ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Elvis Costello cancels tour dates

Elvis Costello cancels tour dates

Elvis Costello confirms cancer battle and cancels tour dates

正式HPで緊急発表がありました…
エルヴィス・コステロがコンサートをキャンセルしました…原因は「癌」です。
先日、1回、腫瘍を取り除く手術を受けて、成功したという事でツアーを行っていましたが…復帰が早かったのか、ドクターから休息を入れるように言われたようです…




エルヴィス・コステロ 癌の摘出手術を行ったことを発表、欧州ツアーの残りをキャンセル~amass

エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)が“小さいが、とても侵襲性の強い癌性の悪性腫瘍”の摘出手術を行ったことを発表。

医師からの助言を受け、術後回復に専念するために現在行っているヨーロッパ・ツアーの残り6公演をキャンセルすることを公式サイトで発表しています。

コステロは、一度の手術で摘出できる可能性のある腫瘍と知り、ヨーロッパ・ツアーが続けられると安堵していたようですが、医師から術後は3〜4週間の回復期間が必要と言われて、完全な回復するためにも、その助言を受け入れたと説明しています

コステロは声明の中で、“より喜ばしいニュースもお届けしたい”として、エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ(Elvis Costello and the Imposters)の新アルバムが10月にリリースされることを明らかにしています。“私たちはすぐに戻ってきます”とも



中止の公演は…
06 Jul: Castlefield Bowl, Manchester, UK
08 Jul: Pula Arena, Pula, Croatia
09 Jul: Kasematten-Schlossberguhne, Graz, Austria
11 Jul: Konzerthaus, Vienna, Austria
14 Jul: Tysnesfest Gjesrstad Arena, Tysnes, Norway
16 Jul: Dalhalla, Rattvik, Sweden


10月発売されるニューアルバム。回復を願って購入します。次への活動に関しての正式な発表を待っています。


エルヴィス・コステロ、ガンの手術の影響で残りのヨーロッパ・ツアーをキャンセルすると発表~NME JAPAN

コステロのHP欄の全文訳が掲載されていましたので、転記します。

「6週間前に僕の主治医から電話があって、『あなたは宝くじを買うべきですよ』と言われました。小さいながらにも非常に活発なこういう悪性腫瘍を、一回の手術で取り除けたことはいまだかつてほとんどないと言っていました。僕は得意げになって、夏のヨーロッパ・ツアーを続けられると安心しきっていました。

こうした手術を受けた後のガイドラインとしては、デスクワークに戻るか、身体的な作業や移動を伴う仕事に戻るのかに応じて、3週間から4週間の休養を推奨するというものでした。

この助言が、移動しながら基本的に夜に90分から120分のパフォーマンスを行わなければいけないミュージシャンにどう当てはまるかのは分かりませんが、(現地時間6月25日に)エディンバラのプレイハウスで公演をした頃には、いつも通りのパフォーマンスができていると勘違いしていました。

昨晩のアムステルダム公演や、アントワープ公演、(イングランドの)グラインド公演、ニューカッスル・シティ・ホールの公演に来て、僕をサポートしてくれた人たちには感謝しています。心中は続けたい気持ちでいっぱいなのですが、体力が全回復するまでには望んでいるよりも多くの時間を要することを認めなければいけません。そういうわけで、不本意ながらにもこのツアーの残りの日程をすべてキャンセルせざるを得なくなってしまいました。

マンチェスター、(クロアチアの)プーラ、(オーストリアの)グラーツ、ウィーン、(ノルウェーの)ティスネス、(スウェーデンの)レットビークの公演のチケットを買っていただいた皆さんにはお詫びします。出演しないことでそこにいる友人たちを失望させたくはなかったのですが、妥協して無理やり公演を行なって自分の健康を危険に晒すほうがよくないと思ったのです。

(自身のバンドである)ジ・インポスターズのピート・トーマス、スティーヴ・ニーヴ、デイヴィー・ファラガーには、この不安定な時に深い友情や愛情、支援を示してくれたことに心から感謝しています。その美しい歌声で、どんな代償を払ってでも僕にできる限りの歌声を出させてくれたキトゥン・クロイとブリアナ・リーにも感謝しています。そして、それぞれの街で僕たちをステージに乗せるために働いてくださった多くの方々にも深く感謝していることは言うまでもありません。

最後に、より楽観的なニュースとして、ジ・インポスターズと僕は共通の友人たちとともに、心から誇りに思えるような壮大なアルバムを作りました。10月にはリリースできると信じています。僕たちはできる限り早く戻ってきて、新曲や僕ら全員にとっても大切な曲である、皆さんのお気に入りの楽曲を披露したいと思っています。

愛する人たちを大切にして下さい。ただ、友だちと話すこともお忘れなく。自分が一人でないことを思い出させてくれます。疑わしい時や、その時だと感じたら、医師の助言を求めてくだい。その際にはできる限り迅速に行動を起こしてください。ご自身の命を救うことになるかもしれません。僕を信じてください。ルーレットに賭けるよりも素晴らしい選択ですから。

敬具。エルヴィス・コステロ」


素晴らしい声明を出され、嬉しく思います。
ゆっくり静養して頂き、またツアーを再開して欲しいです。
そして、ファンの前で「My Aim Is Trueだったよ!」なんて言って下さい。

コステロ Elvis Costello

追伸
こちらでもニュースになっていました。

【AFP=時事】
英歌手エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)さん(63)が6日、がんの治療を受けていることを公表した。しかし、がんは完治する見込みで、5年ぶりとなる新作アルバムも今秋リリースすると明らかにした。今月に予定されていた欧州ツアーの残りの公演はすべて中止するという。

 コステロさんは自身のウェブサイトで「6週間前に主治医から電話があり『宝くじを買うべきだ』と言われた。彼は、これほど小さいながらも活発な悪性腫瘍が1回の手術で取り除けたことはこれまでほとんどないそうだ」と述べた。患っているがんの具体的な種類は明らかにしていない。

 しかし回復までに3~4週間を要し、ツアーは中止せざるを得ないと説明。「妥協した公演を続行して自分の健康を危険にさらすよりも、出演しないことで友人たち(ファン)を失望させることを選んだ」とコステロさんは述べた。

 一方で、2013年以来となる新作アルバムのレコーディングを終え、10月に発売予定であることを明らかにした。コステロさんは、9月に米シカゴで開催される音楽イベントに出演し、11月には北米ツアーを行う予定。
【翻訳編集】 AFPBB News


予想よりも早く翻訳ニュースがネットで掲載されていますので驚きです。
喉の癌?とも噂がありますが、具体的な事は明言されていません。でも、これらのニュースを見ると、安心していいのでしょう。

"You should start playing the Lotto".
「ロト」っていう言い回し…「良い事でなくても、何か悪い事が起こったら(当たったら)、宝くじでも買おうか」って、日本でも言いますからね…

1

宇多田ヒカル「初恋」

宇多田ヒカル「初恋」

宇多田ヒカル「初恋」

明るいな~初めの1分聞いた印象です。
前作の「Fantômeは陰」、今回の「初恋は陽」かな…これからCDを聞き続けて、どう感じるかはこれから…楽しみながら聞きます。


今日、届きましたCDが。宇多田ヒカル「初恋」、彼女のオリジナル・アルバムで日本語のタイトルは初めてですね。
あれ!?このCDの発売日は明日・6月27日じゃなかったの?
Amazonで予約していましたら、前日に届きました…と言っても、そんな事は想定内での発送・発売なのでしょうね。


ジャケット…素朴な表情ですね…35歳…タイトルは「初恋」…ふ~ん…私は熱心なファンではありませんので、そのタイトルの意味までは???です。ポール・マッカートニーが71歳の時に、「NEW」と言うアルバムを発表しましたが、それと同じような驚きです。
CDに入っている歌詞冊子…光沢紙に印刷しており写真集みたいです。HolographyはTakay、日本人フォトグラファー Takay(タケイ)氏です。アルバム・タイトルに合う写真になっていますね。


3曲目の「初恋」の曲は、ドラマのイメージソングになった曲で、アルバム名になっているのですね… ♪I need you,I need you♪
♪All you need is love♪って歌ってしまいそうですね。


1曲から5曲目まで聞きましたが、ラブソングの連続で、曲は綺麗でちょっと刺激がなかったのですが、6曲目「Too Proud featuring Jevon」からは!別世界!これは面白い!
そして全12曲で7曲目なのに、「Good Night」とは!LPで言えば、B面の1曲目に、この曲名を選ぶとはね! ♪さよならなんて大嫌い♪ 有名ソングの連続の前半よりも後半の方が盛り上がるぜ!!


今回、CDを購入したのは、ツアーチケットを申し込むためもあります。CD1枚で申し込める公演数、人数が気になっていましたが、「応募はシリアルナンバー1つにつき、1回のみ、1申込み1公演のみ2枚まで」となっています。
さて、どの公演を申し込もうかな…ん!平日が多いな…遠征しても良いし…どうしようかな… ♪パクチー・ぱくぱく・パクチー・ぱくぱく♪ 私は食べれるパクチー!(笑)


ありゃ!?9曲目「残り香」で突然の失恋!?これがしみじみと歌うのですね…と思っていると…10曲目で曲調が変わって「大空で抱きしめて」…と言っても、Fantômeの流れを組むような曲ですね。歌詞が前面に出ていながら、ドラマチックなアレンジ!好きな歌です。
後半は、そんな感じかな…ところが、「夕凪」で究極に…沈み込んでいく…が、ラスト・ソングは、やっぱりラブソング!「嫉妬されるべき人生」です。それも一風変わった歌詞のラブソング
いや、ラブレターかな…


前作と違う宇多田ヒカルのラブソングが聞けるCDです。でも…個人的にはFantômeの方が衝撃的で好きですね…と言いながら、もう一度聞こう…「初恋」…こうして引き込まれていくのですね… ♪Can we play a love song♪

4

今日は何の日?ロックの日

今日は何の日?ロックの日

♪今日は何の日♪ ♪ロックの日♪
♪ゴロが良すぎる 日ですから♪
♪ロックを聞きたくなる~日になるでしょう♪


今年、我が家はなんと!14年ぶりに車を買い替えたのですが、プレートナンバーをどうするのかと言う話になりまして、番号なんて何番でも良いや…選ぶとお金が要るし…って思っていたのですが、馴染みのないナンバーにすると覚えられないという半分痴呆症にような不安があり、ナンバーを決める事にしました。

ん…家族の誕生月が入った番号、単純な番号、歴史の年号みたいに分かりやすい番号などと候補があり、そして決めました。4つの番号の内の2つは、「69」が入っている事。それの意味は、69=ROCK!

残り2つの番号も合う番号がありましたので、それを組み合わせた番号に決定!そのおかげで69は我が家にとっては記憶に残る番号になっています。
そして、今日、車のエンジンを掛けたときにナビが教えてくれました。「今日は6月9日、ロックの日です。」
いつも今日は何の日かをナビが教えてくれのですが、全く記憶に残らないのですが、今日だけは覚えています。


で…今日はロックの日!と言うことで、ポールの音楽の事…と思いきや、先日の「LET IT BE」公演のチラシを眺めていました。
グッズ販売がなく、写真撮影禁止でしたので、これしかお土産がありません…一枚もののチラシを見ると当初指摘した通り曲名が変!


Live or Let Die、Friends、All My Lovinなど多数、間違い探しか?と思いますが、演奏は忠実な再現で新編曲ではありませんでした。そんなツッコミもありながら、素晴らしい公演であった事について、NA Dreamersの皆さんから、コメントを頂き、ありがとうございます。ブログ本文でお礼を随時記載させて頂きます。

わか 様:コメントありがとうございます。いやー、本当に楽しかったですね〜!1つ1つ細かく検証しながら見たい程です。
「もし!?」ライヴ、いい企画でしたね。ウルウルしながら見れるライヴって感慨深いです。
ツッコミどころも満載!?それも楽しい事です!!


leaf 様:コメントありがとうございます。それぞれ異なった公演会場で3回目とは素晴らしい!そうですね!真面目にビートルズを演じている感じが伝わってきましたね。私も段々、本物に見えてきました…似てる…そっくり…もしかして…こんな感じかも!と確信に至るような感覚になりましたね。4回目もぜひ参加して下さい!

水ようかん様:コメントありがとうございます。それぞれのトリビュートバンドの良さと特徴がお分かり!レリビーは特別に完コピのトリビュートバンドですね!リンゴ、本当にソックリ!さすがに身長は真似できませんが(笑)。ソロの時は各自メンバーのイメージ衣装でしたね。ジョージが更にソックリ!私も楽しい公演でした。

Abbeyroad様:コメントありがとうございます。今となっては4人が揃うのは、このようなトリビュートバンドだけ!次の公演をご覧の方はジョンのリズムギター、カッティングに注目って事ですね!そして、ダックウォーク!ジョージ!あんたはチャック・ベリーか!?ノリノリのジョージ、日本語も達者なジョージ、盛り上げ上手なジョージ!ジョージにも注目!注目箇所が多くありますね!

A.S様:コメント、ありがとうございます。以前、WOWOWで放映されていた!?知らなかった…今回も放映があれば見たいけど…ないかな…、大阪公演は会場全体がカンゲキーの声援でしたね。これも「ドクターイエロー」効果!いや、Dr.Yellow Submarine効果なんてネ。あっ!曲目でそのイエローサブマリンがなかったのは残念。曲の入れ替えについて、セトリまで確認していなかったのでナルホドの解説です。(追伸 A.S様 あっ!全く気にされないで下さいネ。That's all right!笑)

ゆうけい様:コメント、ありがとうございます。あの満席驚きましたね。大阪公演3公演目なのに…ポールの時のように2・3度って方はおられない(居られたら失礼)と思うのですが。メンバー、オークションで選出とは!ナルホド&ナットクのShowです。Blackbird、指さばき!?そこまで見ていなかった…私は既に椅子に座って、のんびりモードでしたので(笑)。様々な着眼点がある公演です。チケット購入されていない方は、本当に行かれた方が良いでShow!

TKO様:コメント、ありがとうございます。ジョージ、目立っていましたね。ビートルズでは、年下で目立たない存在のジョージが、このトリビュートバンドでは何かと目立っていたのは、ユニークでしたね。そして、映像…確かにポールと同じ…ヘイ・ジュードの観客、そしてジ・エンド…でも日の出でなく、日の入りだったような…それが楽しさにもなっていましたね。

皆様、コメント、ありがとうございました。


追伸
ザ・ビートルズのアルバム『The Beatles』の発売50周年を記念したライブ・イベントが、11月22日(木)に東京・TSUTAYA O-WESTにて開催されることが決定しました。

“Back In The Beatles”

こちらにも注目!

5

幻想と空想と夢想のLET IT BE 大阪公演!

幻想と空想と夢想のLET IT BE 大阪公演!

6月7日(木)、参加して来ました。
サンケイホールブリーゼにて開催されたビートルズ・トリビュートバンド・LET IT BEの公演です。


let it be サンケイホール

let it be サンケイブリーゼ

本物でないビートルズ・バンドにどうして声援を贈るのか…と思われる方もおられると思います。しかし!もうビートルズは見れないのです!彼らはどんなスタイルで、どのような楽器で、どのようなステージで演奏したかは、DVDや写真や本でしかわかりません。生身の動く姿を、演奏を見たいじゃないですか!そして、今は亡きジョンやジョージの姿や歌声を聞きたいですよね。
どう考えても、もう会えない人もいるですから、その姿や歌や演奏を研究して「本物は、こうだったよ」って言えるようなバンドを応援したいですよね。そんな気持ちで参加しました。


会場は客席912席のサンケイホールブリーゼです。ステージと観客が近い事が嬉しいホールです。観客はほぼほぼ満席!年代層はビートルズ現役ファンから、解散後のファン、ソロ・ファンと年代層は様々ですが、小学生の女の子を連れたご家族で参加の方、あっ!中学生のギター少年の彼もご家族で参加されていました。性別は圧倒的に男性かな…

公演の模様については…ネタバレにならない程度に話すと…本当に完コピです!服装、楽器、歌、声、表情…素晴らしい!なんと顔の表情も変えており、ほら!日本公演のリンゴの顔が…、カツラで髪型を代替えするのはわかりますが、眉毛、髭もメイクしていましたね。

各種ステージも素晴らしく、コーラスも演奏も抜群!これぞトリビュートバンドのプロ!って感じですね。ポールもサウスポーでしたので良かったです。当時を再現した服装なんて、本物!?と思う程です。各ステージ、衣装が異なるのですが、早着替えで登場します。服装で納得?笑った?のは、Abbey Roadでポールは裸足だった事ですね。ナルホドの再現です。

演奏中は、手拍子喝采!静かだったのは…Yesterdayだけ…曲によってはジョージが観客に「立って声援を!」とか「ほら!手拍子!」で盛り上げてくれました。全演奏時間の70%以上は立って声援する程、パワフルな演奏でした。

今回、カンゲキーしたのは、やはり、ソロの曲を4人で演奏するシーンですね。特にジョンのWatching The Wheels、ジョージのMy Sweet Lordは、本当にこのような事があったら…どんなにカンゲキしたかと思うほどでした。各ソロを盟友がフォローしながら演奏するなんて素晴らしい事です。

このような素晴らしいコンサートでしたが残念ながら写真撮影禁止!これだけが残念でした…思い出に残るものが記憶とチラシだけです。せめて写真だけでもOKなら、いい記念になって、また今度も行こうかな…こんなに素晴らしいショウだよ!って言えるのにね…主催者さん、ちょっと考え直して欲しいですね。

まだこれから、高知・愛媛・東京とありますので、ぜひ、皆さん、会場に行きまShow!

2

ビートルズも使用したメイダ・ヴェール・スタジオが閉鎖発表

ビートルズも使用したメイダ・ヴェール・スタジオが閉鎖発表

BBC's Maida Vale Studios 1

先程まで仕事のライトニュースの原稿を書き上げたので目がフラフラしています。2時間集中して一気に書いたので疲労困憊…さて、これからお楽しみの「ゆめ参加NAブログ」を書き上げないといけないのですが、目が閉鎖状態なのですが、、こちらは閉鎖の発表ですね。


BBCはメイダ・ヴェール・スタジオを閉鎖することを発表している。
この由緒ある建物は84年間にわたってBBCにとって不可欠な存在で、ザ・ビートルズ、モリッシー、ニルヴァーナらがセッションを行っている。このスタジオではビング・クロスビーの最後のレコーディング・セッションが行われたほか、ジョン・ピールによるBBCラジオ1の番組「ピール・セッションズ」の収録場所でもあった。ザ・フォールもここでフル・アルバムのレコーディングを行っている。


BBC's Maida Vale Studios 2


BBCは音楽の拠点をイースト・ロンドンのオリンピック・パーク地域にあるストラットフォード・ウォーターフロント開発地区の建物に移転するという。BBCは2022年までに移転したいと考えているという。

BBC's Maida Vale Studios 4


新しい施設はレコーディング・スタジオとリハーサル・スタジオを併設したものになる予定で、BBCは地元の教育団体の協力者に対して、ここでセッションを行うこととイースト・ロンドンの学校にデジタル・ミュージックの施設を提供することを約束している。

BBC's Maida Vale Studios 5


BBCのラジオ/教育部門の局長であるジェイムス・パーネルは次のように述べている。「今回提案している新たな建物はイースト・ロンドンにおける音楽の発展においてマグネットのような役割を果たすものになりますし、地元の様々なコミュニティに対して音楽施設や専門知識を提供するものになります。我々の素晴らしい音楽スタッフにとっても働きやすい場所になるはずです」
メイダ・ヴェール・スタジオの建物は1909年に建てられ、最初はローラースケート場となっていた。


BBC's Maida Vale Studios 3

NME JAPAN ビートルズやニルヴァーナがセッションを行ったBBCの由緒あるスタジオが閉鎖されることに


ん…怠慢してコピペしました…ところで、メイダ・ヴェール・スタジオでビートルズはどのようなセッションを行ったのかな…?ラジオ番組の録音かな?と思い調べると…ありました!

Pop Go the Beatles

"Pop Go the Beatles" radio program 17JUN1963 At BBC's Maida Vale Studios in London

なんだか…貴重な建造物を失くすのが得意ですね…Londonは…

さて!明日は、お楽しみのA Celebration of the Music of the Beatles PART II レット・イット・ビーです。
本日の大阪公演、ほぼ満席!?参加された方、楽しまれたようですね!
明日、NA Dreamersの皆さん、一緒に楽しみましょう!
今から持ち物準備せねば…焦る…焦る…

このカテゴリーに該当する記事はありません。