FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

祭りのあと…ビートルズライヴハウス CAVERN CLUB/キャヴァーンクラブ・大阪の閉店

祭りのあと…ビートルズライヴハウス CAVERN CLUB/キャヴァーンクラブ・大阪の閉店

キャヴァーン・クラブ大阪があった場所、今は飲食、オフィスビル、ビジネスホテルがある一等地ですが、1982年当時の私のイメージは、呼び込みのお姉ちゃんが沢山…ラブホもいっぱい…この界隈を横目で見ながら辿り着く所と言ったイメージ…いや、実際そうだったと記憶しているのですが…当時、輸入レコード店巡りの為に、東通り商店街をウロウロしていた学生でしたので、そのような場所をよく目にしていたのですが、梅田の多様性を感じていました。

そのような場所にオープンした梅田のビートルズの聖地というべき、キャヴァーン・クラブ大阪。
場所は大阪府大阪市北区兎我野町7−25 KTVパーキングビル1Fですが、長年、同じ場所で経営を続けておられた事には驚きです。
そのキャヴァーン・クラブ大阪が閉店のお知らせを正式に発表しました。


飲食店の閉店はよくある事で、移り変わりの激しいご時世の中、キャヴァーン・クラブ大阪については、不変であると思っていたのですが、それは思い込みで、現実はこのような事になり、ファンや関係者の皆さんは残念に思っているでしょう。
気になるのは、閉店発表後のキャヴァーン・クラブ大阪は、どうなっているのか…
NA Dreamersの あいうぃるさんからレポートが届きました。有難うございます。
では、I Will Reportをどうぞ!



Q「本当に完全閉店ですか?」
A「すいません」

Q「キャヴァーン・クラブ・ファンの為に、お別れセレモニーとは予定は…」
A「急な話だったんで何も出来ずに申し訳ないです。」

Q「キャヴァーン・クラブの出演者は今後どこで活動されるのですか?」
A「ここの近くだとエディさんの店になりますかね。」

Q「最後に店内撮影してもイイですか?」
A「どうぞ!」


キャバーンクラブ大阪閉店1

キャバーンクラブ大阪閉店2

キャバーンクラブ大阪閉店3


あいうぃるさん、レポート有難うございます。
ビートルズ・ファンのお祭り会場でしたが、祭りが本当に終焉してしまうと、撤去が早く…看板・外装もなく、物悲しい限りです。
でも悲しんでばかりいておられません。次のMeetUp会の為に!Paul Birthdayの為に会場を考えねば!


Hello Goodbye!CAVERN CLUB

0

ビートルズライブハウス CAVERN CLUBが2019年3月31日に閉店

ビートルズライブハウス CAVERN CLUBが2019年3月31日に閉店

お知らせ
謹啓
平素よりご厚誼を賜り心より御礼申し上げます。
1982年の創業以来 皆様のご厚情により今日まで営業を続けてまいりました CAVERN CLUB を当該ビル(KTV関西テレビライフ)契約満了に伴ない閉店する運びとなりました。
長きに渡りご愛顧ご支援を賜りましたこと心より感謝申し上げます。
略儀ながら報告かたがた閉店のご挨拶とさせていただきます。
本当にありがとうございました。
謹白 平成31年3月31日
ビートルズライブハウス CAVERN CLUB



悲しい閉店です…残念です。ビートルズ・ソングを生演奏で聞くことが出来るライヴ・ハウスとしては有名なお店でした。
これまで何度も行かせて頂いた我々NA Dreamersにとっても大事なお店でした。


リンゴ・スター公演の時にNA Dreamersの ゆうけいさんからキャバーンクラブが電気工事の為にお店を閉めているとの話があり、「再開は?」「電気工事って…?」「まさか…」と色々な憶測がありました。あまりにも不可解な話でしたので、この事を荒立てない為にブログへの掲載は避けていたのですが、結局、残念な結果となりました。

キャバーンクラブ閉店3

キャバーンクラブ閉店2

キャバーンクラブ閉店1

あいうぃるさん、写真、ありがとうございます。

個人的には、ウイスキーの味も分からない年頃の時に、オープンしたばかりのキャバーンクラブに行った事を思い出します。初めてのライヴハウス、大好きな生ビートルズ・ソングで興奮しました。一緒に行った友達が飲み過ぎて、酷く悪酔いして帰りに苦労した思い出もあります。苦笑

最近は、当ブログのMeetUp会の会場として参加させて頂く機会が多く、特にPaul McCartney Birthday Partyでは、NA Dreamersの皆さんと大変盛り上がって、楽しく過ごさせて頂きました。勿論、今年もキャバーンクラブでMeetUp会を行う予定でしたが、まさか…のお知らせです。

長年、ビートルズ・ファンを楽しませてくれたライヴ・ハウスですから、突然の閉店はあまりにも悲しいです。
ホームページで正式に閉店と発表されています。
これまでの経営、演奏されたバンドやスタッフの皆さん、そして、楽しい時間を過ごされたファンの皆さんに感謝致します。
またこのようなライヴ・ハウスが、どこかで再開される事を期待しています。


Thank you!CAVERN CLUB OSAKA!

4

Shelley Lazar(シェリー・レイザー)さんに捧ぐ

Shelley Lazar(シェリー・レイザー)さんに捧ぐ

Shelley Lazar(シェリー・ラザール)さんに捧ぐ

Shelley Lazar(シェリー・レイザー)さんの訃報を今朝聞いて、悲しんだり、驚いたり、残念に思われているファンの方が大勢おられると思い、当ブログで追悼の投稿をさせて頂きます。

シェリーさん(1949年5月12日生まれ)は3月31日(日曜日)の朝に69歳でこの世を去りました。

彼女は「The Ticket Queen」として知られていますが、我々ファンにとっては、VIPの女王と言っても良いくらいですね。
シェリーさんは2002年にサンフランシスコを拠点としたSLO Limitedを設立し、SLO VIP Servicesを創設しました。そして、SLO Limitedは2008年にTicketmasterに売却し、シェリーさんは病気になるまで、TMでCEOを務めました。


これまで家族、友達、関係者にしか見る事が出来なかった本公演前の演奏・サウンドチェックをファンにお披露目すると言った画期的なVIPシステムを提供し、しかもケータリング、特別なグッズなども提供するなどファンにとっては、夢のようなシステムです。

2015年 東京ドームで、Paul McCartneyサウンドチェック前に説明をするシェリーSLO・CEO

ボブ・ディラン、バーバラ・ストライサンド、ライオネル・リッチー、エルトンジョン、ポール・サイモン、レディ・ガガ、ピンク、ザ・フーなど多くのアーティストのVIPのチケットを発券しました。
特にポール・マッカートニー来日公演でのVIPは衝撃的なチケットで、今では入手困難なチケットとなりました。


ポール来日公演で想い出深いのは、2013年のVIPです。初めて見るVIPチケットの予約案内…かなり戸惑った事を覚えています。しかもチケットが高額…説明を読んでも意味が分からない…清水の舞台から飛び降りる覚悟で予約(先着)しました。結局、そのVIP体験で感激し、VIPシンドロームに陥るとは思わなかったですね…

VIPでポールのサウンドチェックを楽しむだけでなく、VIPでシェリーさんに会う事も楽しみの1つでした。大きな体格で、いつもニコニコ、ファンには気軽に写真を一緒に撮っていました。そしてサウンドチェックが始まると、盛り上げて!とファンにアピールする姿、そして、ポールを声援する姿が忘れられません。

ポールに声援を送るシェリーレイザー


ポール・マッカートニーのサウンドチェックでは、シェリーさんの為に、San Francisco Bay Bluesを演奏する事は有名な話です。また、この曲を演奏する事でポールとシェリーさんの絆も感じられました。VIP・サウンドチェックには、もうシェリーさんの姿はありません。しかしポールは、この曲をサウンドチェックで演奏し続けるだろうし、我々ファンは、この曲を聞く事でシェリーさんを思い出し、感謝するでしょう。

ありがとう。シェリー・レイザーさん。
天国でジョンやジョージのVIPチケットを販売して下さいね。

4

4月1日は、ゆめで逢いまShow!

4月1日は、ゆめで逢いまShow!

4月1日になりました。エイプリルフールの日です。
ん!?そんな日に「新元号」の発表なんて、何かの間違い?ジョーク?ではないのでしょうけれども、そんな事を思わせない素晴らしい元号が発表される事を願っています。


そのような4月1日ですが、昨年の4・1には当ブログで、「ゆめ」のある事を掲載しました。

緊急発表!Paul McCartney&Ringo Starr 日本公演決定!

当ブログでは「2013年のクラウドサージ・チケット未着事件」以来の大反響!?で驚いたと言うのか…なんと言うか本中華と言うのか…そんな事がありましたが、今年の4・1はおふざけをしてはいけないタイミングとの思い、「ゆめ」のある事柄を掲載します。

これまで、観たい、聞きたい、参加したい音楽アーティストのコンサートに行きましたが、この方のライヴは見ていません…ところが、今回アルバムで、その方のライヴを聞くことが出来るとは!とても嬉しい「ゆめ」のような事です。
そのアーティストは大滝詠一、アルバムは『NIAGARA CONCERT ’83』(2CD+DVD 3枚組)です。


NIAGARA CONCERT ’83


購入するのが遅れて、今頃届いたのですが、大滝詠一が亡くなって5年が経ちましたが、ライヴCD&DVDが2019年に発売されるとは予想しておりませんでしたので、正しく「ゆめ」で逢えるアルバムです。アルバムを聞きながら、大滝詠一の音楽に心を寄せる日を過ごしたいと思います。

そして「ゆめ」と言えば、やはりこちらのイベントになりますね。
Paul McCartney・新国立競技場コンサート開催。


ポール・マッカートニーの来日コンサートにおいて、1980年の事件に並ぶ、衝撃的に出来事が、2014年の国立競技場・長居スタジアムのコンサート中止です。
ポールの急病のより2014年の3公演が全て中止になった事は仕方がないのですが、予定されていた日本初のスタジアム公演が、その後、開催されていない事はファンにとっても、ポールにとっても残念な事です。


2019年・Freshen Upの南米ツアーは全ての公演会場がスタジアムです。そしてアリーナ公演が多くなった北米ツアーでも2019年はスタジアム公演が復活していますので、ポールのスタジアム公演に対する思いが強い事は日程でも分かります。

日本でポールのスタジアムが実現するとすれば、やはり期待は!新国立競技場です。

新国立競技場 工事中

あの時の国立競技場での思いは今も「天然色」です。それが「モノクローム」にならないように…


♪もう一度、スタジアムに来て、華やいで楽しいColor Macca♪

でも新国立競技場だと屋根があるのでステージ裏からの大花火は無理かな。
あっ!スイマセン…最後はゆめのない話で…(笑)

0

Elvis Costelloとアルバム「MOMOFUKU」とNHK朝ドラ「まんぷく」

Elvis Costelloとアルバム「MOMOFUKU」とNHK朝ドラ「まんぷく」

街頭インタビューで、こんな質問をされたら、どのように答えますか?(架空の話です)

インタビュアー:芥川賞と直木賞が発表されましたが、最近、どんな本を読みましたか?
私:ん…最近、本…読んでないな…
インタビュアー:では、どんな本なら好きですか?
私:え~っと…音楽関係の本なら…
インタビュアー:それは?
私:ビートルズとかポール・マッカートニーに関しての本とか…雑誌ならミュージック・マガジンとか…あっ!そう言えば、最近、本、読みましたね…
インタビュアー:その本のタイトルは?
私:シンコーミュージックが出した「エルヴィス・コステロ」です!
インタビュアー:…(それは本じゃなくて雑誌だろ!)

駄目ですね…インタビューされても、インタビュアーの方が期待するような答えをしないと採用にならないでしょうね。
芥川賞と直木賞が発表されたのだから、平成最後らしく、「平成くん、さようなら」とか、歴史が好きなので「信長の原理」とか答えれば良いのでしょうけれども、又吉直樹「火花」、村上龍「限りなく透明に近いブルー」を持っていながら途中で読むのを諦めた私から、そんな回答は出ませんね…


そうなんですよ!街頭インタビューで「好きな曲は?」と聞かれて、ビートルズやポールの曲を答えてはいけないのですよ!やっぱり「SMAP 世界に1つだけの花!」みたいな模範解答的な答えをしないといけないのですね…(笑)(引用スイマセン…)


Elvis Costello シンコーミュージック発行

なんの話か分からなくなって来ました。本の話なんですが、今、シンコーミュージックから発行されている「Elvis Costello」の本を読んでいます。
200ページ・1900円(税別)ですが読み応えあり!字が小さいのですが、それ位、インタビュー・解説・説明・検証など、コステロ関連でこんなてんこ盛りの内容!これほど充実した内容は素晴らしい!読んでいて発見ばかりです!


Elvis Costelloとアルバム「MOMOFUKU」とNHK朝ドラ「まんぷく」4


ところで、時々ですが朝ドラ見ています。「まんぷく」
インスタントラーメンを生み出した日清食品(現在の法人格としては日清食品ホールディングス)創業者の安藤百福とその妻・仁子(まさこ)の半生をモデルに、懸命に生き抜いた夫婦の物語りを描いています。(ウィキペディアより)


なんと!Elvis Costelloのアルバムで2008年発売の「MOMOFUKU」というタイトルのアルバムがあります。
このタイトルは、アルバム発表の2007年に亡くなった安藤百福氏に敬意を表したものです。3分で出来る麺食と短期間で完成したアルバムを関連付けたようです。
「まんぷく」が放映されている事がきっかけで、せめて日本で本作が再注目されないものだろうか。

(上記の文面は、その本「Elvis Costello」のMOMOFUKUの解説を書かれた五十嵐正氏の文章を転記させて頂きました。私も「まんぷく」を見ながら同様の気持ちでいます。)


Elvis Costelloとアルバム「MOMOFUKU」とNHK朝ドラ「まんぷく」1

アルバム「MOMOFUKU」
The Impostersと組んだコステロらしい自然体のロック・アルバムです。なかなか良いアルバムですが、実は、このアルバムを録音する前年・2007年末、コステロはレコード会社への不満からアルバム製作を辞めると宣言していたのです。
ところが、2008年1月にジェニー・ルイスとデュエット曲を録音し、その体験に刺激され、翌月にスタジオを8日間予約し、このアルバムを素早く録音した…しかもLPアナログ盤とダウンロードを発売してから半月後にCDを発売するチグハグ感もあり、見過ごされがちな作品となってしまった。
(「Elvis Costello」MOMOFUKU解説・五十嵐正氏より抜粋)


Elvis Costelloとアルバム「MOMOFUKU」とNHK朝ドラ「まんぷく」3


その速さで出来上がったアルバム名に、インスタントラーメンの開発者・安藤百福氏の名前を入れるとは…しかも…そのまま…なんとも素直な発表をする方ですね。
そうか!どんなインタビューをされても、素直に答えた方が自分らしいのですね。


Elvis Costelloとアルバム「MOMOFUKU」とNHK朝ドラ「まんぷく」2


私の好きな曲は「Hey Jude」です!

このカテゴリーに該当する記事はありません。