fc2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Beatles & NA Dreamers おりほー!

ポール・マッカートニーやビートルズから、野球・観光・コロナまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

オノ・ヨーコ、『ゲット・バック』がビートルズの解散に関与していないことを示したという記事をシェア

オノ・ヨーコ、『ゲット・バック』がビートルズの解散に関与していないことを示したという記事をシェア

オノ・ヨーコ、『ゲット・バック』がビートルズの解散に関与していないことを示したという記事をシェア

オノ・ヨーコはピーター・ジャクソン監督による『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』が彼女がザ・ビートルズを解散させたという説を払拭したという記事をソーシャル・メディアでシェアしている。

現地時間11月27日に460万人のフォロワーがいるツイッターでオノ・ヨーコは「ザ・ビートルズのファンはオノ・ヨーコがバンドを解散させたという説を『ゲット・バック』が払拭したと考えている」というタイトルの記事をシェアしている。

全3編の『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はアルバム『レット・イット・ビー』の制作過程を追ったもので、ロンドンのサヴィル・ロウのルーフトップで行われた最後のライヴが全編収録されている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』ではアルバムの制作にオノ・ヨーコが携わっていたという噂に反して『レット・イット・ビー』のセッションでもザ・ビートルズから離れて自身のことをやっていた様が映し出されている。

オノ・ヨーコは1969年の解散以来、ザ・ビートルズ解散の元凶だと見なされてきた。

先日、ピーター・ジャクソン監督は『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』からディズニーが罵り言葉をなくそうとしたものの、ポール・マッカートニーとオリヴィア・ハリスンが説得してくれたことを明かしている。

『NME』のインタヴューでピーター・ジャクソン監督は『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』に対するポール・マッカートニーとリンゴ・スターの最初の反応を振り返り、一切の変更を求められなかったと語っている。

「完成したものを観てもらった時、僕はなにか言われると思っていたんだ。『僕がああ言っていたところなんだけど、カットしてくれないかな』とか『あそこの会話は短くしてくれない?』とか、そういうことを言われるのが普通だろうと思っていたんだよね。でも、一つも修正点はなかったんだ。誰も言ってこなかった」

「ある人は人生を通して最もつらい瞬間があったけど、『ダメ出しはしないよ』と言ってくれたんだよ」

「ポールはすごく生々しいと言っていたね。『あの時の僕らがすごく正確に描かれている』と言ってくれた。リンゴは『事実に即しているね』と言ってくれた。事実に即していることが重要なんだ。彼らは修正なんか望んでないし、小綺麗なものにしようとも思ってなかった」

「ディズニーは罵り言葉をなくそうとしたけど、ポールとオリヴィア・ハリスンは『あれが自分たちの喋っていたことで、世間に観てもらいたいものだ』と言ってくれたんだ」

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はディズニープラスで11月25日より配信されている。

オノ・ヨーコ、『ゲット・バック』がビートルズの解散に関与していないことを示したという記事をシェア

0

ビートルズ、ドキュメンタリー作品『ゲット・バック』より2種類の特別映像が公開

ビートルズ、ドキュメンタリー作品『ゲット・バック』より2種類の特別映像が公開

ビートルズ、ドキュメンタリー作品『ゲット・バック』より2種類の特別映像が公開

ザ・ビートルズはドキュメンタリー映像作品『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』より2種類の特別映像が公開されている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は未発表の修復した映像によって作られたもので、1969年1月のレコーディング・セッションを再訪するものとなっている。本作では14曲の新曲をレコーディングして、2年以上ぶりとなるライヴの準備を進めるザ・ビートルズの人間関係と創作過程を記録している。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は57時間の未発表映像と150時間のほぼ未発表の音源を使用したものとなっており、その大半が50年以上の時を経て保管庫から公開されたものとなる。





本作ではザ・ビートルズによる最後のライヴ・パフォーマンスも全編が収録される。このルーフトップ・コンサートはロンドンのサヴィル・ロウで行われたものとなっている。

「いろんな意味においてマイケル・リンゼイ・ホッグによる卓越した映像は様々な筋書きを捉えています」と監督のピーター・ジャクソンは語っている。

「友人の物語であり、個々人の物語です。それは人間の弱さの物語であり、神聖な人の繋がりの物語でもあります。プレッシャーの中で名曲を作ったり、1969年初頭の社会情勢の雰囲気であったり、創造的なプロセスを詳しく見せてくれます。しかし、それはノスタルジーではありません。生々しく、赤裸々で、人間らしいのです。6時間以上に及ぶ映像では考えられなかった近さでザ・ビートルズを知ることになるでしょう」

彼は次のように続けている。「ザ・ビートルズ、アップル、ディズニーには語られるべき在り方でこの物語を提示させてくれたことに感謝しています。私は3年近くこのプロジェクトに没頭してきましたが、世界中の人々にこれを見てもらうことに興奮しています」

ビートルズ、ドキュメンタリー作品『ゲット・バック』より2種類の特別映像が公開

0

ポール・マッカートニーがビートルズの天才性を理解していないことに驚きを隠せない

It’s amazing how little insight Paul McCartney has into the Beatles’ genius

he Paul people are out in force these days. A New Yorker profile, a book and a new documentary have put the Beatles, and particularly Paul, back in the papers. Not that they, or he, ever left.

ポール・マッカートニーがビートルズの天才性を理解していないことに驚きを隠せない

ポール・マッカートニーがビートルズの天才性を理解していないことに驚きを隠せない

ここのところ、ポール関係者が勢ぞろいしている。ニューヨーカー誌のプロフィール、本、そして新しいドキュメンタリーによって、ビートルズ、特にポールが再び新聞に取り上げられるようになりました。彼らや彼が去ったわけではない。

私には偏見があることを認めなければなりません。私はジョンと同じファーストネームを持っており、忠誠心の強い人間なので、早い段階で彼をお気に入りにしました。うぬぼれ屋で、皮肉屋で、意地悪で、少年のようで、思慮深く、傷つきやすく、明るい目をしていて、喧嘩っ早く、何に出会っても退屈しないような裏切りのある賢さに恵まれている。穏やかなポールは、私には全く同じようには受け入れられません。

来年6月に80歳を迎えるポール・マッカートニーは、BBC Soundsで短いポッドキャストシリーズを配信している。ゴブレットサイズのエピソードで、彼はどのように曲を作ったかを説明しています。彼は同年代のようです。彼の声は平坦で、呼吸は新たに苦しくなっている。ポールの最も興味深い点は、彼がいかに普通であるかということだ。ジョンが80歳になると、堂々としたダメな変人になるのが想像できる。ポールは誰にでも似ているのだ。

彼は、どのようにしてそれが起こったのかについて、ほとんど何も知らない。インスピレーションはその場限りのもので、手持ちのものを使って仕事をしていた。「Yesterday」の曲は、夢の中で思いついたという。Eleanor Rigbyの名字は店先から拾ってきたもので、マッケンジー神父は電話帳から拾ってきたものだ。まるでポールが自分のトリビアの番人になったかのようだ。彼は、天才の謎めいた「方法」や「理由」を待ち受ける日常的な「いつ」「どこで」「何」を知っているのです。

例えば、「Got to Get You into My Life」のエピソードでは、ポールは「マリファナを吸いたいと思っている」と説明できる。しかし、なぜ私がこの曲を6回連続して聴くためにエピソードを消したのかは説明できません。それが批評の仕事だと思いますが、ビートルズのすべてが説明を通り越しています。思うに、この曲の金管楽器の音は、McCartneyの熱意のこもった声に合わせて、徐々に大きくなっていくのである。この音楽は、私に新しい刺激を与え、肺と腸を浮遊する陽炎で満たす。

これは何度も聞いたことのある同じ話だ。このシリーズに新しい情報があるとは思えないし、もしあったとしても、私はすでにビートルズのトリビアを大量に消費してしまっているので、新鮮な肉と古いロープの区別がつかないのだ。曲がなぜ魔法なのか、なぜ物語全体が私を大量の涙で濡らすのか、どれも説明していません。特に初期の作品はそうだ。モップのような笑顔と叫んでいる女の子たちは、沈んだ気持ちを隠すことができない。

物事はバラバラになる。ビートルズがそのような儚くほろ苦いものを象徴しているとすれば、コインの裏側はあまり光っていないことになります。それは宿敵の思想であり、悪意に満ちた公理に基づいて構築された宇宙です。ここでは、ただ一人の男が必要です。トーマス・ハーディです。

今年の初めにBBCで放送された一連の映画化作品『Hardy's Women』を見逃していた。この作品は、ハーディの小説に「新しい試み」をして、女性のキャラクターを物語の中心に据えている。もちろん、これは全く新鮮ではありません。ひとつには、女性キャラクターの目を通して物語を再演するというアイデアは、船のビスケットのように古くさい。もうひとつは、ハーディはカノンの中でも特異なプロト・フェミニストの一人であり、自分の女性を現実的で立体的なキャラクターにすることにすでにかなり徹底して取り組んでいたことだ。Tess Durbeyfieldを彼女自身の物語の中心にすることは、新しいことではない。

しかし、これは良い作品であり、リスナーの知性を信頼し、ハーディの見事な対話を維持した、詳細でよくできたラジオドラマである。テス」の翻案は申し分ないが、中でも「塔の上の二人」がお勧めである。若い既婚女性と天文学者との運命的な恋愛を描いたマイナーな小説を、無駄のない形で脚色したものだ。(この作品は、若い既婚女性と天文学者の破滅的な恋愛を描いたマイナーな小説を、無駄なく映画化したものである(『エセルバータの手』は、原作でできることは限られている)。

もちろん、この文字通りのスタークロスした恋人たちは、すべてがうまくいかない。すべてがうまくいかないというのは、人間の物語の中心であり、根源である。しかし、ある物語のきちんとした翻案と、別の物語の100回目の再演の間に、私は現在の文化的疲労を感じずにはいられませんでした。リメイク、リテイル、原作、翻案が物語メディアの大半を占めている。私たちはこれらの物語が好きです。私たちはこれらの物語が好きで、それらを再び聞くことができて嬉しい。しかし、そろそろ新しい物語も必要なのではないでしょうか。

WRITTEN BY John Phipps

It’s amazing how little insight Paul McCartney has into the Beatles’ genius



ん…難しいコラムだったな…
海外のコラムって、小難しい…(笑)

0

"Get Back" in Apple Basement The Beatles: Get Back Disney+

"Get Back" in Apple Basement The Beatles: Get Back Disney+



ビートルズが「#TheBeatlesGetBack」から「Get Back」という曲をレコーディングしている映像をご覧ください。ピーター・ジャクソン監督の3部作のオリジナル・ドキュサリーがDisney+でストリーミング配信されています。

ピーター・ジャクソンが監督したDisney+のオリジナル・ドキュサリーが、感謝祭のホリデーに合わせてDisney+に登場します。本作品は、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの創造的なプロセスと関係を、これまでに撮影された中で最も親密で正直な形で垣間見ることができます。 また、「The Beatles.Get Back」が公開されたら、ぜひご覧ください。ゲットバック」は、2021年11月25日、26日、27日の3日間、Disney+で独占配信されます。