FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る➕α

ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る➕α

ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る➕

昨晩、ポールの家族用シークレット・クリスマス・アルバムの事について掲載しましたが、その内容は直訳でしたので、相変わらず、辿々しい文面でしたが、翌日になるとNME JAPANが、その事について記事にされていたので、その内容を転記します。



Paul McCartney has recorded a “secret” Christmas album – but only his family get to hear it

ポール・マッカートニーは1年に1度クリスマスに集まる時に「家族にしか」聴かせたことがないクリスマス・アルバムをレコーディングしたことがあると明かしている。

「何年か前に、あまりいいクリスマスのアルバムがないなっていうふうに思ったことがあってね」とポール・マッカートニーはBBCラジオ4の番組「ザ・ワールド・アット・ワン」に出演して語っている。

「そういうわけで、スタジオで何年かかけて作業をして、自分で1枚を作ったんだ」

ポール・マッカートニーは司会のサラ・モンタギューに対してクリスマス・アルバムのデモをリリースする予定はないとした上で、自身の子供や孫たちの間ではお気に入りのアルバムになっていると明かしている。

「子供たちは気に入ってくれていてね」と彼は語っている。「彼らは何年にもわたって聴いてくれているんだ。今では孫たちも僕のクリスマス・アルバムを聴かされているよ」

ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る➕α

同じインタヴューの中で、ポール・マッカートニーは来年ヘッドライナーを務めるグラストンベリー・フェスティバルのステージにどのように臨もうとしているかについても言及しており、自身をオリンピックに出場するアスリートになぞらえている。

彼はグラストンベリー・フェスティバルに先駆けて「入念な準備」をするために10公演をこなすつもりだと語っている。

「事前に何レースかこなすことなくオリンピックに臨むようなアスリートはいないわけでね」とポール・マッカートニーは語っている。

「考え方として、グラストンベリー・フェスティバルに出演する頃には、あくまでもギグの1つだっていうことを思えているようになりたいんだ。もちろん、そうにはならないんだろうけどさ。とても特別なものだからね」

先日、ネットフリックスはポール・マッカートニーによる2005年刊行の児童書『あの雲のむこうに』をアニメ化する権利を獲得したことが明らかになっている。

ネットフリックスは映画制作会社のゴーモンと共に『あの雲のむこうに』の映像作品の制作に取り組むことを明らかにしており、アカデミー賞へのノミネート歴のあるティモシー・レッカートが監督を務める本作にはポール・マッカートニーもプロデューサーとして参加するほか、本作ではザ・ビートルズのオリジナル楽曲も使用されるという。

一方、ポール・マッカートニーはレコード・ストア・デイに際して“Home Tonight”と“In A Hurry”の2曲の新曲が公開されている。

ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る~NME JAPAN



ん…本業の方が訳されると、内容が滑らかで分かりやすいですね。
昨日掲載したのは、BBC…という事は…言語は英語…自動翻訳を読みやすくしたつもりでも、デコボコな文面になってしまいます(笑)。それでも、気になる内容があれば、直訳だろうが、自動翻訳だろうが、勝手な解釈だろうが、掲載するのが、このブログ!
➕αとして、上記にはない内容を下記に掲載しますのでご覧になって下さい。

ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る


ポールの8人のお孫さんは、娘のメアリーの子供(Mary’s kids)アーサー(Arthur, 20)、エリオット(Elliot, 17)、サム( Sam, 11)、シド(Sid, eight)、そして、ステラ(Stella)の子供、ミラー(Miller, 14)、ベイリー(Bailey, 13)、ベケット(Beckett, 11)、レイリー(Reiley, nine)

ポールとリンダ(Linda)の子供は、ヘザー(Heather, 56)、ジェームズ(James, 42)、そして、2番目の奥さんであるヘザー・ミルズ(Heather Mills )のお子さん、ベアトリス(Beatrice)は16歳になりました。

みんな、グラストンベリー・フェスティバルがどんなに素晴らしいフェスティバルか知っているんだよ。以前、出演した事も知っているから、彼らは、「Dad、グラストンベリーについて話してよ!」と言って来るよ。


ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る➕Xmasdinner

クリスマス・ディナーについては、どのように伝統的かと言うことも語っています。勿論、ベジタリアン(菜食主義者)でなければいけませんが。
奥さんのリンダが「マカロニ・ターキー」を作る方法を思い出しました…マカロニ・チーズを揚げる前に、硬い塊を冷やしてから、何かを刻む事が出来ました。今では、ベジタリアン・ローストを作れます。


「リバプールからロンドンに初めて行った時に、Cranksというレストランがあって、野菜についてどう考えるべきかを教えてくれました。」

「リンダと一緒に農場にいて、そこに仔羊がいたんだけども、仔羊の足を食べていたんだ。突然、「あっ!Oh」と…電球が消えて、「さあ、この事について何をすべきだろうか?」と…

10周年となるMeat Free Mondayについても語っています。
「私達が説明せず、推し進めなければ、人々は、それ程悪い事じゃないよ…と考えてしまいます。
私は以前はベーコンの香りが大好きでした。その匂いが嫌いになったわけではないんだけれども、食べたくないね…と言うよりも興味がなんだよ。」


コールドプレイは気候変動の懸念を巡って、最新アルバムでツアーをしない事を表明しています。
ポールは、木を植えることで、ツアーからの二酸化炭素排出量を相殺しようとしています。
「ツアーをする事で二酸化炭素排出量が増える事はわかっているよ。だから、それを相殺する為に、多くの木を植える必要があるんだ。」



と…こんな追加内容ですが、直訳と個人的な解釈ですので、細かな所はご勘弁下さい…
エッ!?文章よりも、ポールの声を聞きたいって…それでは、こちらを!


McCartney on Vegetarianism, Glastonbury and Xmas Carols ~ From: World at One



内容が把握された方、是非とも翻訳をお願い致します…って、最後は人頼りです(笑)。

0

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、シークレットなクリスマスアルバム('secret' Christmas album)について語りました。

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、シークレットなクリスマスアルバム('secret' Christmas album)について語りました。

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、シークレットなクリスマスアルバム('secret' Christmas album)について語りました

ポール・マッカートニーは、かつてマッカートニー家で、家族の為だけの秘密のクリスマスアルバムを録音したことを明らかにした。
「数年前のクリスマス・レコードはあまり良くないと思っていたんだ」と彼はBBC Radio 4のWorld at Oneで語った。
「だから実際に数年かけて自分のスタジオに行って、Xmasアルバムを作ったんだ。」


ポールは彼の子供や孫に人気のある伝統的なクリスマスキャロルのインストゥルメンタルのデモを決してリリースしないと言いました。
「子供たちはそれが好きだよ!」と彼はサラ・モンタギュー(Sarah Montague)に語った。 「その曲を彼らは長年にわたって聞いているよ。今では孫が私のクリスマス・キャロルを吹き込んでいるよ。」


ポールには5人の子供と8人の孫がいます。6人の男の子と2人の女の子です。
今年の初め、彼は孫の一人がポールに言った"Grandude"の愛称をヒントに子供向けの本を書いています。


Abbey Road NOW!20191114-11

来年、78歳の誕生日を迎えた9日後の6月27日、サマセット(Somerset)での来年のグラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival)のピラミッド・ステージに立つことを発表しています。

Glastonbury is 'very special'

Paul McCartney to headline 50th Glastonbury festival2020

ポールは自分がナーバスになるかもしれないと認めたが、事前に行われる10公演を"to get up to speed"として演奏する事で、その出演に備えていた。
「事前にいくつかのレースに出場していないのに、いきなりオリンピックに出場するアスリートはいないよ。」と彼は言いました。
「グラストンベリーで演奏する頃には、それはちょうど別のギグのようになるだろうね。しかし、それは悪い事じゃなくて、とてもスペシャルな事になるだろうね。」


ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、シークレットなクリスマスアルバム('secret' Christmas album)について語りました。

彼はまた、10周年となるMeat Free Monday、気候変動、クリスマス・プレゼントについて語った事がThursday's World at One on BBC Radio 4 from 13:00 GMTで放送されます。

2

ポール・マッカートニー、気候変動への抗議活動に対する自身の見解を語る

ポール・マッカートニー、気候変動への抗議活動に対する自身の見解を語る

今、トップ・ニュースは何だろうか・・・
ニュージーランドのホワイト島の火山爆発?自民党の桜を見る会の問題?神奈川県庁のHDD流出・転売事件?
色々な事が起こっていますが、今は、これでしょう!



グレタ・トゥーンベリ、COP25開催のマドリードで演説

「指導者の裏切り許さない」 グレタ・トゥーンベリ、COP25開催のマドリードで演説

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が、第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)が開催されているマドリードで、気候変動対策に抜本的に取り組むよう世界の指導者に呼びかけた。

「今の世界の指導者は、われわれを裏切り続けている。われわれはこれ以上それを許してはならない」。グレタさんは短いスピーチで抗議運動参加者にこう訴え、「変化は、好むと好まざるとにかかわらずやってくる」と付け加えた。

マドリード市当局者によると、抗議運動には約1万5000人が参加。若い参加者がグレタさんの周囲に「人間の盾」を作ったが、見物人との小競り合いが激しくなり、抗議運動の終盤にはグレタさんは赤い電気自動車でステージへと運ばれた。

グレタさんへのメディアスクラムの激しさは、グレタさんが母国スウェーデンの議会前でたった1人で抗議活動を始めた昨年夏以降、環境活動の高まりで気候変動問題が大きく注目されるようになったことを裏づけるものだ。

「指導者の裏切り許さない」 グレタ・トゥーンベリ、COP25開催のマドリードで演説



グレタさん「今日は話さない」 他の活動へ注目呼びかけ

グレタさん「今日は話さない」 他の活動へ注目呼びかけ

第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)の会場で9日に行われた記者会見で、環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)が「今日は話しません」と冒頭に宣言する一幕があった。メディアの自身への注目を、他の地域の活動家にも向けてほしいとの思いからだという。

 米国の先住民族の若者らとともに登壇したグレタさんは、「私たちは恵まれていて、何回も何回も繰り返し報じられてきている。報じられるべきは他の人々、特に南半球の発展途上国と、先住民族のコミュニティーからだ」と訴えた。そして「気候危機は未来の私たちに影響を与えるものではない。すでに数え切れないほど多くの人々に影響を与えている」と述べた。

 登壇者の1人で、太平洋の島国マーシャル諸島の若者カルロン・ザクラスさんは、「島に残りたければ、適応し、高いところに住まないといけない、と言われてきている。マーシャル諸島は世界の(温室効果ガスの)排出量の0・00001%しか出していないのに」などと語った

グレタさん「今日は話さない」 他の活動へ注目呼びかけ

16歳とは思えない、しっかりとして明確な事を激しい言葉で訴えかけています。
グレタさんだけではありません。勿論、この方も環境問題についてコメントしています。




ポール・マッカートニーは新たなインタヴューで気候変動に対する自身の見解を語っている。

ポール・マッカートニーは今は亡き元妻のリンダ・マッカートニーが立ち上げた食品会社のプロモーションのために『ヴァイス』の取材を受け、現在も進む気候変動の問題について言及している。記事にはポール・マッカートニーの娘たちやラッパーのロイル・カーナー、環境活動家のアンナ・テイラー、廃棄物のゼロを目指すレストランの設立者であるダグ・マクマスターらも登場している。

ポール・マッカートニーは気候変動の問題について次のように語っている。「変化はゆっくりとしたものだよね。だから、できることはまさにキッズたちがやっていることなんだよ。抗議をして、自分たちにできるあらゆることをやるというね」

最近の気候変動に対する抗議活動についてポール・マッカートニーは次のように語っている。「この間、『みんなが耳を傾けなくなってしまう』と思ったんだ。案の定、『あいつらは乱暴だし、騒音を撒き散らして、目も覚めてしまう』なんて声もあるわけだけどさ。だけど、(19世紀末から20世紀初頭にかけてイギリスで女性の参政権獲得のために活動した)サフラジェットはどうなるんだい? っていうさ。彼女たちは必死になって取り組んでいたし、今では女性たちにも権利が与えられているわけでね。まあ、一部の女性たちだけどね。すべての女性たちじゃない」

彼は続けて政府による気候変動への取り組みが不足していることに触れている。「奇妙なのは、このことに唯一反応を示していないのが政府だということでね。みんなが『そうだ!』って言っているのに、トランプは『気候変動はデタラメだ』なんて言ってるわけだからね」

続けて、ポール・マッカートニーはリンダ・マッカートニーの環境に対する考え方と気候変動への抗議運動「エクスティンクション・レベリオン」の共通点について語っている。

「彼女はきっと自分の意見を伝えていただろうし、外へ出ていっていたはずだよ。抗議をしている人たちを見た時に『彼らはズレているし、普通の人たちとは違う行動をしている』なんて言われてしまうのかもしれないけどさ。けど、(そういう人たちがいなければ)今でも奴隷制度があったかもしれないし、女性たちに権利が与えられていなかったかもしれないわけでね。何の変化も起きていなかったかもしれないんだ」

「実際、考えてみると、これらのことにはかなり激しいきっかけが必要だったんだ。そういうわけで、今の状況はとてもいいと思っているよ。一部の人たちに仕事へ行くのを止めさせているわけでね。僕らはいい地点にいると思うし、これからどんどん前に進めていく必要があると思っている。けど、人々はそれを自分からやるようにしなければいけないんだ。誰かをいじめて、無理矢理やらせるということではダメなんだよ。行動を促すためには、人々を惹きつけなければいけないんだ」

ポール・マッカートニー、気候変動への抗議活動に対する自身の見解を語る



スイマセン・・・初めにグレタさんの記事を掲載しましたので、ポールのインタビューが薄れてしまったかな・・・いや、グレタさんも、ポールも、そして多くの方が呼び掛ける事で、点が大きな輪になる事でしょう。
この問題は短期的な問題ではなく、サスティナブルな問題として続く事を願っています。

0

'You Gave Me The Answer' - Submit Your Questions To Paul!ポールへの質問を投稿しよう!

'You Gave Me The Answer' - Submit Your Questions To Paul!ポールへの質問を投稿しよう!

ポールへの質問を投稿しよう!

2015 教えてポール

以前、ポール・マッカートニーが2015年に来日した際に、日本のファンから質問を受け付けて、ポールが、その質問に対して、答えてくれるとう夢のようなコーナーがありましたが、今回は、paulmccartney.comで、そのようなコーナーを設けています!
ドキドキしながらポールに質問をしてみませんか?


'You Gave Me The Answer' - Submit Your Questions To Paul!ポールへの質問を投稿しよう!



音楽ファンなら誰でも好きなアーティストに対する質問をお持ちですよね。最近ご協力いただいたウェブサイトの調査に寄せられたみなさんのご意見からも、みなさんがポールに対してたくさんの質問があることが分かりました!そのため、今日からPaulMcCartney.comでは、ポール本人がみなさんの質問にお答えするという滅多にないチャンスを設けることにしました。

このウェブサイトの新しいセクション「You Gave Me The Answer」では、ファンのみなさんがPaulMcCatney.comに質問を投稿し、毎月その中からベストな質問に対するポールの答えを掲載することにしました。ファンのみなさんは何問でも好きなだけ質問をすることができます。毎月、運よく選ばれた質問の投稿者にはお知らせしますので、メールアドレスも忘れずにご記入下さい。

みなさんの質問をお待ちしております!

PaulMcCartney.com



'You Gave Me The Answer' - Submit Your Questions To Paul!



私も質問してみようかな…でも…英語か…ん…(笑)

0

ポール・マッカートニーとリアーナが同じフライト!Paul McCartney and Rihanna unite as they get on the same flight

ポール・マッカートニーとリアーナが同じフライト!Paul McCartney and Rihanna unite as they get on the same flight



a flight November 29 2019

このカテゴリーに該当する記事はありません。