FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

アナログ・レコードが上昇中!No.1アーティストはビートルズ!

アナログ・レコードが上昇中!No.1アーティストはビートルズ!

日課のように、Amazon USのAmazon Best Sellersを見てみると…本日・1月15日では…
10位、Pink Floyd・The Dark Side of the Moon
12位、Fleetwood Mac・Rumours 33 & 1/3 RPM
13位、Queen・Bohemian Rhapsody
23位、The Beatles・Abbey Road
31位、Amy Winehouse・Back to Black
32位、Michael Jackson・Thriller


ん!?本当に2019年なのか?年代を間違っているのでは?と思うほどです。しかも、このランキングしているのは、CDではなく、Vinyl、つまりレコードである。それ程、今アナログ盤の販売が上昇しているのです。下記はBillboard誌より…

アナログ盤がアメリカでは13年連続で上昇している。去年は前年より14.6%も上昇。1680万枚も売り上げ、1991年に調査を開始して以来最高の売り上げを記録した。
ビートルズ、ピンクフロイド、プリンス、ボウイの売り上げなどの貢献が大きい。


アーティスト別の売り上げは以下の通り。
1. The Beatles, 321,000
2. Pink Floyd, 177,000
3. David Bowie, 150,000
4. Panic! at the Disco, 148,000
5. Fleetwood Mac, 139,000
6. Led Zeppline, 138,000
7. Michael Jackson, 131,000
8. Jimi Hendrix, 119,000
9. Metallica, 116,000
10. Queen, 113,000



アルバム別の売り上げは以下の通り。
1. Soundtrack, Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol. 1, 84,000
2. Michael Jackson, Thriller, 84,000
3. Fleetwood Mac, Rumours, 77,000
4. The Beatles, Abbey Road, 76,000
5. Prince and The Revolution, Purple Rain(Soundtrack), 71,000
6. Pink Floyd, The Dark Side of the Moon, 67,000
7. Bob Marley and The Wailers, Legend: The Best Of…, 61,000
8. Queen, Greatest Hits, 60,000
9. Amy Winehouse, Back to Black, 59,000
10. Panic! at the Disco, Pray for the Wicked, 59,000



さらにシングルの売り上げは以下の通り。
1. The Beatles, "Yellow Submarine", 10,000
2. Prince, "Nothing Compares 2 U", 9,000
3. Led Zeppelin, "Rock and Roll"/"Friends", 8,000
4. Sleep, "Leagues Beneath", 5,000
5. Chris Cornell, "When Bad Does Good", 4,000
6. David Bowie, "Let's Dance" (Full Length Demo), 4,000
7. Paul McCartney, "I Don't Know"/"Come On To Me", 4,000
8. U2, "Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me", 3,000
9. The Jimi Hendrix Experience, "Burning of the Midnight Lamp", 3,000
10. John Williams, "The Rebellion Is Reborn", 3,000


なんと!昨日、盛り上がり不足と言ってしまったYellow SubmarineがシングルNo.1ではないか!これは失礼しました…
ポールの I Don't Know、4,000枚限定だったのですね。

ベテラン・アーティスト…もう亡くなられた方もおられますが、こうして名前が上がると嬉しいですね。これらのレコード、ジャケットが大きいので見ているだけでも嬉しいのですが、最近、限定BOXが多くなり、購入された方は置き場所が…床が抜けないか…心配されている当ブログのリスナーである◯◯様、◯◯◯様の声が聞こえます…
それよりも高額になったレコードの価格の方が痛いかな…

私は昔のレコードは沢山ありますが、プレーヤーがありません…ん…困ったものです…


追伸
ポールの新しい公演が先程発表されました。

Las Vegas Date Added to #FreshenUpTour
29th June - T Mobile Arena, Las Vegas, NV

楽しみが増えますね。アメリカですが。。。

0

思い立ったが吉日となるのかな…?Red Rose SpeedwayとHenryk Szeryng Complete Edition

思い立ったが吉日となるのかな…?Red Rose SpeedwayとHenryk Szeryng Complete Edition
Red Rose Speedway Deluxe Edition Box Set
昨年はCD発売大振る舞いでした。ビートルズの50th・White Album、Paul McCartneyの新作Egypt Station、そしてWingsのアーカイヴ盤。これらのカラーレコード、DX BOX、ケース違い、国別、曲目違いなどを数えていくと天文学的な種類と金額となります。
中でも、「ウイングス 1971-1973・スーパー・デラックス・エディション」は日本盤59,400円にも関わらず完売!今はプレミアが付く程の取引となっています。購入されていた方、おめでとうございます!


1月8日、久し振りに、Amazon USのAmazon CD Best Sellersを見てみると…
な・な・なんと!Red Rose Speedway Deluxe Edition Box Setが、3位ではないか!


Red Rose Speedway Deluxe Edition Box Set Amazon Us No.3

これは驚きましたね!2018年12月7日に発売されたCD BOXが3位って!?何かあったの!?と思い…よ~く見ると…お値段が…$83.36とは!
これはお買い得です!この価格に反応して購入者が極端に増えたのですね。でも出荷日は1~2ヶ月後…って…つまりは売り切れじゃないの?限定盤なんだから…


Wings Wild Life Deluxe Edition Box Setは$111だったようですが、私がアクセスした時には姿形も見えず…Amazon USでは完全に売り切れたのかな…?
それにしても、どちらも安い!Red Rose Boxが83ドルを見た時に、ポチろうかどうしようとか思ったが、今は我慢…我慢…と思っていたら…エッ!翌日には通常の$170.08になっていた…
あの価格は…夢か?幻か?妄想か?と思うほどでした。


時折、Amazon USを見ていると、本当に驚いてしまうほどの価格を見る事があります。8日のRANKINGでは、もう1つ驚きのクラシックのCDがありました。
な・な・なんと!CDが$12.08ではないか!しかもクラシックにも関わらず、RANKING10位!


へっ!?CDが12.08ドルなんて、普通じゃないの?10から12ドルでCDが買えるのに!ポールのEgypt Stationなんて、$9.96だよ!って声が聞こえますが、このCDは、BOXなんです!しかも、そのCD枚数は…44CD!収録時間: 2587 分
目を疑いましたね…価格の付け間違いでは…と…いえいえ、そんな事はないでしょう。
UKでは£77.99、日本盤では11,345円、カナダでも、157.57加ドルですので、どうして、このような価格を設定したのか不思議です。


そのクラシックCDはこちら…
Henryk Szeryng Complete Edition
Henryk Szeryng Complete Edition(限定盤)
商品説明:ヘンリク・シェリングが1988年の春に69歳で亡くなった時、世界は極上の偉大なヴァイオリニストの一人を失いました。このすばらしい20世紀の音楽家の生誕100周年を記念して、フィリップス、マーキュリー、ドイツ・グラモフォンに残された録音がCD44枚組のBOXで発売されます。すべてオリジナル・ジャケット仕様。未発売および世界初CD化の音源も含まれています。

私、勿論…知りませんでした…クラシックに疎いので…Spotifyで、この方の演奏を聞くと!良いじゃありませんか!!(と分かったフリ)
と言うことで、ポチりました!CD代1,366円+送料903円=代金2,269円
なんと!1CDが、51.6円となります。ヒェ~!
でも…出荷予定日は2月?3月?とかなり先です。


Henryk Szeryng Complete Edition Amazon US


今日、このCD BOXどうなっているのか…見てみると…在庫ありません…Amazon以外の発送でで$101.29でした。
気がついた時に、ポチっておいて良かった…けども…本当に発送されるのかな…(疑問)


たまに覗くと、楽しいですよ!Amazon CD Best Sellers

0

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」に行ってきました。

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」に行ってきました。

年末企画「思い付いたら更新する行き当たりばったり年末思い残しなし」ブログ更新・PART2です。
今年は超大物・海外アーティストの公演だけでなく、もうお一人の方のコンサートに行く事が出来ましたので、その事を…その方は、宇多田ヒカルさん。


宇多田ヒカルTOUR2018のチケットをゲットする為には、新作アルバム「初恋」を購入する必要があったのですが、幸運にも大阪城ホールが当たり!!その後の話はネタバレになるのでブログには掲載しなかったのですが、もう良いかな…と思いブログに掲載します。

宇多田ヒカルのコンサートには、紙製チケットはありません!

座席は後日判明するデジタル・チケットなんですが、なんと!アリーナ!しかも真ん中!18列目!なんて幸運!意気揚々で会場へ

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」チケット


会場の中に入ると女性のお客さんが多い…若いと言うよりはアダルトって感じかな。私のようなオジサンは絶滅危惧ほどの人数か…嫁さんと一緒に行って良かった…
座席の位置はサイコーですが、どのような雰囲気のコンサートか分からなかったので、ボードも応援団扇も持って行かず…勿論、法被も来ていません(笑)。


さあ!宇多田ヒカルの登場!
まるで昭和の歌謡ショウのようにステージ中央に、せりが上がって登場!


宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール1

ステージ衣装はノースリーブの黒いドレス姿と言うシックな衣装。もっとド派手な衣装を想像していたのですが、そのようなコンサートでない事が分かりました。客層もアダルトなので、ショウ自身がシックです。

1曲目から最新アルバム「初恋」から「あなた」。これを聞かせるのですね~登場して、もっとワア~となるかと思っていたが、皆さん、宇多田ヒカルの歌を聞きに来ているので、アホみたいに大声上げるような客や無茶苦茶騒ぐような客はいません。

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール2


2曲目は私の好きなアルバム「Fantôme」から「道」、次は「traveling」「COLORS」「Prisoner Of Love」「Kiss & Cry」と続きます。
「SAKURAドロップス」では見せ場の1つであるアナログシンセサイザーPROPHET-6をヒカルが自ら演奏!


宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール3

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール4


「光」を歌ったあと「ともだち」の時にダンサーの高瀬譜希子が登場し、ヒカルの歌と共に情熱的に踊り曲の感情を盛り上げます。

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール6

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール7

曲が終了してから彼女を紹介し、「Too Proud」でも共演。なかなか決まっていました。

前半終了後…ん!?スクリーン上映!?ツアー・タイトルの「Laughter in the Dark」笑いと絶望をテーマとした又吉直樹との対談映像…と思いきや…なんと!コントであった!場内爆笑!意外性を含めて、結構ウケていました。コンサートの途中でコント上映なんて、変わった趣向だな…と思っていると…

後半は、なんと!アリーナ後方の特別ステージに突然登場!衣装は白と黒のツートーンで「誓い」を熱唱!

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール8

エッ!?この画像では背中しか見えません…ほぼこの角度しか見えませんでした…でも後方のスタンドのファンの方、良かったですね。

あっ!実はこのコンサート、国内の大物アーティストでは珍しく静止画像での撮影可能でした。でもシックなファンは、某・超大物海外アーティストのファンのようにパチパチ撮ってばかりの方は少ないのです。そうです。落ち着いたシックな演出とコンサートなのです。

「真夏の通り雨」、「花束を君に」の終盤で、なんと!センターステージから前方ステージに客席通路で移動!しかも、私のほん隣の通路を通るではないか!ここは本人に(握手は無理としても)手を振りたい!と思いましたが…ロープで厳重に通路と座席をセパレートして、何人ものスタッフがガッチリ囲んで移動!しかもライトなし!暗い!スタッフで宇多田ヒカルが見えず…いや…一瞬…ゼロコンマ秒見えたかな?…隣を通ったはずなのに…ん…某・超大物海外アーティストの空港からの出待ちよりも厳しい…

あっという間に通常ステージに戻っており、「Forevermore」を歌っていました…

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール9

そして、「First Love」「初恋」と言う素晴らしい曲順。そしてラストは「Play A Love Song」、痺れますね~

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール10


アンコールは「俺の彼女」、この曲をアンコール1曲目にするとは意外!もっとダンシングな曲にするかと思ったのですが、そこがヒカルらしい所なのかな…

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール11

あれ!?ステージ衣装は、Tシャツ!あっ!コンサート・グッズで販売されていたTシャツですね。しかもブラックとはシックなコンサートです。

バンドのメンバー紹介のあとに、デビューシングル「Automatic」ここが終盤のハイライトです!
そして、本公演最後の曲は「Goodbye Happiness」


宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール12

知らなかったのです、私、この曲。スイマセン…でも、ヒカルが観客の為に選んだ選曲ですので反対に印象に残りましたね。

全曲歌い終わったあと…ステージのサイドのお客さんにお礼…

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール13

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール14


そして、大阪城ホール全体のお客さんにお礼…

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール15

お辞儀をした時に、イヤホンを外す…これでお別れって…事ですね…

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール16

感激…

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール17

Bye Bye Thank you!

宇多田ヒカル・ツアー2018「Laughter in the Dark」大阪城ホール18


1万人の大阪城ホールがライヴハウスのような雰囲気で、皆さん、宇多田ヒカルの声に…曲に…歌に…聞き惚れているって感じがしました。本当に良いシックなコンサートでした。次回もツアー公演があるのなら、行きたいですね。

今度は宇多田ヒカルさん、MCは流暢に…って、それが宇多田ヒカルらしい魅力なのかな…良かったですよ。
Thank you HIKARU UTADA



年末企画「思い付いたら更新する行き当たりばったり年末思い残しなし」ブログ更新・PART2でしたが、PART3があるかどうか…紅白か?それとも某・超大物海外アーティストの話か?
エッ!?探偵ナイトスクープの感想…って、それはないか…

2

レコード大賞・乃木坂46「シンクロニシティ」とDA PUMP「U.S.A」

レコード大賞・乃木坂46「シンクロニシティ」とDA PUMP「U.S.A」

見ました?昨日のレコード大賞。
久しぶりに見ました。丁度、ブログの更新をしながらでしたので流していただけですが、彼女達の歌が放映された時は釘付けになりましたね。それはピンク・レディー!


歌・ダンス共にパフォーマンス、サイコーです。1975年に彼女達を「スター千一夜」と言うTV番組で見た時を覚えています…その時には既に子供達にも人気があり、釘付けになりました。あの頃と同じ感情で昨日TVを見ましたね。ケイちゃん61歳、ミーちゃん60歳。素晴らしいパフォーマンスでした!

レコード大賞 ピンクレディー2018

レコード大賞 ピンクレディー20181230


あっ!?肝心のレコード大賞は…乃木坂46「シンクロニシティ」でした。

レコード大賞・乃木坂46「シンクロニシティ」とDA PUMP「U.S.A」

レコード大賞 乃木坂46「シンクロニシティ」とDA PUMP「U.S.A」

乃木坂って…48じゃないのですね…48はAKBか…スイマセン、オジサンには分かりません…ただ今年は話題性では広い世代にウケたDA PUMP「U.S.A」の方がありましたので「ありゃ!?」と思われる方も多かったようですが、大人の事情…U.S.A.が洋楽のカバー曲である事で、主催である公益社団法人日本作曲家協会なので作曲重視である要因が大きいですね。それなら洋楽のカバー曲はノミネートしますが大賞は取れませんと言えば良いのにね…

因みに、売上は乃木坂46「シンクロニシティ」は124万枚、DA PUMP「U.S.A」は10万枚。でもYouTubeでは「シンクロニシティ」は2,000万回弱の再生数で、「U.S.A.」は1億3,000万再生ですので、どのようなバランスが決め手になるかは、正しく大人の事情でしょうけれども、この舞台に上がれた事自体、素晴らしい事です。

ただ家族に、この結果を伝えると…「あれ!?安室奈美恵じゃないの?」って…ん…確かに…アルバム「Finally」は今年一番売れましたね…それなら宇多田ヒカルの「初恋」も曲としては良かったけども…売れただけなら、オリコン・チャートではAKB48の「Teacher Teacher」の方がシングルとして一番よく売れています。尚、売上2位はAKB48「センチメンタルトレイン」です。3位が乃木坂46じゃないかな…まあ…発表されている企業によってランキングは異なりますが…

このような状況があるにはありますが、乃木坂46の皆さん、そして、ファンの皆さん、おめでとうございます。

エッ!?今年最後のブログはポール話ではないの!?と思われる方もおられるでしょうけれども、今日は「思い付いたら更新する行き当たりばったり年末思い残しなし」のブログ更新です。次は何が飛び出すやら…

0

Wings祭はPaul Yearに相応しいサイコーのイベント!

Wings祭はPaul Yearに相応しいサイコーのイベント!

今年はポールのニューアルバム「Egypt・Station」が発売され、来日も果たし、その上、「ウイングス・ワイルド・ライフ」、「レッド・ローズ・スピードウェイ」のアーカイヴも発売され、ポールで満たされた一年でしたが、今年最後のイベントは、これ!ですよね!
Wingsです!Wingsが復活!そうです!Wings祭が開催されました!
待っていました!

キャ~!!!

Wings祭はPaul Yearに相応しいサイコーのイベント!


当ブログのリスナーのNA Dreamersの方々も大勢参加させて頂き、Wingsソングを堪能させて頂きました。
そのウイングス祭について、レポートを頂きましたので掲載させて頂きます。1・2・3・4!




Wings祭 in アビーロード

こんなイベントをして欲しかったというウィングス縛りの祭典です。
ゆめ参加NA仲間たち、NAドリーマーズとしては一部は3回目、大勢の方は2回目の参加です。法被とサンタ帽で盛り上がりました!少し早いクリスマスプレゼントを頂きました。サイコー!楽しかった〜。


Wings祭2018 Beatles

40人の小さい箱から100人以上入る大きな箱へ。それでも満員御礼で会場内はギューギューの熱気ムンムン。演奏の素晴らしさとアビーロードの音響設備の良さで楽器や機材の音の素晴らしさも堪能しました。

Wings祭2018 アビーロード

出演された方々のウィングス愛がハンパない!観客もノリノリで楽しい時間過ごしました。
どのバンドもサイコーでした!特にThe Partyのツボな選曲にノリノリ。永沼ッカートニーさんは、さすが職業ポール・マッカートニー!素晴らしい祭り。WingsFanさんに感謝です。


ビートルズのイベントは数あれどウィングスしばりはここだけ!
今回はRed rose とWild lifeのデラックスがでたばかり。その2枚からの選曲も多くて楽しめました。
ここで各バンドの紹介です!


Wings祭2018 バンド

★村越農場とゆかいな仲間たち
楽しさが伝わってくるバンド。バンマスさんテクニシャンですね。WingsFanさん、紅一点のコーラスさんも素晴らしかったです。
Junior’s farm, Listen to what the man said, Letting go, 16 min


★PAULソーセージ & WINナース
ベースボーカルの方の声の調子が悪いと言っていましたが、ロッケストラのテーマにはピッタリ声。バンドの息が合っています。
Getting closer, Again again and again, With a little luck, Wonderful Christmas time, Goodnight tonight, Lucile, Rockestra theme 37 min


★ひとりマクレーンズ
メンバーが欠けていって未発表曲ブラックプールで始まり、レア曲ばかりの素晴らしさ。アコギ一本で魅力的でした。
Black pool, Must do something about it(Speed of sound), Baby’s request(Back to the egg), One of these days(McCartney II) 12 min


★歓談タイム
さえきけんぞうさん、藤本国彦さん
という豪華ゲスト。本の話、YMOとウィングスの関係など気になる気になる^_^ 20min

★The Party
初期を中心としたストレートなロックと男気。パワー。がっつり重厚サウンドが好きです。ガールズスクールはハードロックになっていました。この解釈は賛成です。
Best Friend やThe Mess などが超好みでした!との声もあります。
Loup(1st Indian on the moon), Big Barn Bed(Red Rose), Eat at home(RAM), Best friend(Cold cuts,), Girls school(B side Mull of Kintyre), Got to get you into my life, Live or let die, The Mess, Hi Hi Hi 30 min


★永沼ッカートニー
職業ポール・マッカートニーで30年のキャリアの永沼ッカートニーさん。この方を目当てに来場されたコアファンがいらっしゃったのは凄いと思いました。
六本木キャバーンクラブ・シルバービーツ以来になりますが、演奏もトークも人の心を鷲掴んでポールの世界にいざなう。思わず客も歌い、乗せられています。そして、Hands of love, Some people never know もしっとり聴けて良かったです✨
弾き語りソングもバンド入りのバンドオンザランもとてもグッドで、会場のみんなで合唱できて楽しかったです🎵
Little lamb dragon fly(Red rose ), Only one more kiss(Red rose), Hands of love(Red rose ), Some people never know(Wild life), Another day, (Encore)Band on the run, Long tall sally 26min


★セッション
ウィングスマークが揺れる。大団円のラスト。オールキャストによるセッションオールスターズ。モットキキタイ、そんな気にさせるライブでした。
1985-Band on the run, Jet. 15min




やっぱりWINGSサイコ〜
また来年も参加したいです😄



KK様、あかね様、O2様、andy様、レポート、写真&感想、ありがとうございます!
Wings満載の大祭ですね!出演者の方々、観客の皆様、そして、各バンドにHotな声援を贈り続けたNA Dreamersの方々、ありがとうございます!お疲れ様でした!
このイベントで充実したPaul Yearはファイナルですね…いえいえ、あと5日、ポール・ファンの皆さん、それぞれの想いとイベントで最後まで楽しみましょう!!
キャ~!!

このカテゴリーに該当する記事はありません。