FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

喜寿を超えても、ポール・マッカートニーが健康でカッコいい秘密~さあ!あなたもLet's Try!

喜寿を超えても、ポール・マッカートニーが健康でカッコいい秘密~さあ!あなたもLet's Try!

今日はSustainability(サステイナビリティー)とベジタリアンのお話です。
これまで菜食の事についての記事内容が硬くて…難しくて…でも今回の記事は消化器内科医の松生 恒夫先生が書かれた内容で、ソフトな内容、しかも我々の普段の食生活についても考えてしまいそうな内容です。
長文ですが、Wカップ・日本と南アフリカの試合のハーフタイムの時に、じっくりと読んで下さい。では…




菜食中心の食生活

私の手元に、ビートルズ解散後のメンバーたちがそれぞれ独自に発売したアルバムがあります。メンバーが40歳当時のアルバムジャケットを比べてみましょう。

ジョン・レノンは『ダブル・ファンタジー』

ジョン・レノンは『ダブル・ファンタジー』

ポール・マッカートニーは『タッグ・オブ・ウォー』

ポール・マッカートニーは『タッグ・オブ・ウォー』

ジョージ・ハリスンは『クラウド・ナイン』

ジョージ・ハリスンは『クラウド・ナイン』

リンゴ・スターは『ストップ・アンド・スメル・ザ・ロージズ』

リンゴ・スターは『ストップ・アンド・スメル・ザ・ロージズ』

これらのジャケットで比べてみると、4人ともスリムなのです。特にジョージは見事なまでにスリムです。40歳となったビートルズのメンバーは、実はこの当時、4人とも菜食を中心とした食生活を送っていました。

日本でも今は、菜食主義やマクロビオティックなどが広く知られるようになり、日常的に取り入れる人も増えてきました。しかし、彼らが40歳だった1980年代前半、「菜食主義」というとまだ少数派で風変わりなイメージのほうが強かったように思います。

衣食住の習慣は、パートナーによって大きく変化するものです。ビートルズの4人も、パートナーの影響によって少しずつライフスタイルを変えながら40歳を迎えました。
残念ながらジョンは40歳で殺害されてしまったので、それ以降の記録がありません。
ジョージは、がんで亡くなってしまいましたが、存命中は本当にスリムでした。ポールもそれほど大きく体形が変化せず、しかもエネルギッシュにライブ演奏をおこなっています。リンゴも元気です。


40歳前後の4人は、20代のときのジェットコースターのような日々に別れを告げ、落ち着いて満ち足りた人生を送っているように見えます。うらやましいことに、メタボともあまり縁がなかったようです。その理由は、ライフスタイルや音楽以外の行動・発言の中に潜んでいます。
ビートルズのファンの方でも、おそらくメンバーの食生活に注目する人は少ないでしょう。彼らの食生活については、さまざまな本を読んでみても断片的なエピソードしか出てきません。


しかし近年、ビートルズの近くで彼らを見ていた女性たちの本が出版されたことによって、今まで知らされていなかったことが少しずつわかってきました。女性ならではの視点で「食」を見ていたのもその一つです。それらを丹念につなげていくと、見えてくるものがあります。
すべての情報をチェックすることはできませんので、私の調べた範囲内で述べていくと、ビートルズの4人は、みんな菜食主義(ベジタリアン)になったのです。



多量の食物繊維を摂る

まず「菜食主義(ベジタリアン)」という概念について、簡単に触れておきたいと思います。
ビートルズ誕生の地、イギリスでは「英国ベジタリアン協会」が1847年に設立されています。当初は宗教的理由や動物愛護の思想から始まったとされています。:


ベジタリアンに至るきっかけですが、大きく分けて次の3つにしぼられるようです。
 ①健康増進のため、肉食が体に合わないため
 ②自然環境への配慮のため、食肉汚染への不安のため
 ③動物愛護のため、目に見えない理由のため、宗教上の理由のため
これは、ビートルたちが、どうして菜食主義的生活になっていったかを知るうえでは大切なポイントです。
さて、30代の頃のビートルたちの食生活は、ほぼ次のようなものでした。


・ジョージ・ハリスン:ヒンドゥー教による菜食主義
・ポール・マッカートニー:動物愛護からの菜食主義
・ジョン・レノン:玄米を中心とした自然食療法(マクロビオティック)
・リンゴ・スター:健康食としての菜食主義(現在は、ヴィーガン)


彼らはそれぞれの理由で菜食中心の食習慣となり、結果として40代を前にしてもメタボにならずにすんだ、というわけです。
つまり、多量の野菜・果実の食物繊維を摂り、動物性脂肪・タンパク質を摂らないことが肥満の抑制につながったのです。



ポールが食べたメニュー

近年ポールは頻繁に来日し、精力的に公演を行っていますが、そのツアー・パンフレットには必ずポール自身による「食へのメッセージ」が掲載されています。
一例として、2002年から2003年にかけて行われたワールドツアーのドキュメント本、『ポール・マッカートニー・イーチ・ワン・ビリービング』(プロデューサーセンター出版局)を参考に見てみましょう。


ポール・マッカートニー・イーチ・ワン・ビリービング

このワールドツアーには、9人の料理人からなるチームが同行し、コンサートのある日には、250以上の無料ベジタリアン食を作っています。ランチは6種類、ディナーは8種類以上が用意されました。
イタリア料理、メキシコ料理、日本料理など、種類はさまざまで、なかでもブラウンソースをかけたエッグ&チップスは人気があって、すぐになくなってしまったそうです。


ある日のメニューは、トマトソースのベークドーズ・ラビオリとロースト・ベジタブル付きのボレンタ、野菜を添えたうどん、チリ味のペンネ、ドライトマトのパスタ、アスパラガス、ガーリック風味のマッシュポテトなどでした。
どれも肉類、魚類を一切使用していないのですが、とてもおいしそうですね。このツアーで、ポールは次のようにコメントしています。


「僕たちのケータリングはすばらしいよ。街で一番のレストランだってよく言われるんだ。でも僕自身は、コンサートの前はあまり食べたくないから実際には食べられない。そのかわりにナッツを食べるんだけど、口の中にナッツがいっぱい入ったまましゃべって、ラジオのインタビュアーを困らせるんだ」
コメントどおりだとすると、コンサート前はツアー食を食べてはいないかもしれませんが、ポールが日常的にこうした野菜中心のベジタリアン料理を習慣にしていることは、間違いなさそうです。



ポールのスタミナの秘密

「スタミナの秘訣はベジタリアン料理ですか」という質問に対して、ポールは次のように話しています。
「何らかの関係はあるかもね。ベジタリアンになって25年以上になるけど、すこぶる健康なんだ。ベジタリアンだからどうかはわからないけれど、関係はあると思うよ。たいていの医者はヘルシーな食事だって言うしね。僕は素材のいい物を食べるのさ。野菜と、あとフルーツも大好きだ。別に健康のためにそうしているわけじゃなくて、爽快な気分にしてくれるからね。そうでないものは食べない。肉も野菜も、顔の付いているものは何もかも食べない。だから、それも関係しているのかもね」(前掲書)


スタミナについては、次のように答えています。
「ビートルズ時代は年に350日は働いて、それ以上の休みはもらえなかった。これがいい運動になっていて、例えば、アメリカのデンバーのような標高の高い場所で、リトル・リチャードの『ロング・トール・サリー』を歌うと、息が切れるもとにもなるし、汗をかいて、心拍数が上がって、血の巡りがよくなるというトレーニング同様の効果をもたらすのだと思う」



温室効果ガスも削減できる

さらに、ポールの2015年のコンサートツアーのパンフレットには、次のような主旨のことが記されていました。
ポール・マッカートニーは、菜食主義になって40年以上にもなっています。


2017年の「ONE ON ONE」ツアーのプログラムによると、畜産業が有害な温室ガスを発生させ、地球環境に悪影響を与え、気候変動に大きく関与していることを知ったポールは、二人の娘(メアリーとステラ)とともに「ミート・フリー・マンデー(Meet Free Monday)」の運動を始めました。

ミート・フリー・マンデー


「ミート・フリー・マンデー」とは、「月曜日には肉を食べるのをやめよう」といった意味です。
ポール・ファミリーは、肉食を減らすことの大切さを訴え、人々がそれを試みることを容易にしたいと、考えたからだそうです。国際連合食糧農業機関によれば、世界的な温室効果ガス排出量の14.5%は、家畜の生産によって引き起こされているとされています。
ある統計によれば、もし誰かが1年間、週に1度だけ肉を食べなければ、その人の温室効果ガスの排出量は、自動車を1ヵ月運転しないのと同じ量だけ削減できる、としています。


西洋人は肉を食べすぎている
ポールは次のようにも述べています。
「西洋人は肉を食べすぎている、と多くの医者が言っている。自分の子ども時代の食事(アメリカの食事とよく似ている)もそうだと思う。朝食はベーコン、昼食は肉(ソーセージとマッシュ等)、そして夕食もね。


副食として多少の野菜が添えられているかもしれないけれど、メインは肉だ。もしかしたら間食にも肉のサンドイッチを食べるかもしれない。長年にわたって医者の知見も大きく進歩して、最近では多くの人が肉食を減らしている……」
また、タンパク質については、次のように答えています。
「豆、エンドウ豆、レンティル豆、種、ナッツ、全粒粉、ベジタリアン・ソーセージやバーガー等の肉の代替品、そして豆腐など、これらの植物性の食べ物にはすべて健康的なタンパク質が含まれているんだ。


肉や乳製品に代わるすばらしい代替食品はたくさんあるし、ありがたいことに、最近はそれがかつてないほどに増えている。僕は30年以上も肉を食べていない。肉を食べていたら感じられなかったであろうエネルギーと人生に対する喜びは、ベジタリアン・フードが与えてくれているのだ、と思う」


約3時間のフルステージ

約3時間のフルステージ ポール・マッカートニー

2017年、日本にとってこの年は「ビートルズの年」だったといえるでしょう。4月にはポール・マッカートニーの来日公演が行われ、5月にはアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の発売50年記念盤がリリースされました。

ポールのコンサートをご覧になった方は実感されているでしょうが、ポールは74歳になったとは思えないほどスタイリッシュで若々しいです。2時間50分以上にわたるパワフルなステージを見事にこなしていました。
特に2017年4月30日の東京ドームにおけるステージは、いつものように水分を全く摂らず、全39曲を歌い切りました。


以上のような内容を見ると、ポールは健康だけでなく地球環境にまで、考えが及んでいることがよくわかります。
メタボにならなかったビートルズの2人は、エンドレスにロックンロールを歌っていくのかもしれません。いずれにせよ菜食主義のすごいパワーです。そして食物繊維リッチがメタボ予防につながっているのです。日本の肥満への治療指針では、食物繊維を1日25g以上摂ることが目標となっています。
ビートルズの4人は、菜食主義となっていたので、食物繊維を1日に25g以上摂取していたと推察されます。



ビートルズスタイルの健康メニュー

そこで、メタボを避けるために次のような内容を考えてみました。ビートルズスタイルの1日の食事メニューです。

【朝】玄米、ワカメの味噌汁、たくあん(ジョンのお気に入り、マクロビオティック・スタイル)
【昼】大豆タンパク質(肉の代用品)入りシチュー、ライ麦パン、リンゴ一個(ポールのお気に入り、菜食スタイル)
【夕】パニール(インド式のチーズ)とホウレンソウのカレー、ナン(ジョージのお気に入り、菜食スタイル)
【デザート】アップルパイ(リンゴのお気に入り、菜食スタイル)


どうですか? 誰でも簡単に作れて、比較的低カロリー、食物繊維リッチです。しかもおいしい!
今日からビートルズの食生活を上手に取り入れて、メタボを撃退し、お腹すっきりのスマートな体形を手に入れ、いっそう若々しい日々を送ってください。


喜寿を超えても、ポール・マッカートニーが健康でカッコいい秘密~講談社



如何でしたか?食生活に気をつけようと思われましたか?メタボの皆さん(笑)。
ところで、食物繊維を1日25gって、どうなのだろうか…
日本人の食事摂取基準(2015年版)では、食物繊維の目標量は、18~69歳では1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされていますが、日本人の食物繊維の平均摂取量は1日およそ14gと非常に少ないのが現状です。


それでも、このポイントがあれば、20gは夢ではない!?
「白米に大麦を混ぜる」「キウイフルーツを足す」
「にら、もやし、えのきだけなど野菜が入ったものに替える」
「白米を玄米に替える」「納豆を足す」「鶏肉のから揚げの下にサニーレタスを敷く」
「シリアルを足す」「ほうれんそうとコーンのバター炒めを加える」
「パスタに小松菜としめじを足す」
「根菜料理を足す」


食物繊維が手軽にとれる1日メニュー!朝食・昼食・夕食レシピ~NHK


でもな…食事ではメニュー調整が難しい…では、こちらは…簡単にドリンクでは?
「ファイブ・ミニ・ゼリー・180g」は食物繊維6.5gなどありますが、何を選ばれるかは、あなた次第!


さあ!Let's Try!

Wカップ  前半・日本3対南アフリカ5
頑張れ!JAPAN!

南アフリカ、強い!後半初Tryしましたね…強い…3対21…
日本 ファイト!

ノーサイド
3対26  日本、よく頑張りました。ありがとう!
これからのラグビーの発展に貢献したと思います。
これからの皆さんの活躍を楽しみにしています。

0

ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親・ポール&リンダ・マッカートニー

ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親・ポール&リンダ・マッカートニー

ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親

来週・10月16日から阪急百貨店にてリンダ・マッカートニー「THE POLAROID DIARIES」、ステラ・マッカートニーのトークイベントが行われますが、その開催を100倍楽しむ為に、この記事を掲載させて頂きます。

阪急うめだ本店でLinda McCartney:The Polaroid Diaries(リンダ・マッカートニー写真展)が開催されます!

阪急うめだ本店のショーウィンドーを見に行こう!StellaMcCartney&Linda McCartney「THE POLAROID DIARIES」



ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親~Numero

ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)のサステイナブルなファッションへの熱意は幼少期に形成されたものだという。
持続可能なものを使おうと、精力的な活動を見せるステラだが、その発端は両親のポール・マッカートニーと故リンダから受けた多大な影響だったそうだ。
パリ・ファッション・ウィークでの自身のショーの前に行われた円卓討論でステラはこう話す。


「仕事場で私が毎日やっているのは、ファッション業界をより良い実践の場にすること。私は恵まれていました。有機農場で育ち、そこで季節の移り変わりを見ていましたし、両親はベジタリアンで、チェンジエージェント(変革者)でした。私は彼らと同じように既に世界を見ていたのです」
「その姿勢を私は仕事に持ち込み、幸い自分がボスでした。本当に幸運でした」「ファッション業界で働きたい今の人は、倫理を持った会社で仕事をしたいと希望しています。これから5年、10年、15年とその数は更に多くなるでしょう」


そして今、サステナビリティは最前線を走り、ファッションデザイナーは自問自答をしなければいけないとして、「古い服を如何にして新しいものにするか?それをどのようにビジネスにするか?そういったことこそが、これからファッション業界が真剣にやっていかなくてはいけないこと。再販、レンタルファッションやヴィンテージといったものです。このような会話が最前線にあるべきなのです」と説いたステラは、その姿勢をより昔の世代にも伝えるべきだとして、「(環境配慮を装おう欺瞞的態度の)グリーンウォッシングが巷にはびこっています。故に若者はもちろん、本当に彼らが実感し自分のこととして考えていることを望みますが、少し上の世代の方々にどうやって気づかせることができるか?それに答える事ができる人は首相に立候補すべきですね!」と続けていた。

この風景・環境で成長した証なのかな~この状況の厳しいファッション業界で、古い服を新しく!リサイクル!それらがビジネスとして成功し世界的に認められるようになるのは並大抵の事ではありません。その成功の秘訣、ポイント、考え方と行動…これらをトークショウで感じ取りたいですね。

追伸
こちらの方も、まだまだ申し込み募集中ですよ~

『 行ってみなはれ!物欲!食欲!ビートルズ欲!Meet Up in NARA 1109 』

お待ちしておりま~す!

0

Abbey Road Anniversary まで、あと2日!The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney!!

Abbey Road Anniversary まで、あと2日!The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney!!

radio times paul abbey

ポール・マッカートニーはかつて自身が28歳で亡くなると思っていたことを明かしている。
ポール・マッカートニーはザ・ビートルズの代表作『アビイ・ロード』が今年でリリースから50周年を迎えたことを記念して行われた英『ラジオ・タイムズ』誌とのインタヴューの中でその思いを告白している。


radio times paul.

現在77歳のポール・マッカートニーはインタヴューの中で、若かりし頃の自身は今の成功をどう思っていると思うかという質問に次のように答えている。「彼はきっと、自分が今もここにいることを喜んでくれるんじゃないかな」

「多くの人たちと同様に、僕は自分が28歳で死ぬと思っていたんだ。車のナンバー・プレートとは何ら関係がないんだけどね」とポール・マッカートニーは続けて語り、『アビイ・ロード』のアートワークに登場するフォルクスワーゲンのナンバー・プレート「28IF」に言及している。

ポール・マッカートニーは当時、交通事故で亡くなって代役が代わりにザ・ビートルズに加入したとする都市伝説が持ち上がることとなっており、アートワークに登場するフォルクスワーゲンのナンバー・プレート「28IF」は「もし生きていたら28歳だった」の意味であるとする説が一部でささやかれていた。

ポール・マッカートニーは当該の都市伝説に言及しながら次のように冗談を飛ばしている。「僕が77歳まで生きることになるなんて、きっと素晴らしいニュースだろうね」

ポール・マッカートニーはジョン・レノンとの友情について振り返り、今も彼が夢に出てくることを明かしている。

ポール・マッカートニー、28歳で自分は死ぬと思っていたと語る~NME JAPAN


ここから、The Late Show with Stephen Colbert です!

The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney1


ポール・マッカートニーはジョン・レノンとの友情について振り返り、今も彼が夢に出てくることを明かしている。
ポール・マッカートニーはCBSのテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」に出演して、ジョン・レノンとの関係性について語っている。


司会のスティーヴン・コルベアから「どのくらいジョン・レノンのことを考えることがあるか」と訊かれると、 ポール・マッカートニーは次のように答えている。
「すごく頻繁にだね。ジョンが夢に出てくるんだ」と彼は語っている。「つまり、それだけ深い関係性を築いていたということなんだ。誰かに夢で再会できるのは嬉しいことだよ。僕はよくバンドの夢を見るんだけどね、おかしな夢なんだ」


「ジョンと一緒にいることが多いんだよ。何かをしながら一緒に話をして、僕はベースを弾く準備をするんだけど、ベースが粘着テープで巻かれているんだ。それで、夢だということに気がつくんだけどさ。テープを剥がして、ジョンと話をするんだ」とポール・マッカートニーは続けている。「ジョンの夢は何度も見たことがあるよ。いつだって素敵なものなんだ」

また、スティーヴン・コルベアは番組の中で、ザ・ビートルズ時代に撮影されたポール・マッカートニーとジョン・レノンの写真をポール・マッカートニーに見せ、「この写真の時のことを覚えていますか?」と彼に質問している。

The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney

「覚えているよ」とポール・マッカートニーは答えている。「この写真は僕にとって特別なものなんだ。ザ・ビートルズが解散した時に、多くの人たちから僕こそが悪者だということを言われていてね。僕とジョンはうまくいっていなかったっていうふうにさ。そういう否定的な意見がたくさんあったんだ。ザ・ビートルズの解散をみんなが悲しんでいたからね」

「それで、いろいろなことを考えたんだ」とポール・マッカートニーは続けている。「『ジョンのことを本当に分かっていたのだろうか? 僕らは友人だったのだろうか?』っていうふうにね。自分たちのことは知っていたけど、そういう噂をされてしまったからね」
「その写真を見ると、『ああ、僕らは友達だったよね』っていうことを思えるんだ。素敵な写真だよ。一緒に作業していた時のことを思い出せるんだ。それがいかにクールだったかということをね」


ポール・マッカートニー、今もジョン・レノンが夢に出てくると語る~NME JAPAN



この番組については、こちらの動画を…



The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney BTS







"Gran on the Run,"
"All You Need Is Love and Lipitor,"
"Help! I've Fallen and I Can't Get Up,"
"Back in the AARP"
"Ob-La-Di Obl-Adult Diaper."

その絵本、予約します!(笑)

0

ポール・マッカートニー、来年のグラストンベリー・フェスへの出演について語る

ポール・マッカートニーは来年、グラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める可能性について言及し、非常に前向きに捉えている。

ポール・マッカートニー、来年のグラストンベリー・フェスへの出演について語る

ポール・マッカートニーは2020年に50周年を迎えるグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めるのではないかと噂されている。ブックメーカーによれば、ポール・マッカートニーはフリートウッド・マック、フォールズ、エルトン・ジョンと共に有力候補となっている。

BBCラジオ2のゾー・ボールが司会を務めるブレックファスト・ショウに出演したポール・マッカートニーはグラストンベリー・フェスティバルのピラミッド・ステージへの出演は今後あるのかと訊かれて、噂について肯定も否定もしていない。

「まあ、僕がやったら素晴らしいんじゃないかとみんなが言ってくれててさ。だから、できるのか、素晴らしいものになるのか考え始めたところなんだ。僕の子どもたちも『父さん、グラストンベリーについて話をしないと』と言っててね。彼らが何を言おうとしているのかは分かっているつもりだよ」

「だって、最近は多くの人と同じように、僕の子どもたちも毎年行っているんだ。素晴らしいフェスティバルで、僕らも随分前に出させてもらったけど、そろそろ戻る頃なんだろうね。分からないけどさ。ちょっと準備もしなきゃいけないし、それでなんとかやってみる感じだからね。でも、わずかながらの可能性にはなり始めているんだ。まだ何も決まってないというのは言っておくけど、みんなが話を始めているんだ」

ポール・マッカートニーは2005年にグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めており、先日、主催者のマイケル・イーヴィスはもう一度出演する可能性について情報を漏らしていた。

「ポールは今のところいい状況でね」とマイケル・イーヴィスはBBCサマセットに語っている。「50年目だから、ぜひと思うよね。あんまり大事にしないでほしいんだけどさ」

2017年の時点でエミリー・イーヴィスは2020年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーが2組決定していると語っていた。来年の出演が噂されているアーティストは他にマドンナ、アークティック・モンキーズ、ザ・1975、フリートウッド・マックなどがいるものの、ピンク・フロイドではないことは明らかにしている。

一方、ザ・1975のマット・ヒーリーは来年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める「準備ができている」と語っている。

ポール・マッカートニー、来年のグラストンベリー・フェスへの出演について語る ~ NME JAPAN

0

ポール・マッカートニーの顔の変化を代表曲と共に振り返ったトリビュート映像公開中

ポール・マッカートニーの顔の変化を代表曲と共に振り返ったトリビュート映像公開中

今日はこちらの「お顔」の話題を…

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の顔写真(1959年〜2019年)を時系列で連続表示して、ポールの顔の変化を彼の代表曲や出来事と共に振り返ったトリビュート映像が公開中。写真はスタジオ・セッション、インタビュー、ドキュメンタリー、ライヴ・コンサート、セレモニーアワード、セレブイベント、ツアーなどのものを使用しています。映像を手がけたのはYouTubeアカウントのAngelo di Carpio(旧:Angel Nene)。



Angelo di Carpioはこれまでに、ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、スティーヴン・タイラー、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、U2のボノ、ジョン・レノン、カート・コバーン、デイヴ・グロール、マドンナ、ジョージ・マイケル、クイーン、ガンズ・アンド・ローゼズなど、同様のトリビュート映像を数多く制作しています。

ポール・マッカートニーの顔の変化を代表曲と共に振り返ったトリビュート映像公開中 amass


顔って年齢、性格、健康状態、喜怒哀楽、癖、相など様々な事が分かる事があります。こうして、ポールの顔の移り変わりを見ると…そう変わんない…って感じがします。つまり、昔も今もポールはポールなんだな~って…

どちらかと言えば、気になるはポールの顔…でなくて…あ…その…そうなんです…そこ…なんです…今回の顔変化では、その部分は分かり難いのです…いや…別に…その部分に興味があるわけでもないのですが…どうしても…ついつい…目が行ってしまうのです。

でもイイじゃないかな!私の周りでも若きして、そのような方がおられますが、ご本人はギャグにしていて、突っ込んだり、突っ込まれたりして、いつも一緒に笑っています。それはそれはいい表情していますよ。

ん!?顔の話から別の話になって行きそうなので短いのですが今日は、ここまで…短いのはブログだけか…って…しつこい…この話題…まあ、そう気が短い事を言わずに行きましょう。
エッ!?短いのではなくて、厚みがないって…つまりは薄いって事?


このままだと中身が薄いブログになってしまいますね…(笑)

このカテゴリーに該当する記事はありません。