FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
1

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年3月23日

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年3月23日

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年 Net

アプリ!

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年 看板


公演スタート!

1Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年

2Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年

4Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年

5Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年

アルゼンチン公演2019 ポール2

アルゼンチン公演 ポール 2019



3Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019年

Polo Ground, Buenos Aires, Argentina, Paul McCartney 2019-1


子供の応援は可愛いね!

アルゼンチン公演2019 Paul McCartney 子供の応援


恒例の大花火大会

アルゼンチン公演2019 ポール 大花火

マンションが近い…花火が見れて得したと思う住民の方、いるのかな…
それとも、うるさいと思うか、事故かと思うのか…⁉

こちらも恒例の国旗振り

アルゼンチン公演 ポール2019 旗振り


今晩も0時までに終了しましたね。

ジ・エンド ポール アルゼンチン公演2019

アルゼンチン公演2019 ポール ジ・エンド

ありがとう!ポール!!

アルゼンチン公演 ありがとう! ポール2019

今日の注目は…
このユニフォームでしたね。

アルゼンチン公演 サウンドチェック ポール ユニフォーム

0

デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】…Dezo Hoffmann&The Beatles

デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】…Dezo Hoffmann&The Beatles

デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】…Dezo Hoffmann&The Beatles

中学生の時に、自分の部屋に、このビートルズのポスターを貼っていました。
このポスターを見ながら、当時、欠かさず書いていた日記に、ビートルズの事を書いた覚えがあります。そんな事を思い出したのも、このようなメールが届いたからです。



デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】
デビュー当時のザ・ビートルズ・フォト・特別展示/アビイ・ロード・スタジオで使用されていた録音機ほか



4月26日(金)から5月6日(休・月)まで開催されます。
専属カメラマンのデゾ・ホフマンだからこそ撮影できたデビュー当時の若々しい素顔の写真をオリジナル・プリントで展示。特別展示品としてアビイ・ロード・スタジオで使用された録音機やジョン・レノンが着用した衣装ほかも公開します。


デゾ・ホフマンのビートルズ・フォトを順次公開していくシリーズ展示の第1弾。初期のビートルズの象徴となった写真の数々をお楽しみください。
直筆サイン、ビートルズ・グッズ販売するショップも会期中限定でオープンします。


デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】


デゾ・ホフマンの写真と言えば、こちらも…

デゾ・ホフマン写真展Photo Session1

そして、こちらも…

デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】…Dezo Hoffmann&The Beatles BBC

ビートルズが好きな方、音楽ファンの方なら、必ず見た事がある写真だと思います。ビートルズの写真と言えば、デソ・ホフマン、デソ・ホフマンと言えば、ビートルズなんですね。
でも、このデゾ・ホフマンって…英国?米国?のお名前なの?と思っていると…こちらのHPを見て、「あっ!そうか」と思いました。


デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】

チェコスロバキアの出身なんですね。正確には、1912年生まれ・当時のハンガリー王国のバンスカー・シュチャヴニツァ(Banská Štiavnica)です。MAPで見ると、こちらです。

バンスカー・シュチャヴニツァMAP

バンスカー・シュチャヴニツァ

どうしてチェコスロバキアの方が有名な写真家になったのか…歴史を探ると…


デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】

プラハでジャーナリズムを学んだ後、パリの20世紀フォックスでフォトジャーナリストとして働いた。Abyssinia(エチオピア帝国)へのムッソリーニの侵略時に彼をドキュメンタリ製作の為に送り込みました。アフリカから帰国後、彼はスペインに1936 People's Olympiad (ヒトラーのプロパガンダの下でベルリンの公式オリンピックに対する抗議)として開催される予定であったバルセロナ「人民オリンピック」 を撮影するために派遣されました。

人民オリンピック

しかし、彼がスペインに到着した直後、内戦が勃発し、人民オリンピックは中止となりました。戦争の危険に直面して Dezo は数回負傷し、三回目の怪我は深刻で、数ヶ月間記憶がなくなったそうです。回復後、彼はイングランドに移り、第二次世界大戦中に RAF(イギリス空軍)とチェコスロバキア・パイロットに参加しました。

戦後はロンドンに留まり、様々な新聞や雑誌で働いていた。1955年には、Record Mirror magazineとのコラボで多くの著名人を撮影しました。

そして、1962年、彼は有望なグループを撮影するためにリバプールに行った…それがビートルズです。お互いの感謝と共感により、ホフマンとグループの間の長期的な関係につながった。
Dezo は8mm カラーフィルムでビートルズを撮影したのですが、それがビートルズを撮影した最初のカラーフィルムとなりました。
ビートルズを撮影した数々の写真は2015年以降、ハンガリーのEgri Road Beatles Múzeum で見る事が出来ます。




ポール・マッカートニーは彼を世界最高のフォトグラファーであると言ったと言われています。ホフマンの有名なビートルズの写真は注目を集めました。彼は強い外国なまりにも関わらず、彼の写真は高く評価され、どこでも歓迎された。

そして、Dezo Hoffmannは、ロンドンのthe Harley Street Clinicで、1986年3月29日、73歳で亡くなりました。


フォトグラファー・デゾ・ホフマンに歴史あり…そんなDezo Hoffmannの事を写真で更に理解する事が出来るのが、今回の「デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】」です。

デゾ・ホフマン写真展【Photo Session1】

ぜひ、お立ち寄り下さい。

18

Egypt Station - Traveller’s Edition box set、買うなら、さあ!どっち!?

Egypt Station - Traveller’s Edition box set、買うなら、さあ!どっち!?

昨日、当ブログ主催のMeet Up会にご参加された方、お疲れ様でした。
お集まり頂いた方々のお蔭で楽しい1日を過ごすことが出来ました。
Meet Upが、Meat Upになってしまったと思うのですが、身も心も満腹になったでしょうね。
今回は新規ご参加の女性の方もおられ、男女の比率がほぼ半々となり、どなたでも参加しやすい環境が整っていますので、次回、開催の時は、初めての方も、ぜひご参加下さいね。
今日のブログの話題は、Meet Up会でも話題になった…こちらです…


Egypt Station - Traveller’s Edition box setの予約が始まりましたが予約されましたか?
エッ!?予約出来ないって!?
ん!?もう輸入盤(US)売り切れたの?と思い、Clickして分かった事をまとめます。


2月14日にプレオーダーの受付登録の案内がメールで届き登録。
登録・連絡を頂いたメールから、2月15日23時に予約受付開始!となり、Paul McCartney.comに接続されて、あっさり予約出来たようですが、16日未明では…そのメールからは接続が「Universal Music Store・日本」に接続されるではないか!


『エジプト・ステーション』スーパー・デラックス・エディション[直輸入盤/数量限定] 2019年5月発売予定!


これを見た方は、「へっ!?予約分・受付終了したの?」と思われたでしょうね…でも、これは「大人の事情」からのアクセスで、Paul McCartney.comでなくて、ユニバ・ジャパンにアクセスされるようになっています。
では…日本から直接、輸入盤は予約出来ないの?と思うと…これが出来るのです。


Paul McCartney.com Egypt Station Traveller’s Edition (Luxury Box Set)

この申込みサイトは、よく出来ていますね。postal code(郵便番号)を入れると、都道府県が自動で表示されます。しかも、入力し終わり、注目が確定すると、住所の地図が表示されます。この注文システムは便利ですね。日本でも普及して欲しい内容です。

私、16日のAMに、USから予約しました。本体代金は$360ですが、$107.81で$467.81となります。他のサイトからも購入出来ます。

カナダ 

MusicVaultz EGYPT STATION TRAVELLER'S EDITION

EGYPT STATION TRAVELLER'S EDITION CDN $477.99
Delivery Charge CDN $246.49
Order total CDN $724.48

カナダドル:84円として…
本体価格 40,152円
送料 20,706円
合計 60,858円!




UK (Sorry Sold Out))

Paul McCartney.com Uk EGYPT STATION TRAVELLER’S EDITION

ドイツ (Sold out! )

BRAVAD Paul McCartney - Egypt Station Traveller's Edition


では、輸入盤を直接購入すべきか、それとも、日本のUniversalから購入すべきかは、購入される方の趣向次第ですが、問題は日本のユニバからの販売金額がいくらになるかが問題です…と言いながら、私、既にUSに予約してしまいましたが…(笑)

今回、ユニバ・日本は「『エジプト・ステーション』スーパー・デラックス・エディション[直輸入盤/数量限定] 2019年5月発売予定!」と、「直輸入盤」言うのが気になる記載。
エジプト・ステーションのカラーレコードでは、「直輸入盤仕様・¥9,288(解説/歌詞・対訳付)」と「輸入盤・価格:6,696円」がありました。アナログ盤は輸入盤でしょうけれども、CDはSHM-CDにして、日本発売らしさを出して欲しいけども、「直」と記載があるので、そのままかな…


訂正(A.S様 ご連絡ありがとうございます。)
『エジプト・ステーション(トラベラーズ・エディション・ボックス・セット)』 【輸入国内仕様/完全生産限定盤】【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】
と記載がありました。完全に見落としていました…
と…言う事は、CDはSHMーCDですね。対訳もある!?これは…高額になる前兆か…


直接・輸入盤を購入した場合は、郵送が不安…そして、5月10日には届かないでしょうね…
それとも、日本の方が郵送は安心。着日は元(輸出先)の準備が遅れなければ、5月10日に届くかもしれませんが、元の輸出先次第でしょうね。
日本の場合は、即日完売の可能性もありますので、そろそろ決めておいた方が良いでしょう。


予約を入れられるのなら、さあ!どっち!?

2

ポール・マッカートニー、Live and Let Dieの耳栓の謎に迫る!Part2

ポール・マッカートニー、Live and Let Dieの耳栓の謎に迫る!Part2

2018年の大晦日に下記のブログを更新しました。

Paul McCartneyとLive And Let Dieと耳栓

ポールがLive and Let Dieで着用している耳栓についてですが、その耳栓のメーカーを特定しようとしたのですが、残念ながら情報不足で特定出来ないという残念な結論となってしまった。
これまでポールのステージ・ジャケットや私服の防寒着、帽子、グッズTシャツなどの解明をして来たにも関わらず、解明出来ていないのは、ステージ・ジーンズの白筋の技術とメーカー名、そして耳栓のメーカーである。ところが、この耳栓について新たな情報が舞い込んできた。


これまで、耳栓については「ブルー」との証言(と言っても嫁さんですが)があり、掲載した画像(あれは国技館公演です)もありポールは常にブルーの耳栓を使用していると思っていたのですが、この画像を見て、「あれ!?」と思った。
それは…2019年、新年に向けてポールがファンに発表したこちらの画像です。


Paul McCartney Happy New Year 2019 元旦


なんと!ポールが耳に着用している耳栓の色がピンク色!?

ポール・マッカートニー、Live and Let Dieの耳栓はピンク色?

と…言うことは、これ?

耳栓 ピンク色

こだわりのポールの事ですので同じメーカーかと想像出来ますが、このメーカーはピンクはあってもブルーはありません。
もしかして、透明でライトがピンク色だったので、画像ではピンクに見えたのかな…?


耳栓 透明タイプ

そうすると…これだったら、ブルーも透明もありますが…

Earplugs 3


ん…これだけの情報ではなんとも…これも今後検証が必要ですね…
実は耳栓の事で疑問に感じていた事がありました。それは演奏後の大爆発の後、すぐにポールは耳栓を外す事をブログに書きましたが…では、その耳栓はどこに置くのでしょうか?


エッ!?そりゃ~ピアノでしょう…と誰しも思うのですが、ピアノのどこ?と言うのが分かりませんでした。
鍵盤の所?その周辺?いや…使用物を大事にするポールの事(大英博物館収めになっても良いヘフナー・ベースを堀投げたり、指乗せをしていましたが…)ですので、その辺にポイ!って事はしないと思っていました…では…どこか…これを考えると夜も寝れません(って、ことはありませんが)。



Paul McCartneyとLive And Let Dieと耳栓4

Paul McCartneyとLive And Let Dieと耳栓5

Paul McCartneyとLive And Let Dieと耳栓6

この写真の通り、ポールの右側って観客からは見えないのです。しかも背の高いポールが、わざわざ体を右斜めにして耳栓を置いています。
ピアノの中央であれば、体を右斜めにする必要はありません。この角度から右側と言う事は明らか出来ますが一体どこなのか?と思っていたら、この新年の画像から「もしかして!」と言う部分を発見しました!それは!



Paul McCartney Happy New Year 2019 元旦

ほら!ピアノのサイドに箱らしき箇所があるではないか!
ほら!YAMAHAの「Y」の下側ですよ!不自然な黒箱が見えるでしょう!!


ポール・マッカートニーのピアノの右外側の箱

何だかテープで貼り付けている?ような黒箱が!もしかして、これがポールの耳栓入れの箱ではないかと!
大爆発の後、ポールは右斜めにしゃがんでいるのは、この箱めがけて、耳栓を上から落としているのでは!と想像しています。


ん!?そうかな…そうかもしれない?そうだ!そういう事にしよう!それに間違いない!!と言う事にして、かなり強引ですが、これでHow to Paulの謎が1つ解けた気分です。
まるで、大晦日のブログをポールがご覧になって、そのヒントの為に、この新年の画像を発表されたのではないか!と思って…いませんが…そういう事にしましょうか。Thank you Paul!


スイマセン…新年早々、こんな話題で…笑笑

0

ree.104様とポール・マッカートニーと「想い出のGジャンとネイル」

ree.104様とポール・マッカートニーと「想い出のGジャンとネイル」

嬉しい事に「私とポール・マッカートニーと◯◯公演」、なんと!5人目の投稿を頂きました!ありがとうございます。また嬉しい事に当ブログ・関東支部会主催の「10月31日・中夜祭」に参加頂いております。重ねて、ありがとうございます。
それでは!行きますよ!ジャ~ン!!




ペンネーム ree.104
居住地域 茨城県つくば市
参加公演 10月31日 ・ 11月 1日 ・5日
使用機種 iPhone


まず先に、お礼申し上げます!中夜祭、参加させて頂きありがとうございました。
全員の方とお話しさせて頂くことは出来ませんでしたが、楽しい時間が持てました。
一人で参加している時より楽しむことが出来ました。ありがとうございます。


今回 は3公演参加しました。
10月31日の席は、A3ブロック1例◯番
期待して参加しましたが、1番前なのに横すぎて、

ほとんどステージが見えない席!
でした。乗り出して ポールがなんとか見える…こんな席あったんだって感じでした!

ree.104様とポール・マッカートニーと「想い出のGジャンとネイル」 2

11月1日B13ブロック2例◯番
2日目 は結構いい席で、

ポールが肉眼で良く見えました!
初日、2日目とホテル出待ちをして、2日目は写真を撮りました。

ree.104様とポール・マッカートニーと「想い出のGジャンとネイル」 出待ち

11月5日国技館は、枡席 正 10側3枡◯番
枡席でどんな感じで見るのかな?と思っていましたが、

ポールが出てきた瞬間、立っていましたね…

ree.104様とポール・マッカートニーと「想い出のGジャンとネイル」 1

ree.104様とポール・マッカートニーと「想い出のGジャンとネイル」 3

今年もコンサートバージョンのネイルをしました。でも、ほとんど目立ちませんでしたが…(笑)

ree.104様とポール・マッカートニーと 「想い出のGジャンとネイル」

ree.104様とポール・マッカートニーと 「想い出のGジャンとネイル」

Gジャンもコンサートバージョン!

ree.104様とポール・マッカートニーと想い出のGジャンとネイル

3日間、夢のような時間を過ごすことが出来、ポールに感謝です。
ゆめ参加ブログの皆さんとお知り合いになれた事も感謝です。
これからもよろしくお願い致します。



ree.104様、ありがとうございます。ネイル、イイですね!女性ならではの応援です。ポールからは見えないかもしれませんが、その気持は必ずポールに以心伝心で伝わっています。
Gジャン、ワッペンの手作り感がGoodです!

座席ですが、あるのですよ…嬉し悲しきアリーナ端の1例目…私もそれに近い席で経験あります。見えないのですよ…ピアノのポールが!全く…ピアノさえも…「どこに消えたの?ポール!」って感じでしたね…アリーナ前列なのに…それでも「アリーナ!アリーナ!」と大はしゃぎでしたが…

ポール公演も悲喜こもごもですが、これからもポール公演を想い出して、楽しく行きましょう!
当ブログの関東支部会オフ会開催の際は、ぜひお立ち寄り下さい!
これからも宜しくお願い致します。

このカテゴリーに該当する記事はありません。