ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

映画「花筐 HANAGATAMI」~大林宣彦監督作品・キネマ旬報2位!祝記念

映画「花筐 HANAGATAMI」~大林宣彦監督作品・キネマ旬報2位!祝記念

映画「花筐 HANAGATAMI」

2017年公開の映画が対象の第91回キネマ旬報ベストテンが11日発表されました。日本映画の1位は石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」ですが、なんと!2位に大林宣彦監督作品「花筐 HANAGATAMI」が選ばれました!おめでとうございます!
そして、監督賞にも大林宣彦監督が選ばれました!こちらもおめでとうございます!


キネマ旬報 映画「花筐 HANAGATAMI」

キネマ旬報 監督賞 大林宣彦


映画名を見ても…「?」、「知らん…」、「なんて読むの?」と言う方が大半かと思いますが、仕方がないですね…撮影された佐賀県唐津などの地区では先行上映されましたが、都市部では1月末、2月からの上映ですので知らなくて当然です。しかも、CMもなく、前売り券も見当たらず、話題にもならない…監督のご病気については話題でしたが…(苦笑)。

しかし、ファンの間では、この作品は長年待ちに待った作品なのです…と言うのも、大林監督のメジャーデビュー映画は「HOUSE ハウス」(大場久美子出演)なんですが、実は、この花筐の脚本は既に出来上がっており、デビュー作になって良かった作品である事はかなり以前から監督自身が仰っていました。

勿論、私、映画観に行きます。私、大林宣彦監督のファンですから!…と言いながら、最近の作品見ていないのです…テーマが重くて…でもこれまでの作品には想い出があります。全43作中、30作は見ています。(残りの13作も今後見ます。)その中から想い出の作品は…

「転校生」の男女の変化だけでなく、フレーム変化、モノクロームからカラーへの変化は、「A MOVIE」で始まったのに、何故か文学的な印象を残し(これは尾道の風景が影響)、映画的な手法に引き込まれた作品でした。非常に衝撃的でしたね。でも…あの尾道はもう今はありませんけどね…

転校生 MOVIE


「さびしんぼう」、これまた文学的なプロローグから始まる感傷的な作品に溺れました。当時の富田靖子さんは可愛かったな~この作品の影響で何度も尾道へ行きました。サウンドトラック盤、貴重な映画の宣伝写真も持っています。これまでで映画館で一番観た回数が多い作品です。

さびしんぼう


「廃市」、「あした」、「異人たちとの夏」、「夢・メーキング」etc回想して行くと長くなります…映画だけでなく、CM「ん~マンダム」、「ラッタッタ!」なども覚えていますね。

その大林監督も80歳!新作「花筐」公開。そしてキネマ旬報2位に選ばれた事は、この作品の完成度・満足度・注目度・感激度が高い事を証明する事であり、今後の上映増加を期待させる結果と言えます。そして、この作品が大林監督の「戦争三部作・最終章」を飾る喜ばしい発表である事と監督の健康を願う心の証であると感じます。

これからも始まります。
A MOVIE
「つばき、時跳び」

2

気になる映画は…

気になる映画は…

昨日ブログをお休みしましたが、さて!今日のブログは…ポールの話題ではなく、「映画」についてです。

その映画とは…
「Film Stars Don’t Die in Liverpool(フィルム・スターズ・ドント・ダイ・イン・リヴァプール)」
なんですが…知らない…ですよね…まだ日本で公開されていません。英国では11月17日、米国では12月29日公開…って米国ではこんな年末に封切りする映画もあるのですね。


Film Stars Don’t Die in Liverpool move

Film Stars Don’t Die in Liverpool


この映画は恋愛映画です。監督はポール・マクギガン、主演はアネット・ベニングとジェイミー・ベルが務めた。本作はピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を原作としている。(ウィキペディアより)
ハリウッド女優グロリア・グレアムの最後の物語で、ターナーと大女優グロリア・グレアムさんの情熱的でエキセントリックな関係が描かれ、特に1981年、グレアムさんが末期の胃がんを病み、ターナーに助力を求めた頃がフォーカスされているようです。


フィルム・スターズ・ドント・ダイ・イン・リヴァプール映画

フィルム・スターズ・ドント・ダイ・イン・リヴァプール




評判では星4を付けているレビューもありますので評判上々かな。
実は私が注目しているのは、リバプール…だけではなく、音楽なのです。
この作品では、J・ラルフが音楽監督ですが、なんと主題歌はElvis Costelloです。
タイトルは、「You Shouldn’t Look At Me That Way」





エルヴィス・コステロは新曲について次のように説明しています。
「“You Shouldn’t Look At Me That Way”は多くの秘密を抱えた二人についての曲なんだ。彼らは交際しているんだけど、お互いをそのまま受け止めるのが難しいんだよ」
「すべての恋人たちには秘密があるよね。うぬぼれもありながら、そこには多くの脆さもある。曲名はそこから来てるんだ。それは魅惑的な眼差しと判断しないでという懇願についてのものなんだ」


お~っと思いますよね。いつものコステロ節ですね。しっとり聞き入ってしまいます。これは映画関係では、「She」以来のヒットソングになる!?もしかして、アカデミー賞2018で音楽主題歌にノミネートされるかも!!




この動画で最後に演奏したのは、彼の初期の代表曲「Alison」(アリスン)です。
この歌詞のmy aim is true.は、彼のデビューアルバムのタイトルです。
♪Oh, Alison, my aim is true.
My aim is true.♪


Oh, Alison, my aim is true.


まだまだ健在ですね。Costello!my aim is true!


With
そして、こちらの方も気になりますね!

夢参加NAブログ関東支部・オフ会のお知らせ

男女・年齢関係ございません。
これまで、ぼっちで、ビートルズやポールを応援されているような初めての方もお気楽にご参加出来ますよ!
今回、西日本MeetUp会にも、お一人初めての方が参加されました!
ご応募、お待ちしております!

0

ちょっとだけよ~Pirates of Paul McCartney(ネタバレかな?)

ちょっとだけよ~Pirates of Paul McCartney(ネタバレかな?)

Pirates of the Caribbean:Dead Men Tell No Tales(パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊)の日本公開が、あと3週間と迫っていますが、今回の注目は…勿論、ポールの出演!
今回は映画見に行きますが、事前に予習をしておかないとポールの出演シーンを見逃しそうです。
これまでの出演情報としては…このポスター


Pirates of Paul McCartney

ん…なかなかの格好ですね。このポスター映画館で見たいですね。
エッ!?このポスターが欲しい…そうですね…でも、このポスター部屋に貼るのは、ちょっと…家族の者に嫌がられそうです。


では、何の役柄で出演されるのか…
主人公ジャック・スパロウの親戚「ジャックおじさん」で、ジャックの名付け親…って事になっているようですね。


では、では、どのようなシーンに登場しているのか…ネタバレになるかもしれませんので、ちょっとだけ…

Pirates of Paul McCartney

ん!?これ…ポールなの…って…だから、ちょっとだけって…これでは分からないではないか!とお怒りのお気持ちも分かりますので、もうちょっとだけ…

Pirates of Paul McCartney1

おっ!これは、確かにそんな気が…でも、分かり難い…
では…これでは、どうだ!


Pirates of Paul McCartney2

この目は確かにポール!こちらを見つめている!アップで出演ですか!
でも、これでは何のことだか…あとは映画を見てのお楽しみ…って事にしましょう!

3

『007』ロジャー・ムーアさん死去 89歳 3代目ジェームズ・ボンド

『007』ロジャー・ムーアさん死去 89歳 3代目ジェームズ・ボンド

007/死ぬのは奴らだ

『007』ロジャー・ムーアさん死去 89歳 3代目ジェームズ・ボンド~シネマトゥデイ

007ロジャー・ムーア氏死去 89歳 がん闘病…「死ぬのはやつらだ」など多数~デイリー

「007」ロジャー・ムーア氏がんで死去 89歳~日刊スポーツ

ポール・マッカートニー、亡くなった俳優のロジャー・ムーアにも追悼の意を表明

ポール・マッカートニーは現地時間5月23日に亡くなった俳優のロジャー・ムーアに追悼の意を表明している。

遺族はツイッターでロジャー・ムーアが亡くなったことを発表している。享年89歳だった。「沈みきった心境と共に、残念なお知らせをお伝えしなければなりません。我々の父親、サー・ロジャー・ムーアが本日亡くなりました。我々は全員打ちひしがれています」

ロジャー・ムーアは映画『007』シリーズで7作にわたってジェームズ・ボンドを演じたことで知られている。

訃報を受けてポール・マッカートニーはソーシャル・メディアでロジャー・ムーアに追悼の言葉を寄せている。

「サー・ロジャー・ムーアが亡くなったという更なる悲しい知らせが本日届きました。ロジャーは素晴らしい人物であり、言うまでもなく素晴らしいジェームズ・ボンドで、『007 死ぬのは奴らだ』の頃に一緒に仕事をできて幸運でした。彼は思いやりの心を、ユーモアのセンスを持っており、彼を愛した多くの人に惜しまれることになるでしょう」
   NME JAPANより転記

訃報を受けてポール・マッカートニーはソーシャル・メディアでロジャー・ムーアに追悼の言葉を寄せている。

『007』ロジャー・ムーアさん死去 89歳 3代目ジェームズ・ボンド

  この曲も追悼の曲になるのかな…


ご冥福をお祈りします。

2

当たりました!

当たりました!

やったー!当たりました!嬉しい!
エッ!?何が?と思われるでしょうね。
VIPの抽選は明日からだし…年末ジャンボ宝くじは、もう発表になっているし…有馬記念は…本命で喜ぶような事ではなかったし…
何かと言うと、これです。


la la land Poster


映画「La La Land」の試写会が当たりました!
この映画以前から観たかった作品の1つですので、少しでも早く見ることが出来るのは嬉しいです。
エッ!?なにそれって…では、少しこの作品について


ミュージカル映画です。ミュージカルと言えば、「雨に唄えば」「サウンド・オブ・ミュージック」「ウエストサイド物語」などが有名ですが、私の好きなウディ・アレン監督も「世界中がアイ・ラヴ・ユー」(Everyone Says I Love You)という作品を撮るほど、映画と音楽、ダンスが融合すると素晴らしい作品になるのです。今回は、それにプラス、ラブストーリーを加えた作品になっています。

LA LA LAND DANCE


この映画、非常に好評なんです。
ゴールデングローブ賞では作品をはじめ主要7部門で受賞
英国アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞、作曲賞の計5部門で最優秀賞に輝きました。
本年度アカデミー賞に史上最多13部門・14ノミネートされていますが、さて、何部門獲得するのか注目されています。


lalaland MUSICAL


この作品に私が注目しているのは、個性的な映画「JAZZ」で評価の高かったデイミアン・チャゼル監督の作品だから…ではなく、この方が主演しているからです。
エマ・ストーン、エマちゃんの作品だからです。彼女はウディ・アレン作品「マジック・イン・ムーンライト」に出演を依頼される程の実力があり、今輝いている女優さんです。
その彼女が、ミュージカルとは驚きましたね。


la la land エマ・ストーン


ところで、試写会って…どこで…実は会場で見るのではなく、「オンライン試写会」なんです。つまり、限定された期間内に、全国どこでも誰とでもネットで観る事が出来る試写会です。こんな制度があったとは今回、初めて知りました。これは便利!


いつもご利用ありがとうございます。青山シアターです。
この度は、『ラ・ラ・ランド』オンライン試写会にご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる抽選の結果、◯◯◯様が見事ご当選されましたので、お知らせ致します。
本作は、2017/2/17(金)12:00~ 2/18(土)12:00までの24時間、視聴可能となっております。



ところで、最後に1つだけ気になることを…
この作品の海外のポスターは、一番上の画像が多いのですが、日本のポスターはこれがメインなんです…


lalaland 日本

これではラブストーリー作品と思われます、いや、確かにラブストーリーなんだけれども、私は、この作品はミュージカル映画として楽しみべき作品だと思っていますので、踊りたくなるような、「サウンド」が聞こえるようなポスターにして欲しかったですね。

その証拠に、この作品がゴールデングローブ賞を獲得した時から、Amazon USでのCDランキングが1位!今も上位です。
私もこの一ヶ月程、一番よく聞いているアルバムが、ポールでもビートルズでもBruce Springsteenでもなく、この「LA LA LAND」のサウンドトラックなんです!


lalaland サウンドトラック




映画に音楽にエマちゃんに酔いしれて、この作品を楽しみましょう!



この音楽を聞きながら、明日からのVIPに楽しい気分で備えましょう!
LA~LA~LA~ LALALALA~ LALALALA~ Hey Jude~(と…ちょっと違うか…)


With

lalaland レビュー

このカテゴリーに該当する記事はありません。