ、行かれていない方は、ぜひお立ち寄り下さい!



With
そして、こちらの方も、絶賛募集中です。

夢参加NA関東支部 ポールマッカートニー2017来日公演「反省会」

こちらの方も、宜しくお願い致します。

16

Paul McCartney in JAPAN TOKYO DOME2017 4月30日最終日

Paul McCartney in JAPAN TOKYO DOME2017 4月30日最終日

4月27日setlist  → 4月29日 →  4月30日

A Hard Day's Night
Junior's Farm   →   Save Us  →  Junior's Farm
Can't Buy Me Love
Letting Go   →  Jet  →  Jet
Temporary Secretary

Let Me Roll It
I've Got a Feeling

My Valentine
Nineteen Hundred and Eighty-Five
Maybe I'm Amazed

We Can Work It Out   →   I've Just Seen a Face   →  We Can Work It Out
In Spite of All the Danger
You Won't See Me
Love Me Do
And I Love Her

Blackbird
Here Today

Queenie Eye
New
The Fool on the Hill
Lady Madonna

FourFiveSeconds
Eleanor Rigby
I Wanna Be Your Man
Being for the Benefit of Mr. Kite!

Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Band on the Run
Back in the U.S.S.R.

Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude

Encore:
Yesterday
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
Hi, Hi, Hi   →  Hi, Hi, Hi  →  Get Back
Birthday   →   I Saw Her Standing There  →  Hi, Hi, Hi

Golden Slumbers
Carry That Weight
The End


Thank you Paul McCartney!

もうお帰りなんですね…

ポール・マッカートニーのフライト FA7X 

東京ドーム公演が終了して、ホテルに寄ってから出発、羽田空港に行き、ビジネス・ジェットに乗り込んだようです。
ん。。。飲んでる場合ではなかったか。。。

To Be Continued



With
フライト遅れで関空に21時過ぎに到着。
ポールのビジネスジェットのようには行きません。

多くのコメント、ありがとうございます。
会場でお会いした方、残念ながら、お会い出来なかった方、皆さんに感謝しながら、まだ、帰路のバスの中です。

時間があれば、今日は、モウ1カイ ヨミタイ?
と思っている方の為に更新したかったのですが、その内容は明日の晩になります。

皆さん、今日はお疲れでしょうから、公演の事を思い出しながら、お休み下さい。

エッ!?ポールの事を考えると寝れなくなる。。。
確かにそうかもしれませんね。
そんな時は眠り薬の代わりに当ブログの過去の掲載でも読んで下さい!
ほら。。。もうすぐ、あなたも夢の中でポールと夢参加出来ますよ。。。

goodnight

このカテゴリーに該当する記事はありません。