FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

訃報 SLOの CEO Shelley Lazarさん

訃報 SLOの CEO Shelley Lazarさん

SLOの CEO Shelley Lazarさん、訃報

SLO Ticketingの創設者であり、Rolling Stones、Paul McCartney、The Whoなどのプレミアム発券およびVIPプログラムの先駆者であるShelley Lazarは、日曜日の朝、癌との戦いの末に死亡したと、同社の担当者は発表した。彼女は69歳だった。

愛情を込めて“ The Ticket Queen”、または“ MFTQ”として知られています。
1991年から2002年にかけて、サンフランシスコを拠点とするSLO VIPチケットサービスで独力で活動する前に、Art Grace Presents(BGP)のArtistic Relations and Special Projectsコーディネーターの副社長を務めました。
彼女の生まれ故郷のニューヨークでのキャリアの初期に、彼女はプロモーターRon DelsenerとそしてMadison Square Gardenで働きました。

SLOの CEO Shelley Lazarさんとポール・マッカートニー

SLO・Corporate Headquarters
650 Fifth Street,San Francisco, California 94107,United States

速報として掲載致します。
ご冥福をお祈り致します。

0

アルゼンチンに、ゆめ参加!どちらに行きたいですか?Paul McCartney

アルゼンチンに、ゆめ参加!どちらに行きたいですか?Paul McCartney

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina ようこそポール

現地時間で、3月23日、アルゼンチン公演の当日になりました。もし、アルゼンチンに参加していたら、公演だけでなく、現地で行きたい所がありますよね。

ボカ地区」と言う場所にある観光スポット・カミニートの家

スポット・カミニートの家

7色のパステルカラーの断層で有名な峡谷。「南米のグランドキャニオン」とも称されるウマワカ渓谷

ウマワカ渓谷

パタゴニア地方のロス・グラシアレス国立公園内にあるウプサラ氷河

ウプサラ氷河

アルゼンチン南部のパタゴニア地方に連なる岩峰群・標高は3,359mのフィッツロイ峰

フィッツロイ峰

世界最南端の都市・フエゴ島に位置する都市・ウシュアイア

ウシュアイア

1827年に完成した歴史ある建造物・メトロポリタン大聖堂

ブエノスアイレス・メトロポリタン大聖堂

アルゼンチンの歴史的な市庁舎「カビルド」

カビルド


エッ!?どうせ行くなら、ビートルズやポール関連の所に行きたい!?では…こちらは如何でしょうか?
「Paul Mac Carne」

「Paul Mac Carne」1

アルゼンチンのコルドバにある肉屋さんです。へっ!?肉屋!それはマズイのではないか…だって、ポールはベジタリアンですよ!

「Paul Mac Carne」2

この画像、Instagramに掲載して、ポールも認知済み!?となっていますが…肉屋はちょっと…ね…(笑)

「Paul Mac Carne」3


それでは…こちらは…アルゼンチンの首都ブエノスアイレス特別区の中央部にある地区のフローレスにある「ビートルズ美容室」です。

アルゼンチン・ビートルズ美容室1

単なる美容室ではありません。室内は、ご覧の通り…

アルゼンチン・ビートルズ美容室3

ビートルズだらけ…カットも、通常と異なるヘアカットのようで多くの方を魅了されているようです。

アルゼンチン・ビートルズ美容室2


どうせ行くなら、ポールの出待ちをしたいですね!え~っとホテルはどこなのだろうか…
アズール レアル ホテル ブティーク、アメリアン コルドバ パーク ホテル、ウィンザー ホテル & タワー、シェラトン コルドバ ホテル、アルベア パレス ホテル、フォーシーズンズホテル ブエノスアイレス、パーク タワー ラグジュアリー コレクション ホテル ブエノスアイレス、マイン ホテル ブティック、パラシオ ドゥオー – パーク ハイアット ブエノスアイレス
どこに泊まるのかな…

さて、会場での昨日までのステージの準備は…

Polo Ground, Buenos Aires, Argentinaステージの準備

ポールを歓迎する広告もありますよ!

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina 外の看板

文字だけの広告とは珍しいです。

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina看板

Ticketを持って!会場へ行きましょう!

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina Ticket

カンポ・アルヘンティノ・デ・ポロ・Polo Ground, Buenos Aires, Argentinaも期待しまShow!

追伸
Abe Laboriel Jr., 48歳、Happy Birthday!

Abe Laboriel Jr., 48歳、Happy Birthday!

0

NTS RadioでPaul McCartney Demosを聞きまShow!

NTS RadioでPaul McCartney Demosを聞きまShow!

NTS Radioで、Paul McCartney Demosを聞きまShow!

以前、ビートルズやポール・マッカートニーの曲はフリーで聞きたくて、ネットラジオを掛けっぱなしでリスニングしていました。無料で好きな楽曲が順不同で聞けるのは、公式なアルバムとは違った面白さと心地良さがありました。

今日のブログは、ポール・マッカートニーのデモ音源を特集した1時間番組を英NTS Radioが配信、アーカイブ公開中ですので、その紹介です。なかなか聴き応えのある一時間です。真剣に聞くのもリスニングで聞くのもありですよ。

下記をClickして、再生部分をClickして頂くと、どなたでも聴けますよ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


Paul Mccartney Demos - 27th February 2019


ポール・マッカートニー(Paul McCartney)のデモ音源を特集した1時間番組が英ロンドン拠点のネットラジオ局NTS Radioで先日配信されています。米ニューヨーク拠点のImage Searchが月一で配信している番組の最新エピソード「Paul McCartney Demos」。番組の音源はアーカイブ公開されています。

[TRACKLIST]
Wanderlust (Demo)
Ebony And Ivory Chat
Little Woman Love
Sweetest Little Show
Sunshine Sometime (Earliest Mix)
Check My Machine
これだけではありません!あの曲、あなたの為の名曲も流れます。
My Love
Mull of Kintyre


ポール・マッカートニーのデモ音源を特集した1時間番組を英NTS Radioが配信、アーカイブ公開中~amass


NTS Radioは、イーストロンドンを本拠地に、LA、マンチェスター、上海を中心に、ベルリンや東京を含む世界30都市以上で放送ミュージックチャンネルのプログラムで、ロンドンのアーティストだけではなく、世界のアンダーグラウンドなシーンを紹介しており、日本からも多くのDJやアーティストが参加しています。

NTS Radio


以前は、、『HOSONO, SAKAMOTO&TAKAHASHI SPECIAL』と題し、YMOの音楽を特集した約1時間の特別番組も公開しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


Anu (Hosono, Sakamoto & Takahashi Special) - 7th June 2018


NTS Radioで音楽に包まれた日を過ごして下さいね。

2

ポール・マッカートニーが格好いいコートを着て、高級車でお出掛けする所は…

ポール・マッカートニーが格好いいコートを着て、高級車でお出掛けする所は…

私は基本的に車の長距離運転は好きではない…その私が5日間で1,000kmも運転する事になろうとは夢にも思わなかった。一番距離があったのが、別府から長崎の250km・1日で九州横断である。あ~しんど…その疲労の為、出張中はブログを更新する事が出来なかった(23日はなんとか更新しましたが…)。その過酷な日々が終わって、自宅に戻ってきたので、ヒサシブリにブログ更新します。

ちょっと前ですが、2月22日にポールがお出掛けした記事を皆さん、見られたと思うのですが、その記事のどこに注目しましたか?

Paul McCartney London on Friday.1

Paul McCartney London on Friday2

Paul McCartney London on Friday3

Paul McCartney London on Friday4

Paul McCartney London on Friday5

車!?靴!?グレーヘアー!?コート!?確かに、このコート、高級感がありますね。襟の内側がレッド!エレガントです。
私が注目したのは、ポールはどこに行っていたのか?です。


早速ですが、その答えは…スーパーマーケットなんです!
ポールがお出掛けしていたスーパーマーケットは、普段、私が行くようなイオンや業務用スーパーではありません!
そのスーパーは王室御用達の栄誉も賜るイギリスを代表する高級スーパーマーケット「Waitrose(ウェイトローズ)」なんです!


Waitrose ロンドン

エッ!?どうして、ポールがお出掛けしていた所がスーパーマーケットって、分かるのかって…それは、ポールが持っていたトートバックで分かりました。

ポールが持っていたWaitroseのトートバック

このタイプと同じです。

ポールが持っていたWaitroseのトートバックと同じタイプ

ポールが持っていたWaitroseのトートバック 同じタイプ

グリーンのカラーのロゴが特徴的です。
王室御用達だけあって、エリザベス女王もお買い物された事があります。


Waitroseにエリザベス女王がお買い物1

Waitroseにエリザベス女王がお買い物2


ん…ポールもお買い物は、このようなスーパーに行くのですね。
そして、ポールは、どこのWaitrose(ウェイトローズ)の店舗に行ったのでしょうか…
ロンドンと言う事は記事に掲載されていましたが、なんと!このスーパー、ロンドンに沢山あるのです。


ウェイトローズ ロンドンの店舗

これでは、どこの店舗が分からん…車で出掛けるくらいなので、自宅から遠い?いえいえ、私、歩いて10分弱のスーパーまで車で行きます…これは怠慢か…
エッ!?運転嫌いではなかったのかって…いえいえ、長距離は面倒ですが、短距離運転は大丈夫です(笑)。やっぱり怠慢か…


明日から、怠慢せずに、ブログ更新出来るかな…こちらも注目です。

0

Valentine’s Dayには、この方とこのお住いがお似合い!?

Valentine’s Dayには、この方とこのお住いがお似合い!?

この人は…!?

ジョーン・ヒクソンさん

一瞬、エッ!?あれ!?まさか!!ポール・マッカートニー!?
って…似ていますが違いますよ。この方はアガサ・クリスティー原作「ミス・マープル」に出演されたジョーン・ヒクソンさんです。 最も原作に近いと言われる傑作シリーズで、本日からスカパーで毎日放映されています…って番宣みたいになってしまいましたが、この方、もうおわかりですよね…女性です。


こちらの女性の方は説明不要ですよね…

小池百合子東京都知事&Paul McCartney

そうです。小池百合子東京都知事さんです。

2018年11月17日のTwitterより
都庁の食堂でミートフリーマンデーを開始し、お陰様で好評です。 後押しして下さったのは、あのポールマッカートニーさん。先日、両国国技館で直接お目にかかりました! Nananaです。 今後もミートフリーマンデージャパンの活躍に期待しています。


月曜日ですか…まだ、このメニュー行われているのなら、東京都庁で食事したいですね。

ミートフリーマンデージャパン 東京都庁


この撮影は両国国技館公演の時となると11月5日になりますね。
画像を見ただけでは、「ここはどこ?」って感じです。なんせ、ド派手なタペストリー(壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物の一種)です。
でも見事なデザイン…1枚1枚の織物自体が美しい装飾であり、それが組み合わせられて、更にその輝きを増しているような感じです。そのタペストリーが国技館の中に飾ってある!?これはポールの為に、Egypt Station風に異国情緒を醸し出す為の演出なんでしょうか?と…言う事になると、今回のFreshen Up Tourのポールの控室は、このようなデザインなのかな…ん…何だか落ち着かない感じもしますが…笑


そして、この方は…

Valentine’s Day Paul McCartney2019

そうですね。Sir Paul McCartneyですね。お顔がちらっと…見えますね。ブルーのドライフラワーが新鮮ですね。

最後に、本日、Valentine’s Dayに相応しい物件をご紹介します。

The newly unveiled Valentine Walk on Blackbird Grange.

Liverpool’s Walton areaですので、この辺りかな…

The newly unveiled Valentine Walk Liverpool

この物件のウリ文句を見てみると…
以前はWalton Hospitalの敷地であったリバプールのWalton地区の中心部に位置するこの開発は、Liverpool’s greatest love-songwritersの一人であるSir Paul McCartneyの出身地というユニークさと楽しみがあります。
そして、新しい通りを命名するとき、マッカートニーのアルバム「McCartney」と 「Kisses on the Bottom」に敬意を表して「Valentine Walk」命名されました。


オシャレなネーミングですね。でも「Valentine Walkに住んでいるんだよ」って知人に話するのは、ちょっと恥ずかしいかな…笑。

このカテゴリーに該当する記事はありません。