FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Valentine’s Dayには、この方とこのお住いがお似合い!?

Valentine’s Dayには、この方とこのお住いがお似合い!?

この人は…!?

ジョーン・ヒクソンさん

一瞬、エッ!?あれ!?まさか!!ポール・マッカートニー!?
って…似ていますが違いますよ。この方はアガサ・クリスティー原作「ミス・マープル」に出演されたジョーン・ヒクソンさんです。 最も原作に近いと言われる傑作シリーズで、本日からスカパーで毎日放映されています…って番宣みたいになってしまいましたが、この方、もうおわかりですよね…女性です。


こちらの女性の方は説明不要ですよね…

小池百合子東京都知事&Paul McCartney

そうです。小池百合子東京都知事さんです。

2018年11月17日のTwitterより
都庁の食堂でミートフリーマンデーを開始し、お陰様で好評です。 後押しして下さったのは、あのポールマッカートニーさん。先日、両国国技館で直接お目にかかりました! Nananaです。 今後もミートフリーマンデージャパンの活躍に期待しています。


月曜日ですか…まだ、このメニュー行われているのなら、東京都庁で食事したいですね。

ミートフリーマンデージャパン 東京都庁


この撮影は両国国技館公演の時となると11月5日になりますね。
画像を見ただけでは、「ここはどこ?」って感じです。なんせ、ド派手なタペストリー(壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物の一種)です。
でも見事なデザイン…1枚1枚の織物自体が美しい装飾であり、それが組み合わせられて、更にその輝きを増しているような感じです。そのタペストリーが国技館の中に飾ってある!?これはポールの為に、Egypt Station風に異国情緒を醸し出す為の演出なんでしょうか?と…言う事になると、今回のFreshen Up Tourのポールの控室は、このようなデザインなのかな…ん…何だか落ち着かない感じもしますが…笑


そして、この方は…

Valentine’s Day Paul McCartney2019

そうですね。Sir Paul McCartneyですね。お顔がちらっと…見えますね。ブルーのドライフラワーが新鮮ですね。

最後に、本日、Valentine’s Dayに相応しい物件をご紹介します。

The newly unveiled Valentine Walk on Blackbird Grange.

Liverpool’s Walton areaですので、この辺りかな…

The newly unveiled Valentine Walk Liverpool

この物件のウリ文句を見てみると…
以前はWalton Hospitalの敷地であったリバプールのWalton地区の中心部に位置するこの開発は、Liverpool’s greatest love-songwritersの一人であるSir Paul McCartneyの出身地というユニークさと楽しみがあります。
そして、新しい通りを命名するとき、マッカートニーのアルバム「McCartney」と 「Kisses on the Bottom」に敬意を表して「Valentine Walk」命名されました。


オシャレなネーミングですね。でも「Valentine Walkに住んでいるんだよ」って知人に話するのは、ちょっと恥ずかしいかな…笑。

0

ポール・マッカートニーへのバッチ・ニュースの翻訳と、ビートルズへの手紙のオークション価格

ポール・マッカートニーへのバッチ・ニュースの翻訳と、ビートルズへの手紙のオークション価格

昨日、ポールがGold Blue Peter badge(ゴールド・ブルー・ピーター・バッジ)を授与した事を掲載しましたが、早速、NME JAPANに記事になっています。

ポール・マッカートニー、イギリスの長寿子ども向け番組より最高の賞を授与されることに : NME JAPAN

気になる…と言うか、当ブログでは翻訳しなかった部分としては…

ポール・マッカートニーは番組に出演した際、司会のリンゼイ・ラッセルから若いミュージシャンへのアドバイスを訊かれて、次のように語っている。

「唯一のアドバイスはやることだね。たくさんね。ソングライティングの授業を持ってるんだけど、最初に言うのは『いいかい、僕もその方法は分からないんだよ』ということなんだ。最初はみんな僕を見つめるんだけど、常套手段なんかないんだってことを考えるわけだよ」

「自分の曲のある曲を書いた方法は知ってるよ。でも、『そういうふうにやってみなさい』なんて言えないよね。だって、すごくパーソナルなことだからね。だから、アドバイスはなんでもやってみることだけなんだ。それもたくさんね」


当ブログで翻訳した部分については…
"That is beautiful, that's a great badge. I will wear it with great pride. Yes! I made it!"

ブログ:「なんて美しいんだ。こりゃ~スゲー・バッジだ!自慢げに、そのバッジを付けるよ!やったね!」
記事:「素晴らしいことだね。すごいバッジだからね。すごく誇りをもって着けることにするよ。やったね!」
ちょっとニュアンスが違ったかな…でも最後の「やったね!」だけは同じですね。やったね!(笑)。

今のブログは…その話題だけでなく、こちらも気になるニュースです。

ビートルズ、1969年に書かれた解散を示唆する2通の手紙がオークションに出品されることに : NME JAPAN

こちらが、その手紙ですが…
Beatles agree to John Eastman’s Management  Price: $225,000  1969年1月の手紙


Beatles agree to John Eastman’s Management  Price: $225,000  1969年1月の手紙

The Beatles Breakup Contract  Price: $325,000  1969年4月の手紙

The Beatles Breakup Contract  Price: $325,000  1969年4月の手紙


なんですが…私が驚いたのは、こちらの方ですね。

ザ・ビートルズの解散をほのめかす手紙2通がオークションに出品。以前に700万円弱の値がついた手紙が再出品

1969年4月の手紙は、2005年にビートルズの解散を招いたとして「解散レター(split letter)」と名打ってオークションに出されたことがあり、個人のコレクターにより約6万3000ドル(約690万円)で落札されているって事です。という事は、14年の間で、$262,000の値上がり!?って、どういう事なんですか!プレミア付き過ぎじゃないの!?

確かに、ビートルズのメンバーのサインがありますが、文面は手書きでなく、タイプライターなのに…仮想通貨もオドロキの上げ幅ですが…本当に落札されるのかな…

0

おめでとう!Sir Paul McCartneyがGold Blue Peter badge(ゴールド・ブルー・ピーター・バッジ)を授与。

おめでとう!Sir Paul McCartneyがGold Blue Peter badge(ゴールド・ブルー・ピーター・バッジ)を授与。

おめでとう!Sir Paul McCartneyがGold Blue Peter badge(ゴールド・ブルー・ピーター・バッジ)を授与。

サー・ポール・マッカートニーが2018年のFreshen Up Tour最終日の12月16日・The O2 Arena(London)のステージ直前に、「ブルー・ピーターの最高賞であるゴールド・ブルー・ピーター・バッジ」を受賞しました。

Sir Paul McCartneyがGold Blue Peter badge(ゴールド・ブルー・ピーター・バッジ)を授与。




授与についてポールは…
"That is beautiful, that's a great badge. I will wear it with great pride. Yes! I made it!"
なんて美しいんだ。こりゃ~スゲー・バッジだ!自慢げに、そのバッジを付けるよ!やったね!(異訳です・笑)


ポールが喜びのコメントをする程のバッジ…何だろうか…と思うと、どうやらイギリスでは水戸黄門の印籠のようなバッジだそうです(本当かな…)

「ブルー・ピーター」はイギリスのBCCで1958年から放送されている子供向けのバラエティー番組として世界最長寿を誇る番組です。「ブルー・ピーター」バッジは、ゲスト出演した人か、番組に絵を書いて送り、採用された視聴者(6~15歳に限る)しかもらえない貴重なもので、その貢献度に応じた種類のバッジを貰えます。

Blue Peter badge


今回、ポールが授与されたゴールド・ブルー・ピーター・バッジは、同番組の最高栄誉であり、卓越した勇気を示した人物、あるいは国際大会で母国を代表する活躍をした人物に贈られるバッジです。ゴールド・バッジを受賞した有名人には、エリザベス女王、作家のJ.K.ローリング、サッカー選手のデビッド・ベッカム、スティーブン・スピルバーグ映画監督などがいます。

スティーブン・スピルバーグ映画監督


そして、このようなのコメントも…

McCartney said: "The only advice really is to do it... a lot.
"I have a song writing class and the first thing I say to them is 'Look, I don't really know how to do this' and at first they kind of look at me, but when you think about it there is no formula."
Blue Peter's editor, Ewan Vinnicombe, said: "Sir Paul McCartney has inspired generations of Blue Peter viewers to love music and be creative - a core value of Blue Peter.
"I'm thrilled that we have been able to honour the legend that is Sir Paul with our highest accolade - a gold badge."


ふん、ふん…と分かったつもりで…詳しくは自動翻訳して下さいね。また暫くしたら、NME JAPANなどのネットニュースで対訳が出るでしょうから暫くお待ちを…

取り敢えず、おめでとう!サー・ポール・マッカートニー!

0

新国立競技場とPaul McCartneyと嵐。2014年の出来事と2020年の期待。

新国立競技場とPaul McCartneyと嵐。2014年の出来事と2020年の期待。

今回、嵐の休止に伴い、新国立競技場の単独コンサートのオープニングを「嵐」が行うのでは?との報道があり、昨日このようなブログを更新しました。



日本の芸能関係に疎い私にとって、「どうして、嵐なの?」と思ったのですが、嵐ファンにとって、国立競技場は聖地なんだ…と言う事が分かって来ました。

嵐は、2008年から2013年にかけて6年連続で国立競技場でのコンサートを開催しています。2013年9月21日・22日に国立競技場でコンサート「アラフェス 2013」を開催時では、既に国立競技場の長期改修の事がアナウンスされており、多くのメディアが「嵐が国立でライブを行う最後のアーティスト」と報道され、嵐のメンバー達もMCで最後を飾る嬉しさについて語ったとされています。

だから、嵐ファンにとって、国立競技場は聖地であり、これまでの嵐の実績が新国立競技場のコンサート開催の布石となっているようですね。素晴らしい決断・粋な計らいを関係者の方々がされたと思います。(正式発表ではありませんが…)

では…ポール・マッカートニー・ファンとしては、新国立競技場でのコンサートを希望する理由はどこにあるのか…その事を理解するには、2014年の事を振り返る必要があります…

ポール・マッカートニーは再来日公演を2014年5月17日(土)・18日(日)の2daysを東京・国立競技場で、5月24日(土)は大阪・ヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)で行う事になっていました。

国立競技場は東京五輪に向けて改修工事に入ることで2014年7月から解体される事になっていましたので、ラスト国立に相応しいアーティストとして歓迎されました。それだけではありません。これまでポール・マッカートニーは日本での公演は「ドーム」のみ…海外では野外スタジアムで公演を行い、その大規模で迫力満点の演出に、ポール・ファンは憧れを感じていました。その夢の実現が2014年の国立競技場だったのです。

でも実際どうして国立競技場でポール公演となったのか…一部報道では…
2013年11月に日本公演を行ったポールが「すぐにでも日本に帰りたい」と切望した事と、日本側関係者の「国立競技場の最終公演は是非、ポールで締めたい」という思いが一致して今回の公演が実現したとされています。(どこまで本当かは分かりませんが…)


でも…結局は病気で国立競技場も長居陸上競技場も中止になってしまいました…それからポール・ファンは、あの時の無念を新国立競技場公演で、あの過去を払拭して欲しいとの気持ちがある事も事実です。尚、2014年以降、野外公演は実現していません…(代わりに武道館や国技館がありましたが…)

2014年当時、ポール・マッカートニーが「最後の国立」となるのであれば、「ポールならば申し分ない」と納得する方が多くおられたようです。(AKBでなくて良かったとの裏返し!?)
因みに2014年、ポール・マッカートニーの国立競技場公演が発表となり、嵐ファンからポールの後に嵐が再び「最後の国立」をやってくれるのではないかと期待する声もあったそうです。


ん!?と…言う事は…嵐の新国立競技場での公演が実現するのなら、今度はポール・ファンが新国立競技場でのポール・マッカートニー来日公演を嘆願しても良いのでは!

と…いつもながら勝手に盛り上げています(笑)。

0

嵐・新国立競技場初コンサート有力、東京五輪閉幕後に。ポール・マッカートニーの公演も期待!

嵐・新国立競技場初コンサート有力、東京五輪閉幕後に。ポール・マッカートニーの公演も期待!

日本の芸能関係は、このニュースの話題ですね…
「嵐 グループ休止」
この話題で気になるニュースをスポニチが掲載していますので転記致します。



嵐は東京五輪のメイン会場として建設中の新国立競技場で、同所初のコンサートを開く可能性が高い。嵐と前身の国立競技場は関係が深く、08年から6年連続でコンサートを開催。単独公演を行ったのは6組しかおらず、中でも最多の15公演を行っている。
 今年11月完成予定の新国立は、20年元日にサッカー天皇杯決勝でこけら落とし。7、8月の東京五輪までは五輪関連イベントだけが開かれるため、閉幕後から活動休止までの約4カ月間がそのチャンスとなる


嵐 新国立競技場初コンサート有力、東京五輪閉幕後に ~ スポニチ


これまで国立競技場で単独コンサートを行ったのが6組しかいないって…意外と少ないですね。
単独公演でなく、イベントとして国立競技場で初めてコンサートが行われたのは、1985年の吉田拓郎、松任谷由実、佐野元春、チェッカーズなどのアーティストが集結した「ALL TOGETHER NOW by LION」


1996年には「3大テノール日本公演」で、ルチアーノ・パヴァロッティー、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの世界3大テナーによる世界10都市ワールドツアーの初公演として開催されました。

国立競技場で初めて単独公演をしたのは、2000年の「SMAP」です。
2組目は2007年に開催された「DREAMS COME TRUE」の「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007」
3組目は「嵐」。2008年から6年連続単独ライブを行っています。
4組目は2012年「L'Arc-en-Ciel」です。
5組目は2014年3月に「ももいろクローバーZ」。女性グループとしては初めての単独公演を開催。
6組目は2014年4月に「AKB48」ですが、2日間の公演を行う予定が、二日目は悪天候で中止でした。


そして、忘れもしない2014年5月17日・18日、ポール・マッカートニーの公演予定でしたが、体調不良のため両日とも公演が中止。幻の国立競技場公演となりました。

その事もあるので、ポール・ファンとしては、新国立のオープニングにはポール・マッカートニーの公演を行って欲しいとの希望があるのですが、まさかの「嵐・休止」に華を添えるかのように新国立競技場での初コンサートを行う話が持ち上がっています。スポニチさんの報道ですが、その可能性が高いのでしょうね…おめでとう!良かったね!との気持ちがありますが、ポールは…と言っても、海外アーティストでは初の単独公演と言う金字塔の可能性も残されています。

新国立競技場って、2020年のオリンピックが終了するまで、オリンピックに関連しないコンサートは行わないのですね…9月以降…これは逆に可能性が「URであ~る!」ではないか!(と勝手に盛り上げる)
9月は残暑がありますが、10月での野外公演は気温的には良いのでは!
期待しましょう!2020年10月・新国立競技場でのポール・マッカートニーの公演!


って…そんな先まで待てない!?


追伸
ニュースで、嵐の記者会見を見ました。
勇気のある発表ですね…グループである事の難しさも感じます。
自分の為の行動をさせて上げても良いでしょうね…これまで相当グループで仕事して来たのだから。
リセットしたい気持ちも分かりますね。
皆さん、各自、2012年以降の舞台で活躍する事を願っています。

このカテゴリーに該当する記事はありません。