FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Prince William ウィリアム王子は、ホームレスネスの慈善団体「The Passage」の募金活動の料理本『A Taste of Home』で語る。

Prince William ウィリアム王子は、ホームレスネスの慈善団体「The Passage」の募金活動の料理本『A Taste of Home』で語る。

新しい料理本のフォワードで、ウィリアム王子は、特にパンデミックの真っ只中の今、温かい食事と居場所の重要性について感情的に語った。

Prince William ウィリアム王子は、ホームレスネスの慈善団体「The Passage」の募金活動の料理本『A Taste of Home』で語る。

彼の前に組織を支援した彼の母ダイアナ妃の足跡をたどって、王室は1993年に子供の頃に初めて訪問した後、2019年からホームレスネスの慈善団体「The Passage」のパトロンとなっています。それは、ウィリアムが「私が優れたシェフではないことを最初に認める」と告白しているにもかかわらず、同団体の40周年記念の新しい募金活動の料理本『A Taste of Home』の紹介文を書くようになった理由です。前回、パサージュの厨房に入れてもらった時は、非常に賢明にも副料理長(別名、にんじんチョッパー)の役割を果たさせてくれました。

必ずしもキッチンの達人というわけではありませんが、彼は自分が準備を手伝った食事の思い出があると付け加えました。
「その時、私はスパゲッティのボロネーゼ(101ページのレシピ)を『作った』のです」と彼は書いています。
「その料理は素晴らしい香りがしました。しかし、私が最も感銘を受けたのは、パサージュの食堂で温かい食事を共有することで、ホームレスを経験している人たちがいかに自宅にいるように感じられるかということでした」と彼は続けた。


「家と呼べる場所を持つことは貴重なことです。コロナウイルスのロックダウンの間、私たちは誰もが家に閉じこもることの緊張感を感じたことがあるでしょう。しかし、家と呼べる場所を持たない人々にとって、パンデミックはさらに恐ろしいものとなっています。パンデミックの絶頂期に、ザ・パッセージは移動式の「フードハブ」を設置し、毎日300人以上の人々に温かい栄養価の高い食事を提供しました。」

ホームレスネスの慈善団体「The Passage」の募金活動の料理本『A Taste of Home』

A Taste of Homeのページに掲載されているのはウィリアム王子だけではなく、ナイジェラ・ローソンNigella Lawson、サー・ポール・マッカートニーSir Paul McCartney、グレートブリティッシュ・ベイク・オフ Great British Bake Off のスター、メアリー・ベリーMary Berryなど、100人の著名な英国人セレブのレシピも掲載されています。その結果、王室はこの本を「私たちの国が示している驚くべきコミュニティ精神と弱者への配慮の現れ」と呼んでいます。

2

映画「ゴールデンスランバー」・竹内結子さん追悼

映画「ゴールデンスランバー」・竹内結子さん追悼

山本周五郎賞を受賞した伊坂幸太郎の逃亡劇を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」でも伊坂作品の監督を務めた中村義洋が映画化。
主演に堺雅人、共演に竹内結子、吉岡秀隆、香川照之、大森南朋、柄本明ほか。
2010年製作/139分/G/日本・配給:東宝

映画「ゴールデンスランバー」・竹内結子さん追悼


主題歌:「Golden Slumbers」All performed by 斉藤和義
「映画の規模も大きいと聞いてたし、出演者の皆さんも豪華だし、責任重大だって感じましたね。サントラってずっとやってみたいと思ってたことだから、声をかけてもらったときは〈いいんですか!?〉って思ったけど、ぜひぜひってことでやらせていただきました。まだラフの段階の映像を観ながら、監督とイメージのすり合わせをしてスタジオに入り、ひとりでやってみたりバンドを集めてジャムってみたり。監督もレコーディングに立ち会ってくれて、その場でどんどん決まっていく感じですごくやりやすかったですね。なんせ、映像観ながら演奏するってのも初めてだったので、おもしろかったっす」。

また、主演の堺雅人は、斉藤の音楽について「ビートルズの原盤『Abby Road』では、メドレーのなかの橋渡しのような使われかたをしているこの曲ですが、斉藤さんの歌を聴いて、独立した曲として人を感動させる力を持っているのだなと思いました」と、語っている。



映画「ゴールデンスランバー」・竹内結子さん追悼1

『ゴールデンスランバー』竹内結子 単独インタビュー(本当は堺雅人さんとのインタビューですが、割愛させて頂きます。)

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続く、中村義洋監督による伊坂幸太郎原作の映画化作品『ゴールデンスランバー』が完成した。本作は、総理大臣暗殺事件の犯人に仕立て上げられた男が、大学時代の仲間や出会った人々に支えられながら、必死の逃亡劇を続けるサスペンスミステリー。主人公の青柳を演じた堺雅人と、青柳を助ける元恋人の晴子を演じた竹内結子が、作品への思いや撮影の裏話をじっくりと語ってくれた。

Q:完成した作品はどう思われましたか?
竹内:わたしは、「映画を観たな!」という感じがしました。すごく密度の濃い何かが心の中に残ったというか、映画として面白いものをすべて持っていると思ったんですよね。登場人物の何げない一言が、後々のストーリーに大きな影響を与えていたり、人を思う気持ちの強さとか、悲しいのに出てくるどうしようもない笑いとか、いろんな要素が含まれていて……。この作品で、中村監督の演出って好きだなと改めて思いました。

Q:本作は、伊坂さんと中村監督とのコンビ第3弾でもあります。ファンの期待もかなり大きいと思うのですが、プレッシャーはありませんでしたか?
竹内:そりゃありますよ! だって原作は本屋大賞に選ばれたベストセラーですし、すさまじい数の伊坂ファンが注目して下さってるんですもん。「いや、晴子は竹内じゃないっしょ!」と言われる怖さはありますよ。もちろん。

Q:原作も読ませていただきましたが、個人的には原作ファンもナットクの映画化作品だと思いました。
竹内:ありがとうございます! 伊坂さんが書かれた原作の世界と中村監督の作る世界、二つの「ゴールデンスランバー」があるとして、わたしが参加しているのは映画の方なんだからと開き直ってましたけど、内心は怖いんですよ。だから、原作ファンもナットクですとおっしゃっていただくと、シュワ~ッて身体の力が抜ける気がします(笑)。

Q:中村監督は、堺さんを「青柳のように助けたくなっちゃう人」とおっしゃっていたそうですが、竹内さんも青柳と堺さんには共通点を感じますか?
竹内:感じますね。堺さんって人当たりがよくて、どんな人のことも「ウェルカム!」って言ってくれそうな雰囲気があるんです。そう考えると、悪いたくらみもウェルカムにしてしまう青柳くんと、少しかぶるような気がするんですよね。

Q:お二人は、中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演されているだけに、現場ではやりやすかったのではないですか?
竹内:それが、堺さんとは現場で会うことはほとんどなかったんですよ。わたしたちの共演は、ほとんど回想シーンでしたし。撮影はすべて仙台で行われたので、お互いに近くにいるのはわかっていたんですけど、監督が「そんなに簡単には会わせてやらないからな」ってニヤニヤしながらおっしゃっていて(笑)。それは監督の狙いだったみたいですね。

Q:いつもと変わらない日常の中で、晴子が青柳に突然別れを告げるシーンですね。
竹内:でもね、晴子はチョコレートをきっちり割ってくれる青柳くんがいやになったわけじゃないんです。シーマンに「小さくまとまるなよ」って言われたことだけが原因じゃないんです。すべてはトータルなことだと思うんですけど、恐ろしいシーンですよね。別れっていうのはこういうものなのかって、実感しちゃいますよ(笑)。

Q:「小さくまとまるなよ」といえば、自分が小さいなと思ったことはありますか?
竹内:あります! お腹が空いたら機嫌が悪くなるとか、家で見てはいけないものを見たら「ワアアア!」って叫んだりとか……(笑)。

竹内:それで、恐怖を紛らすために、いろいろな人にメールしてみたりとか(笑)。あとは、ちょっとガラの悪い知らない男の人に、「おい、竹内!」って小さなケンカを売られたとき、「何だよっ!」って言い返しちゃったことがあるんです。そしたら、その人は隠れて出てこなくなったんですけど(笑)、小さなケンカを買ってしまった自分が一番小さいな~って思って切なくなって、またみんなにメールしちゃいました(笑)!

Q:青柳の武器は信じることでした。お二人の役者としての武器は何だと思いますか?
竹内:いつも自分が幸運だと思うときって、周りがいい人なんですよね。だから、幸運に恵まれるタイミングがあるとすれば、それが自分の武器なのかもしれません。とはいえ、宝くじに当たったことはないし、打ち上げの抽選も当たらないんですけど(笑)。それから、デビューしてからずっと、いい共演者と巡り合ったとか、勉強させてもらったことはあっても、これをやらなきゃよかったと思う作品がなかったんです。ちょっと恥ずかしい思いをしたことはありますが、やって後悔したことがない。そこが自分の武器だと思います。

Q:では、これから映画を観る方にメッセージをお願いします。
竹内:誰かのことを「信じる」ことはできるかもしれないけど、その人が犯人ではないことを「知っている」と言い切れるところまで相手を思えるのって、そうそうできないと思うんです。わたしにはどれだけ「知っている」と言い切れる人がいるのかと、強く感じた作品です。皆さんにも、この映画からいろんなことを感じていただけたらうれしいです。

『ゴールデンスランバー』堺雅人、竹内結子 単独インタビュー~シネマ・トゥデイ



映画「ゴールデンスランバー」・竹内結子さん追悼2

突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

0

アニメーターのロン・キャンベルRon Campbellをフィーチャーしたビートルズ・ポップ・アート・ショーがロズウェルにやって来ます!

アニメーターのロン・キャンベルRon Campbellをフィーチャーしたビートルズ・ポップ・アート・ショーがロズウェルにやって来ます!

1964年、ビートルズはアメリカに上陸し、エド・サリバン・ショーEd Sullivan Showで7,300万人を動員し、アメリカのポップ・チャートを何年にもわたって席巻した。それから50年以上経った今、Fab Fourはロック史上最も有名な音楽グループであり続けている。最近では、ロード・オブ・ザ・リングLord of the Ringsのピーター・ジャクソン Peter Jackson監督がビートルズの1969年の「レット・イット・ビー」セッションLet it Be sessionsの映像を使った新しい映画を制作することを発表し、アップルレコードがビートルズの名盤「アビー・ロード」Abbey Roadを50周年記念に再リリースしました。

1960年代の「サタデー・モーニング・カートゥーン」シリーズの監督であり、ビートルズ映画「イエロー・サブマリン」のアニメーターの一人でもあるロン・キャンベルが、10月2日(金)から4日(日)まで、ジョージア州ロズウェルRoswellのアルファレッタ通り1101番地にあるアン・ジャクソン・ギャラリーthe Ann Jackson Galleryで、再登場します。

アニメーターのロン・キャンベルRon Campbellをフィーチャーしたビートルズ・ポップ・アート・ショーがロズウェルにやって来ます!

今回の登場は、ジョン・レノンの80歳の誕生日を記念したものです。キャンベルは、これまで制作したビートルズの漫画の原画を展示します。
また、キャンベルが、スクービー・ドゥーScooby-Doo, ラグラットRugrats, スマーフSmurfs, フリントストーンズFlintstones, Jetsonsジェットソンズなど、サタデー・モーニング・テレビの黄金時代に関わった他のアニメの絵も展示されます。


展示は無料で、すべての作品を購入することができます。また、キャンベル氏の作品をご購入いただいたお客様には、その場でキャンベル氏の漫画のキャラクターをモチーフにしたオリジナルのリマークを描いていただきます。

アニメーターのロン・キャンベルRon Campbellをフィーチャーしたビートルズ・ポップ・アート・ショーがロズウェルにやって来ます!2

9月30日(水)から一般の方を対象に作品の内覧会を開催します。

ロン・キャンベルは、ビートルズ1960年代の「サタデーモーニング・カートゥーン」シリーズのディレクターであり、映画「イエローサブマリン」のアニメーターです。
また、スクービードゥー、ラグラット、スマーフ、くまのプーさんWinnie the Pooh、フリントストーンズ、ジェットソンズ、ジャングルのジョージGeorge of the Jungle、ヨギ・ベアYogi Bear、キャプテン・キャブマンCaptain Caveman、その他多くの作品に関わっています。


内容:ロンキャンベルは、サタデーモーニング・カートゥーンとイエローサブマリンの役割のほか、スクービードゥー、スマーフ、ラグラッツなど、アニメーションでの50年のキャリアのさまざまな作品やビートルズのオリジナルの漫画の絵画を販売する予定です。

アニメーターのロン・キャンベルRon Campbellをフィーチャーしたビートルズ・ポップ・アート・ショーがロズウェルにやって来ます!1

場所:アンジャクソンギャラリー、1101 Alpharetta Street、ロズウェル、ジョージア州30075(770)993-4783

アンジャクソンギャラリー www.annjacksongallery.com

日時:10月2日金曜日-午後4:00-午後7:00
10月3日土曜日-午後1時〜午後7時
10月4日(日)-12:00 pm-3:00 pm
(アートワークのプレビューは9月30日水曜日に始まります)

2

ビートルズ分裂から50年、PEOPLEがバンドを祝う a Special Editionを発売

ビートルズ分裂から50年、PEOPLEがバンドを祝う a Special Editionを発売

海外の雑誌の表紙でGoodな時がありますよね。表紙買いをされる方もおられると思いますが、こちらの雑誌「PEOPLE」の表紙は如何ですか?
この記事の内容が掲載されていましたのでご紹介します。




50 Years After The Beatles Split, PEOPLE Celebrates the Band in a Special Edition

"これ以上ヒステリックになることはない "と1963年にジョン・レノンは言っています。PEOPLEのThe Story of The Beatlesから、彼らの初期の頃の様子をお読みください。

50年前にビートルズが解散したとき、一つの時代が終わった。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、そしてリンゴ・スター以前のバンドメンバーであるステュー・サトクリフとピート・ベストがビートルズとして1960年の夏にハンブルグのインドラ・クラブで初演してからちょうど10年が経過していた。しかし、1970年までに彼らは音楽を永遠に変えてしまった。

ビートルズは、単なるノスタルジアに浸っているだけではなく、ストリーミング・ファンよりも絶叫系のファンに人気を博しています。昨年発売された1969年のアルバム『アビー・ロード』は、発売から数日で17億回のSpotifyによるストリーミングを記録しましたが、そのうちのほぼ半分はバンドの解散後に生まれた人々によるものです。 生き残った2人のバンドメンバー、78歳のマッカートニーと80歳のスターは今でも仲が良い。今年の夏、マッカートニーは1997年にスターと一緒に作った曲「ビューティフル・ナイト」のリマスター版をリリースした。2人がスタジオに入ったとき、「すぐに昔のようになった」"right away it was just like the old days."とマッカートニーは語った。

PEOPLEは、写真満載の特別版「The Story of The Beatles」の中で、その驚くべき初期の時代を振り返っています。以下に抜粋した章では、ビートルズはイギリスで目まぐるしい成功の第一波を経験しており、バンドの少なくとも一人のメンバーは自分たちがピークを迎えたと思っていた。

"Beatlemania at Home"

ビートルズは1964年1月、ファンに包囲されたノース・ロンドンの劇場内の楽屋でキューバ産のブーツのかかとを休ませていた。暴動を恐れた警察の命令で、ビートルズは学校がファンを下校させる前に劇場に到着していた。"でも、こんなに長い間、外を見たことがなかったんだ。"But we haven't seen any open air for so long."

酸素の供給が不足しているというのは、今イギリスを飲み込んでいる狂気を説明するのに、何よりも適していました。集団ヒステリーの瞬間への道のりは、1961年11月にさかのぼり、27歳のデパートの跡取りという意外な姿で運命が訪れた。

ブライアン・エプスタインはクラシック音楽を愛する完璧な服装をしていたが、リバプールのビート・ミュージックのアンダーワールドであるキャヴァン・クラブの階段を降りると、これ以上のことはないだろうと思った。彼がハンブルグで鍛えられたバンドを見に来たのは、興奮した18歳の少年が "マイ・ボニー "というレコードを探しにエプスタインの楽器店を訪れた後だった。そのレコードは、ビートルズがドイツでのレコーディング・セッションでバックを務めていたトニー・シェリダンのアルバムからのシングルだった。ビートルズが近くで演奏していたので、エプスタインは行くことにした。

彼はその日、キャバーンを出た。「私はこの4人の若者たちがパフォーマンスをしていた、臭くて、臭くて、かなり汚い地下室に立ち寄った」と彼は2年後にライフに語っている。「彼らの演技はボロボロで、規律がなく、服はボロボロだったが、それでも... ここには何か大きな何かがあるとすぐに感じた」と語っている。

数週間のうちにエプスタインは彼らのマネージャーを務め、1962年の元旦にはデッカ・レコードのオーディションを受けるために彼らをロンドンに送り届けた。しかし残念なことに、彼はギター・グループは 「撤退の道を歩んでいる」“on the way out."と言われていた。(デッカのブラスが見事に間違っていることが証明された後、レーベルのトップであるディック・ロウはジョージ・ハリスンからの忠告で別の新進気鋭のグループ、ローリング・ストーンズと契約したため、自分を責めることは一生なかった)

振り返ってみると エプスタインは ビートルズのデモテープを メジャーレーベルに買い求めた後に 希望を失ったことを認めています。「彼らは全く興味を示さなかった」"They weren't in the least interested."

そして1962年4月、ロンドンに行くか死ぬかの旅の途中で、エプスタインは最後の一軒、エンバシーEmbassyのドアをノックすることを計画した。その前に彼はHMVの店に立ち寄り、デモテープをディスクに変換してもらいました。客のためにアセテートを作るのが日課だったサウンドエンジニアのジム・フォイJim Foyeは、業界の最高の耳が見落としていたエプスタインのテープに何かを感じていました。フォイはエプスタインの方を向いて、「EMIの重役の一人が上の階で会議をしている」とHMVの親会社のことを言った。"彼にこれを聴いてもらってもいいかな?

その重役はフォイと同じように、彼が聴いたものに興奮していた。36歳のマーティンGeorge Martinは貴族的な風貌を持ち(実際、彼は質素な家庭の出身だった)、ビートルズのマネージャーと同じくらいビートルズの世界とはかけ離れた存在だった。初期のレコーディング・セッションの後、彼らが不満に思っていることがあるかどうかを尋ねたとき、ジョージ・ハリスンは言い寄ってきた。「まあ、手始めに」"Well, for a start," 彼は言った、「私はあなたのネクタイが好きではない。」"I don't like your tie."

10代でフォー・チューン・テラーズ(Four Tune Tellers)というダンス・バンドを率いていたマーティンは、リバプールの若者たちが大好きなピーター・セラーズ(Peter Sellers)やスパイク・ミリガン(Spike Milligan)のレコードのプロデューサーを務めていた。エプスタインが初めてHMVのデモ・ディスクを彼に聴かせた時、彼は礼儀正しく、「そこには尋常ではない質の高さがあり、ある種の荒々しさがあった。"マーティンは作家のフィリップ・ノーマン(Philip Norman)にこう語っている。"何かあるかもしれないと思ったんだ」とマーティンは作家のフィリップ・ノーマンに語った。

1962年6月のオーディションの後、マーティンは彼らに契約を持ちかけた。しかし、彼はピート・ベストの「ドラミングは私が望んでいるものとは全く違う」とエプスタインに言った。9月までに、彼らが最初のシングル「Love Me Do」を生み出すレコーディング・セッションのために戻ってきたとき、バンドには新しいドラマーがいた。そしてジョージ・ハリスンは黒目を患っていた。これはキャヴァン・クラブでの騒動で、リンゴ・スターをドラムに迎えたビートルズが激怒したピート・ベストのファンに襲われた時のことだった。

11月、マーティンは新しいバンドが彼のために見つけたシングル "How Do You Do It? "ではなく、レノン・マッカートニーのオリジナル曲を録音しようと主張したことにムッとしていたが、これはジェリーとペースメーカーズのヒット曲となった。
"ビートルズが自分たちの曲 "Please Please Me "を録音した後でさえも、「セッション全体が楽しかった」とマーティンは後に認めている。「最後にインターホンのボタンを押して、『紳士諸君、君たちは最初のNo.1を作ったばかりだ』と言ったんだ」
'Gentlemen, you have just made your first No. 1.'"


マーティンもエプスタインもビートルズ自身も、この先に起こることを予言することはできなかっただろう。1位のヒットを連発し、12時間のセッションで録音されたデビュー・アルバムは30週間チャートのトップに立った。このアルバムは1963年11月22日にイギリスでリリースされたセカンド・アルバムによって1位から転落した。その2ヶ月後、彼らはミート・ザ・ビートルズ(Meet the Beatles)でアメリカのLPデビューを果たした。

イングランドの10代の人々の間で最初の大規模なマニアの発生が報告されたのは1963年の秋で、彼らが初めて全国放送のテレビに出演し、BBCのラジオ番組に出演したことをきっかけに、ビートルズの広報担当者トニー・バロウが主張した「ファブ・フォー」が5週間のツアーを開始したのです。
ヨークシャーのハルでは、一晩中行列を作った2,000人のファンを50人の警官が制圧するのに苦労した。カーライルでは、チケットの列が暴動に発展したときに負傷した十代の若者たちを救急車が運び出し、ニューカッスルでは4,000人が土砂降りの雨の中で待っていた。ニューカッスルでも4,000人が土砂降りの雨の中で待っていた。"48時間並んでいた多くの人のつままれた、風に焼かれた顔は、それが楽しいビートルのイベントへの前奏曲よりも死の時計のように見えた "と、デイリー・テレグラフ紙が評した。


Why The Beatles Didn't Keep The Band Going
ビートルズがバンドを続けられなかった理由


「昨夜、ビートルズに触れた」とデイリーヘラルドの記者は書いています。「2人のファンは12歳以上で、後で私をつかまえ、手袋をした手にキスをした。」と書いている。フリート・ストリートはこれをビートルマニアと呼んだが、この現象を取材することになった記者たちは、北国のバンプキンズと思われていた彼らが素晴らしい名言を披露してくれたことに喜びを感じた。特にリンゴは名言マシーンであることを証明した。

記者:どうしてそんなに指輪をしているんですか?Why do you wear so many rings?
RINGO: 鼻から全部はめることができないからだよ。Because I can't fit them all through me nose.
記者:ベートーヴェンについてどう思いますか?What do you think of Beethoven?
RINGO:彼の詩が好きでした。I loved his poems.


最も引用されたセリフはジョンのもので、毎年恒例のロイヤル・バラエティ・パフォーマンスRoyal Variety Performanceの間、ロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ劇場Prince of Wales Theatreのステージから「ツイスト・アンド・シャウト」“Twist and Shout”を紹介した時のものです。

「安い席の人たちは手を叩いて下さい。」
"Would the people in the cheaper seats clap your hands,"
と、母王妃とマーガレット王女(エリザベス女王は当時妊娠中で宮殿行きだった)を含む観客に向かって言った。
「そうじゃないの人は宝石をジャラジャラ鳴らしてくれればいい」
"And the rest of you if you’ll just rattle your jewelry."


別のツアーでは、リンゴはビートルマニアが自分の家族にまで感染していたことを明かしています。
"俺の親父はビートルマニアに興奮して頭がおかしくなってしまったんだ。父は絵描きだけど、もう絵描きのようにはしゃべらないんだ。'Yeah Yeah Yeah' aとか 'Wow Wow Wow’ とか言って指を動かすのが精一杯だ"


レポーター、カメラマン、テレビのプロデューサー、「インタビューに応じたティーンエイジャー」が楽屋に詰め込まれている中、リンゴは自分の音楽の好みについて話した。
"私はブルースに熱中しています ""I'm dead keen on the blues,"と彼は言った、彼はかつてアメリカに移住することを望んでいたことを付け加えた、 "私は私のビザを取得するためにリバプールのアメリカ領事館に行って、彼らは私たちに『あなたの祖母の親友の犬は共産主義者ですか?』だからあきらめた"


1963年10月、アメリカのバラエティ番組の司会者エド・サリバンEd Sullivanがロンドンの空港を通過していたとき、ちょうどファンがスウェーデンから帰国したバンドに熱狂していたのです。その時、スウェーデンから帰ってきたバンドにファンが熱狂していたのです。

この時点で、ビートルズは自宅のファンからの騒動を歓迎した。「彼らは好きなだけ騒いでいいんだ」
"They can make as much row as they like,"とジョンは言った。

「彼らが僕らを見捨てた日、僕はウィスキーとコーラの代金をどうやって払おうかと悩むだろうね」
"The day they desert us, I'll be wondering how I'm going to pay for my whiskey-and-cokes. At the moment,"

とジョンは付け加えた
「今がピークだ。これ以上のヒステリックなことはない」
"we're at the peak. Things can't get much more hysterical than they are now."


と彼は付け加えた。
もちろん、彼は非常に間違っていた。


50 Years After The Beatles Split, PEOPLE Celebrates the Band in a Special Edition


成功と狂気…人気って恐ろしいですね。詳しくは、雑誌「PEOPLE」を購入して読んで下さいね…英文ですが…

0

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開。ビートルズの1968年のインドへのspiritual journeyに関する新しいドキュメンタリー

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開。ビートルズの1968年のインドへのspiritual journeyに関する新しいドキュメンタリー

インドでのビートルズとの出会いを描いた新作長編ドキュメンタリー『Meeting the Beatles in India』が9月9日(水)にワールド・イベント・シネマ・プレミアを開催します。
Virtual Premiere on September 9th, 2020


映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開5

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日にプレミア公開

映画「Meeting The Beatles In India 」




フィルムについて 1968年、世界の注目を浴びながら、ビートルズは世界各国を旅した。
インドのウッタラーカンド州のリシケシュRishikeshという人里離れた場所でマハリシ・マヘシ・ヨギthe Maharishi Mahesh Yogiのもとで超越瞑想を学ぶために。


この数週間は、ガンジス川のほとりにあるアシュラムashram(精神的な修行をする場所)の中でも最も創造的な時期の一つとなり、この数週間は、彼らの人生の中で最も多作で創造的な時期の一つとなりました。
48日で48曲(30曲という説もあります)を作詞しています。
Ob-La-Di, Ob-La-Da, Dear Prudence, Bungalow Bill 60年代の代表的な曲となり、後に正式に『The White Album』と題されたアルバムに収録されています。


それらは平和、愛、瞑想に対する世界的な関心が爆発的に高まったことの始まりでもあります。そして現在も若い世代を魅了し続けています。
かつては一握りの聖人と聖なる人が住んでいましたリシケシュは今では多くの人がスピリチュアルな探求者のための世界の首都と考えています。
年間100万人の訪問者が、インスピレーションと悟りを求めてアシュラムに引き寄せられています。


当時この数週間の間にアシュラムを訪れたのは、カナダの若い映画監督であるポール・サルツマンPaul Saltzmanという名の人物が最近失恋した心を癒すために来ました。
理解と悟りを得るために ビートルズの存在を知らずに到着した彼は8日間門の外で待っていました。ようやく中に入れてもらって 瞑想を教えてもらいました
そして苦悩を癒す「奇跡」が起きた。


彼の失意の中には、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴがいた。
彼はすぐにジョン、ポール、ジョージ、リンゴと出会い、彼らは彼を4人の非公式なグループに連れて行った。
彼らのパートナーであるパティ・ボイド、シンシア・レノン、モーリーン・スターキー、そしてポールのガールフレンド・ジェーン・アッシャー また、ミア・ファロー、ドノバン、マイク・ラブ、ビートルズのローディーであるマル・エヴァンスも参加していました。


ポールは次の週、これらの有名な人々と「ぶらぶら」して過ごしました。
アシュラムのリラックスした雰囲気と、彼らの暖かい歓迎を受けて、彼はいくつかの最も重要な部分を撮影しました。
ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの有名で親密な写真のポートレートを撮影しました。


映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開 Paul McCartney

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開 ジョン・レノン

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開 ジョージ・ハリスン

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開 リンゴ・スター

映画「Meeting The Beatles In India 」が9月9日に公開

ポールがカナダに帰国した時、彼はこの瞑想の魔法を共有することに熱心でした。彼にとっては彼の記事と画像の一部を大手雑誌が欲しがっていたのが幸いした。その後、物語を書き終えた後、写真を片付けることにしたのですが、実際には忘れていた。
視界から消え、心の中から消えていた。32年後、娘のデビアニ・サルツマンが彼に思い出させてくれた。これらの画像を持っていて、それを使って何かをしようと提案しました。ギャラリーでの展示と数冊の本の出版へとなりました。


映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開3

モーガン・フリーマンMorgan Freemanがナレーションを担当したこの映画は、いくつかの静止画を含むアーカイブ資料、インタビューや、これまでに見たことのないフィルム映像などを織り交ぜています。
超越的瞑想の実践者である映画監督デビッド・リンチ、パティー・ボイド、ジェニー・ボイド、著名なビートルズ史家マーク・ルイスン、ジャーナリスト・編集者ルイス・ラッハム、映画監督・作曲家のローレンス・ローゼンタール、ハリプラサド・チャウラシア、そして本物の「バンガロー・ビル」。


ソルツマンは、彼自身の思い出とともに、バンガローの一つである「バンガロー・ビル」を巡る不思議なミステリーツアーを企画しました。
20世紀の最も重要で影響力のある文化的な出来事を明らかにし、それがいかに重要であるかを明らかにします。
自分自身の内面を探求することは、あらゆる世代のアーティストにとってだけでなく、一人ひとりにとっても重要な事です。


映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開6


ポール・サルツマンの談話
1968年、は23歳でインドに渡り、瞑想を学びました。
私の人生を変えたのは、ガンジス川のほとりにあるアシュラムでビートルズと一週間過ごし、写真を撮りました。
家に帰ってから32枚の写真をダンボール箱に仕舞い込みました。数年後、私は地下室で彼らを見つけました。
「インドでビートルズに会った」という映画は、15年前からずっと作りたかった映画です。


映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開5

若い頃は、すべてがうまくいっているように見えました。ミシシッピ州で有権者の調査をして、1965年の夏にSNCCに登録し、全国の若者向け広報番組を共同で司会しました。当時カナダのプレミア放送局であったCBCの番組に出演し、アイスホッケーをよくプレーし、デートをしたり、スポーツカーを運転したりしていました。
モントリオールにあるカナダ国立映画局で働いていましたが、ある朝、私は小さな部屋を借りて目を覚ましました。
自分の中で嫌な部分があったのです。私はあまり意識の高い若者ではなかったし、その混乱の瞬間には私は声に出して言ったのです。何も考えずに "これをどうしようか?"と その後の沈黙の中で、私は自分の魂の声を聞いたのです。
私は魂を信じていませんでしたが、その内なる声が私を導いたのです。その内なる声に導かれたのです。それがインドです。
恋人のトリーシャと私は別れたくなくて 二人で泣きながら別れました。
私は飛行機の代金を払って、インドでNFBのドキュメンタリー映画のサウンドレコーディストとして活動し、ボンベイへ。6日、ニューデリーに到着。


リシケシュのマハリシ・マヘーシュ・ヨギのアシュラムに行きました。
門に着くと、アシュラムは閉鎖されていると言われ、訪問者は入れないと言われました。
彼らの妻たちがインドにいるとは知らなかった
ビートルズはすでに私の精神の扉を開けていた。それは私の人生の重要な瞬間だった。
ジョンは'Tomorrow Never Knows'を歌っていましたが、歌詞が沁み込んでくると、彼らが言っていることが分かりました。
私はまだ経験したことのない旅をしていたのです。


門の外でテントで寝て待っていた8日間の後、中に入れてもらいました。5分後には指示を受けて、初めて瞑想をしました。目を開けてみると 30分後には苦悩が消えていました それは奇跡だった。

私が最初に見たのは、ジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴが外の崖の端にある長いテーブルに座っているのを見たときでした。
ガンジス川とリシケシュを見下ろすことができました。緊張しながら歩いて行きました "ご一緒してもいいですか?" と尋ねた。
"いいよ、相棒 "(Sure, mate.)とジョンは答えた そしてポールは言った、"椅子を用意してくれ "(Pull up a chair)と。


映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開7

映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開8


ポール・サルツマンについて
ポール・サルツマンは、エミー賞を2度受賞しており、トロントを拠点とする映画・テレビのディレクター・プロデューサーで、300本以上の作品を手がけていることで知られています。また、教育者、指導者としても世界的に知られています。


1968-69年には、1970年の大阪万国博覧会のために制作された初のIMAX映画の監督兼プロダクション・マネージャーとして、新しい映画フォーマットの誕生に貢献しました。1969年にはウッドストック音楽祭に参加し、後にレナード・コーエンのコンサートツアーをプロデュースしたほか、ボー・ディドリーのドキュメンタリー映画を制作・監督した。

彼は、「マイ・シークレット・アイデンティティ」、「マトリックス」、「マックス・グリック」などのテレビシリーズをプロデュースしています。また、『Martha, Ruth & Edie』や『Sam & Me』を製作し、カンヌ国際映画祭カメラドールのコンペティション部門で佳作に選ばれました。

2000年には、バイキングペンギン社からポールの初の著書『The Beatles in Rishikesh』が出版されました。2006年には、豪華な限定版ボックスセット「The Beatles in India」を制作しています。

映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開4

映画「Meeting The Beatles In India 」9月9日プレミアム公開2

このカテゴリーに該当する記事はありません。