fc2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Beatles & NA Dreamers おりほー!

ポール・マッカートニーやビートルズから、野球・観光・コロナまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニーがビートルズの天才性を理解していないことに驚きを隠せない

It’s amazing how little insight Paul McCartney has into the Beatles’ genius

he Paul people are out in force these days. A New Yorker profile, a book and a new documentary have put the Beatles, and particularly Paul, back in the papers. Not that they, or he, ever left.

ポール・マッカートニーがビートルズの天才性を理解していないことに驚きを隠せない

ポール・マッカートニーがビートルズの天才性を理解していないことに驚きを隠せない

ここのところ、ポール関係者が勢ぞろいしている。ニューヨーカー誌のプロフィール、本、そして新しいドキュメンタリーによって、ビートルズ、特にポールが再び新聞に取り上げられるようになりました。彼らや彼が去ったわけではない。

私には偏見があることを認めなければなりません。私はジョンと同じファーストネームを持っており、忠誠心の強い人間なので、早い段階で彼をお気に入りにしました。うぬぼれ屋で、皮肉屋で、意地悪で、少年のようで、思慮深く、傷つきやすく、明るい目をしていて、喧嘩っ早く、何に出会っても退屈しないような裏切りのある賢さに恵まれている。穏やかなポールは、私には全く同じようには受け入れられません。

来年6月に80歳を迎えるポール・マッカートニーは、BBC Soundsで短いポッドキャストシリーズを配信している。ゴブレットサイズのエピソードで、彼はどのように曲を作ったかを説明しています。彼は同年代のようです。彼の声は平坦で、呼吸は新たに苦しくなっている。ポールの最も興味深い点は、彼がいかに普通であるかということだ。ジョンが80歳になると、堂々としたダメな変人になるのが想像できる。ポールは誰にでも似ているのだ。

彼は、どのようにしてそれが起こったのかについて、ほとんど何も知らない。インスピレーションはその場限りのもので、手持ちのものを使って仕事をしていた。「Yesterday」の曲は、夢の中で思いついたという。Eleanor Rigbyの名字は店先から拾ってきたもので、マッケンジー神父は電話帳から拾ってきたものだ。まるでポールが自分のトリビアの番人になったかのようだ。彼は、天才の謎めいた「方法」や「理由」を待ち受ける日常的な「いつ」「どこで」「何」を知っているのです。

例えば、「Got to Get You into My Life」のエピソードでは、ポールは「マリファナを吸いたいと思っている」と説明できる。しかし、なぜ私がこの曲を6回連続して聴くためにエピソードを消したのかは説明できません。それが批評の仕事だと思いますが、ビートルズのすべてが説明を通り越しています。思うに、この曲の金管楽器の音は、McCartneyの熱意のこもった声に合わせて、徐々に大きくなっていくのである。この音楽は、私に新しい刺激を与え、肺と腸を浮遊する陽炎で満たす。

これは何度も聞いたことのある同じ話だ。このシリーズに新しい情報があるとは思えないし、もしあったとしても、私はすでにビートルズのトリビアを大量に消費してしまっているので、新鮮な肉と古いロープの区別がつかないのだ。曲がなぜ魔法なのか、なぜ物語全体が私を大量の涙で濡らすのか、どれも説明していません。特に初期の作品はそうだ。モップのような笑顔と叫んでいる女の子たちは、沈んだ気持ちを隠すことができない。

物事はバラバラになる。ビートルズがそのような儚くほろ苦いものを象徴しているとすれば、コインの裏側はあまり光っていないことになります。それは宿敵の思想であり、悪意に満ちた公理に基づいて構築された宇宙です。ここでは、ただ一人の男が必要です。トーマス・ハーディです。

今年の初めにBBCで放送された一連の映画化作品『Hardy's Women』を見逃していた。この作品は、ハーディの小説に「新しい試み」をして、女性のキャラクターを物語の中心に据えている。もちろん、これは全く新鮮ではありません。ひとつには、女性キャラクターの目を通して物語を再演するというアイデアは、船のビスケットのように古くさい。もうひとつは、ハーディはカノンの中でも特異なプロト・フェミニストの一人であり、自分の女性を現実的で立体的なキャラクターにすることにすでにかなり徹底して取り組んでいたことだ。Tess Durbeyfieldを彼女自身の物語の中心にすることは、新しいことではない。

しかし、これは良い作品であり、リスナーの知性を信頼し、ハーディの見事な対話を維持した、詳細でよくできたラジオドラマである。テス」の翻案は申し分ないが、中でも「塔の上の二人」がお勧めである。若い既婚女性と天文学者との運命的な恋愛を描いたマイナーな小説を、無駄のない形で脚色したものだ。(この作品は、若い既婚女性と天文学者の破滅的な恋愛を描いたマイナーな小説を、無駄なく映画化したものである(『エセルバータの手』は、原作でできることは限られている)。

もちろん、この文字通りのスタークロスした恋人たちは、すべてがうまくいかない。すべてがうまくいかないというのは、人間の物語の中心であり、根源である。しかし、ある物語のきちんとした翻案と、別の物語の100回目の再演の間に、私は現在の文化的疲労を感じずにはいられませんでした。リメイク、リテイル、原作、翻案が物語メディアの大半を占めている。私たちはこれらの物語が好きです。私たちはこれらの物語が好きで、それらを再び聞くことができて嬉しい。しかし、そろそろ新しい物語も必要なのではないでしょうか。

WRITTEN BY John Phipps

It’s amazing how little insight Paul McCartney has into the Beatles’ genius



ん…難しいコラムだったな…
海外のコラムって、小難しい…(笑)

0

ポール・マッカートニー、『マッカートニー 3,2,1』が日本のディズニープラスで配信されることが決定

ポール・マッカートニー、『マッカートニー 3,2,1』が日本のディズニープラスで配信されることが決定



ポール・マッカートニーはドキュメンタリー作品『マッカートニー 3,2,1』が日本のディズニープラスで12月22日より配信されることが決定している。

本作『マッカートニー 3,2,1』はリック・ルービンを迎え、楽曲にまつわる制作秘話を一対一のインタビューで語る6話構成のドキュメンタリー・シリーズとなっている。

「この6話のシリーズはユニークかつ画期的な方法で音楽とその創造性を掘り下げるもので、ポールとリック・ルービンを前に最前列で、私たちの人生のサウンドトラックとなった名曲に関するソングライティングや受けた影響、個人的な出来事について語るものとなっています」と番組の説明には記されている。

日本語字幕付きトレイラー映像はこちらから。



2人は予告編映像の中で“Come Together”、“All My Loving”、“With a Little Help From My Friends”、“In My Life”といったザ・ビートルズの楽曲について語っている。

番組の概要については以下の通り。

ドキュメンタリー・シリーズ『マッカートニー 3,2,1』(全6話)
2021年12月22日(水)より ディズニープラスにて独占配信スタート
出演・製作総指揮:ポール・マッカートニー、リック・ルービン
監督:ザッカリー・ハインザーリング(『キューティー&ボクサー』)

ディズニープラスについては映画『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』を日本でも11月25日、11月26日、11月27日にそれぞれ2時間の長さの3部作のドキュメンタリーとして配信することが決定している。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの監督で知られるピーター・ジャクソンが手掛けた『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はザ・ビートルズにとって最後から2番目となるアルバム『レット・イット・ビー』の制作を追ったもので、ロンドンのサヴィル・ロウで行われた最後のライヴが全編収録されたものとなっている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は1969年にマイケル・リンゼイ・ホッグが撮影した55時間の未発表映像と140時間のほぼ未発表の音源を使用したものとなっている。

ポール・マッカートニー、『マッカートニー 3,2,1』が日本のディズニープラスで配信されることが決定

0

Paul McCartney、COP26に際して畜産業の影響を認識するよう世界の指導者に求める

Paul McCartney、COP26に際して畜産業の影響を認識するよう世界の指導者に求める

Paul McCartney、COP26に際して畜産業の影響を認識するよう世界の指導者に求める

ポール・マッカートニーは気候変動について畜産業の影響を認識するようCOP26に出席した世界の指導者に求めている。

ポール・マッカートニーは娘のメアリー・マッカートニーとステラ・マッカートニーと2009年にミート・フリー・マンデーを立ち上げている。ミート・フリー・マンデーは「気候変動の緩和、貴重な天然資源の保護、健康改善のために少なくとも週に一度は植物性の食事を摂ることを奨励する」ものとなっている。

今回、ポール・マッカートニー一家はモービー、ホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラ、エラ・ガンジーと共にCOP26の参加国にパリ協定に加えてプラント・ベースド・トリーティ(植物由来の食事の条約)を採択するよう求めている。

「私たちは動物、環境、人々のための正義を信じています。プラント・ベースド・トリーティを支持し、一人一人と政府に採択するよう求めるのはだからです」とポール・マッカートニーは声明で述べている。

プラント・ベースド・トリーティの運動を行うアニタ・クランツは次のように説明している。「世界各地で科学者、政府代表、宗教指導者、有名人が森林破壊と畜産業の拡大を止めて、植物由来の食事と森林再生と土地の再利用を行うことを求めています」


「食肉や乳製品、卵の消費が三大温室効果ガスである二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素の排出を促進していることを認識する人が増えています。今回、COP26の参加国や他の指導者もそれを認識する必要があります」

プラント・ベースド・トリーティに協力しているディフェンス・オブ・アニマルズのフラー・ドーズは次のように述べている。「ポール・マッカートニーとエラ・ガンジーがプラント・ベースド・トリーティと共にCOP26の指導者に牛の問題に取り組むよう求めていることを喜んでいます」

「畜産業は主要な環境破壊の要因ですが、指導者の多くは無視しています。この星に与えている壊滅的な環境破壊の効果を逆行させるには難しい時に来ています。アントニオ・グテーレス国連事務総長には環境破壊を行う畜産業をフード・システムから除外することを求めます」

モービーは先月公開したビデオ・メッセージで次のように述べている。「私たちは環境面での大災害、特にメタンガスの緊急事態に直面しています。今年のCOP26で植物由来のフード・システムに移行することで合意する必要があります」

「パリ協定は畜産業にまったく触れていませんが、メタンガスの排出の第3位は畜産業からのものとなっています。私たちには変えることができます。食の変化によって気候変動と闘いましょう」



COP26はスコットランドのグラスゴーで開催されており、世界の指導者は気温上昇を止めるための新たな目標を決めている。

今年8月、5年間にわたってミート・フリー・マンデーを続けた人の3分の1がヴェジタリアンに転向した調査結果が発表されてい

Paul McCartney、COP26に際して畜産業の影響を認識するよう世界の指導者に求める

0

ポール・マッカートニーのお気に入りのサンドウィッチのレシピはとても奇妙です。

Paul McCartney has a very weird favourite sandwich recipe

Paul McCartney revealed his recipe for the 'perfect sandwich' in a new interview and it definitely sounds like an acquired taste.

ポール・マッカートニーのお気に入りのサンドウィッチのレシピはとても奇妙です。

ポール・マッカートニーのお気に入りのサンドウィッチのレシピはとても奇妙です。

ポール・マッカートニーは、新しいインタビューの中で「完璧なサンドイッチ」のレシピを明かしました。

ポール・マッカートニーは新しいインタビューの中で「完璧なサンドイッチ」のレシピを明かしましたが、それは間違いなく嗜好品のようです。

マッカートニーは、亡き妻リンダの料理本「Family Kitchen」のプロモーションを兼ねて、イギリスのコメディアン、ロメシュ・ランガナサンと対談し、自身が考える「完璧なサンドイッチ」について説明しました。

ポール・マッカートニーの「完璧なサンドイッチ」レシピの主な材料は、マーマイト Marmite、フムス hummus、チーズ、レタスで、これらはすべて、ハニーマスタードのベーグルの上に置かれています。ポール・マッカートニーは、Ranganathanにこのスナックの作り方を説明してくれました。

「ベーグルを3つに切るんだよ。よくあるのは、ベーグルが2つの場合ですが、それを6つに切り分けます。そうすると、上と下、上と下、そして真ん中が2つになります。これで3つのサンドイッチができるんだよ」。

彼は続けた。「一番下の層にはマーマイトを塗って、レタスを少し乗せる。フムスを乗せるけど、レタスを乗せないと穴が開いてしまうからね。

スライスチーズ、トマト、ピクルスなどを載せます。そうしたら、またレタスを乗せる。上にも穴が開いているから、そこから守らなければならない。それからハニーマスタードをつけるんだ。」

マッカートニーの娘であるメアリーは、「マッカートニーのサンドイッチは、調味料を恐れません」と言いました。ちょっと控えめな表現ですね、メアリーさん。

この「完璧なサンドイッチ」のレシピには、あまりにも多くのことが書かれています。一口食べようとすると、口の中がパニックになってしまいそうです。あなたがビートルズの伝説であり、音楽のアイコンであることは理解していますが、ポールさんが料理の達人であるとは思えないのです。

Paul McCartney has a very weird favourite sandwich recipe

2

ポール・マッカートニー、今後のキャリアについて語る:「死は決して怖くない、僕にとってはまだ先のことだ」。

Paul McCartney habla sobre el futuro de su carrera: "La muerte no me asustará nunca, todavía está muy lejos para mí"

Paul McCartney estrenó durante la pandemia su 26 álbum de estudio llamado III, una declaración de intenciones de que no tiene en el horizonte ningún plan de parar de crear música. En una entrevista reciente ha reconocido que es consciente de su cercanía a la muerte, pero que no le preocupa.

ポール・マッカートニー、今後のキャリアについて語る:「死は決して怖くない、僕にとってはまだ先のことだ」。

ポール・マッカートニー、今後のキャリアについて語る:「死は決して怖くない、僕にとってはまだ先のことだ」。

ポール・マッカートニーは、パンデミックの最中に26枚目のスタジオアルバム『III』をリリースし、今後も音楽活動をやめる予定はないという意思表示をしました。最近のインタビューでは、死が近いことは自覚しているが、気にしていないと認めています。

「音楽を作っていないのは信じられないほど不快だし、たくさんの曲を作っているときは、それを自分の中に留めておくのも同じように不自然で、ただ共有したいだけなんだ」とReader's Digest誌に語っている。

元ビートルズのメンバーは現在、新曲やツアーだけでなく、彼の作曲した曲をすべて紙に書いた『Lyrics』という本のプロモーションも行っています。今年11月に発売され、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーになりました。

Lyrics、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー

ジョン・レノンとのトラウマ的な経験から、人生を精一杯生きることを学んだシンガーは、インタビューの中で自然に死について語っています。「死は決して怖くありません。私のような年齢になれば、自分の死を受け入れなければなりません」と告白しました。「死は有限であることを認識しなければなりませんが、私にとってはまだまだ先のことです。

「もし、新しいプロジェクトや課題がなければ、死という現実についてますます考えるようになるのではないでしょうか。そして、それは今、私がやりたいと思っていることではありません、本当に。"今のミステリーツアーにはとても感謝しています "」と付け加えました。

また、体を鍛えて、心を整えることにも余念がありません。79歳になった今も引退の予定はなく、音楽で世界中を旅してきた後に休むつもりもありません。

Paul McCartney habla sobre el futuro de su carrera: "La muerte no me asustará nunca, todavía está muy lejos para mí"

このカテゴリーに該当する記事はありません。