夢参加NAブログwithポール・マッカートニー & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

PM2.5と、石炭ストーブと、中国の事情。

PM2.5と、石炭ストーブと、中国の事情。

PM2.5と、石炭ストーブと、中国の事情。

体調が良くない…今、抵抗力が落ちているので、かなりダウンしています。私のリスクファクターの項目が増えているのは困った事ですが、その上に、このリスクは避けたいですね。
そうです。PM2.5です。


人民日報海外版と新華社によると、2015年にすべて排ガス基準未到達車(黄色いシールが貼ってある)を廃車、17年末には全市の自動車保有台数を600万台以下に抑える。
全市で石炭発電ユニットの新設を禁止、15年末までに市内中心部の一戸建てのボイラーを無炭化し、城内六区(東城区、西城区、海淀区、朝陽区、豊台区、石景山区)内は石炭ストーブ禁止、16年までに首都機能の位置付けにそぐわない汚染企業累計1200社を調整、退去させる、区・県の大気レベルや建設事業の環境評価及び環境執行法処罰等の情報を直ちに公開する、 PM2.5を経済発展の制約指標とし評価と問責を強化するなどの措置がとられる。人民日報海外版日本月刊が伝えた。


PM2.5の要因については、前回、このブログでも書きましたが、一般家庭の石炭ストーブの影響と対策は難しい課題でしょうね。
地方から出稼ぎで来られた方が住む都市郊外では、集団暖房設備がないので、石炭ストーブで暖を取る人もまだ多いようです。
農村部では、暖房や料理のためにトウモロコシや麦の茎を燃やすことが珍しくないようで、この黒煙も大気汚染の一因です。社会の発展と遅れた部分の両方の原因による汚染が関連しているので、対策は、そう簡単ではありません。


尚、中国では発電の7割以上を石炭火力に依存しています。全世界での石炭消費割合は、中国がダントツのトップで50%を超えています。中国の石炭産出量が多い(トップ)事や、安い事もあり、このような結果になっています。

私の感覚では、蒸気機関車やストーブと言えば、石炭を使う代名詞みたいでしたが、今や、蒸気機関車は、SL(Steam Locomotive)として、町おこしや話題作りで走らせる事はある程度で、環境に影響を与えるような稼働ではありません。
ストーブは石油ファンヒーター、電気ストーブ、そして、エアコンが主力になっていますので、一般家庭内で、石炭を利用している感覚は、日本ではほとんどありません。


然しながら、原子力発電所の稼働がままならない状況ですので、火力発電所にて石炭の消費が増えているのは事実ですが、日本の環境技術は世界トップクラスで、大気汚染物質の90%以上を除去しています。
東電と三菱重工などは「石炭ガス化複合発電(IGCC)」とよばれる最新鋭の火力発電設備を導入し、福島に建設する事を発表していますので、技術の導入で対策は可能だと言う事もあり、日本では石炭が環境問題にならないのでしょう。


でも、こんな話題を書いていると、なぜか咳がゴホゴホ…やっぱり、マスクをする事と、着用した衣類は清潔に洗濯・クリーニングしましょう。

ホームページ改定

白さえ向上!粉末洗剤 「簡潔主義EVO」
衛生&清潔!粉末洗剤 「ウィルグリーン」

0

中国中東部に大気汚染もたらす三大原因とは!気象条件、車の排気ガス、石油暖房

中国中東部に大気汚染もたらす三大原因とは!気象条件、車の排気ガス、石油暖房

中国中東部に大気汚染もたらす三大原因とは!気象条件、車の排気ガス、石油暖房

近頃、目に付くニュースと言えば、「ノロウイルス」でしたが、最近は、このニュースの方が目に付くようになりました。そうです。「PM2.5」です。こんなニュースをご紹介します。

2013年12月5日、南京、杭州、上海など中国中東部がここ数日、スモッグに見舞われている。中国環境保護部の担当者は4日、広範囲に及ぶ今回のスモッグがもたらされる三大原因を分析、発表した。予想によると、今月4日から8日にかけてはスモッグが拡散しづらい条件が続くものの、8日から11日にはより強い寒気団が到来することから、華北中南部から長江デルタ地域にかけての気象状条件はかなり改善される見込み。新華社が伝えた。

中国の広い範囲でスモッグが発生した主な原因は以下の通り。

1.スモッグの拡散に不利な気象条件が続いたことで、汚染物質が累積し続けた。地表に近い部分が無風で穏やかであることから、大気が水平・垂直方向いずれにもほとんど動かず、極めて拡散しづらい状態にある。

2.自動車の排気ガス

3.北方での石炭暖房の使用が増えたことで、大気の質がかなり悪化している。風のない穏やかな天気条件の下で排気ガスが蓄積し、とりわけ北方地区では冬季の石炭暖房使用が急増、石炭の燃えカスが大気中に放出されるため、空気の質に深刻な悪影響を及ぼしている。

同担当者は、「スモッグが発生すると、各地は大気の質モニタリングを強化し、大気の質に関する情報をリアルタイムに公開する。また、積極的に各種措置を講じて、大気の質の悪化に対応している」と話した。

上海市は今月2日、大気汚染橙色警報を発令すると同時に、緊急排出削減措置を発動し、学生の野外活動を一律禁止した。江蘇省環境保護庁は大気汚染重度警報を発令した。南京市は橙色警報を発令、工業企業に対して減産を命じ、汚染物質の排出を厳しく抑制し、工事現場での塵・土埃排出削減を強化し、道路の清掃回数を増やした。

ハルビン市は、担当者を組織して汚染源に対する集中検査・監督を実施し、汚染防止の対象となる施設が問題なく操業しており、汚染物質の排出が基準値以下に抑えられていることを確認した。
(提供/人民網日本語版)
Record China


記事では、「減産」を命じていると書かれていますが、企業に取ったら、大変な事です。
でも、中国に行かれた方に聞くと、本質は、「石炭」、ご家庭で使用される暖房用の「石炭」が一番良くないと言われていました。まさか、寒いのに、暖房するなとは言えませんね…でも、何とかしないと、酷い環境問題です。何とかして下さいよ!


こんな記事を書いていると、南港で見た石炭の山「ブラック・ダイヤモンド」を思い出します。

0

PM2.5は、アジア全体の問題です。問題は中国?自国?衣類はしっかり洗いましょう!

PM2.5は、アジア全体の問題です。問題は中国?自国?衣類はしっかり洗いましょう!

PM2.5は、アジア全体の問題です。問題は中国?自国?衣類はしっかり洗いましょう!

PM2.5の事が、ついに国際的な軋轢を生むかもしれませんね…それ程、深刻な問題になりつつあります。今日は、そんなニュースを…

中国で深刻化している微小粒子状物質「PM2.5」による大気汚染をめぐり、中国と韓国のメディアがバトルを展開している。韓国側が「大気汚染の原因は中国」と断定したのに対し、中国側は「事実無根」と反論。批判合戦は大気汚染にとどまらず、携帯電話や整形手術にまで拡大している。

「韓国の首都圏の大気汚染物質は、40%以上が中国から飛来したものと推定されている」
韓国紙・朝鮮日報は4日の社説でこう指摘し、中国で発生したPM2.5が偏西風に乗って同国に到達する危険性に警鐘を鳴らした。


日本でも西日本でPM2.5の飛来が懸念されているが、より近い韓国は深刻だ。韓国の環境省と国立環境科学院によると、PM2.5よりも粒子が大きいPM10の濃度が、韓国の首都圏で12時間以上も環境基準値を超過したのは今年に入って計19回もある。一昨年の11回、昨年の3回と比べれば驚異的なハイペースで、同院は今月1日、「子供や高齢者は長時間の外出を控えるように」と呼びかけた。

こうした大気汚染の発生源とみなされているのが中国だ。韓国各紙には「中国の世論を呼び覚ませ」「中国発の黒い災い」などといった見出しが連日のように躍っている。
これに中国メディアが反撃してきた。


中国紙・新京報は2日、専門家の話を引用する形で「PM2.5は風に乗って拡散するが、韓国に渡っていくほどではない」と反論。さらに、韓国に多い汚染物質・窒素酸化物は中国では多くないとして、「中国のせいにするのは話にならない」と断じた。

当然、韓国メディアの怒りは収まらない。
韓国紙・中央日報は4日の記事で、中国メディアの「中国で荒稼ぎする韓国の整形外科医」や「不具合が多い韓国製携帯電話」といった報道を取り上げ、こうした外国企業バッシングが「批判根拠が不足しており、むしろ嘲笑される」と揶揄してみせた。


日本のTVCMで、有名なキャッチコピーがあります。
「臭いにおいは、元を絶たなきゃダメ」と言うジョンソン&ジョンソンのCMがありましたね…会社でも何かあると、「そもそも」論があります。
今回も、「元」を解決しないと、周辺所か、自分の身の回りに悪影響が出始めます。
何とか、しないと…


せめて、衣類に付着した汚れだけでも、しっかり、洗いましょう!!

ホームページ改定

白さえ向上!粉末洗剤 「簡潔主義EVO」
衛生&清潔!粉末洗剤 「ウィルグリーン」

0

風来坊は、PM2.5!福岡でもソウルでも注意報が発令!ソウルでは初のPM2.5注意報!

風来坊は、PM2.5!福岡でもソウルでも注意報が発令!ソウルでは初のPM2.5注意報!

風来坊は、PM2.5!福岡でもソウルでも注意報が発令!ソウルでは初のPM2.5注意報!

今週、超超ハードなスケジュールと、飲み会、しかも、NEWな仕事が山ほどあり、課題や書類提出やらで、夜遅くまで会社に居残り…その上、5日は通勤電車の人身事故で帰宅がかなり遅くなるなどが重なり、完全な寝不足…休日の今日でもまだダルい…こんな調子で身体が持つのかな?
そんな日々でブログの更新が遅れていましたが、今日はノロウイルスでなく、また別の事が話題になっています。それは、「PM2.5」です。


福岡県内は2013年12月6日、午後、大気中の微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が高くなり、空がかすんだ。
県によると、天候が回復した午後を中心に濃度が上昇。1時間当たりの濃度は 福岡市で午後2時に122マイクロ・グラムを観測したのを始め、香春町112マイクロ・グラム、北九州市102マイクロ・グラムだった。


黄砂でもそうですが、中国大陸から風に乗って日本に上陸する事はありますが、お隣の韓国はどうなのかと思っていたら、前日にこんなニュースがありました。

韓国のソウルでは、2013年12月5日、濃いスモッグが広がり、ソウル市は大気汚染物質PM2.5に関する注意報を初めて出し、市民に外出を控えるよう呼びかけました。

韓国のソウルでは、5日は朝から濃いスモッグが広がって、午後4時にはPM2.5の1時間の平均濃度が1立方メートル当たり93マイクログラムとなりました。
ソウル市は、平均濃度が2時間にわたって85マイクログラムを超えると健康に影響がでるおそれがあるとしており、PM2.5に関する注意報を出しました。


中国から飛来する大気汚染物質が問題となるなか、ソウル市はことし10月からPM2.5の観測結果の公表を始めましたが、注意報が出されたのは5日が初めてです。市では、幼稚園から高校まですべての学校に、屋外での活動を控えるよう連絡したほか、高齢者や呼吸器系の疾患のある人はできるだけ外出を控え、外出する際はマスクを着用するよう呼びかけています。

韓国で、PM2.5の観測値を公表している自治体はソウル市だけですが、中国に近い西部や南部では大気汚染が深刻化しており、全国的な観測や予報を公表するよう求める声が強まっています。

福岡で100以上の数値、ソウルで90台ですので、どちらも注意報が出て当然の値です。
しかし、このPM2.5は、お天気と同様、日が変われば、状況も変わる…と言うものなので、注意報が出たからといって、翌日も「危険」とは違いますので、ご安心を。


しかし、国々は色々あるとしても、アジアは1つ!喜びも課題も共通!考えないといけませんね…
このPM2.5の話、続きます。カテゴリーにも追加しましたので、また、ご覧になって下さい。

このカテゴリーに該当する記事はありません。